温泉記

2011年01月21日

松本 伊予

まことに小さな国が、開化期をむかえようとしている。
その列島のなかの一つの島が四国であり、四国は、讃岐、阿波、土佐、伊予にわかれている。
伊予の主邑は松山。


というわけで行って来ました。愛媛松山。

15日土曜日11時に松山空港に着いて、16日の19時50分には発ったから実質1日半もいないのに恐ろしいほど散財した。
今まで社員旅行では会社の経費で何度もコンパニオンを呼んできたけど、今回生まれて初めて自費でコンパニオンを呼んでみたのがでかかった。

ただ、そんな金銭的な出費なんてどうでもいいと思えるほど完璧な旅だった。

笑ったし勉強したし美味しかったし休まった。

深夜2時の焼き鳥屋でゆうちゃんのネタに馬鹿ウケして、閉まらなくなった口からヨダレがツーっと垂れた。久々あんなに笑った。

秋山兄弟の生家も見れて、東京帰ってきてもまだ心が締まってる。


松山は温泉は最高だし、ご飯は美味いし、人も特徴があって面白いから是非みんなにも足を運んでいただきたい。
ただし、もし松山を訪れる場合は一つだけ注意点がある。

それは『坊っちゃん』を読んでいくこと。

これはまじマスト。

もう町全体が坊っちゃん推しで、坊っちゃんを読んでいるかどうかで旅の充実度が3倍は違う。

まあ、ただ、現地の人は一切坊っちゃんを読んでいないのだけれど。

□■□■□■□

実はこのブログのカテゴリには完全に放置されていますが『温泉記』というカテゴリがあります。
この旅行を機に久々に書きたいと思います。


《温泉no6. 道後温泉(愛媛県・松山市)》

■評価:★★★★☆(4.5点/5点満点)

■短評:そりゃね、大国主命・少彦名命にはじまり、歴代天皇、聖徳太子、小林一茶、夏目漱石らが入浴した温泉ですからね、最高じゃないはずがない。建物の風情から風呂場の風情、そしてお湯、何も文句をつけるところはない。
普通に考えれば5点満点で、ここを満点にしなかったらどこを満点にするんじゃい!という話だけど、実はこの道後温泉、本館は鬼のように素晴らしいんだけど、その他周りが雰囲気もへったくれもない。本館正面20メートル先からは商店街が始まっているほどどうしようもない。
道後温泉が素晴らしいのは地元の人もわかっていたんだから、なんでもっとこう、雰囲気を保とうとかそういう努力をしてこなかったかなー。そういうトータルコーディネート的な温泉の情緒が著しく欠けているのでマイナス0.5点で4.5点。

ちなみに道後温泉の料金体系はただの入浴400円から2階のお座敷も使える800円コース、2階のお座敷プラス霊の湯にも入れる1200円コース、さらに霊の湯プラス3階個室の1500円コースまで4段階に分かれているんですけど、ここは1200円以上は払って是非霊の湯に入っておきたい。
1階の神の湯と霊の湯では雲泥の差がある。

□■□■□■□

最近このブログによく出てくるDAYS JAPANですが、先月号では生まれて初めての見開きデビューさせていただきましたが、実は今日(1月20日)発売の2月号では生まれて初めての文章デビューをさせていただきました。

今まで文章書いた経験なんてないのに『文/石田紀彦』でしっかりとクレジットも載せていただいて、これは本当にただただ有り難い限りです。
内容は前号の原発に対する形で(?)、クリーンエネルギーの特集になります。

P.38に掲載されているのですが、このページの5枚の写真は去年の11月に僕が岩手県・葛巻町に行って撮ったもので、つまりこのページに関しては1ページ丸ごと文章も写真も全て僕が担当させていただいています。

岩手県出身の僕が同じ岩手県の葛巻町について書かせてもらえるなんて、これはほんとすごい話で、今回のブログのタイトルだって「松本 伊予」なんてふざけたタイトルにしている場合ではなく、もっとハイテンションに「文章デビュー!!」とかにすればいいんでしょうけど、なんかそんな気分じゃないんですよね。


