パーマカルチャーとか自給自足とか

新宿コテコテ都会のIT屋★が自給自足に向かった先には・・・

知足と幸福と充実と悩み

3つの粒をありがたく抱いている。
3つの粒は幸福のビンを満たしている。

相手に3つの粒を与える。
笑顔で3つの粒をわたすのだ。

でも3つの粒に気づかない。
相手は30粒は必要らしいかった。
30粒わたすと、大きな笑顔でありがとうと言った。





3つの粒をありがたく抱いている。
3つの粒は幸福のビンからあふれるくらい。

相手がそれを見て、かわいそうと思われたようだ。
わたしに30粒を恵んでくれた。
30粒に埋もれたわたしは、ひきつった笑顔でありがとうと言った。


30粒の整理に追われ、埋もれた幸福のビンを探して忙しい。

ひとつ悩みが増えた。

いつしか30粒の整理に追われていることが、充実に思えた。
しかし充実と幸福はまったく別物だと思って、我に返った。

30粒は抱えきれないとわかったので、
30粒を3粒づつ10人に与えたいが、
30粒を1人に与えたほうがいいのだろうか、

またひとつ悩みが増えた。




3つの粒に戻って暖かいキモチに戻れた。
でもみんなはわたしに30粒を要求しているようだ。


わたしは、這いつくばって30粒を探しに出かけるべきなのか。
でもそうすると相手は30粒の整理に追われ忙しい充実に浸るよ。

気づかないかもしれないが、3粒だけ分け与えるべきなのか、
それがわからないでいる。利己的な悩みかもしれないけれど。

2010年は露天風呂を作ります

今年の課題のひとつはお風呂をつくること

うちにはお風呂が無いのです、数日おきに銭湯に通っています。
東京に住んでいたときから銭湯通いが好きで、今もそれほど面倒ではなく、むしろお勤めをしていないので、銭湯に出て行くのが楽しみな日課ともいえます。

銭湯は広いし、熱いし、さっぱり度が違いますから。

いろいろ先人の知恵を拝借すること3年、だいたい思い描ける風呂のイメージが固まってきました。

・東屋に露天風呂。ただし星が見える工夫をしたいなぁ
・石とコンクリで浴槽をかたどる。ちょうどリラックスできる形で、腰と伸ばした足が心地よく固定できる姿勢が保てる形と深さ。半身浴や読書ができるようなことも
・二人くらいが入れる大きさ
・湯は薪にてドラム缶で沸かし、湯船に注入する仕組み
・シャワーは湯船のお湯をポンプでくみ上げ式
・冬は湯沸しの熱でお風呂を暖房できるように工夫
・薪エネルギーは、他の何かに流用できないか検討中

ドラム管は縦がいいのか横がいいのか、湯沸しスピードを計りたいですね。熱くなり過ぎないように水とミックスできる水道管も用意しないと危ないです。
ポンプを工夫して追焚きのようにできると時間も節約できますね。

薪を焚くのですが、ロケットストーブの原理を用いると薪の節約にならないかと思っているのですが、相手がドラム管なので研究してみます。

今年もありがとうございました

ブログもいろいろあって更新していない一年でした。
いろいろ日記はあったろうけど、今年は田んぼに夢中だったのをレポートできなかったのが残念。写真は携帯にいろいろ入っているのだけど、それをブログにインポートするのが面倒で面倒で・・・

秋には結婚式を挙げて、これもまたブログで報告していませんし。
写真もたくさんあって、でもやっぱりブログにアップするのが面倒で。

なにかに満足していると、いろいろと面倒になるね。
なにかを追い求めていると、いろいろと行動するね。

しかし、今もいろいろと追い求めているんだけどね。

志向性はもっともっとではなく、シンプルにいろいろと排除していっている最中なんだけど、これも実はもっともっとシンプルにと追い求めていることになるんだね。

何もしない勇気はまだ無くて、
何かをしたいエゴはまだ健在で、
何もしたくない怠惰は元気にあって、
何かをしなければという焦りもあるにはあって、
どうすればよいかという迷いはあまり無くて、
どうにもならんよという幻滅もまったく無くて、
どうすべきかもそれほど無くて、
とにかくやっておこうということだらけ、、、

