2013年11月27日

高千穂峡の猫

宮崎県高千穂峡にいた猫。

雨の中 小さな声で鳴いていました。

P1230176-1


























触ってみると 痩せて 十分な食べ物を得られていないのがわかります。

P1230235-1






どうしてこんな山の中に たった一匹でいるのでしょう。
猫が 勝手に来れるような場所ではないので 誰かが 捨てたのだと思う。
わざわざ こんなところまで連れて来るなんて どんな結果がまっているか
分かりそうなものだと思うのだけど。。。

近くに観光客用の売店はありますが 多分 何も貰っていないでしょう。
もうすく 冬になったら 売店も閉まってしまうのではないかしら。

池には魚がいて 食べ物だとわかるのでしょう、 池のふちで狙ってるようでしたが
とても 無理だと思います。

DSCN9776-1


























何か。。。と思いましたが 何も持っていない。
売店へ行ってみましたが 猫が食べられそうなものは無い。

かろうじて おつまみっぽい肉のパックがあったので それをひとつ。
味付けも強そうなので 本当は良くないと思ったけど 選択の余地なし。

テーブルの上で おとなしく 待っていました。

P1230234-1

























袋を開けるのも待ちきれない様子で 手をかけてきます。
こんな時に限って なかなか袋が切れず やっと切れ目が入ったと思ったら 
中途半端にちぎれてしまって うまく出てこない。

その小さな切れ口から 肉が出てくるのが待てないほど お腹が空いてる様子。
まさに ガツガツとひと袋を 食べてしまいました。
食べた後は ちゃんと猫らしく 口の周りを お手入れです。

傘の中で ちょっとだけ 雨宿り。

P1230278-1



























猫の背中は 何故か哀しい。
この猫の運命は このままでは厳しいでしょう。
たったひと袋を与えたところで どうにもならないことは 分かっているけど
今、目の前で 凍えそうに鳴いているのを いっときだけでも 空腹感を
紛らわせてやりたかった。
そんな思い出を 猫は持つことが出来るのだろうか。
〜なんて ごちゃごちゃいうけど 可哀そうに思っただけなんだ。

DSCN9779-1

























ここは神話の古里。
おもわず どの神様でもいいから 守ってあげてと 祠に手を合わせて 後にしました。

DSCN9782-1

























顔を思い出すと 辛くなるのだけど こうやって生きていたのだ。。。という
記録を残してあげようと思って ブログに載せることにした。


perret at 19:36│Comments(21)TrackBack(0) ネコ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by なぁにです。   2013年11月29日 21:38
記事を見ながら 物凄く辛く泣けてきました
この子には罪ない どんな経過を辿ってきたか
解らないけど エゴの人間が悪い(^^;)
この後どうして生き延びていくのか いい人
に巡りあえればよいが 神様に祈るしかあり
ませんね。
2. Posted by totte   2013年11月30日 22:59
誰かの都合で こんな環境に置かれてしまって
ほんとに可哀そうでした。
この日の晩は ものすごく冷えて 由布岳の山頂にも
雪が積もったほどだったのです。
どうやって ひと晩を過ごしたのかと。
秘密のいい場所を ちゃんと確保していれば
いいのですけど。

こんなにひどいことを人間って 平気でするんですね。考えてみれば 人間同士でも ひき逃げの多さ!
平気で逃げ去るように いつからなってしまったのでしょうか。何かが壊れてきていると思います。
こんなことで 「お・も・て・な・し」なんて
出来るんでしょうかね。
3. Posted by ヒロ   2013年12月17日 00:56
はじめまして。

12月11日(水)の朝10時頃、この子に会いました。
お腹を空かせている様子で鹿児島で買った一口サイズのお土産用「チーズさつま揚げ」をあげたところ一袋全部食べてしまいました。

家に帰ってきてこの子のことが気になったのでネットで検索をかけたところ、こちらのブログでこの子のことが記事にされていたのでコメントさせて頂きました。

他の人のブログでも1件、この子の写真が掲載されていました。
ブログの検索結果から推測するに、どうやらここ1ヶ月くらいに高千穂峡近辺に現れたようです。

助けてあげたいとは思うのですが、私は神奈川なので直ぐに手を差し伸べてあげることができない状況です。

地元で保護活動を行っているグループが保護してくれれば一番なのですが、通常、他人からの保護依頼を受けると無責任な人達が多くキリがないので受けてはくれないと思います。

悩ましいですね。
4. Posted by totte   2013年12月18日 01:03
ヒロさま、
お知らせいただいて 有難うございます。
あの可愛い子にお会いになったのですね。
元気でいてくれたのは嬉しいですが まだ寒い冬が
待っているし 何より食べられない状況が続くだろうと思うと ほんとに可哀そうです。

