ブログネタ
無罪 に参加中!

[無罪] ブログ村キーワード [判決] ブログ村キーワード [裁判]ブログ村キーワード [裁判所]ブログ村キーワード [弁護側]ブログ村キーワード [検察側] ブログ村キーワード

 

<リレートーク>

 

 

東京北部ユニオン 水戸 氏

 

こんにちは、東京北部ユニオン「街」分会の水戸と申します。

私たちの職場はいわゆる精神障害と言われている方たちのための作業所とそれからもう一つ居宅介護の事業所をやっているNPO法人です。

私たちの分会からは3月23日に2人、24日に3人、最終弁論を傍聴させていただきました。私も24日に伺いました。23年にわたる長期の裁判闘争の最終決着、最終意見陳述は、ものすごく裁判所を圧倒してましてよね。

傍聴された皆さん、本当にそう思ったと思うんですけど、この裁判で裁かれているのは私たちじゃないんだということです。公安警察と裁判所が無実の我々に何をやったのか、それが裁かれているんだから、本当に裁かれているのは私たちじゃないんだ。裁いているのは、私たちの側なんだ。そのことに裁判官とそれから検察官は、本当に圧倒されていると思います。

そして私は、十亀さんの最終意見陳述の最後の言葉ですが、これがすごく胸に刺さりました。私は東京北部ユニオンの介護職の労働者なんだと、だから早く、一刻も早く職場に、職場生産点に戻って、職場のみんなと階級的団結を作って行きたいんだっていう事をおっしゃってて、本当にそうだなあと思いました。

十亀さんはお父さんが倒れられる時まで私たちの職場で一緒に働いていらっしゃいました。私たちは十亀さんのことをバクさんバクさんと呼んでいます。それでそこにお客さん、地域の労働者が遊びに来たりして、何でバクさんって言うんですかって聞かれた時に、バクさんがすかさず爆取の裁判のことをその人に説明する訳です。

これは爆取のバクなんですよということで、その聞いた人は初めてこの23年長期にわたる、この不当なデッチ上げ裁判の事を知る訳ですね。そして裁判所とか警察に対する怒りを持って、本当にエエッそんな事があるのかと、皆さん、びっくりするより怒るわけです。で、ましてや十亀さんの人柄あふれる誠実な話しぶりに、その人は惚れ込んじゃってですね、十亀さん=バクさんのサポーターになり、そして署名が集まって行くというそういう職場でした。

本当に私たち職場のみんなも、東京北部ユニオンのみんなもそして居宅介護の利用者もバクさんの一日も早い、私たちの職場に戻ってきてくれるっていう事を待っています。本当にそうなんです。ですから6月2日の公判では完全無罪を勝ち取って、さっき十亀さん、ケムさんもおっしゃってましたけど、あの感動をもう一度味わって、一刻も早く私たちの職場にまた仲間として復帰してくれるっていうことを待っています。

必ず無罪、勝ち取りましょう。