なんでかって、言ってしまえば、写真がよくない…(ノд・。)

文章だって、最初はこのブログみたいな文体で書いて出したんですけど、猛烈なダメだし→再提出。
再提出した文章もだいぶ直されてようやく掲載に至っています。
それはそれでものすごく勉強になったし、納得しての掲載ではあるのですが、全部コミコミで、なんつーか個人的にはDAYS JAPANの1ページを使って勉強させていただいたって思いがあるだけで、載りました!なんてテンションじゃ全然ない。

まあ、だからこそ今回の号は前回の号よりも多くの人に見てもらって散々に酷評してもらいたいとは思っています。

今なんか胸でモヤーっとしてるこの感覚は散々に酷評されることで少し晴れるような、そんな気がします。

我侭言って申し訳ありませんが、皆様の批評、お待ちしています。

ちなみに岩手県以外にもP.32で神奈川県の写真が2枚、P.34で東京の写真が2枚採用されています。
そちらの方も携帯の方にでも感想いただけたら多謝です。

よろしくお願い致します。

people_of_the_sun at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月24日

千葉 本土寺

$今日のトヨタ紡織

《【3116】トヨタ紡織(株):1480円》 
(−12,100円)+(配当金4,000円)−(損切り7,000円)=−15,100円

筋違いなのはわかるけど、段々トヨタ紡織に嫌悪感を抱いてきた。


先日、千葉の本土寺というお寺に行ってきました。

なぜなら、ここのお寺には1万株もの紫陽花が植えられているからです。

僕、紫陽花の花の中にボフッと顔をうずめてしまうくらい、お花の中で紫陽花が超好きなんです。
(紫陽花好きならこの顔をうずめる行為はまじオススメ。至福です)
(※中に虫が入っているので1回お花を振ってからうずめるのがベター)

てなわけで、1万株!ってどんなやねん、ということで、1人で千葉は北小金くんだりまで紫陽花を見に行ったのですが、うーん、どうだろう。

先に感想を書いてしまうと、僕は「紫陽花が好き」なだけで「いっぱい紫陽花があること」は別に好きではない、ということに気が付きました。

というより、これは完全なる主観ですが、花自身が周りに紫陽花が咲きすぎてるせいで『咲き誇る』ことを忘れているように感じました。

目白なんかに孤高に割いている紫陽花は、明らかに咲き誇っている。
その分、花も堂々としてるし花のボリュームもすごい。

まあ、単純に土の栄養素を分け合っているかいないかだけの話、という説もあるけど、個人的には単独で咲いている紫陽花の方が好きです。

いっぱい写真を撮ったので(写メールだけど)何枚か載せます。

2010061715550001




























いっぱい紫陽花咲いてる。

まあ、これはこれで確かにいいんだけどね。

あと、一つ愚痴を言わせてもらえば、写真を見てわかる通り天気も悪い。

すっげー快晴だったんだけど、やっぱり紫陽花は雨の日に見ないと駄目ね。

太宰治の『斜陽』に、主人公のお母さんが地味な色のマフラーを主人公にあげて、主人公はその地味な色を嫌がるんだけど、数年後あのマフラーは母が空の色に合わせてくれていたのだと知り、服はその日の天候に合わせなければ野暮だったんだと気付くシーンがあるけど、この日の紫陽花はまさにそれ。