不景気やデフレとか、直撃な気分だけど、
こんなときだからこそ、進歩成長することもある。
安定していると、ふにゃふにゃになってしまう。
農的暮らしは、少しの収入でも安定してしまうような雰囲気があるので、そこそこの仕事でもふにゃふにゃになってしまいそう。
しかし、ちょっとした緊張感をもちつつ危機的状況もあると、それなりに成長せざるを得なかったりする。がんばる!

ブログも義務になるとしんどいもんだ。
ブログが仕事だとそうでもないもんだ。
ブログが趣味にはなりそうもないもんだ。
ブログは適当ににするとまったく更新しないだろう。

面白いブログを書く人って、何が目的なんだろう。
まぁ文章がうまいだけで、面白く読めてしまうこともあるけど、
それはしゃべりがうまいだけで、金儲けができるのにも近くて、
結局、コミュニケーション能力ってことなんでしょうかね。

人に伝えたい、そして伝えたい人が多いと、それはそれなりにモチベーションになるのだろうか。

とにかく今年はサボったブログだけど、来年はどうなるかな。

今日は移住3周年結婚ました

7月7日は、どうやら新宿から松阪に移住して3周年だそうです。

3年も何をしていたのだろうと思いますが、まぁ、それなりにぼちぼちといろんな生活のことを学んできたとも思いますが、なまけて進むべきところも進んでいないことも多々ありますね。
特に今サボると次にできる時期は、「来年」になるようなことも多いです。
飽きずにやっているとして、死ぬまでに田んぼも後30数回しかできないことになります。

自給自足とは極めて個人的な作業のような気もします。
家族で、仲間でと動いてはいても、細々した作業は個人のモチベーションと個人の予定で動かないと、というか、皆、そんな感じです。
だから家をひとりで作っている人も多いし、田んぼや畑もひとりでやっている人も多い。時々人手が要るときだけヘルプを要請しながら。

そんな中で、ここに来て一番サボっていた作業を執り行い、7日に市役所にいって婚姻届を出してきました。

お庭で、満月の下、サントリーオールドとトマトとういろを食べて、結婚式をしました。犬2匹とカエルと蚊が参列していました。七夕のササも飾りました。「豊かな生活」を目指すです。

豊かとはなんぞや・・・

お金が儲かって儲かって・・・?
豊作豊作・・・?
あれもこれも・・・?

だんだん減っていく・・・?
ただいるだけで・・・!
明るく元気・・・!

お金が儲かるのが豊かではなく、自給自足生活が達成できるのが豊かではなく、自然に空気を吸ってられるのが豊かだと感じれるようになればいいですね。

まだ梅雨が明けないですが、今日は天気はまぁまぁ。
雲が多くて満月の模様が常に動いているので飽きることなく、とても明るい夜でした。

自給自足的ひとつの目安

自給自足的ライフスタイルを目指すひとつの指針として、わかりやすいのが、ゴミの質と量です。

ゴミの日に出す、ゴミ自体を観察しましょう。

以前の生活では、1週間くらいでは、40リットルゴミ袋が一杯になってしまうときもありました。スーパーで買った惣菜系や魚のトレーのようなもの、ドリンクや食品のパッケージが大半で、ペットボトルや空き缶と続きますが、当ライフスタイルが充実してくると、1ヶ月たってもゴミ袋は満杯になりません。

つまり、ゴミになるものは、買い物時に当然わかりますので、買わないようにします。
買わないというのは、我慢するのではなく、必要なくす努力をします。そしてスーパーには行かなくなるようになります。
買い物は八百屋で野菜を買う、魚屋で魚を買う、、、入れ物はたいがいビニール袋のみとなります。

