2009年12月

2009年12月30日

中東旅行 vol.1 〜ダマスカス到着編

?????? ?????

(アラビア語がタイプできるからアラビア語で「アッサラームアレイコム」と打ってみたけど、日本ではどう表示されるんだろう)
※「アッサラームアレイコム」=「こんにちは」

今シリアのダマスカスなんですけど、普通に日本語打てるネットカフェがあるので、ダマスカスから中東旅行について書こうかなと思います。

本当は携帯で撮った写真を添付しながら文章書きたいんですけど、この携帯、電話やネットはつながるのになぜかメールが送れず。

残念ながら文章のみでいきます。


ちなみに、今回の写真はほとんど携帯でしか撮っていません。
というのも今回の旅行に持ってきたカメラはフィルムカメラだからです。

なぜフィルムカメラ持ってきたかって、理由は一つなんですけど、久々に写真1枚の大切さを思い出したいな、と。

なんつーか、何日か前のブログに3000枚編集した、と書きましたが、この3000枚、わずか2件の撮影で撮ったものなんです。
1件がウェディングで2000枚、もう1件がクラブの撮影で1000枚。

明らかに撮り過ぎだし、そんなに撮ったら編集も大変になるのはわかってるんだけど、やっぱり仕事な以上、「それでも撮り逃すよりはまし」と思って余分に撮ってしまう、そんな性分なんです。

ただ、それを繰り返すと、当然のように写真1枚に対する気合みたいなものは薄れていきます。
とりあえず撮っておこう、的な。

別にそれはそれでスタイルということでありだとは思うんだけど、ただ昔の写真の感覚とはだいぶ違うなー、とはいつも思っていました。

んで今回の旅行は仕事とは関係ないし、そんな時くらい昔の感覚思い出してみようかな、と、ちょっとした思い付きでフィルムカメラを持ってきてしまいました。

ただ出発前にフィルム10本買ったらそれだけで4000円くらいして「これだけで8GBのコンパクトフラッシュ買えるじゃん!」と既に後悔。
しかも現像にも同じくらいかかるし。

まあ、この1枚にそれだけお金かかる感が言ってみれば1枚の写真の気合に通じるわけだから仕方ないっちゃ仕方ないんだけど。

てなわけで、どうしても撮りたくなったらフィルムカメラで。その他、ロシアのビールをちょっと記録したい、みたいな時は携帯のカメラで撮っている感じです。


つか、早く旅行について、書けよ、と。

なんかだいぶ長く文章書いたのでざっと今までの流れをまとめます。

まずは27日(日)13時に成田発、が1時間遅れて14時成田発。

前の日は3時間、当日は既に書いたように1時間しか寝ておらず、2日でわずか4時間の睡眠。
「これは爆睡だべ」と思ったけど、逆にこの寝てないシチュエーションがミスしそうな不安感を増やすのか、機内で全く眠れず。
乗り換えのモスクワまでの10時間で本2冊も読めた。

時差が入って27日(日)18時くらいにモスクワ到着。

飛行機降りようとしたら隣の窓際の女の子がやけに忙しく外に出ようとしてくる。
「せっかちな奴め」と通路に先に出してあげたら、口を押さえてる。いや、むしろ押さえてる手から液体がちょいと出てる。

その子はその後スチュワーデスさんに「エクスおろおろキューズおろおろミロミロミロ」とか言いながら飛行機の後ろに消えていった。

けっこう長く旅してるけど飛行機に酔って吐いちゃう人って今回初めて見た。


飛行機が1時間遅れてるからパリ乗り換えの人とかは焦ってたけど、僕のモスクワ→ダマスカスの飛行機は21時20分発だから全然余裕、と思ったけど、ファッ××ロシアはもう、手続きの効率がめちゃ悪い。

わずか荷物をチェックして飛行機乗り換えるだけの作業を終えたらもう20時。

いや、ほんとこの国に投資してる人の気が知れんわ。こんな国、革命が起きて、クーデターが起きて、そのクーデーター政権を民衆が倒すまで、150%発展しない。

乗り換えにだいぶ時間食ったけど、まあ一応まだ1時間はあるのでロシアンビールを飲みながら時間をつぶす。
クレジットカードを受け付けないBARが、日本円でもいいというので、円で払おうとしたら2000円、と言われた。
ビール1杯2000円て。