快晴の紫陽花なんて野暮。

本土寺には1万株の紫陽花の他にも5000株の花菖蒲も咲いていて、正直こっちの方がよかった。

2010061714560001




























花菖蒲の方は、群生してなんぼ、みたいな花だし、こっちの花は存在も知らずに行った分、驚きもあって感動した。

こっちの花も雨でも綺麗だろうけど、日の光の中にあっても全然野暮ではなかった。

その他にもお寺さんの敷地の中には美しい池もあったりして、本当に素敵なお寺さんだった。オススメ。

その美しい池の周りで『坂の上の雲』を読んで(ようやく6巻まできた)帰った。


最後、おまけ。

2010061716340003




























最後に、せっかくだから北小金駅の反対側も見てみるか、と歩いていたら『マツモトキヨシ発祥の地 100M』という看板を発見。

おお、と思い、行って撮った写真。

しかし、この店、近くで見ると店先に“22号店”と書いてある。

…。
マツモトキヨシ発祥の地、という看板を市がわざわざ作るくらいならもちろん店は1号店を名乗るべきだし、22号店であるならば、看板など出すべきではない。

この事象一つをとってみても千葉県民の愚弄さがわかるであろう(司馬遼太郎風)。



《温泉no5. 和倉温泉(石川県・七尾市)》

■評価:★★★★(4点/5点満点)

■短評:何年か前の社員旅行で行った温泉。露天風呂から七尾湾を望める素敵な温泉だった。
その露天風呂をちょっと出ると海沿いの堤防に出られるんだけど、酔っ払ってみんなで風呂行った時に、勢いで全裸でその堤防を駆けたら、実は数メートル先がガラス張りのそのホテルのロビーにつながっていて、やべえやべえ、とわーっと走って戻った。
ほとんど酔っ払ってたし、この温泉への記憶と言えばこれくらいしかない。
ただ、この日の夕食が豪奢で、七尾湾でとれたズワイ蟹を生で食したり、アワビ食ったりで申し分なかったので、七尾湾の美しさとあわせて4点。

people_of_the_sun at 09:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月17日

損切り

ウルグアイ空気読めや。


$今日のトヨタ紡織

《【3116】トヨタ紡織(株):1519円》 

生まれて初めて『損切り』という行為をした。

200株のうち100株を1531円で損切り。100株分に関してはマイナス7000円也。

残りの100株をどうするかは考え中。
(−8,200円)+(配当金4,000円)−(損切り7,000円)=−11,200円


「2度に分けて買え。2度に分けて売れ」

これは株の格言で、確かにそれは正しいと毎回思うんだけど、何故か毎回実行できない。

売りにしろ買いにしろ根拠をもって行動しているわけで、これはその行動を半分自分で否定するということにもなり、頭ではわかっていても「いざ」という時に感覚がその理屈を否定してしまう。

今回はそれを初めて実行できた、という点では意味があると思う。

競馬よりは株の方が過去の経験がどんどん身になっていっている気がするけど、どうだろう。


《温泉no4. 沢渡温泉(群馬県・吾妻郡)》

■評価:★★★★☆(4.5点/5点満点)

■短評:今年のGWに一人湯治で訪れた温泉。
元々が「GWに一人で行っても泊まれるほど閑散とした宿」という希望を基に教えてもらった温泉街。事実一人で泊まれたし、閑散ともしていた。しかし、その中身は期待していたものとはだいぶ違った。
実は僕が泊まった宿『暮坂乃里』さんは“天然ラジウム鉱石を使ったお風呂”なだけで正確には温泉ではなかった。
それはそれで個人的にはよかったし毎日朝夕は暮坂乃里さんの露天風呂を十分堪能した。ただやっぱり温泉街に来ている以上、本当の温泉にも入りたいわけで、お昼は温泉街の方にぶらりと歩いていって日帰り温泉に入った。この4.5点はそっちの温泉に対しての評価。正確には『沢渡温泉 まるほん旅館』さんに対しての評価。

ホームページでちょろっとお風呂の写真が見れるけど、ほんとここの温泉は雰囲気が最高。しかも毎日普通のお風呂に入っていたこともあって「普通のお風呂と温泉ってこんなに違うのか」と衝撃を受けた。
“お湯の違い”って、肌でわかるものなのね。

さらに前回温泉は雰囲気が大事と書いたけど、とにかく沢渡温泉の周辺の情景がめちゃくちゃによかった。これは“温泉周辺には何も期待していなかった”ことのギャップ分も多分にあるんだろうけど、それにしてもよかった。
正岡子規ならいったい何句詠めるだろう、と思った。
正直「もう一度行きたい」と思った温泉はここが初かも。超マイナーな温泉だけど、個人的には相当高評価。

people_of_the_sun at 10:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月15日