どうしてものゴミは、ビールの空き缶、調味料(油等)の空きビンくらいになります。
当方は、まだカセットコンロが主たる燃料なので月に10本くらいの空ボンベが出て、これがまた山のようにたまってきますのは、見た目、自給自足っぽくないです。


このようにゴミの日になっても、ゴミを出さなくてもいい生活になっていると、とてもすっきりした感じになります。



なので、何かをどうしようかと迷ったとき、

ゴミを出さない生活をこころざし、ゴミになると予想される買い物を控えるようにするというところからスタートさせると良いでしょう。
これだけでとてもシンプルになります。

行動する順番

時間が無いとできないので、時間をつくる。
しかし時間を作りすぎて、余裕を感じてさぼってしまう。

環境が無いと効率が悪いので、設備やら環境を整える。
設備やら環境を整えるのが楽しくそこで一旦満足してしまい、本題に進まない。

段取りよく行おうと計画を立てる。
計画は時々夢を見るように楽しくなる。そして想像の壁にぶち当たり、何もしないうちに行動に移さない。

*

時間は作らないほうがいい。何かと平行して行うほうが、集中力が高まり効率的なようだ。
そう忙しいほうがモチベーションも上がり、勢いも手伝ってやり遂げてしまう。

不可能なことはさておき、環境やら設備は待たないほうがいい。
今、ここでできることで行うほうが、知恵となり自分を高めることになるようだ。
あるもので代用したり、できる範囲である程度まで進めておく。

計画は緻密さを要求しないほうがいい。段取り程度に留めておけばいい。
計画中にダメだと発見したことは行動しないからだ。ならば失敗したほうが経験になっていい。
さらに計画は楽しくそれで満足してしまい、計画倒れになってしまう。

*

そう結局のところ、今、ここで、できることをやればいい。

お金で買えない創造価値

お金で買えないもの

とかいう表現があります。

「愛」(笑)

とかもそうですが、自給自足の中には、お金で買えないものがたくさんあります。一見お金で買えそうなのですが、モノは変えても満足は買えない。

その満足は、時々、「幸福」であったりします。



無農薬無肥料で農作物を作る


これを農家さんから買うこともできるし、売ることもできるかもしれない。

しかし、自分で作ったものは、

自分にしか価値は無い。

この「価値」とは、時々「幸福」であったりします。


自分で作った農作物を、他人にあげたり、売ることもできるかもしれませんが、まぁ、僕が作ったものはどれも小さくパッとしないので、売ったりはできませんが、それでも「価値」は大きく、そして、その「価値」だけが、ホントウの目的だったかもしれません。


なので、この農作物を売ることはできませんが、自給自足を志して、同じ体験をしてもうらうように教えたいとか思います。
僕の農作物をあなたが買ったとしても、その「価値」自体も譲ることはできずに、モノを買えた「満足」感しか与えられないでしょう。


でもそれならば、自然食品屋とかスーパーで買ってもらったほうがいいと思います。そっちのほうがおいしいだろうし、大きいだろうし。


自給自足には、アコ仙人さんが提唱する「満足」と「経済」が反比例する世界があります。
なので、田んぼや畑には、なるべくお金で買ったモノ(肥料や道具)を持ち込まないようにしたいのです。

