ムザイ

  迎 賓 館 ・ 横 田 裁 判 = 無 実 の 被 告 を 支 援 



 

政治的冤罪

 謹賀新年 

 謹賀新年 

迎賓館・横田でっち上げ爆取弾圧は、1986年、昭和天皇の在位60年式典と東京サミットに反対して、サミットの会場であった赤坂迎賓館と、米軍の横田基地に向けて中核派革命軍がロケット弾を発射した事件に対する報復弾圧です。

無実の須賀さん十亀さん板垣さん福嶋さんの4氏を、爆発物取締罰則(爆取)という極悪の治安弾圧法の第一条適用という重刑弾圧によって、無実を承知の上で16年間もの長きにわたって監獄に未決拘留し続けました。

1986年以来、実に30年間にわたる弾圧にたいして須賀さん十亀さん板垣さん福嶋さんの4氏は、不屈に闘いぬいています。
 須賀さん十亀さん板垣さんの裁判では、18年にわたる事実審理の結果の無罪判決となりました。しかし、控訴審では一度の事実審理もせずに無罪判決を覆しました。この反動判決を受けて差戻一審は有罪判決、差戻控訴審は控訴を棄却するという政治的な冤罪事件です。

須賀さん十亀さん板垣さんは差戻上告審で無実=無罪をかちとるために全力で闘っています。
 府中刑務所で懲役刑に処されている福嶋さんは、再審請求をしています。

迎賓館・横田事件裁判被告団は、差戻上告審そして再審請求で「無実は無罪に!」を実現するために全力で邁進致します。

2016年、旧年を倍するご鞭撻ご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

ムザイ

b福嶋 花見 前橋b3人 2 gousei













無罪署名ロゴ1
このロゴもリンクしています


月刊『無罪!』、Facebook『完全無罪』の読者の皆さん!
賛同署名と署名の拡散を宜しくお願い致します。

2015年を越える2016年の闘いを! (4) 十亀弘史

B最高裁申入 sogame2015年を越える

2016年の闘いを!


十亀弘史


1年はあっという間に過ぎました。とりわけ、安倍政権と徹底して対決して、文字どおりの激闘を重ねた今年は、季節の移り変わりなどを実感するいとまもありませんでした。

そして私たちは、そのような中で最高裁の早期結審を許さず、新たな年を迎えようとしています。これは、勝利そのものです。

しかし、まだ無罪を確定させてはいません。来る年においてこそ、28年間の怒りの全てを込めた、これまでで最大のそして最後の闘いを最高裁に叩きつけなければなりません。

創意をこらし、理不尽への怒りと闘いへの共感を集め、今までにないダイナミックな闘いを共に進めて、無罪を確定させましょう!




b3人 2 gousei

2015年を越える2016年の闘いを! (3) 十亀弘史

十亀 判決2015年を越える

2016年の闘いを!



十亀弘史


私たちの弾圧との闘いは、いうまでもなく階級闘争の鎖の一環をなし、階級的労働運動や闘う学生運動と一体です。被告団は1年間あらゆる闘いの現場に立ち続けました。福島、三里塚、ヒロシマ、国鉄闘争や安倍倒せの集会やデモ、11・1労働者総決起集会など全ての現場で、あらためて労働者の団結と国際連帯のものすごい力を実感しました。「被告」であるために現地に行くことはできませんが、韓国・民主労総のゼネストに胸の底を激しく揺さぶられました。また、裁判員制度に反対し、「現代の治安維持法と闘う会」の活動を積極的に担い、完黙・非転向の原則を堅持し、深め、広げています。何よりも徳島刑務所包囲闘争に参加し、星野文昭さんを奪い返して絶対に再審無罪を実現しようとの決意を新たにしました。星野さんの闘いは、迎賓館・横田の闘いも含む、階級闘争の全体を大きく包摂し、未曾有の勝利の地平を切り開いています。

つづく

B いわき 3被告 1

 

2015年を越える2016年の闘いを! (2) 十亀弘史

十亀 7.3裁判所街宣2015年を越える

2016年の闘いを!