マハトマ・ガンジー

$今日のトヨタ紡織

《【3116】トヨタ紡織(株):1484円》 
(−23,400円)+(配当金4,000円)=−19,400円

最近、ガンジーの『七つの社会的罪』を知った。

1.理念なき政治

2.労働なき富

3.良心なき快楽

4.人格なき学識

5.道徳なき商業

6.人間性なき科学

7.献身なき信仰

まあ、株ってのは明らかに2の罪でしょーな。


僕の身体構造では体重は減る時でも増える時でもその事象から2週間後にその影響が出る。

だから今月上旬に北海道で馬鹿みたいに食べた分は、やっぱりちょうど今週くらいに影響が出るわけで、今日計ったら72.5kgまで体重増えてた。

びっくりするけど、4月までは体重は67kgだったんです。
つまりこの2ヶ月で5kg以上も太ったことになる。

一応今月末まで2週間あるし、今週はダイエット週間にして今月中にせめて69kgくらいまでには戻したい。


《温泉no3. うすゆきの湯(北海道・礼文島)》

■評価:★★★(3点/5点満点)

■短評:個人的には今回の家族旅行にはゴールデンウィークと同じく湯治の目的もあった。
しかし、実は礼文島で2泊した民宿のお風呂はただのお風呂だった。つか父の話では「そもそも礼文島に温泉はない」とのこと。他の兄弟も僕と同じく今回の旅行には温泉を期待していたようで、少なからずブルーはいってた。

しかしながら、着いてみて両親すら初めて知ったのは、奇跡的に去年の10月からこの『うすゆきの湯』(驚くことにホームページすらまだない)がオープンしてたこと。
もちろん、温泉を求めていた子供達の強い要望で、観光の予定を大きく割いてこの温泉に行くことに。
オープンしたてだから館内は清潔だし、お湯も全然悪くない。しかも礼文島散策で体が冷えきっていたから最高に気持ちよかった。
ただ、温泉ってーのはお湯とか施設も大事だけど、周りの雰囲気ってのも4割くらい占める重要なファクターだと思う。
そういう話で言うと、温泉の前を未だキャタピラーがキュラキュラ音を立てている状態で、そういう雰囲気はまだまだ未完成。実際、そういうインフラが整ってくれば露天風呂から利尻富士を望める素晴らしい温泉になるはず。嘘か真か、お湯の成分は日本屈指なのだとか。

うまく売り出していけば、きっと礼文島の魅力をいっそう引き立てる素敵な施設になると思うよ。頑張れ、うすゆきの湯。まずはホームページを作ろう。



特に何の理由もなく、またも『WOLFMOTHER』の“Far Away”。

前回の“WOMAN”が1stアルバムで、この曲は去年発売された2ndなんだけど、いや、つか、ヴォーカルのルックス変わり過ぎじゃね?



people_of_the_sun at 02:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月10日

ONE DAY AS A LION

$今日のトヨタ紡織

《【3116】トヨタ紡織(株):1410円》 
(−38,200円)+(配当金4,000円)=−34,200円

「あっ」と離した船が、みるみるうちに沖に流されているのを見る気分。


いやー暑いですね。いよいよ夏の到来を思わせる暑さです。

ちなみに昨日、フジロック2010のチケットとキャンプサイトチケットを買いました。

最近はサマソニばっかり行っててフジは行ってなかったけど、いったいフジに参戦するのは何年ぶりだろう、と思って調べてみたらなんと1999年以来ぶりだった。

もうあれから11年?びっくり。

つか、昨日チケット買う時に初めて知ったけど、今年のフジロックには『ONE DAY AS A LION』が出るんだって!
しかもライヴはフジが世界初。やべー。

今年の夏は異常に熱い夏になりそうです。

この夏は「腰がいてー」なんて言ってられない。3日間フル参加だし、体力なければ乗り切れんばい。ということで、今週からジムに通うことにしました。

今日は休みなので、今から初ジムいってきまーす。


《温泉no.2 豊富温泉(北海道・豊富町)》

■評価:★★★★(4点/5点満点)