お金をかけないほど「価値」が膨らみます。

しかし、例えば収量が落ちて、周りの人は残念かもしれません。

このバランスが難しいです。



お金をかけなかった「満足」が自己満足の領域であり、

お金をかけてでも収量を増やしまわりの人も「満足」する。

上記は他者を犠牲にして、下記は自己を犠牲にしている。

しかし、下記は、モノを得た「満足」なので、本質的には他者をも犠牲にしている。

なので、お金をかけなかった「満足」を他者とも共有するには、共同作業になっていきます。


一緒にやろうよ、


ということになります。


そこから、収量に関わり無く新しい「価値」が生み出されます。
そしてそれもお金で買うことはできないものです。



なので、食料の自給も、エネルギーの自給も、住の自給も、「満足」の矛先を共有できてないと、えらいめにあいます。

実現力を計画する

どんなことでも、まず想いがある。

その想いを実現したいと思う。

その先は、

実現できずに、夢のまま眠らせてしまう。

実現できても、苦しかったり、辛かったりする。

実現できて、とても幸せになる。

この3つになります。


今の生活からどのように、パーマカルチャーや、自然共生の自給自足生活に移行するかは、勇気や勢いや運に頼ることなくても、自己実現を計画することが可能です。

それは、「想っていること」と「言ってること」と「やってること」が一致すれば、周りから動きだします。


まず自分に嘘のないブレのない「想い」を明確に信じられることから始まります。これは難しいことかもしれません。突飛もない夢は、恐怖や不安がまとわりつくものです。そこで、「今のまま」は嫌なのに「今のままがいい」と想ったり、「新しい生活を想う」のだけれど、ホントウは「今のままがいい」ということが多々あります。普段はここがブレているので、自分探しが止まらなかったり、やりたいことがわからないといったことにもつながります。


この「想い」がブレなく明確になったとき、それをうまく「発言」できるのか、一貫して「言っている」ことがブレていないか、そして実際の「行動」は、その「想い」と「言葉」に一致しているのかと、実現計画は進みます。

今の生活環境に移るとき、このセルフクエストな計画を行いました。詳しくはこちらを参照してもらうとして、実際自己実現は、そう難しいことではありません。

モノを得る、境遇を得る、生活を得ることは計画できます。
(しかし他人を思いどおりにすることはできません)


難しくはないけれども、「想」「言」「動」にブレが生じたとき、実現は必ずしも「幸福」ではありません。
それは実現したことに「満足」ではなく、「また違うこと」を欲するようなときにブレます。こうなると自己実現スパイラルに陥ります。
ちょうど、金持ちになったけど不幸な人のようなものです。お金はリアルに「得て」も「もっと欲しい」と思うようになりますので。


そこで自給自足で得られる、自足率の低下という「気」
「知足」ともいいますが、この感覚があれば、いっそう「ブレ」ない実現力をコントロールしやすくなります。

ブレるとしたら、「想」と「動」は一致しているが、「発言」が一致していないような場合がでてきます。他人の目や世間体、保守的な要因、その他なんらかの理由で「自己欺瞞」に陥るときがあります。これも一種の「ブレ」です。


気をつけましょう:-)

忍耐力の田んぼ

今年は4月中旬に陸苗代といって畑の地面に種籾を撒いて、芽を出して稲苗を作りました。

それらを約2ヶ月育てたのですが、だいたい毎日見回って、雑草を抜いて水をやったりしていました。しかし成長は65点くらいです。

それらを一本一本スコップで救い出し、箱に詰めて、田んぼに降りていき、一本づつ30センチ感覚に手植えしていきます。

この作業を約10日間ひとりでしています。時々相方さんが手伝ってはくれました。

とにかく、時期を見て終わらせないことには、お米にならないわけで、締め切りに追われたごとく、半反+αの田んぼに植えました。

狭い田んぼと思いきや、実際はなかなか埋まらず、計算してみると4000〜5000本の苗を植えていることになりました。


自給自足の基本である田んぼですが、種から全部自給状態でするとなると、かなり忍耐を伴った作業が必要であり、そこは、自然に囲まれたハッピーな生活!?からはイメージし得ない修行のような世界です。

田舎暮らしだの自然共生だの、はたまた自給自足だのパーマカルチャーだのと夢見るわけですが、実際は地味で忍耐強い作業が必要になり、ホントウはみんなこんな生活は望んでいないんじゃないかなと思ったりします。