結局高いから違う店でクレジットカードで頼んだけどそこは230ロシアンルーブル。
正直今ネット使うまでそれがいくらか知らずに飲んでたんだけど、調べたら1ロシアンルーブルは3円て。
じゃあ690円。普通やね。
つか空港内の売店がぼろうとすんなや。

21時20分モスクワ発。

この時、日本では28日(月)3時とか。そろそろ3日間で睡眠時間4時間になりそうなとこにビールだから、一気に眠気が来て、機内に入った瞬間に寝た。

寝たけど、なんか、離陸前にやけにあーだこーだ言って離陸遅れてんな、とは思ってた。
そしたらやっぱり遅れていて、0時着のはずの飛行機が着陸したのは2時。2時間近く遅れてた。

着陸前の外の景色はオレンジ色のライトがマグマのように綺麗で「ダマスカスは深夜2時にこれだけライトをつけていられるほど豊かなんだ」と驚いた。

着陸して外の空港作業員の顔とか見て「シリアの人ってこんな顔してんだねー」とかなんとか全てが新鮮で感動しきりだった。

さあ飛行機降りるか、と思ったけど、なかなか外に出られない。
ほんっとロシアは効率悪ぃな、と(使った航空会社は世界最悪の誉れ高いロシアの航空会社『アエロフロート』)。

ただ、数分して、なんか雰囲気が普通じゃないことに気付いてきた。

機内アナウンスで「30分待って」みたいなこと言ってるし。30分?なんで?

すると前の席のおじさんとアジア系の女の子の会話が聞こえてきて、女の子がおじさんに「ノーノーノー、ここはダマスカスじゃない」とか言ってる。

おじさんは「いやいやダマスカスじゃないはずがない」みたいなこと言ってるけど、いや僕もそう思うけど、大抵こういう時はおじさんが間違ってる。

全然理由わからないけど、ここダマスカスじゃないみたい。

30分後、外に出させられてバスで空港まで移動。

空港にはロシア語みたいな文字書いてるから「え?またロシアのどっかに戻ってきちゃったの?」と思って、近くの日本のツアーの添乗員さんに「僕機内でずっと寝てて状況全く把握してないんですけど、ここどこなんですか?」と聞いたら「キプロスです」と。

き、キプロス!?
あのキプロス島?

なんでやねん、と思ったら、なんかダマスカス空港の天候が悪いから飛行機降りられずキプロス島に変わったんだと。

だったら、あの景色もあの人達もみんなキプロスかい!と旅の感慨も糞もなくなったけど、けど、これは展開的にはかなり面白い。

つか、聞くところによると今日はキプロスのホテルに1泊だという。

これはかなりついてる。

というのも僕、今回の旅行で(つかいつの旅行でも一人の時はそうだけど)宿とか一切予約してない。
着いたら適当に決めよ、と。

そもそも0時ダマスカス着の飛行機だったから、これは宿を取ればいいかどっちかわからなかったので、「空港の雰囲気を見て、安全そうなら朝まで本でも読んでいよう、危険そうなら街に出て宿を探そう」そんな感じだったんです。

そんなとこに渡りに舟、航空会社がホテル取ってくれるって。しかもキプロスで。
ラッキー。

そいでみんなでバスを使ってホテルに移動。

後ろの席で日本人の男の子が「バスタブでお風呂入りてー」とか言ってて「バスタブ付きのホテルなもんか」とか思ってたけど、いやいやいやところがどっこい、着いてみてびっくり。

ビーチ沿いの5つ星ホテルだがや!

