2009年07月

2009年07月26日

『宇宙世紀大全』とイベントのお礼など

■『ガンダム宇宙世紀大全』
NHKBS-2で、27日から五夜にわたって宇宙世紀のガンダム作品を振り返るという特別番組が放送されます。僕は第二夜「ガンダム小説のディープな世界」に出演しました。放送時間は15分ほどですが、古谷徹さん、池田秀一さん、潘恵子さんというBIG3による小説の朗読もあったりして、かなり濃いめの番組になっていると思います。僕は、アニメ化されていない作品を取り上げました。それから現場では当然、朝日ソノラマ版2巻116ページとかそのあたりの小説版『ガンダム』ならではの話題も出たんですが、編集で残っているかどうか。そのあたりも含めてお楽しみに。
 あと余談ですが、MCである喜屋武ちあきさん(http://ameblo.jp/kyan-chi/day1-20090710.html#main)が楽屋(大河内さんと一緒でした)にふと訪れて、「『「アニメ評論家」宣言』読んで、『パンダコパンダ』を見たんですけれど、とてもおもしろかったです」と言ってくださったのは、とてもうれしい出来事でした。そのほか3人であれこれ雑談したんですが、喜屋武さんはやはりマニアックな人でした。
7月28日(火)午後 9:55ごろ〜
ガンダム小説のディープな世界
出演:土田晃之 喜屋武ちあき 大河内一楼 藤津亮太 古谷徹 池田秀一 潘恵子

この小説番組以外にも、本編以外にいろんな番組があるので、そちらも一視聴者として普通に楽しみにしています。

毎日2本ずつ放送される「宇宙世紀の歴史が動いた」は、内藤啓史アナウンサーと氷川竜介さんが架空の歴史番組風にガンダムの世界の魅力を語る構成だそうです。

7月28日(月)午後 10:00ごろから放送予定の「ドキュメント・アニメ新世紀宣言」は、名前の通り、当時の関係者に取材をした『アニメ新世紀宣言』のドキュメントです。

7月30日(木)午後 9:55ごろから放送予定の「富野監督語録」は、過去のNHK出演時の発言をピックアップし、出演者(MC:土田晃之、喜屋武ちあき ゲスト:高橋良輔、大河内一楼、朴ろ美、井上伸一郎)がそれについて語る(つっこみを入れる?)という非常にマニアックな内容。『YOU』に出演した時のビデオも流れるんじゃないかな。

このほかいろんな番組がありますので、興味を持たれた方は番組サイト(http://www.nhk.or.jp/gundam/index.html)でご確認を。

あと参考までにまんたんウェブで「ガンダム宇宙世紀大全:宇宙世紀の“歴史”を紹介 NHK−BS2で5夜連続 見どころを聞く」(http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20090724mog00m200006000c.html)の記事も紹介しておきます。企画をした植原智幸・専任ディレクター――一部の方にはデブリトリオのメンバーとしておなじみのあの方です――が取材に答えています。

■「日本オタク大賞R4 〜新・オタクはつらいよ〜」
恒例のトークイベント『オタク大賞R』が8月8日(土)に迫ってきました。今回はテーマが音楽で、前回の浅井真紀さんに続き、超豪華ゲストの登壇です。
日時:2009年8月8日(土)
OPEN18:00/START19:00
司会:藤津亮太
出演:志田英邦・冨田明宏
ゲスト:畑 亜貴 神前 暁

場所:新宿ロフトプラスワン
新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2 TEL 03-3205-6864
前売/当日¥2000(共に飲食代別)
※前売券はローソンチケットにて7/8(水)より発売。
【Lコード:37781】
今回の特集は志田英邦さんのプロデュースでお届けします。テーマは「オタクと音楽」です。ゲストは上記の通り、作詞家の畑 亜貴さんと、作曲家の神前 暁さんです。


打合せはこれからですが、今回も見逃せない内容になりそうです。

■新たに関わることになったBDとDVDです。
『亡念のザムド』
ライターの日詰明嘉さんの力を借りて、宮地昌幸監督による全話解説&スタッフへのロングインタビューを行っています。個性的なタイトルですので、ブックレットも負けないように、「非常識な濃さ」の内容にしているつもりです。
亡念のザムド 1 [Blu-ray]
亡念のザムド 1 [Blu-ray]
クチコミを見る



『シャングリ・ラ』
「少女革命日記」と題して、國子視点でドラマを振り返るコーナーのほか、キャラクター同士の掛け合いで作品の背景を解説するコーナーなど盛りだくさんの64ページブックレットがついています。
シャングリ・ラ 限定版 第1巻 [DVD]
シャングリ・ラ 限定版 第1巻 [DVD]
クチコミを見る