それこそ、今の生活の一部に少しだけ、そのような要素があれば・・・というのが大半かと思います。


しかし、ちょっと違うのは、、、


このような忍耐強い作業だの、非効率、、そう時間と作業量だけがただただ比例しているような作業経過をもって、自給自足的な作業をするわけですが、その一瞬一瞬にはとても言い難い充実感が芽生えます。
そしてそれは結果はこだわらずに、その瞬間が持ててよかったとか思ったりします。

これぞ究極の自己満足かもしれません。


少しの野菜だの少しの米を作るのは簡単、そしてそれを収穫して食べる楽しみがレジャーだとしたら、相応の自給を目指した生活は修行のようなものです。(ま、初心者なので要領がつかめてないからもありますが・・)



そして自給食料は、ホントウに価値があるのは、作った本人とその家族の範疇でしかなく、分け与えられた友人や、それを買ったお客様にとっては、相応の価値は得られない事実があります。
有機野菜だの無農薬野菜だのというレッテルを貼った野菜たち相応の価値と、ジャンルも意味も違った価値です。
身土不二とか無双原理とかマクロビオティックの本質的な価値に相当するものだとは思います。


そこを得ようと自給自足していくと、あまり楽な世界ではないのですが、気分は楽チンです。
なのでいろんな人に、自給自足を目指した農的生活への移行をオススメしたいのは変わりありませんが、先に書いたように、大半の人は、ホントウはそんなことは欲していないと思われるので、それこそ、ホントウにニッチでマイナーなアウトサイドな世界かもしれません。

お金が必要なことリスト

とは言ってもお金が必要、つまり自給できそうもない、或いは、時間短縮のためにお金を使うものがあります。

◆多くのお金が必要なこと

・税金、社会保険料
収入が低くともそれ相応の請求がきます。しかしきっちりと申告して請求金額を抑えることは大切です。未払い放置はいろいろと厄介なことになります。
法人を持っていると未収入でも7万円の地方税が固定でかかります。

・車の維持費
田舎に住むとどうしても必要になります。これが自動車であろうと馬車であろうと維持費がかかってきます。自動車だと、重量税と車検代です。軽トラにすると税金は非常に安くなり4千円ですね。しかし車検代はあまり安くつきません。ユーザー車検で自分でできる車検もありますが、かなりお勉強が必要なり、実際の修理となると部品代金等相応のお金が必要になります。
しかし最近はヤフオクで、細かいパーツも探し出せる感じです。

うちでは廃食油でゴルフIIIを動かしています。これにて燃料費はゼロになりますが、いろいろ維持管理のお勉強も必要となります、楽しいけれど。

しかし実際的には、この車の維持費と、税金関係が、自給自足家庭には重くのしかかってきます。社会との接点が薄くなって移動が必要なくなれば、この車の悪夢からも逃れられるでしょう。


・移動交通費
これも車のお金に近いですが、要は遠出する際の交通費です。最近は高速バスの便も多いので、私鉄在来線普通車と高速バスを掛け合わせるといろいろ遠くまで安くいけます。



◆小額ながら固定費となるもの
・電気代
非電化も自家発電も選択枝に入れつつ、電気を使うと千円以下でパソコンや電動工具等が使えます。

自給自足家庭で最も人気の電化製品は、「洗濯機」です。とりわけ「脱水」機能がもう無くてはならない感じです。
次に「パソコン」こちらはもう省電力なのでインターネットルーターと加えて電気を供給します。ネットプロバイダー費も発生します。

・携帯電話
さて携帯電話を無くす人も増えつつあるようです。大体4千円から8千円程度の出費になるのが抑えられます。固定電話はもうなくても大丈夫です。
ネット回線を設置すればIP電話で固定電話に代用できますし、そのほうが安いです。skypeという選択枝もあります。

・ガス代
田舎にいくとプロパンガスになるのですが、これが都市ガスに比べて高くつきます。そしてうちではカセットコンロを使用します。通常の利用で月々だいたい1200円から1500円程度です。プロパンの基本料で1600円プラス使用ガス代金なので半分くらいになります。
後は、薪を使うことになるでしょう。お風呂やオーブン関係、暖房に。
薪は山から切り出します。