旅行前の競馬は散々でしたが、この時「これは黒松賞の分の運だぁ!」(ドラゴンボール風に)と思いました。

ほんとリッチなホテルだったので、次の日は9時半ロビー集合だったのですが、4時に寝て7時に起きてホテルの周りを散策しました。

しっかし、ほんと綺麗。

朝焼けの地中海を見ながらビーチを歩きキプロス島のバカンスを堪能しました。
この時の写メールを是非添付したかった。

その後、ホテルの朝食をいただき、朝からがっつ食いしました。

9時半空港へ移動。飛行機は11時半にダマスカスへ出発のようでした。

その間に日本人の女の子が「6時間以上の遅延は保険が下りる」というめちゃナイスな情報をくれたので、必要のないジュースやビールをしこたま買いました。

ただの成田→ダマスカスの移動だけでロシアでロシアビール、キプロスでキプロスビールを堪能することになるとは全くもって想像していませんでした。

30分後(キプロスとダマスカスはめちゃ近い)ダマスカス到着。

んで…、といきたいけど、もうネットカフェ閉まるらしい(もう23時過ぎてる)んで、つづく!

長文ご無礼!

people_of_the_sun at 06:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 中東旅行 

2009年12月27日

Go!

やべー、結局1時間しか寝てないで出発じゃ。

つかもう成田遅れそうでブログ書いてる暇なんてないんだけど、買い目だけ(どんだけ競馬だよ!)。

■12月27日(日)

□中山10R 有馬記念 【自信度 C】
6・7→4・6・7・9・10→4・6・7・9・10(24点)
<投資金1点100円>

もし携帯通じたらあっちからもブログ更新しようと思います。


ではではみなさんよいお年を!

people_of_the_sun at 08:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 競馬 

2009年12月26日

あと1日

一昨日の夜まで3000枚あった編集するべき写真を、今、全部編集し終えた。

これで2009年の写真の仕事は完全に終わり!

何が感動するって、パソコンの画面に編集していない写真が1枚もないってこと。
たぶん、つか間違いなくこんな状態は2年ぶりとかだと思う。去年は年越して2,3月に納品した写真があったから。

すげーデスクトップきれい。


あとはこの後会社に行って仕事をこなせば今年の仕事は正真正銘全部終わり。

さらにその後年賀状を出さなくちゃだし、明日の朝8時の出発までに全部終わるのか少し心配だけど…。

明日の飛行機の離陸時には旅へのワクワクよりも全ての仕事をこなして出発できたことに感動しそう。


そんな中で予想した競馬だけど、意外と自信ある。

まあ、ここまできたら全然当たらなくて中東で何のトラブルがない方がむしろいいけどね。


(先週までの収支)

《投資金合計》117,600円  《回収金合計》41,470円


■12月26日(土)

□中京10R 樅の木賞 【自信度 A】
1・14→1・5・7・14・16→1・5・7・14・16(24点)
<投資金1点100円>

people_of_the_sun at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 競馬 

2009年12月20日

BIG Wave

今朝5時、今年最後の撮影が終わった。

あとはこれと他2件を今日中に編集したら完全終了。
(と言っても夜から飲みだし、そんなん不可能でしょ。けど、明日からもずーっと飲みだし、ほんといつ編集できるんだろう)


もう2009年振り返っちゃうの?という感じだけど、今年は完全に写真イヤーだった。
それなりの成果も評価も得たし、自分でもこんなに写真の技術が伸びるとは思わなかった。

けど、ちょっと調子に乗ると必ず何かにやられて自分がどれだけ井の中の蛙か思い知らされる、の繰り返しだった。
ほんの数日前の編集でも自分の写真に完全ブルー入って、生まれて初めて昔飼ってた犬の写真を見て精神を安定させたりした。

ほんとまだまだだけど、このまだまだ感がむしろ興奮するとも言える。
今年1年これだけ学べたんだから来年ももっと学べると思う。

今年1年写真を学ぶ機会を下さった方々、本当にありがとうございました。


競馬だけど、さすがにここに載せている買い目をレース後きちんとチェックしている稀有な人は少ないと思うんだけど、実は、先週の13日から原因はわからないんだけど、明らかに流れが変わった。