『コードギアス 反逆のルルーシュR2 SPECIAL EDITION ZERO REQUIEM』
こちらは初回特典につく特製ブックレット(16ページ)を担当しました。シリーズの総まとめ的な内容ですので、こってり内容を詰め込んだんですが、デザイナーさんが見事にまとめてくださって助かりました。
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 SPECIAL EDITION ‘ZERO REQUIEM’ [DVD]
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 SPECIAL EDITION ‘ZERO REQUIEM’ [DVD]
クチコミを見る



このほか『黒神 The Animation』『黒執事』『ドルアーガの塔』は継続して担当してます。『黒執事』と『ドルアーガの塔』はどちらも先日、僕の作業のほうは終了しました。

■『ユリイカ 2009年8月号』 菅野よう子 アニメ・映画・CM・ゲーム・・・音の魔術師のすべて !!
『ユリイカ』の菅野よう子特集に寄稿しました。その音楽性についてはそのほかの方が迫るでしょうし、僕はそこを語れるほどのなにかを持っているわけでもないので、アニメ制作の現場で演出家と菅野さんがどういう緊張関係で作品を作っているか、ということを各種インタビューなどを紐解きつつストレートにまとめました。

■「アニメの門場外乱闘篇」ご来場ありがとうございました
そして遅くなってしまいましたが、7月5日(日)に行いました「「アニメの門 場外乱闘編」VOL.7  極私的アニメブーム論」にご来場どうもありがとうございました。毎回、マイナーなテーマばっかり取り上げている当イベントですが、今回はさらにゲストもMr.Tという匿名での告知のみだったんですが、過去最高の動員となりました。ありがとうございました。
 当日の内容をざっとまとめて見ると――
・ブームがブームとして認知されたのは'77年。
・'83年がブームの分水嶺
・でも、ブームの終焉にファンが気付いたのは'86、'87年になってから
・振り返ってみると'85年に既に亀裂が生じていた。←歴史的にはここを終わりと認定
 というのが壇上の3人の実感と、データ的なものをつきあわせたまとめ、という感じでした。

イベントにご来場いただいた「否定的なもののもとへの滞留」(http://yaplog.jp/sennheiser/archive/23)さんが、イベントに端を発して独自の考察をなさっています。こちらもご興味があれば是非。

personap21 at 01:52|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 仕事 

2009年07月04日

過去の原稿へのフォローと最後の告知

さて明日となりましたので、しつこいですが最後の告知を。
「アニメの門 場外乱闘編」VOL.7  極私的アニメブーム論
日時:2009年7月5日(日)
開場18:00/開演19:00
出演:藤津亮太(アニメ評論家)、小川びい(ライター)、Mr.T(元ライター)
会場:Naked Loft http://www.loft-prj.co.jp/naked/

内容:アニメ評論家・藤津亮太とライターの小川びいが、縦横無尽、融通無碍、唯我独尊、針小棒大にアニメを語るシリーズ。今回のお題は'74年から約10年続いた「アニメブーム」。アニメブームとは一体、なんだったのか。ゲストに先輩ライターであるMr.Tを迎えて、それぞれの立場と体験、そして知識を駆使しながら、アニメブームの時代を読み解きます。

料金:1,000円(+1order)
Naked Loft店頭にて電話予約、受付けます
Naked Loft 03-3205-1556(16:30〜24:00)


■思わぬところからのリンク
おもわぶところから思わぬところからリンクが貼られていたので、フォローを。

当該の原稿ですが、言葉足らずで誤解を招くようになっています。あそこで書きたかったのは「制作時間がない中で、どう作るかというときに、選択と集中という原則を最大限に活用した」ということです。これはスタッフ・インタビュー(庵野監督の発言だったかな?)で次のような発言があったと記憶していたからです。
「間に合わせようと思えば、間に合わせるだけならできる」(藤津注・確かにそうやって滅茶苦茶なスケジュールででも間に合っちゃっているアニメはいっぱいある)、でも「ヘロヘロな間に合わせの絵でやるぐらいだったら(藤津注・」「Air」を見ればわかる通り)第二拾伍話は戦闘シーンがメインの予定だった)、表現方法を変えたほうがマシ」
で、なんでこれをそのまま書かなかったかといえば、そのインタビューの出典がどこか見つけられなかったからです。裏付けない裏事情を書いちゃうのはまずいので、画面で見た表現にのみ特化して原稿は書いた、というわけです。誤解をしてしまった方には申し訳ないと思いつつ、フォローさせていただきました。 

当該の記事です。
・デザインされた作品、『新世紀エヴァンゲリオン』
http://blog.livedoor.jp/personap21/archives/64968726.html

personap21 at 05:35|PermalinkTrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
Profile

藤津亮太

livedoor 天気