十亀弘史


「完全無罪をかちとる会」は、この1年、被告団とともに法廷外の運動を力強く前進させました。何より、2月21日に「最高裁で無罪を! 福嶋再審勝利へ! 2・21総決起集会」をしっかりと成功させました。デッチあげ弾圧への激しい怒りと同時に明るさと熱気に満ちた集会となり、参加者は無罪確定への強い意志を新たにし、共にしました。

毎月の有楽町での街宣に加え、最高裁前で出勤してくる職員にビラを手渡すという宣伝も開始して予想以上の手応えを得ています。さらに10名前後による最高裁への申し入れ行動を重ね、9月25日には昨年から通算して5度目となりました。その都度署名簿を提出しましたが、今年の署名活動で特筆すべきは、国会前や日比谷公園、代々木公園などで、戦争法に怒る労働者市民からかつてない多数の署名やカンパが一気に寄せられたことです。「戦争とでっち上げ弾圧は一体だ」という私たちの訴えが、たしかな勢いをもって浸透し、署名用紙が見るみる支援の署名で埋まりました。戦争と安倍政権への怒りと迎賓館・横田のでっち上げへの怒りは必ず結びつくのです。

本誌『無罪!』では、10回にわたった各弁護人による上告趣意書解説が充実の連載となり、ブログ「ムザイ」もアクセス数を増やした上で、9月には「インターネット署名」を開始しました(引き続きのご協力をお願いします)。

現在の私たちの真正面の敵はまさしく最高裁です。2016年には怒りの集中攻撃をかけて最高裁を動揺させ、震撼させ、必ず無罪判決へと突き動かさなければなりません。

つづく


 

B最高裁申入 2

2015年を越える2016年の闘いを! (1) 十亀弘史

十亀 2015年を越える

2016年の闘いを!



十亀弘史

少し早いですが今年最後の号ですので、被告団・弁護団と「完全無罪をかちとる会」のこの1年間の闘いを振り返り、来年こそ必ず無罪の確定を、という決意を明らかにしておきます。




被告団と弁護団の今年最大の闘いと勝利は、上告趣意補充書の提出を重ねて最高裁を攻め続け、早期結審策動を完全に打ち砕いたことです。原判決はいたるところで「判決に影響を及ぼす重大な事実誤認」を犯しています。検討を重ねるほど、補充書で弾劾すべき多くの新たな誤認項目が発見されます。昨年末の1通目の補充書に続けて、弁護団は、4月10日に2通目の補充書を提出し、「仮に3人が両事件に関与していたとしたら岩手借家から押収されているべきメモ類が全く存在しないことも3人の無罪の証拠だ」と論じ切りました。

7月10日には、原判決の認定構造と、そのどこにどのような事実誤認があるのかを一目瞭然に図示した3通目の補充書を提出し、8月31日には、これまでの4判決(最高裁決定を除く)における重要な要証事実についての認定の変遷を明らかにする4通目の補充書を提出しました。4判決の内容がくるくる変わっていること自体が有罪認定の誤りと3人の無実を明示しているのです。合わせて4通の補充書の提出は最高裁を追い詰めています。被告団・弁護団は、さらに5通目、6通目の補充書を準備しています。私たちは、故意によるというべき明らかな事実誤認(証拠を無視して「有罪」の結論を先に置く政治的作文)を犯した原判決を絶対に許さず、最高裁に無罪を自判させます。


福嶋さんの再審闘争でも昨年12月に、福嶋弁護団が、福嶋さんの無実を証明する2つの新証拠を添付した再審請求書を、東京地裁に提出しました。科学に拠って、正確かつ厳密に、福嶋さん「有罪」の「根拠」とされた筆跡鑑定と指紋鑑定の明白な誤りを指弾しています。弁護団はさらに意見書や新証拠の準備を進め、近いうちに3者協議も実現させようとしています。獄中の福嶋さんは、再審闘争においてまさに「勝利者」であり続けています。

つづく


 


 

4ninnb

福嶋再審勝利へ! (3) 福嶋昌男

b福嶋 花見 前橋福嶋再審勝利へ!