はっきり言って、ここに買い目を載せ始めた10月以来、正直買い目は惨憺たる有様だった。

展開も何も見てられないような買い目で、「惜しくも外れ」自体が存在しなかった。

ただ、チェックすればわかるけど(しなくていいけど)、13日からの全レースは買い目のキレは今までとまるで違う。
外れるにしても見るべきところがようやく出てきた。

オカルトと言われようが何だろうが麻雀をする人間で“運の流れ”の存在を否定する人間はいない。

「賭けるならここばい」と僕の第6感が言っている。

今年最後の(たぶん)大勝負。


■12月20日(日)

□中山11R 朝日杯FS 【自信度 特A】
6・12→1・2・6・8・12・15→1・2・6・8・12・15(40点)
<投資金1点100円>

people_of_the_sun at 12:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 競馬 

2009年12月19日

Go to Russia

ついに27日の中東出発まで約1週間。全然実感ありません。


一応帰りの飛行機でモスクワに12時間滞在するので、ロシアにも行こうと考えていたんですけど、ビザが必要、ということでだりーなー、と思っていたんですけど、結局わずか12時間の滞在の為に5,000円払ってビザを取得することにしました。

んで、木曜日にビザを申請しに行ったんだけど、その帰りの道で兄にばったり会った。

ちょうど社員の人達と昼ごはんから帰ってきたとこっぽくて、会社に入ろうとするその前で会って、初めて兄がどこで働いているのかを知った。

いやはや、すごい偶然。会社の同僚さんに「なんか気持ちわりーなー」と何度も言われた。

確かに。

しかも、ビザの申請中に話が盛り上がった女の人と一緒に歩いていたのでまるで“平日の昼間っから女性と歩いている弟”みたいで、「あ、あ、あの、こ、こちら、さっきビザ一緒に申請した人」と軽テンパリした。


■12月19日(土)

□中山9R ひいらぎ賞 【自信度B】
2・13→2・7・8・13・15→2・7・8・13・15(24点)
<投資金1点100円>

□中京10R つわぶき賞 【自信度B+】
8・11→3・8・11・13・14→3・8・11・13・14(24点)
<投資金1点100円>

people_of_the_sun at 14:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 競馬 

2009年12月15日

I did it!

昨日の朝3時30分から会社まで、そして会社終わってから今まで。ずーっと編集してきてやーっと終わった!
24時間働けました!

その編集枚数実に1500枚以上…。

いやぁ、よくやった。
今、徹夜時のナチュラルハイ気味に感動を覚えています。
いやぁ、よくやったわ、俺。

あと、12月に撮影したウェディングをもう2件分編集終わらせれば(19日に撮影あるけど)今年の写真の仕事はほとんど終わりばい!


頑張らないと、とは思うけど、それとは別に気付くとアラビア語をまっっったく勉強していない。
つか、忙しくて授業にも全然出られてない。

せっかく2週間後に中東なのになんかもったいないなー…と思う。


それとはさらに別に、ほんっっっと久しぶりに競馬が的中した。

いや、ほんと、真面目な話、こんなにしっかり当たったのは半年ぶりとかじゃないのかな。いや、まじで。

配当はしょぼいけど、そんなん関係ないくらい嬉しかった。

完全に競馬を嫌いになりかけてたけど、少し愛を取り戻せた。


《投資金合計》108,800円  《回収金合計》41,470円

people_of_the_sun at 04:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 深夜1時日記 | 競馬

2009年12月13日

AFRICA

大学生の頃、特に好きな写真家というのはいませんでした。

当時は風景写真に全く興味はないし、アラーキーみたいな写真なんかは最も嫌悪してた。そもそも他人の写真に全く興味がなかった。


そんな僕の人生を変えたのがセバスチャン・サルガド。

タダ券もらったかなんかで観に行った『EXODUS』という写真展で完全に打ちのめされた。

もう写真が圧倒的過ぎた。
漠然と理想としていた写真がそのまんまあってほんと衝撃を受けた。

それ以来「好きな写真家はサルガド」と言い続けて来ているし、今でも唯一無二。


そんなサルガドの新しい写真展『AFRICA』が開催されるというので、かなり前から楽しみにしていた。

つか、山手線で1枚の写真が載った広告を見てこの写真展の存在を知ったんだけど、もう、その1枚だけで車内で涙ぐんだ。

しかし楽しみにしている、という割りに、全っ然写真展なんて行っている時間がなくて、気がつけば最終日の13日が迫っていたので、一昨日会社が終わった後、恵比寿に観に行ってきた。


