2015年02月16日

スマートふぉん始動


p_index_02

ガラケーと呼ばれても、子機と呼ばれても、
ガラケー生活を楽しんでいましたが、ついに

         ↓↓↓↓↓↓↓

nexus5

スマホに変えました。

いろんな理由がありますが、ガラケー解約の一番の理由は
先日書いた「タバコ吸う場所がなくなったから」に近い。
(禁煙は快適に1.5年継続中^^)

「ガラケーでできたことが、できなくなったから」です。

愛用のガラケー(sony re)では、Webメールの受送信、路線検索など、
細々と携帯サイトを利用してましたが、2013年~2014年にかけて
Yahooをはじめ、各社が携帯サイトを閉鎖しはじめたです。
みるみる不便になり、なんだか兵糧攻めにあってる気分。

スマホになってわかったのは、スマホからはPCサイトが見られるだけでなく、
スマホサイトというのがたくさんあるですね。
そりゃ携帯サイト、維持するのも大変だし、閉鎖するわ。 

なんか世の中に負けた感じもあるけど、できることが多少増え、
しかもガラケーより月額料金が安くなるなら乗り換えようということに。

友人の勧めもありSIMフリーの端末を購入し、SIMカードを挿入して
なんとか電話とメールが使えるように( ゚∀゚)o彡゚

ちなみにここまで、、けっこう時間と手間がかかります。
手続きサイトの説明を呼んでも、複雑でむずい。不親切。
間違えると月額300円の余計な経費がかかるらしいので、
あちこち問い合わせながら、ゆっくり手続きしました。

このたび、OCN、050plus付のSIMカードを購入しましたが、
おかげで電話代がかなり安くなります。
備忘録として、開通までの日程を書いときまーす。

----

▼2015年 SIM乗換え履歴

0123(金)夜 nexus5発注(Amazon)
0128(水)朝 nexus5到着

(ファイル読み込みでアドレス帳の移行完了)
(アプリ等の設定開始)

0130(金)夜 SIMカード発注(Amazon)
0201(日)  アクティベーションコード到着(ocn)
0203(火)朝 mnp予約(au)
0203(火)夜 mnp入力(ocn)

(2/4〜2/6:メールアドレス変更連絡、携帯から知人へ送信)

0207(土)朝1020 切替え予告sms到着
0207(土)昼1230 ガラケー終了
0208(日)朝 SIMカード到着(ocn) スマホ開通
0212(木)夜 050番号到着(しかし、050通話不具合)

0215(日)昼 OCNに問い合わせ
0215(日)夜 OCNより返信あり、設定変更により050開通
 
---

メールアドレスの話。

10年以上使ってきたezweb(携帯)とyahoo(PC)のアドレスを、
このたび Gmail(携帯&PC)に乗換えすることにしました。
いずれもたくさんの迷惑メールが届いていたので、
これですっきりします。

使ってみたらGmailのほうが使い勝手がよく、
スマートフォンとも相性がいいようです。

---

無料通話の話。

LINE電話はタイムラグがあって話しづらいんですね。
Skypeはかなりいい感じでした。(050よりも)



pepe00 at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月09日

ハーネス&靴 チェンジ

久しぶりにカラファテ行きました。
ハーネス買いに行ったのに、なぜか靴買っちゃった。
アナサジLV買い続けていたのに、なぜかシャーマン(サイズ7)。

06

初のダウントゥモデル。
ジムで試してみたら、これがけっこうイイみたい。
自然にスタンスに点で乗れて、がんばらなくても踏み込める。
つま先と踵がアーチになっているせいか、バネで跳ねるみたいに、
ぽーんと大きな動きがしやすい。
自然と今までのスタティックな登り方と違う登り方になるようで、
おもしろいです。外岩ではアナサジで慣れてるので、
もう少し様子を見てから試し履きかな。

そしてNEWハーネスは
16

BDのオーラ(写真左、288g)になりました。
右が確か6~7年前に買ったBDのアイリス、測ったら400gありました。
お店で履いてぶら下がることができるので、比較の為アイリスも持参したら、
オーラの方がだんぜん楽!
厚みの違う部分が少なくどこも当らないうえ、腰部も布が薄く
ほぼ違和感がありません。
さらにレッグループにサポートゴムが入っていてモモのフィット感が良いのです。

これは早速外で使おっかな。

※カラファテのJさんによると、
 靴はクリスシャーマの履いてる靴のレディース版、
 ハーネスはアダムオンドラが5.15を登ってるハーネス、
 だそーです。
 そんなすごい道具使ってもせいぜい5.11ですが〜
 がんばります(・∀・)



pepe00 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【クライミング】 

2014年02月15日

ゴルトベルクさん

最近の東京は、雪国化に慣れてきましたね♪
雪は好きなのでちょっとテンション上がります。

さて先日、ゴルトベルク変奏曲のコンサートに行ってきました。
ピアニストはご縁があって以前コンサートのお手伝いをした
福田ひかりさん
今回、偶然にも今練習している曲を聴けるということで、
いそいそと行ってきました。

アリア〜全30変奏〜アリア 全32曲ぶっとおしで休憩ナシ。
1曲ずつは長くないから80分くらいですが、
ゴルトベルク好きにはたまりません。

CDで聴いてる大好きな曲を、ぜんぶ生演奏で聴けるなんて、
夢のような80分で〜。

---
さて、家に帰ってピアノに向かう。

やっぱし。弾いてみたい曲がチラホラ。
(以下、説明文はひかりさんのプログラムより抜粋)