(3)

 

福嶋昌男(府中刑務所在監)

他方、岸田悟教授による『石川指紋鑑定検証報告書』は、検証というそのこと自体の科学性で服部判決を打ち破っています。『報告書』は「最適重ね合わせ指紋画像」の作成とパターンマッチング法で、石川指紋鑑定官が一致の根拠としている3組6枚の現場指紋−福嶋押捺指紋の特徴点(朱印点)の位置が実際には大きく相違していることを明らかにしました。「最適重ね合わせ指紋画像」はカラー画像で朱印点の位置の違いを明瞭に指し示しました。また、パターンマッチング法で、それら3組6枚の指紋の一致度を、20%、33%、50%と数値で表しました。「12点法」で求められる一致度は100%ですから、各指紋は別人のものです。

『検証報告書』は、現場指紋と押捺指紋のデータをパソコンに取り込み検証しています。『筆跡鑑定書』『指紋検証報告書』の科学性は現象の筆跡、指紋を最新の装置とソフトで実体的−形態的に分析し、もって手紙とメモの字の本質的違い、現場指紋と福嶋押捺指紋との本質的違いをどちらも、目に見えるようにし、数値としても明らかにしていることです。

私はメモを書いていないし、触ってもいません。私は無実です。

福嶋再審闘争は皆さんとともに、日帝安倍政権の戦争法・弾圧法に抗して前進してきました。2016年は、11・1全国労働者総決起集会の大成功と星野文昭同志の獄中41年の不屈・強靭な革命的精神を受け、かつ須賀さん、十亀さん、板垣さんの上告審闘争と連帯して、さらに前進します。団結!


福嶋再審勝利へ! (2) 福嶋昌男

下獄闘争に突入2 120517東京高正面玄関福嶋再審勝利へ!

(2)

 

福嶋昌男(府中刑務所在監)

一審・服部裁判長は小島、馬路鑑定に大変な危機感を持ち「筆跡鑑定は、その性質上、指紋のように厳密な同一性が判定できるものではないので」と小島、馬路鑑定を擁護したのです。他方に弁護側の大部で科学的な石川九楊氏作成の『筆跡鑑定書』を「同鑑定は真贋鑑定には有効であるが、手紙には妥当ではない」などという、理由にもならない理由で切って捨てたのです。この服部判決は弁護側の筆跡鑑定での科学性、『石川筆跡鑑定書』の科学的意義を伝統的筆跡鑑定に落とし込めるものです。

『魚住筆跡鑑定書』は、教授の学問的造詣と経験から、ノーベル物理学賞受賞の益川敏英博士の「科学とは肯定するための否定の連続」の立場に賛意を表し、両鑑定資料の相違箇所に注目しています。鑑定は「否定的条件が存する限り肯定は成り立ちえず」を貫いています。この科学的視点から両鑑定資料に網羅的に当たり、各字画を分類・データ化して、字画の相違および字画の変動幅の違いを比較・判断し、表、グラフ等で目に見えるようにしています。魚住鑑定書の決定的意義は資料の正確さを期するために高感度スキャナーで資料をパソコンに取り入れ、判断していることです。

つづく

福嶋再審勝利へ! (1) 福嶋昌男

b福嶋 1福嶋再審勝利へ!