ただ、感想は、なんつーか「期待しすぎた」かな。

間違いなく良かったけど『EXODUS』の衝撃に比べれば全然大したことなかった。

とにかく最悪だったのが、写真が全てインクジェットで出力されていたこと。

僕は基本的に「プリントの美しさ」とかどうでもよくて、学生の時もそんなことどうでもいいじゃん、と思っていた。

けど、一昨日気付いた。全然どうでもよくない。

もうインクジェットなんかで出力したら写真が全然死んじゃう。

だから展示してある写真全部構図は完璧なんだけど死んじゃってて、だから観てて全然テンション上がんなかった。

あまり長く観る時間もないから写真集を買って後で読もう、とは行く前から思っていて、買ったんだけど、この写真集のクウォリティも低い低い。

全体的な感想は「ケチくさい写真展だったな」てこと。
サルガドがどう、ではなく主催者の手腕が最悪の写真展だった。


写真自体の感想についても本当は熱く語りたいけど、あんまそういうことを書くブログじゃないので、1行だけ感想を書くと「報道写真というのは時間が過ぎれば(今を切り取っていなければ)ただの芸術作品でしかない」ってこと。

1985年の写真を観て涙ぐんでグスグスいっている女性がいたけど、いや、もうその問題は解決してるし、と思った。

冷静に考えれば当たり前のことだけど、今回の写真展で初めて自分で気付いた。


■12月13日(日)

□阪神9R エリカ賞 【自信度B】
2・3→2・3・5→2・3・5(4点)
<投資金1点100円>

□中京10R 中京2歳S 【自信度B+】
1・4→1・2・4・7→1・2・4・7(12点)
<投資金1点100円>

□阪神11R 阪神11R 【自信度B】
6・18→6・8・15・16・18→6・8・15・16・18(24点)
<投資金1点100円>

people_of_the_sun at 14:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 競馬 

2009年12月12日

SHOW me the MONEY

今日が今年最後の結婚式撮影になります。悔いのないよう頑張ります。


先週までの収支。

《投資金合計》102,400円  《回収金合計》13,800円


■12月12日(土)

□中山10R 黒松賞 【自信度A+】
3・15→1・2・3・10・15→1・2・3・10・15(24点)
<投資金1点200円>

people_of_the_sun at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 競馬 

2009年12月06日

Thank you GOD

突然今日、Gallopエッセー大賞で準大賞を取らせてくれたトルコの師匠から電話がきた。

最初日本の携帯番号で、誰?と思って受けたら、相手は日本人の女の子(奥の方でゴソゴソ英語喋ってるけどなんだ?と思った)。

そしたら「今トルコにいるんですけど、ハリル(師匠の名前)さんは信頼できますか?貴方に聞けばわかる、と言ってるんですけど…」というものでした。

実はこれ系の電話がトルコからきたのは2回目で「相変わらずだなー」と思って嬉しくなりました。

とりあえず適当に「悪い人ではないよ。女好きだけど」と言って笑っていたら、師匠に電話を変わってくれました。

そしたらもう下手糞な英語で「元気か?」と聞いてきて、元気と言ったら「グッドグッド」と。
「師匠は元気?」と聞いたら、OKOKだと。
師匠が元気なのも確認できて、最後に「またトルコに来い」とも言ってくれて、本当に嬉しかった。


最近は身悶えするような幸せなことってなかったけど、電話の後久しぶりに「幸せだなー」と何度も何度も思った。

師匠からパワーをもらったし、明日の競馬はいける気がするばい!