お風呂は露天風呂を作り、200リットルドラム缶を薪で煽って湯を沸かし、風呂に注ぎいれます。また太陽熱湯沸かし器が多くの田舎の屋根で眠っています。それをいただければ、電気もガスも無しでそこそこのお湯が沸きます。

・その他燃料
ガソリン車や農機具等にガソリンが必要になります。田舎では車はディーゼル車にしてSVO/WVO改造がいいですね。トラクターでもディーゼルがありWVOで動かされている方々もいます。
チェーンソーや草刈り機にもガソリンやオイルが必要になります。
後、灯油が必要であれば灯油。


・お家賃
高ければ高くつくし、安ければ安くつく。
私有地であればゼロ(+固定資産税)
住宅地と農地では固定資産税が幾分か変わってきます。しかし農地に家を建てられません。だから立派な作業小屋を建てましょう。


・保険料
生命保険や災害保険に加入していれば、それら。

----------------
家計簿を眺めると、大雑把にこんなところに多くのお金が行ってます。
これら意外と多額になるため、無職だと少々きつくなります。
なので、そこそこ社会との接点があるうちは、お金のために働いて稼がなければなりません。

しかし自給自足家庭は、自営業という選択枝をもって、なんとか切り抜けます。自営業といっても事業者としての認可や経費等に家庭維持よりもかかってきたりしますので、確実にペイできるようにしなければなりません。
しかし、この活動がまたまた自給自足っぽくなくなるのです。

こつこつ工芸物産を手作りして、ネットで売る!?

経費や認可のいらない事業を探してみましょう。


----------------
◆その他でも重要なこと
・趣味
次にいろいろとお金を使うのが趣味費です。
ここはもう俗欲なことがうごめいていますが、どうしようもありません。
音楽であれ、読書であれ、スポーツであれ、料理であれ、車であれ、それ相応のジャンルにて相応の出費を「惜しみなく」使います。

僕は「楽器」が趣味ですが、最近はビンテージなものをヤフオクで買い、不要なものをヤフオクで売り、なんとかプラスマイナスゼロを維持したいとがんばっていたりします。ここで趣味費をゼロに近づけられながら、欲しいものが手に入りそれなりの充実感はあります。


・お付き合いのお金
お祝い金や、参加費や、いろいろとお付き合いに関わるお金。
たまに派手に外食すると、一か月分の食費を突破するような金額になりますね。びっくりです。もったいない気がします。外食ってグルメ趣味や付き合いでなければ本当に無駄に感じてしまいます。


--------------------
社会的接点が人並みだと自給自足もこんなに出費が必要になります。
ここからディープに不必要なものが出てくるとすれば、それは携帯・車・家賃・保険・ガス代が不要になるでしょう。
自給自足な人は旅が好きです。同じような境遇の人は各地にちらばっており、遠方の友人を持つ傾向にあります。したがって旅代(=趣味代)が最も多くの出費になるかもしれません。そう外国にいったりとかね。


後、わたくしは健康であることをつくづく感謝しております。両親にも感謝です。医療費がほとんどありません。


しかし自給自足で「健康」を自給することも大切になってきます。それは民間療法やボディワーク、精神衛生の向上等に気を使いながら、日々精進します。
歯磨きはきっちりしましょう。大人の歯磨きは歯磨き粉無しで、プラークポケッツに歯ブラシを突っ込んでグリグリやる方法です。
食事は気を使わなくとも自然と良くなるでしょう。


以上、お金がいるな〜というお話でした。
フォローしてください
コメント
synです
syn
パーマカルチャーやってみることにしました。新宿から三重の山の麓に引越ました。IT屋を新宿でしつつ、パーマカルチャー修業を三重でやっています。自給率アップを目指し実際はどうなのか!?レポートしています。遊びに来て下さい!
Recent Comments
  • ライブドアブログ