(1)


福嶋昌男(府中刑務所在監)

昨年の12月末、弁護団と私は、私の無実を明らかにする2つの新証拠―魚住和晃神戸大学名誉教授の『筆跡鑑定書』と岸田悟鳥取大学教授の『指紋検証報告書』を添付した『再審請求書』を東京地方裁判所刑事第3部に提出しました。1年になろうとしていますが、裁判所から意見書等の要請はありません(再審請求書を受け付けた裁判所は、何らかの決定を出す場合、検察、弁護双方の意見を聞かなければいけないことになっている)。

2010年5月の憲法記念日に、当時の竹崎最高裁長官は、足利事件の再審無罪を踏まえ、「科学的知見の重要性」「科学的証拠の意義、機能」に関する談話を発表しています。『再審請求書』は裁判所に上記の2つの新証拠の科学的判断を迫っています。

そもそも裁判過程では、弁護団は「小島筆跡鑑定」を3年にもわたって尋問し、馬路鑑定に対しては8ヵ月尋問し、完膚なきまでに両鑑定を破綻させました。小島は科学捜査研究所に所属していましたが、いわゆる科捜研の「特徴抽出法」(抽出文字は希少性と恒常性を兼ね備えていること)とも違って、小島独自の主観的鑑定でした。小島は「特徴抽出法」といいながら恒常性を無視しています。小島鑑定は自らの「希少性」を「教科書体からのズレにある」というのですが、『魚住筆跡鑑定書』は「希少性は教科書体からのズレと関係ない、誰の字もみな教科書体からズレている」と批判しています。小島は「抽出の希少性10%は感覚的なもの」といいます。小島がいう「希少性文字」は市販の文字教本に見られるものでした。小島鑑定は基礎資料に1文字でも自ら「希少性あり」と判断した文字があれば、その文字を対照資料に捜し求めるものです。結局「似たもの選び」でありました。馬路鑑定は、「説明するまでもなく」「見ても判るとおり」(『魚住筆跡鑑定書』)ただ都合のよい字を並べているだけです。

つづく

 

賛同会費納入と冬季カンパのお願い

b20151212カンパのお願い


今こそ、最高裁を追い詰め、無罪判決をかちとろう! (3)  須賀武敏

須賀1今こそ、最高裁を追い詰め

無罪判決をかちとろう!

(3)

須賀武敏

弁護団は、昨年8月に上告趣意書提出以降、本年の8月31日までに、4通の補充書を提出し、最高裁の早期上告棄却策動を阻止し、無罪判決をかちとるために、差戻前1審無罪判決の正しさを裏付け、原判決の有罪認定の全てが根拠のない、判決に影響を及ぼす重大な事実誤認であること、最高裁判例に違反していることを明らかにし、原判決(差戻後控訴審判決)の「有罪」判決がまったく無力なものであることを完膚無きまでに立証し、最高裁判所を追い詰めてきた。

追い詰められているのは最高裁の側である。

今日の情勢と一体で高裁第3小法廷に弁護団が要求している調査官面談を実現する闘いと事実審理を行なわせて、無罪判決を出させる闘いを決定的に強化し、上告審闘争の勝利を切り開きましょう。


2015年10月末執筆


無罪署名ロゴ1

B いわき 3被告 2

 

記事検索
迎賓館・横田裁判の完全無罪をかちとる会

賛同とカンパのお願い

 賛同会員になって下さい
 年会費一口 3000円
 「無罪!」を送付します
   郵便振替口座
  00170-2-279274

 連絡先 〒105-0004
  港区新橋2-8-16
   石田ビル4F
  電話03-3591-8224

メールアドレス
 hosyaku@mte.biglobe.
 ne.jp

4人に激励の手紙を

 十亀弘史さん
 〒312-0033
 ひたちなか市大字市毛
       847

 板垣宏さん
 〒371-0805
 前橋市南町1-23-7

 須賀武敏さん
 〒233-8501
 横浜市港南区港南
      4-2-2

 福嶋昌男さん
 〒105-0004
 港区新橋2-8-16
     石田ビル4F
 完全無罪をかちとる会宛
ア ー カ イ ブ

『序局』 第20号
改憲と闘う国際連帯
総合雑誌

安倍を倒し
社会変えよう
 
     Twitter
.
QRコード
アクセスカウンター

    .
    • 累計:

    • ライブドアブログ