・第4変奏 パスピエ風。4声の自由な模倣対位法。
・第13変奏 モノディー様式で書かれた美しいアリア。
・第18変奏 6度の古様式で書かれたカノン。ガヴォット的なリズムで楽しく進行。
・第25変奏 一定のリズムで進む下2声の伴奏の上で表情豊かな旋律。ト短調。
・第27変奏 9度のカノン。7度の跳躍と掛留音による独特のイントネーション。

片っ端からさわってみた。

3声(アリア)でも脳みそがいっぱいいっぱいなので、
4声となるとこれまたうひょ〜 な体験ができます。
片手ずつとか、2声ずつゆっっっっくり弾いてみて、
さらにゆっくり3声合わせて、ほお〜!
という感じ、これは長いこと遊べそう。

ちなみに
ゴルトベルクって、伯爵おかかえのピアノ弾きの名前なんだって。
伯爵=不眠症で、夜眠れないから、ゴルトベルクが弾ける曲を
作れってくれってJ.S.バッハにオーダーしたらしいですね。

眠れる曲なのか、気晴らしの曲なのか、
夜中の曲のわりに派手な変奏も多くて、聴いてて飽きない。

さっきの以外で好きだった演奏は(自分じゃ弾けないけど)、

・第14変奏 トリル、手の交差、細かい音型の交替で埋め尽くされた
        アクロバット的な変奏。
・第19変奏 メヌエットとサラバンドのリズムが融合。
・第23変奏 3度および6度の平行と、途切れ途切れに弾かれる
        音階の合間に火の玉のように飛びすさる32分音符。
・第28変奏 途切れ途切れの旋律をトリルと跳躍進行が彩る。

うーん、速い。
手を見てたら、口開いちゃった。
すごい集中力だなぁ。


あとー
面食らったのはこの解説。


・第30変奏 クォドリベット

クォドリベットとは、民謡の複数の旋律を同時に歌う形式である。
バッハ一族にとっては一族の集いに欠かせないものであり、
 (中略)
ここでは
「おいらは久しくお前に会わぬ」と
「ごった煮の野菜がおいらを家から追い出した」という
2つの民謡が使われている。


ごった煮の野菜がバッハを・・・
「おいらは」って、、、、イメージが 〜(´ー`〜)

pepe00 at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【ピアノ】 

2014年01月30日

指をそっちに準備

■バッハのゴルトベルク第一変奏

レッスンで
「速く弾けないんですよー」と相談したところ、

「弾いたあとの指を、次の場所に準備しておく」のが遅いんだそーです。

(そういえば・・・前にもよく言われた)

そこだけを意識して何度かゆっくり練習
=ゆっくり弾きながら、移動だけ早くして、照準を定める。

とやると、確かにちょと速くなります。

練習は、下記の2通り。
・(ハノン)アルペジオの練習で、まいど意識する。
・(バッハ)第一変奏で、音が跳ぶところで。
  距離が遠いとあらかじめ認識しておく。

意識はこんな感じ
・高いところのモノを取る、足を高い位置に上げる
 つもりで素早く準備する

ん?これはよくやってるけど

クライミングでは、速くやることってあまりないのですが、
心の準備という意味はわかります。
新しいことやるつもりで、ちょっとやってみよーと。

たくさんのことを一度にやろうとすると、
結局どれもできないままになっちゃうので、一個ずつ。

いつか
速く弾いてみたいなー ヽ(´π丶)丿

pepe00 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【ピアノ】 

2013年10月03日

先生変わりました

ひさびさのピアノネタですが♪

えーと、実はずうっと教えてもらってたSacchin先生が
この8月からタイ赴任になっちゃいました( TДT)
がびーん!

以前、Sacchinの出産休暇(2007)とか、遠くに引っ越したとき(2008)、
近くで別の先生探してちょっとずつ習ったことがあるんだけど、
どうもピンとくる感じの方がいなくて。
結局、遠くに引っ越したSacchinを追っかけて(2009)、
片道2時間かけてレッスンに通うことにしました。
しかしさすがに、タイまでは追いかけられませーん。

今回、路頭に迷ってる話をしたら、ピアノ友達が先生を紹介してくれました!
月1回、1時間のレッスンを快く引き受けてくださったので、
9月からレッスンスタート、今度は1時間ほどで行けるとこでス。
(ありがたや~)

先日、最初のレッスンを受けてきました!
したらどうも、力が入りすぎてるらしい。 ←はい、Sacchinにもよく言われた(´。`)

▼レッスン内容
・45分間、ハノンでゆっくり⇒脱力の練習ー
・15分間、バッハでゆっくり⇒脱力と、少し歌の感覚を

・・・脱力ざんまい。

「3日に1度、30分〜1時間しかピアノ触ってませーん」 というと、
「毎日がいいな、3〜5分でもいいから。脱力練習を集中してやってみる?」
と、やんわりご指導されました。

鏡を横に置いて、姿勢を確認しながら、力を抜いて登る、
じゃなくて弾く練習。
ハノンの1オクターブをゆっくり、一音ずつ脱力しながら、片手ずつ。
これがけっこう難しい。

ピアノの上に、チェックするカレンダーを置きました( ̄ー ̄)
↑子供が宿題やったらシールもらえる感じで、とかイ箸書いていく。

そしたら2日に1回くらい、やるようになったんですヨ。

先生いわく、脱力は永遠のテーマなんだそーです。
ちょっとは進化してるのだろーか。
いつかできるようになったらいいな。 


pepe00 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)【ピアノ】