■短評:1回目にも書いた、強烈にお湯から石油の臭いがする“石油温泉”。実際お湯の出口黙ってみてると、そこからじわ〜っと温泉の表面に油が張り出す。それくらいまじ石油だし、ガチ石油の臭いがする。
僕も同年代の中ではいろいろと温泉行ってる方だと思うけど、それでも父親に比べれば10分の1くらいしか行ったことがないと思う。その父親が「今まで数々の温泉行ったけど、石油の臭いがするのはここだけ」と言っていた。
その臭いはもちろんのこと、北海道に油田があること自体初耳だったので驚いた。
お湯の温度が中途半端で「いい湯だった!」という感じはしなかったし、実際強烈な石油の臭いの中お湯に入るってのもそんないい気分はしない。ただ、その珍しさを評価して4点。



最後、全然フジと関係ないけど、最近のマイブーム『WOLFMOTHER』で“WOMAN”。



people_of_the_sun at 14:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月08日

Hot spa

$今日のトヨタ紡織

《【3116】トヨタ紡織(株):1430円》 
(−34,200円)+(配当金4,000円)=−30,200円

思えば遠くへきたのものだ〜(海援隊)

いやー、まさかこんなにトヨタ紡織との付き合いが長くなるとはねー。
先日株主総会の議決権が届いたわ。
さくっとトヨタリコールの反動狙っただけの銘柄なのに、もうリコールのリの字も話題にならない今、世界金融の荒波に飲まれて散々たる有様。

株の売り時逃すとどんだけ酷いことになるかの良いサンプルになってしまいますた。

塩漬けにするか、競馬で3万負けることなんてよくあるからと割り切って損切りするか。考え中。


お久しぶりです。一昨日、4泊5日北海道家族旅行から帰ってきました。

今回旅行に行ったのは5月に退職した父親のお祝い(?)の為です。

退職と同時に15年くらい北海道に勤めた父も、今年の10月をもって北海道を去り盛岡に戻ることになりました。
てなわけで、今後はもう北海道にも縁のない生活になってしまいますので、最後に両親が北海道で行った中で一番よかった場所に行こう、ということで『花の浮島』北海道は礼文島に家族5人で行ってきました。

普段完全インドア派の僕ですが、礼文島を散策しレブンアツモリソウという、礼文島にしか咲かない花などを愛でたりしてきました。

GetAttachment





























これは礼文島に渡る前に寄った稚内の日本最北端の場所、宗谷岬。

これ見てわかる通り、ここらへんの地域は基本的にどの店行っても「日本最北端の」が付きます。

んで、帰りには“日本最北端の”温泉『童夢温泉』にも入ってきました。

他にも礼文島うすゆきの湯、あとは豊富温泉と今回の旅行では計3つの温泉に入ってきました。

んで思ったのが、今までけっこう温泉には行ってきてるし、自分の中の備忘録的な意味もあって、しばらくは今まで行った温泉についての感想をまとめてみようかと思いました。
まあ、株以外特に書くこともないしね。

ではまず童夢温泉から。


《温泉no.1 童夢温泉(北海道・稚内市)》

■評価:★★★☆(3.5点/5点満点)

■短評:油田の近くから沸く温泉、ということでお湯から石油の臭いがするらしく兄は「石油の臭いした」と言ってたけど、僕は両親と3人でこの3日前に行った豊富温泉の石油の臭いが強烈すぎて全然感じなかった。
兎にも角にも石油系温泉、ということでお湯はヌルヌルしてる。石油系温泉は肌にいいらしいけど、ほんとかな。北海道から帰ってきて以来、顔の皮膚がガサガサになったんだけど。
お湯は41℃(表示してあった)。さすがしっかりした温泉だからぽっかり温まる。ただ、露天風呂に『このお湯は循環式を採用しています。ご理解をお願いします』みたいなこと書いてあったけど、わざわざそんなこと表示する必要あんのかな。テンション落ちるだけじゃん。
北海道民的な愚直さを感じる。
もろもろ含めて3.5点。

people_of_the_sun at 07:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)