March 11, 2007

二人の天才

 さて、昨夜ライター仕事の原稿を提出し、取材も残り一件となってしまった。これから真剣にどうしようか検討中なのだが、なかなか決定打がない。とりあえず今日、ライターの新しい仕事を得るため履歴書を書き某社へ郵送する予定ではあるが…。
 もうなんというか、やりたいことがたくさんありすぎて困る。ライターの仕事は続けたいから次の仕事を探そうとしたり、取得してみたい資格がいくつかあったり、今まで興味のある音楽といえば中南米やアフリカ音楽だったが、ひょんなことからジプシーやユダヤ、モンゴルやウイグルやコーカサスなどの中央アジアの音楽が急に面白く感じてきたり、とある分野で大学院進学も悪くないなあと思えてきたり。何から手をつけたらいいのかわからないぐらいであるが、全部はとてもできないので、髪の毛や笠原氏の迷惑メールや迷惑留守電よりもはるかに大きな悩みごとかもしれない。情けないことに今後の生活に関してまだ何にも決まっていない身の上なのであるが、いい加減とりあえず今年何するかを考えないとあっと言う間に行く年来る年なので、なんとかせにゃいかんなあ、と思う。以上自戒を込めたひとりごとメモ。

 ところで、今日もホンマに寒くてかなわんのだけど、体の感覚的に、これからもっと寒くなるような、そんな寒さだった気がする。実際のところはこれから温くなっていくのだろうけど、今年の暖冬と去年末のハワイ旅行のおかげか、体内のそんな感覚がちょっと狂ってしまっているのかもしれない。
 そんな寒い中、地元の駅を降りると、駅前で健気にも弾き語りをしている、たぶん僕より若い少年が二人いた。寒い中がんばってるのは非常に評価したいところなのではあるが、だいぶ以前も書いたように、いつも地元の駅前に現れるこの二人、もうとにかくここまでくると天才かと思うぐらい下手くそで、ギターの音程はめちゃくちゃであるとか以前にまともに弾けてないし、歌も音程はずれまくりだし、よくもまあそんな状態で惜しげもなく人前で演奏できるものだ、と思う。今日譜面を見ながら弾いている二人の前を通ったときにはミスチルの「花」を弾いていたのだが、ギターをまともに弾けてないのだから途中でいきなり止まってしまったり、彼らは熟知している曲のはずなのに明らかに譜面を1行飛ばしてしまったりする天才ぶりを惜しげもなく披露するのだった。分かりやすく実際に歌われた内容を言うと、「負けないように 枯れないように 笑って咲く 花になろう ふと自分に 迷うときは〜」となっている歌詞の、「笑って咲く 花になろう」を飛ばしてしまったのである。一瞬何が起こったのかわからなかったが、それに気づいたとき、どうやったらそんな歌い方ができるのか、と逆に感心してしまった。ていうか、譜面を一段飛ばすとか、結婚式のスピーチとちゃうんやから…。
 みんな改札を出る人々は、一瞬二人の姿を見て見なかったことにしたり、へったくそやなぁ、と知り合い同士で語り合ったり、耳に装着しているiPodの音量を最大にしたりと、あきらかにこの二人を避けるように家路につくのである。
 ストリートライブの演奏がかっこよかったりすると自ずと人も集まってくるものだが、誰一人道行く人は足を止めることがなく、その代わりにこの二人の前にはずっとその二人の友人らしき女の子が座っていて、その女の子はずーっと女の子同士でしゃべっており、まるで男の子たちの演奏を聴いていない。もうここまで放置プレイされているとなんだか哀れに思えてくる。この二人組、二年ほど前からずっとここで見かけているのだが、いっこも上達しないのであるから、いやあ、よくもまあずっと続けていられるなぁ、と感心するものである。僕の知り合いのおばさんなんか、あまりにもあの二人うまくならへんくてかわいそうやから私らがカンパしてあげてみんなで音楽学校にでも入れてあげた方がええんやろか、と心配そうな顔をしながらおっしゃるぐらい、近隣の住民たちにとっても色んな意味でマッチ売りの少女的な存在になってしまっているのである。
 それでも路上で歌おうという姿勢は素晴らしいと思う。どうか、せめて「ゆず」ぐらいまともに弾いて歌えるようになってほしいものである。

 ♪どうも最後まで読んでいただきありがとうございます。
 ♪この二人の天才の姿に感銘を受けた方は、よろしければクリックお願いします!

    ↓
 blogランキング

pepmanbou at 23:57│Comments(4)clip!

この記事へのコメント

1. Posted by 神楽坂朱夏   March 12, 2007 13:52
あの二人組に関しては、この前、駅の助役さんたちも「かなわんなあ」って呟きながら苦笑してたよ(笑)。
2. Posted by あらい   March 12, 2007 16:53
ほんまになんとかならんかねぇ。
それとも、ああいうのを狙った新たなジャンルなのかなぁ(笑)
だとしたら、彼らはその道の先駆者になるかもしらんなぁ…。
3. Posted by ダダ   March 12, 2007 20:46
僕はちょっと感動したなあ(笑)
あらいくんの視点も好きだなあ。
そりゃ上手いにこしたことないけど、音楽は万人のものだしね。

一時期JAZZでも僕は「上手いもの同士で楽しんでりゃいいだろう!」とふてくされてた時もあったけど
原点でもある音を楽しむという機会は誰にでも与えられるんだろうしね。

銭とるわけじゃないなら、ガンガン表現しておくれ、若人よ(爆)
4. Posted by あらい   March 13, 2007 15:45
そうなのです、寒い中がんばっているのは認めてあげたいのです。
2年間ずっと上達しないぐらい下手くそなんだけど、
いつか自分の満足いくような演奏ができるようがんばっているわけだし、
僕としては応援してあげたいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