2010年12月23日

Green500 2010-11  (12/22/2010 修正版)

 2010年12月22日、SC10で発表された2010-11月度のGreen500Listの修正版が発表され、GRAPE-DRの2つのシステムが第(2+)位と第(345+)位にランクされた。
 (追加注)Web上のリストでは(2+)となっているが、証書では単に「is ranked 2nd」となっているだけなので、正式には(2+)という順位は無く、非公式なリップサービスの類か、「後で第2位に修正追加」といった意味なのかも知れない。


 この結果、旧第2位からGRAPE-DRの旧順位迄の間のsystemの順位は一番繰り下がることになるのだが、旧第2位のTSUBAME2.0だけは、リスト上も第2位のままで、TSUBAME2.0以外は一番繰り下げたランク表示がなされている。結果Tsubameは優遇された事になっている。
***************
この順位のシフトに関しては「2010年末から2011年年初」の頃に、更にひそかに再訂正が入ったようで、現在では順位シフトは無くなり、当初の順位のままに戻され、単に2位が2システムになっているようである。 従って「TSUNBAME2.0が優遇されている」ということはなくなっている。
2011/3/01 追記
***************


 ところで、WebのGreen500Listの始めのページに彼らの面白いコメントが書かれていたので参考までに以下に示す。
  • IBM BlueGene/Q, the "Greenest Supercomputer in the World"
  • GRAPE-DR, the "Greenest Exotic Supercomputer in the World"
  • Tsubame 2.0, the "Greenest Production Supercomputer in the World"
  • EcoG, the "Greenest Self-Built Supercomputer in the World"
”GRAPE-DR、Greenest Exotic Supercomputer in the world”とは、なんとも皮肉で苦笑を禁じえない表現であるが、わざわざこうした陳表現を世界に向けて行ったというところに、Green500List側、ないしは、海外のスパコン・コミュニティのGRAPE-DRに対する常識的世論が垣間見える。



  
Green500  2010-11 (Revised on 12/22/2010)
----------------------------------------------------------------------------
Rank    Site                     Linpack      Mflops /w       (#GPUs) <Total Kw>
---------------------------------------------------------------------------- 
1  IBM Research (BG/Q)    65.3Tflops   1684 Mflops/w          <38.80>
---------------------------------------------------------------------------- 
2+ NAOJ (GRAPE-DR)      35.6Tflops   1448 Mflops/w          <24.59>
  National Astronomical Observatory of Japan
---------------------------------------------------------------------------- 
2  Tokyo Tech(Tsubame2) 1,192 Tflops  958 Mflops/w  (4200)  <1243.80>
    GSIC Center
----------------------------------------------------------------------------  
4  NCSA                           33.6Tflops   933 Mflops/w    (128)     <36.00>
---------------------------------------------------------------------------- 
5  RIKEN AICS (京)              58 Tflops     829 Mflops/w          <57.96>
---------------------------------------------------------------------------- 
6  Forschungszentrum         45 Tflops     773 Mflops/w         <57.54>
    Juelich
---------------------------------------------------------------------------- 
7  Universitaet Regensburg    45 Tflops    773 Mflops/w          <57.54>
---------------------------------------------------------------------------- 
8  Universitaet Wuppertal      45 Tflops    773 Mflops/w           <57.54>
---------------------------------------------------------------------------- 
9  Universitaet Frankfurt        94 Tflops    741 Mflops/w           <385.00>
---------------------------------------------------------------------------- 
10 Georgia Institute of          64 Tflops    677 Mflops/w  (360)      <94.40>
     Technology
----------------------------------------------------------------------------
11 NIES Japan(国立環境研究所) 74.8 Tflops  636 Mflops/w           <117.15>
     (top500/103位参照)
---------------------------------------------------------------------------
12 NSC Tianjin (Tianhe-1A)   2,507 Tflops  635 Mflops/w (7168)    <4040.00>
----------------------------------------------------------------------------


 このデータを見ると、第2位のTsubame2と第12位のTianhe-1A以外は、100Tflops以下の小振りな実験機のようなものであるので、いわゆる、運用が開始されている本格的大型システムそのものとしての電力効率という観点で考えた場合、Tsubame2とTianhe-1Aのデータは大変意味があるように思う。 この意味でTsubame2は2010年度の実質Green500の第1位と考えてよいと思う。

 2012年の先食い実験的データとして、第1位のBG/Qと第5位の「京」のデータは、どちらも最終的には20Pflopsとか10Pflopsといった巨大システムを目指しているわけで、今後の動向が注目される。
TubameやTianheのGPGPUタイプに対して、BG/Qや京はCPU‐Onlyタイプのシステムなので、来年現れるSandy-bridgeを含めて、アーキテクチャ的にも動向が注目される。

 第4位のNCSAの機械はTop500の第402位にランクされているシステムで、Tsubameと同じようなXeonとTeslaによるもので、Self-buildとなっており、この程度の規模の機械は、大学で自主製作可能である事を示している。




***追加 12/23/2010***

<2つのGRAPE-DRシステム間のデータは矛盾>

         Mflop/W           Total KW    推定Linpck性能
第2+位 1448.03MFlops/W  24.59KW   <35.61Tflops>
第345+位 86.26MFlops/W  450.40KW    <38.85Tflops>
  
 同じBoardや同じPC、同じInterconnect等を使って、しかも推定されるLinpack性能にたいした差が無い2システムに於いて、これだけ消費電力に差があるというのは信じ難い事である。

 そもそもこのGreen500のリストあるいはTop500のリストによれば、GRAPE-DRは別々の2システムが存在するらしいが、本来のプロジェクト目標であった2Pflopsが達成できないでいることを考えれば、当然、2つを合体して、より計算能力の高いシステムを組むべきであるのに、何故か別々の小システムとしてデータを送るというチグハグを行っているのである。
 まあ、実際には小システムが1つしかないのに、都合の良いデータを採るため、ノード・サイズ若干を変え、別々のシステムであるかのようにRequestしているのかも知れないが、それはルール違反であろう。



Posted by petaflops at 01:31│Comments(0)TrackBack(0) GRAPE-DR | Top500 Report

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/petaflops/51493074

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。