2010年11月15日

スパコンTop500 2010-11、国別シェアなど

 2010年11月14日、アメリカのNew Orleansで行われているSC10で2010年11月のSupercomputer Top500が発表された。

<2010-11 SC10 Top10>

順位       Site & System                 Linpack    理論性能  効率    消費電力  
                                  TF       TF            MW
1 <Tianhe-1A> 中国 NUDT in Tianjin            2566.0     4701.0  54.6%    4.04
    X5670 2.93Ghz NVIDIA C2050           
2 <Jaguar> 米 ORNL、                             1759.0    2331.0  75.5%    6.95
     Cray XT5-HE Opteron 6-core 2.6G             
3 <Nabulae> 中国 Shenzhen SC、                 1271.0    2984.3  42.6%    2.55
    Dawning TC3600, X5650, NVIDIA C2050             
4 <Tsubame2.0> 日本 東工大                 1192.0    2287.6  52.1%   1.34
       HP SL390s X5670, Nvidia C2050
5 <Hopper> 米 LBNL/NERSC                       1054.0    1288.6  81.8%    2.93
       Cray XE6 opteron 12core 2.1 GHz      
6 Energy and Atomic Commission(CEA)  仏     1050.0     1254.6  83.7%   
      Bull S6010/S6030、Xeon    
7 <Roadrunner>  米 LANL                           1042.0    1375.8  75.7%    
       IBM QS22/LS21, PowerXCell 8i           
8 <Kraken>  米 U‐Tennessee                       831.7    1028.9  80.8%    
        Cray XT5-HE Opteron 6-core 2.6 GHz   
9 Forschungszentrum Juelich (FZJ) 独        825.5    1002.7  82.3%    
        IBM Blue Gene/P 
10<Cielo> 米 LANL/SNL                       816.6    1028.7  79.4%    
 
       Cray XE6 Opteron 8core 2.4 GHz

 今回の話題はnVIDIA-Tesla(C/M2050) GPGPUの台頭で、第1位のNUDT(国立防衛技術大学)のTianhe-1A、第3位の深センSCのNabulae、第4位の東工大Tsubame2.0など、Top5の3システムがnVIDIA-Teslaを使ったCPU+GPGPUタイプのスパコンであったことである。そして、3システムとも東アジアに設置されたもので、世界のスパコン勢力図の重心がほんの少しだけ東アジアに移ったことを示している。

 ただし、これら台頭の基本的テクノロジーは米国製であり、また、来年になると、今回は間に合わなかった、NCSAのBlue Waters(10Pflops Power7)やLLNLのSequoia(20Pflops Blue Gene/Q)、さらには、NASA AMESのPleiadis、ORNLのGPGPUを使ったJaguar後継機といったといった10~20Pflopsクラスの機械が目白押しなので、半年か一年でゆり戻しが起きる可能性は高い。

新規Top10入りは
第1位の中国のNUDTのTianhe-1A
第4位の東工大TSUBAME2.0
第5位の米LBNL/NERSC(バークレイ研のNERSC)のHopperでCray-XE6
第6位のフランスCEA-DAM(代替エネルギー・原子エネルギー委員会軍事応用部門)のBull社製Tera100
第10位のLANL/SNLのCray-XE6 Cielo
である。

 順位的には 7位までがPeta越えで、10位でも0.8PFlopsである。参考までに第500位は31.12Tflopsである.

 その他、気がついたことを以下に列挙する。

・Cray-XE6で第5位のLBNL/NERSCのHopperなどにはOpteronの12coreが使用されている。

・第114位にBG/Q Prototypeが載っており(実行65.35T,理論104.86T)、1680Mflops/Wというブッチギリの電力効率とのこと。たしかに、この値そのものはブッチギリでtsubameや苦節ウン年のgrapeなどの約2倍であるが、昨年2月頃の担当者のインタビュー記事では3000Mflops/wを目指しているとか言ってた記憶があるので、目標に比べると、まだ半分という事で、今後どうなるのか注目したい。

・Blue Waters Power7に関してはPrototypeもどきも見当たらず、ほんとに何も出すものがなかったようである。

・CPU+GPGPU方式の評価に関してはHPCCのデータをチェックする必要がある。

・Tsubame2の実行効率52.1%はTianhe-1Aの54.6%に肉薄しており、ノード3GPUでノード1GPUと大して変わらない性能を示したことは、価格面、電力消費、設置面積などでノード3GPUの方が遥かに有利なので、Tsubame方式が広まる可能性は高い。

・第170位に理研に納入された「京」のPrototypeがリストされており、実行48Tflops、理論52.2Tflopsとなっている。highlightのところにK-ComputerはBG/Qに次いで829Mflops/Wと書かれているので、CPUタイプのシステムとして京はかなりいい電力効率を示していると考えられる。ビジネスチャンスを失わないためには、BG/QとGPGPUとの間に挟まれての、迅速なコストを含む思い切ったアクションが必要であろう。

・ベンダ別シェアでは、IBMが200システムで40%、HPが158システムで31.6%、Cray5.4%、SGI4.4%、Dell4.0%

・PerformanceシェアではIBMが27.4%、Crayが19.1%、HPが15.6%




<2010-11 SC10   国別>

 
  国   Linpack  Share %  理論性能      台数  Share % 
           TF                       TF 
   