■12月6日(日)

□中山7R 2歳500万下 【自信度A】
3・12→3・4・5・11・12・15→3・4・5・11・12・15(40点)
<投資金1点100円>

□阪神9R 千両賞 【自信度B−】
1・5→1・3・5・7→1・3・5・7(12点)
<投資金1点100円>

□阪神11R ジャパンカップダート 【自信度B+】
1・11→1・4・9・11・13→1・4・9・11・13(24点)
<投資金1点100円>


先週の『スギノブロッサムショック』が起きた原因はスギノブロッサムの単勝が108倍もついたこと。

自分の本命が108倍もつくなんて、そりゃ絨毯爆撃もしますわ。

だって3連単の中には4万倍の馬券もあった。そこに1点500円いってたから、当たってたら、奥さん、え、2000万円ですよ。

だけど、初心に戻って「何故24点にしたのか」を考え直すと『絨毯爆撃しない為』だった。

本命馬の配当がつくと浮かれて無駄な買い目が増えてしまう。
だけど、そんな時でも冷静に24点のルールに従って無駄な買い目を増やさない、それがこのフォーメーションの目的だったのだ。

初心に戻ってしっかり24点を守ろう!


と、先週決めたのに、中山7Rはどうしても絞り切れなかったのでヒモを通常より1頭だけ増やして40点にしてしまった。

これは“師匠から電話きた記念”の例外中の例外ということで許してちょんまげ。
(誰が誰をやねん)

people_of_the_sun at 00:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 深夜1時日記 | 競馬

2009年12月05日

人生ベストCM

基本的にテレビを見ない僕ですが(競馬中継以外)、その中でも今まで一番好きだったCMはダイヤモンドのデビアス(たしか)のCM。

中学生くらいの時のCMだからほんと昔のCMだけど、夕暮れの電車に男女が乗ってて、女性は男性にもたれかかって寝てる。

んで、ガタンとなった時にふ、と起きて、目をこすると指に異物が…。

「え?」と驚いて男性を見る。

2.5秒後に微笑と共にうなずく。

というCM。

このCMがすごい好きで、「好きだったCM」の話になると必ずこのCMを言っていた。


ただ、昨日会社で予想してた時にテレビで流れた新しいJRAのCM。蒼井優ちゃんの「語りまくる女」篇

これ、最高にいいわー。

何度見ても笑える。今日も朝起きてこのCM見た。そして笑った。この蒼井優ちゃん、微笑ましすぎる。
昨日人生ベストCMが中学生以来に塗り替えられました。


この蒼井優ちゃんと共演できるなんて發さん羨ましいっす。


■12月5日(土)

□阪神9R ポインセチア賞 【自信度B+】
3・15→1・2・3・9・15→1・2・3・9・15(24点)
<投資金1点100円>

□中山10R 葉牡丹賞 【自信度B+】
6・13→4・6・8・9・13→4・6・8・9・13(24点)
<投資金1点100円>


もう今年の競馬もあと4週。年間プラスなんて無理そうだけど「年末の中東旅行に向けて運を貯めてるんだ」と、そういう考え方にシフトしました。

people_of_the_sun at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 競馬 

2009年12月01日

SHOCK and so on

先週の金曜日に突如現れた『ドバイショック』も、わずか1日で株価は大幅反発。

みんな金曜の不安はもう忘れたみたいですね。

僕も日曜日に完全にノックダウンされた『スギノブロッサムショック』からわずか1日で立ち直りました。

ほんと日曜日は前の日2時間しか寝てなかったので、白菊賞が終わった8秒後に、ショックと共に津波のような眠気が。そのまま会社の椅子に倒れこみ、漫画か!つーくらい速攻寝ました。たぶんレース後20秒後には眠りについてました。
脳が現実逃避したんでしょう。

けどもう忘れた忘れた。

人の脳は嫌な過去なんて簡単に忘れるようにできてるんだもん。


ま、競馬の方はきれいさっぱり忘れてチャンチャンだけど、株の方はそんな簡単な話じゃない。こっちは忘れたらハッピー、って話じゃない。
まだまだわからんぜよ。


最後、民主党のせいで円高が進んで日本経済がどうの、とかいう論調あるけど、ちげーべ。

ノリで民主党を選んじゃったアホな国民性のせいで、だ。


《投資金合計》90,000円  《回収金合計》13,800円

people_of_the_sun at 03:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 競馬 |