何とか出来ないかと、 せめてあの山の中から
連れ出せないものかと思ったのですが ツアー中で
バスにも乗せられず どうにもなりませんでした。

地元の新聞にでもとも思いましたが 保護されても
誰も現れなければ 処分されてしまうだけかと
こちらも可哀そうだし まったく悩ましいです。

あんなに人に懐いているし お店で招き猫として
飼ってくれないものかとも 思ったのですけど
そんな虫のいいことを ただの観光客なのにいえなかったし、 それでもひと言 何か言えば考えて
くれたかな〜とも思ったり。

高千穂峡といえば 滝の前に あの猫の顔が浮かびます。ヒロさんのほかにも目にとめた方がいらしたのですね。
何か いい偶然が あの猫に訪れて欲しいと
思ってます。 

ゆうべ、夜中から出歩いていたもので 遅くなって
しまいました。返事が遅くなってごめんなさい。
何とか生き延びていると知って ホッとしました。
これから先の あの子の幸運を祈りたいです。
5. Posted by ヒロ   2013年12月22日 15:22
こんにちは。

高千穂峡のネコの件ですが、
神奈川県で犬ネコの保護活動をしている知り合いに相談したところ、捕獲して神奈川へ輸送できればその子を収容して里親さんの募集をかけることは可能とのことでした。
人になれているし、比較的、楽なケースだそうです。

私自身が捕獲のため宮崎へ行こうかとも思ったのですが、航空運賃やレンタカー代などで10万円を超えるので金銭的に厳しいです。
(早割りだと安くなるのですが、そうなると行けるのが当分先になります。)

現在、地元(宮崎)で保護活動をしている人に定期でエサをあげてもらえないかどうか確認していますが、まだ返信がありません。

輸送費用(数千円とのこと)はこちらもちで羽田へネコを送ってくれる人が見つかればよいのですが、信用できる人が現れるかどうかも現時点では不明です。

現状はこんな感じです。
6. Posted by totte   2013年12月22日 19:51
ヒロさま、
いろいろ考えていただいて有難うございます。驚いたり喜んだりで 胸がいっぱいになりました。
ヒロさんが目を留めて下さったことで あの子に幸運がやってくるのでは〜と思ってしまいました。

数日前に 九重連山で大雪のニュースが流れ
あの子はどうしているだろうと 気をもんでいました。年末近くになって 活動をされている人も
忙しくて 手が回らないのでは。。。と心配です。
私も 何かできればいいのですが。。。

もし、また何か進展がありましたら 教えていただけますか? 私のメールアドレスも書いておきます。
totte0207☆live.jp

☆のところを@でお願いします。
ほんとうにどうも有難うございます。 
7. Posted by ヒロ   2013年12月23日 22:44
こんばんは。
ご相談したい内容がありましたので、メールさせて頂きました。

よろしくお願いします。
8. Posted by totte   2013年12月23日 23:20
わかりました。
今現在 まだメールは届いていませんが
拝見次第 またご連絡します。

9. Posted by totte   2013年12月24日 06:42
ヒロさま、今朝も見てみましたが メールが届いて
おりません。もう一度 送っていただけますか?
アドレスも 再度 書きます。

totte0202☆live.jp です。

☆を@でお願いします。
10. Posted by ヒロ   2013年12月24日 10:56
おはようございます。
いま会社なので夜メールを再送しますが、要点は宮崎で保護活動を行っているグループがブログやfacebookで高千穂峡のネコの保護を呼びかけてくれるそうです。
呼びかけるにあたり、こちらのブログをその方のブログ等へ転載させていただきたいのですが、その転載許可をメールで頂きたいのです。
詳細はメールでお知らせいたします。

(昨日、OCNの私のアドレスから送信しましたが、迷惑フィルターなど設定されていませんか?)
11. Posted by totte   2013年12月24日 15:54
申し訳ありませんでした。
まさか迷惑メールに振り分けられてるとは
思いませんでした。
確かに入っていましたので 先ほど
返信いたしました。
お手数をおかけして 申し訳ありません。
12. Posted by そら   2013年12月27日 13:12
私のブログやFacebook等で呼びかけをさせていただきます。
私が行ければいいのですが、行くのに4〜5時間かかるため、どうしても行く事が出来ません。
呼びかけを出来る範囲でさせていただきます。
13. Posted by ヒロ   2013年12月27日 13:22
先ほどネコの保護ができたと連絡が入りました。
そらさん、totteさん、どうも有り難うございました。

まずはご報告まで!
14. Posted by そら   2013年12月27日 13:54
無事保護できて良かったです。気になって仕方なく、明日朝早くから駆けつけようか悩んでたとこでした。

