2010年11月19日

Green500 2010-11 (参考速報版)

2010年11月18日、SC10で2010-11度のGreen500が発表された。速報値として参考までに、Top10のリストを載せてみる。

======================================
*追加訂正)2010/11/20
Green500のサイトにlistが掲載され、速報版の10位に変更がありましたので訂正しました。
第10位に日本の国立環境研究所が入り、中国のTianhe-1Aは第11位になりました。
また、Mflops値にも若干の誤差があり訂正しました。
======================================



Green500  2010-11
----------------------------------------------------------------------------
Rank    Site                         Linpack Perf.      Megaflops per watt   (#GPUs)
---------------------------------------------------------------------------- 
1  IBM Research (BG/Q)          65.3Teraflops       1684 Mflops/watt  
---------------------------------------------------------------------------- 
2  Tokyo Tech (Tsubame2)    1,192 Teraflops        958 Mflops/watt  (4200)
    GSIC Center
---------------------------------------------------------------------------- 
3  NCSA                                 33.6Teraflops        933 Mflops/watt    (128)   
---------------------------------------------------------------------------- 
4  RIKEN AICS (京)                   58 Teraflops          829 Mflops/watt
---------------------------------------------------------------------------- 
5  Forschungszentrum              45 Teraflops          773 Mflops/watt
    Juelich
---------------------------------------------------------------------------- 
6  Universitaet Regensburg        45 Teraflops          773 Mflops/watt
---------------------------------------------------------------------------- 
7  Universitaet Wuppertal          45 Teraflops          773 Mflops/watt
---------------------------------------------------------------------------- 
8  Universitaet Frankfurt           94 Teraflops           741 Mflops/watt
---------------------------------------------------------------------------- 
9  Georgia Institute of              64 Teraflops           677 Mflops/watt  (360)
     Technology
----------------------------------------------------------------------------
10 NIES Japan(国立環境研究所)    74.8 Teraflops         636 Mflops/watt  
     (top500/103位参照)
---------------------------------------------------------------------------
11 NSC Tianjin (Tianhe-1A)     2,507 Teraflops         635 Mflops/watt (7168)      
----------------------------------------------------------------------------


このデータを見ると、第2位のTsubame2と第11位のTianhe-1A以外は、100Tflops以下の小振りな実験機のようなものであるので、いわゆる、運用が開始されている本格的大型システムそのものとしての電力効率という観点で考えた場合、Tsubame2とTianhe-1Aのデータは大変意味があるように思う。 この意味でTsubame2は2010年度の実質Green500の第1位と考えてよいと思う。

2012年の先食い実験的データとして、第1位のBG/Qと第4位の「京」のデータは、どちらも最終的には20Pflopsとか10Pflopsといった巨大システムを目指しているわけで、今後の動向が注目される。
TubameやTianheのGPGPUタイプに対して、BG/Qや京はCPU‐Onlyタイプのシステムなので、来年現れるSandy-bridgeを含めて、アーキテクチャ的にも動向が注目される。

第3位のNCSAの機械はTop500の第402位にランクされているシステムで、Tsubameと同じようなXeonとteslaによるもので、Selfmadeとなっており、この程度の規模の機械は、大学で自主製作可能である事を示している。


Posted by petaflops at 06:31│Comments(0)TrackBack(0) Top500 Report 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/petaflops/51484300

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。