スポンサードリンク

大切なペットの健康と保険サイトトップ >ペットの健康2  >> うさぎの健康管理
古事記に、因幡の白兎という出雲神話があるくらい、うさぎは、人間との付き
合いは長いです。
そして、家畜動物からペット用に品種改良されたものが、ペットとして、人々
に愛されています。
うさぎは、犬や猫と同様に人間に身近な動物でったり、可愛いイメージが強い、
擬人化しやすいことなどから、漫画やマスコット等のキャラクターとしても多
く登場します。
そんなうさぎの健康管理で気をつけることは、どんなことなのでしょうか?



私たちにできる範囲での、健康管理を紹介します。

まずは、体重を計る事です。
体重は、健康のバロメーターともいえるぐらいに重要ものです。
成長期に、どの位体重が増えているのかをチェックする事もでき、また大人に
なるにつれ、太りすぎたり、痩せすぎではないか、ということを知る事もでき
ます。

ペットとして飼われているうさぎは、案外、肥満が多いです。
それは、食事でのカロリー摂取が多く、運動不足であることが原因です。
体質によっても違いがありますが、肥満は、飼育の仕方で大きく変わってきま
す。
定期的に体重を計り、バランスのいい食事を与えます。
たまには、ケージからだして遊ばせる事も、肥満防止や肥満解消に繋がるでし
ょう。

うさぎは、飼い主が注意してあげなければ、すぐに肥満状態になってしまいま
す。
肥満状態が続くと、免疫力が低下し、病気に掛かりやすくなります。
病気の予防のためにも、定期的に体重を計るようにしてください。

次に排泄物をチェックします。
尿の場合、血が混じっていないか、をみます。
いつもと量や回数の違いはないか、もチェックします。

普通の尿は、白く濁っています。
でも、赤色や黄色をしていたり、クリーム状のものが混じっている時がありま
す。
これだけでは、病気とはいえません。
でも、他にもいつもと様子が違うところがあれば、病院に連れて行きましょう。

そして、フンについてです。
普通のフンは、茶色でコロコロした丸い形をしています。
軟便だったり、粒がいつもより小さい、粒が繋がっているなど、フンに異常が
みられないかを、日々チェックしていきましょう。



スポンサードリンク

pet_kenkou at 09:07│Comments(4)TrackBack(0)clip!ペットの健康2 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by りょうちん   2010年09月16日 11:47
4 はじめまして♪
と~っても参考になりました~!!
また見に来ます!!
ポチッ
2. Posted by スタービーチ   2011年11月14日 19:01
あの伝説のサイトが再び…!突如として消えたスタービーチがまさかの電撃復活!あの脅威の出会いをもう一度味わって下さい!!
3. Posted by ジャパンカップ   2011年11月19日 12:16
第31回 ジャパンカップ 過去のレースデータを見れば驚きの結果が!真の最強競馬予想サイトであなたも大勝ち間違いなし!
4. Posted by グ リー   2011年11月29日 02:15
こんな方法があったのか!意外な方法!イブを一人で過ごさなくても良いように熟読してください

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