1 米   22309.9  51.1%   31500.9       275  55.00%   
2 中    5688.8  13.0%   11609.7           41    8.20%   
3 日    2903.7    6.7%    4605.2           26    5.20%   
4 仏    2874.9   6.6%    3639.7           26    5.20%   
5 独    2721.4   6.2%    3504.9           26    5.20%   
6 英    1519.6   3.5%    2200.0           24    4.80%   
7 韓     907.6   2.1%     1065.5             3    0.60%   
8 露     867.7   2.0%    1143.8           11    2.20%   
9 サウジ   437.4   1.0%    514.3             6    1.20%   
10 カナダ  422.4   1.0%    629.7              6    1.20%    
 Totals 43656.7          64613.7        500     

 演算性能ベースでは、米中日仏独英韓の順で、大まかに言うと、中国は米国の1/4程度、日本は米国の1/8、中国の1/2程度で、日仏独は団子状態、英国は団子の半分くらいといったところ。
 日中ともnVidiaの新規ペタコンの貢献度が高く、日本では東工大のTsubame2.0だけで、6月度の総和に近い数値が加算されており、その他、ヴェクタ機離れで国際基準に近くなりつつある調達コストの効果も出始めているようで、6月度比で約230%の増加である。
 ただし、既にdismountされたはずのTsubame1.2がカウントされていたりして、Top500の精度に関しては若干の疑問符が付く。
 第7位の韓国は韓国気象庁が導入したCray-XE6 2セット(実行合計約633Tflops)の効果である。

 台数ベースでは、米(282=>275)中(24=>41)日(18=>26)独(24=>26)仏(27=>26)英(38=>24)の順である。日本はやっと台数下落の傾向に歯止めが掛かってきたような気配であり、ヴェクタ機の呪縛から逃れる事で、現状の予算のままでも、調達コストを見直すだけで、かなりの改善が図られるものと思う。

 日本は国家のスパコン予算規模的には、演算性能ベースにしろ、台数ベースにしろ、当然、米国に次ぐポジションを占めるべき国であり、徐々にではあるが、回復軌道に戻りつつあることは御同慶の至りである。

 中国の台数分布は100位以内に5件、100位以下に36件がランクインしている。100位以内では3件が国のスパコンセンター、2件が科学院に属するもの。製造は、1位のTianheはNUDTとなっており、第3位のNabulaeと35位の上海SCはDawning、28位の科学院のMole8.5はIPE+nVIDIA+Tyan(台湾?)、68位の科学院の他の1件はLenovoとなっている。
 100位以下の36件は殆どがエンジニアリング会社、テレコム会社、ネットワーク会社、サービスプロバイダ、インターネットなどとなっており、大学は2件である。製造会社はIBMが30件で、次いでHPが5件、残りの1件がInspurとなっている。
 100位以内の大型と100位以下との区別が余りにもはっきりしているので、驚いているし、またIBMが中国でこれほど強いというのも驚きである。
 
 

<2010-11 SC10 日本のTop500ランクイン・システム>

Top
500
順位   Site&System                   Linpack 理論性能
                                   TF    TF
  
4 東工大Tsubame2.0 HP SL390s X5670, Nvidia   1192.0  2287.6    
    NEC/HP     
33 原子力研 BX900 X5570 2.93G                      191.4  200.1    
    Fujitsu     
42 東大物性研 SGI ICE 8400EX                        161.8  180.0    
    SGI     
54 海洋研機構 SX-9/E/1280M160                     122.4  131.1    
    NEC     
59 JAXA Fujitsu FX1, SPARC64 VII                  110.6  121.3    
    Fujitsu     
70 東大 情技センタ Hitachi opteron QC 2.3G       101.7  139.0     
     Hitachi     
74 理研 Xeon X5570 2.93GHz                           97.9  106.0    
     Fujitsu     
88 東工大Tsubame1.2 Sun Fire x4600/x6250        87.0  163.2    
     NEC/Sun     
95 筑波大 計科センタ Appro Xtreme-X3                77.3   95.4    
     Appro International     
103 環境研 Asterism ID318, Xeon+NVIDIA            74.8  177.1    
      NSSOL / SGI Japan     
131 核融合研(NIFS) Hitachi SR16000 Power6         56.7  77.0     
       Hitachi     
134 Service Provider xSeries x3650M2, Xeon        55.9  105.6    
      IBM     
138 東大 ゲノムセンタ SunBlade x6250, Xeon          54.2  69.1    
      Oracle     
153 気象研 (MRI) Hitachi SR16000 Power6           51.2  72.8    
      Hitachi     
158 京大 センター Fujitsu HX600 Opteron               50.5  61.2    
      Fujitsu     
170 理研 先進計算科学研 「京」, SPARC64VIIIfx         48.0  52.2    
      Fujitsu     
219 電力中研 SGI ICE 8200EX, Xeon                     42.7  45.9    
     SGI     
220 物質材料研機構(NIMS) SGI ICE 8200EX, Xeon    42.7  45.9    
      SGI     
279 国立天文台 GRAPE-DR accelerator                   38.9  81.9    
      Self-made     
282 Financial Institution xSeries x3650M2 Xeon     38.8  75.3    
      IBM     
310 Automotive Company DL4x170h Xeon E5550    37.4  48.9    
      Hewlett-Packard     
377 東大 バイオ・医療 PRIMERGY BX922 S2,              34.7  37.8    
      Fujitsu     
378 Service Provider xSeries x3650M2, Xeon          34.7  65.4    
      IBM     
379 Service Provider xSeries x3650M2, Xeon          34.7  65.4    
      IBM     
383 国立天文台 GRAPE-DR accelerator                    34.6  66.4    
     Self-made     
494 統計研 PRIMERGY RX200S5                             31.2  33.8    
     Fujitsu     
     



Posted by petaflops at 16:01│Comments(0)TrackBack(0) Top500 Report 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/petaflops/51483103

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。