2011年04月11日

日本語版Wikipediaのコンピュータ関連語は問題が多い

 前回のJane Smileyの「Atanasoff伝」に関連し、今日の世の中はAtanasoffのABCをどの様に考えているのだろうかと思い、普段はあまり見ることの無いWikipediaを見てみた。(「ABC コンピュータ」で検索)


<「Computing Device」と「Computer」は別物>

 最初に驚いたのは、この項の日本語版の始まりが、
・「アタナソフ&ベリー・コンピュータ(Atanasoff-Berry Computer)は、世界最初のデジタル電子計算機(コンピュータ)」
となっていることで、「冗談がきついな」と思いながら英語版にSwitchすると
・「The Atanasoff–Berry Computer (ABC) was the first electronic digital computing device.」
となっており、英語版で「computing device」と書いてあるものを、わざわざ日本語版では「コンピュータ」と変更しているのである。 

 Computing Deviceというのは、手回し式の卓上計算機とか、パンチカード・システムなどのような、プログラムできない計算装置のことを指し、一方、プログラム可能なcomputerのことは「General Purpose Computer(汎用コンピュータ)」などと呼び、簡略的に、Computerと呼んでいるのである。
 英語版Wikipedeiaに於いては、「Computing Device」と「Computer」は明確に区別して使っており、「ABC」に関しては、参考に示すように、関連の項目内での使用を含めて「Computing Device」で統一され、「Computer」などとは呼んでいないのである。
 ところが、日本語版に於いては、英語版で「Computing Device」と記述されているものを、「コンピュータ」に変えているわけで、困った事である。


<根拠のない捏造記述は大問題>

 この項の日本語版の記述は、構成的にも、英語版にある小見出しが取り払われ、内容的にも英語版の「つまみ食い」的翻訳のような感じで、英語版とは違うもののように感じる。

 そして更に内容的に問題だと思うのは、日本語版の後ろのほうに、
・ 「歴史家は今ではアタナソフ&ベリー・コンピュータが世界初のコンピュータであると言っている。」
といった断定が挿入されているが、英語版には全くこのような文章は見当たらないのである。

 敢えて、英語版の中で対応しそうな部分を探すと、「特許論争」という小見出しのセクションに以下のような記述があるのである。

Campbell-Kelly and Aspray conclude:
  The extent to which Mauchly drew on Atanasoff's ideas remains unknown, and the evidence is massive and conflicting. The ABC was quite modest technology, and it was not fully implemented. At the very least we can infer that Mauchly saw the potential significance of the ABC and that this may have led him to propose a similar, electronic solution.

 (参考訳) 「MauchlyがAtanasoffのアイディアをどの程度引き出したのかは未だに不明である、証拠は山ほどあって相互に矛盾している。ABCは極普通の大きさのテクノロジであり、(機能も)完全実現されてはいない。我々が最小限推定できることは、MauchlyはABCの潜在的重要性を理解し、そのことが、彼をして似たような電子的ソリューションの提案に導いたのであろう、といったことである。」

 つまり、米国の著名なコンピュータ史家であるCampbell-KellyやAsprayは「ABCが世界初のコンピュータである」などとは全く言っていないし、逆に、「(機能も)完全実現されてはいない」と否定的な表現をしているのである。

 となると、日本語版のいう「歴史家」が何処の誰なのかはぜひとも明確にしてほしいものであり、明確に出来なければ捏造表現ということになるのであろう。

 「ABC」は技術的観点からは明らかに「Computing Device」という事であり、国際常識的にも英語版Wikipediaで記述されているように「Computing Device」ということで、「computer」とは言わないというのが常識である。

 まあ、技術的観点を無視して、ABCが「最初のコンピュータである」と主張するのは、米国での法制度遵守の観点から連邦地裁の判決を遵守せざるを得ない法律家の類とか、地元IowaのAtanasoff崇拝者、といった一部の人達で、そのほかに付け加えるなら、日本語版Wikipediaの記述を鵜呑みにした人達、あるいは、周回遅れで、Mollenhoff などのIowa Patriotsの著作を読み、技術的検証ができないため、それを真に受ける、技術判断のできない人達、などであろう。

 

<「日本の常識=世界の非常識」への道>
 
 要するに、「ABCコンピュータ」に関する日本語版Wikipediaは、罪作りな記述で、根拠の明示もなく、敢えて英語版と異なる記述を行っており、その事が、日本語読者を、世界の常識とはかけ離れた、可笑しな誤理解に導くわけで、困ったものとしか言いようがないのである。
 
 こうした、英語版とは異なる構成・記述をとる日本語版Wikipediaの項目の唯我独尊的誤り問題は、今回の「ABC」に限らず、「Computer」「Supercomputer」などといった共通項目でも見られるし、日本語版だけにある「スーパーコンピュータ技術史」とか「スーパーコンピュータ産業史」といったような項目にも見られるもので、日本語版Wikipediaを信じた人達は、「日本の常識=世界の非常識」に陥っている可能性が大であることを指摘しておきたい。

 IT関連語に関して英語版の記述は、完璧ではないが、英語を母国語とする、米国、カナダ、イギリス、オーストラリアなど、IT先進国の人達による「淘汰」を経て来た記述であり、出典、参考文献等もかなりあり、それなりに重みのある記述なのである。
 英語版に不都合があるのなら、英語版の修正を求めるべきで、日本語版のみに独自で勝手な記述をする事は、Wikipedia設立の精神に反すると思うのである。

    
    
    
<参考: 関連項目の中での「ABC Computer」>

-「Computer」の項

・英語版
「The Atanasoff–Berry Computer (ABC) was among the first electronic digital binary computing devices.」
・日本語版
「1942年 ジョン・アタナソフとクリフォード・ベリーが電子素子を使って演算処理をする世界初の機械 ABCを作成」

 
-「ENIAC」の項

・英語版
「The American Atanasoff–Berry Computer (ABC) (shown working in summer 1941) was the first electronic computing device.」
・日本語版
「例えば1939年に試作機が完成、稼働した「アタナソフ&ベリー・コンピュータ」を世界最初のコンピュータとする考え方が今では主流である。1973年10月19日のミネアポリス連邦地方裁判所の判決[1]は、ジョン・アタナソフとベリーが1939-1942年の間に、アイオワ州立大学において、最初の電子式デジタルコンピュータ(the first electronic digital computer)を作ったと明確に述べている。」

 



Posted by petaflops at 12:02│Comments(0)TrackBack(0) 時々の話題 | 業界

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/petaflops/51589304

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。