2010年10月11日

ペルシャ絨毯ペレスポリス (鯖江市)

12
314915_432417040138225_573033604_n
ペルシャの紹介 古代ペルシャ帝国 イラン文化の曙は、アーリア人の登場に始まります。 紀元前2千年紀、アーリア系のペルシャ人やメディア人などがロシアのステップ地帯から南下し、王国を築きます。 やがてペルシャのアケメネス家が強大な勢力をもち、東はインダス川から西はエジプトまでを支配する大帝国を形成しました。 そして祭祀用の都ペルセポリスのレリーフには、すでに絨毯らしきものを貢ぐ姿も描かれています。 最古の絨毯がつくられた頃からすでにかなりの時が経っています。 因みにペルセポリスは、3代の王により、およそ87年間(紀元前512年頃~前425年頃)かけて建設され、アレキサンダー大王の東征により紀元前330年に炎上します。 ペルシャ絨毯の歴史 紀元前6世紀半ば古代ペルシャ帝国は、新たに版図とした東の地域にスグダ、パクトリシュ、ガンダラという諸州を設けた。西トルキスターンのソグディアナ、バクトリア、そして北西インドのガンダーラである。大王、諸王の王、パルサの王、カンビュセスの子キュロスは、その東中央アジアに住む遊牧民マッサゲダイを配下に収めたくなった。マッサゲダイ族の時の女王トミュリスとの戦いに敗れ、キュロスまさかの戦士、在位通算29年であった 手織り絨毯の足跡 これら古い出土絨毯のほかにも絨毯の足跡はみられます。 それは文学や絵画に残された資料によるものです。 アラブの史家タバリー(9~10世紀)が言及している7世紀クテシフォン宮殿の織物「ホスロー王の春」、10世紀のペルシャの地理書、またそれ以降、中央アジア・西アジアを訪れたアラブや西洋の旅行家の記録などに散見されるさまざまな記述です。絵画のジャンルでいえば、古代遺跡のレリーフ、敦煌の壁画、宋や元の絵画、ペルシャやトルコのミニアチュール(写本の挿画―細密画)などが挙げられます。 絵画資料に関しては、ルネサンス期に宗教画、肖像画など描写が正確な写実となることで、傍証資料としての価値がおおいに高まりました。 ホーム 販売 サービス メンテナンス ペルシャの全て Webマガジン アクセス

perespolis at 15:52│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Download ltptw   2011年12月13日 23:11
2002年8月27日 ふけ取りシャンプー:ふけ取りシャンプー「ニゾラル-シャンプー」200 -- .

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • SALE
  • SALE
  • SALE
  • SALE
  • SALE
  • SIPY(シピィ)店越前市SALEビックリ在庫処分
livedoor プロフィール