また、その後の様子を教えてください。
15. Posted by totte   2013年12月27日 14:47
そら様、ヒロ様、
保護されたそうで 有難うございます。
何といっていいか分からないほど 嬉しいです。
もうずいぶん時間が経ってるし つい、悪いことを
想像しては打ち消す。。。という日々でした。
ほんとうに良かったです。

ヒロさんが 目を留めて下さったことが 何よりの
あの子の幸運でした。
これからはきっといいことばかりでしょう。
よく生き抜いてくれたと思います。

ほんとうに有難うございました。
元気な猫ちゃんが見られたら 嬉しいです。
16. Posted by 藤野雄一郎   2014年02月15日 10:36
5 はじめまして♪
いきなりすみません
実は12月15日に高千穂峡でちほを見ました
ブログの更新が遅くてやっと記事更新に辿り着き
検索で見つけてビックリ!
サイコーに感激しました
私も見てるだけで何もしてあげれなくて・・・
大変失礼ながら
少しでもこの事実を知ってもらおうと
今回の記事の更新にリンクを張りました
ブログの持つ無限のチカラ
今回は奇跡がおきましたが
世の中まだまだ厳しい現実は存在します
この小さな感激が大きな輪になればと
願っております
有難うございました
17. Posted by totte   2014年02月15日 22:22
藤野雄一郎さま
初めまして。

ちほちゃんに会われていたのですね。
藤野さまも気になって検索されていたのですか。
あの仔は本当に人に助けを求めていたのだと思います。ワンちゃんと一緒に写っている写真は
間違いなくちほちゃんですね。全然犬を怖がって
いないように見えますね。
ほんとに ああやって真名井の滝周辺を歩き回って
いたのです。池や川に落ちるのじゃないかと
ハラハラしました。

今回は神奈川のSさんがご自身のネットワークを
駆使されて 思いもかけない良い結果となりました。
私もとてもビックリしています。
ブログに載せたときは どうにも出来ないことが
もどかしく せめて。。。と思ってました。
ネットでは怖い話ばかりが先行しますが
こうして実を結ぶこともあるのですね。

たった一匹の雑種の猫ですが こうして
幸せになれて ほんとに良かったなぁと思ってます。
藤野さんのワンちゃんも 幸せそうな顔ですね。
穏やかそうだし。
いつか、私も犬や猫と一緒に暮らしてみたいです。
念ずれば花開く。。。と思っているのですけどね。
18. Posted by ラムちんの運転手   2014年02月18日 17:59
5 早速ご丁寧なお返事有難うございます

念ずれば花開く...

その通りだと思います

ラムちんを家に迎えた日
実は保護犬の施設で犬をもらうはずでした
もともと大型犬を今まで飼っていたので
そんな犬がと思っていましたが・・・

母が高齢で柴みたいに
ちっちゃい優しい子がいいと
言い出し
急遽予定を変更
以前ペットショップで見た犬を思い出し
運よく売れ残っていたラムちんをGETしました

ちょっと後ろめたさもありましたが・・・
ラムちんは不思議な犬で
保護犬の友達がいっぱい出来
ブログを初めてすぐ
ブログ繋がりで
迷子のシェルテーをレスキュー出来ました
まだまだ一杯こんな例があるけど
今回もしかり。。。
ブログのチカラは偉大だと感じています

いつか平和に
犬や猫と一緒に暮らせればいいですね
今回の御縁大切にしたいと思います
また宜しくお願い致します
19. Posted by totte   2014年02月19日 21:38
ラムチンの運転手さま
ブログにお邪魔しましたが 沢山の山に
ワンちゃんと登られているのですね。
楽しいでしょうね。

私が北海道で登っていた時も 仲間の一人が
柴犬(タロウといいました)と一緒に参加して
いました。テントでも一緒に寝ましたが
犬も疲れると イビキをかくのですね。
「タロウもよっぽど疲れたんだねー」と
みんなで笑ったことを思い出しました。

キタキツネを見つけたときには 追いかけましたが
やっぱり野生にはかなわず あっさりと
逃げられました。

これからも仲良く登れるといいですね。
いつか 富士山も〜ですね。
この場合、入山料は どうなるのかなぁ。。。
20. Posted by ラムちんの運転手   2014年02月21日 06:14
5 有難うございます♪
長ーいブログ
読んでいただいたんですね

そう♪
ラムちんに出会ってから
昔やっていた登山を復活させました
まさに運転手にとって
幸運の犬なのです

犬もイビキかきますよ(笑)
猫はかかないのかなぁー?

富士山登るため?
只今リハビリ中
頑張ります


では♪
21. Posted by totte   2014年02月21日 20:00
猫のいびき。。。多分 かくと思いますが
聞いたことはないですね。
ハナチョウチンは見たことありますが。

とても沢山登ってらっしゃるので
またゆっくり 読ませていただきますね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