2011年05月25日

映画アマデウスの音楽構成

 前回のMozartのピアノ協奏曲23番の中でも若干触れたが、映画AMADEUSには、音楽構成や、楽曲分析とその描写シーンなど、考えさせられるものが数多く含まれており、将にPerforming Monkeyでは到達できない、欧米文化の巨大な壁のようなものを強く感じさせられる映画になっている。

 原作の戯曲はLiverpool生まれのユダヤ系英国人Peter Shafferの作であるが、そもそもはプーシキンの短い戯曲「Mozart and Salieri」に触発されたものといわれている。
 この戯曲を、18世紀の香りを今に残す古都Pragueを当時のViennaに仕立てて映像を作りだしたのが、Czech生まれの米国人Milos Formanである。
 そして、映画のシナリオにあわせ、Mozartの作品を絶妙に配置したのが、英国人でAcademy of St. Martin in the fieldsのNeville Marrinerである。


 話の要旨は、凡人Salieriが神の与えし不公平さに復讐するため、神の子・天才Mozartに、Mozart自身の死のためのRequiem(死者のためのミサ曲)の作曲を、代理人を使って、極秘に委嘱し、その神の子の手になるRequiemを、あたかも凡人Salieriが作曲したものとして、神の子の葬送に使用し、世間の喝采を受け、凡人が後世に名の残る天才の誉れを騙しとるということで、神の不公平さに復讐するという話で、結構込み入った作り話である。


 そして、この作り話に、実在感や臨場感を与えているのが、絶え間なく流れてくるMozartの音楽である。その音楽構成にはかなりな構築が読み取れるし、また、かなり高度な作品分析も示されているのである。


 
<音楽構成>


 この映画のストーリーはSalieriの自殺未遂の場面で始まるのだが、幕開けの雪の中に置かれた馬車の短いシーンには、この映画を貫く、厳格な父LeopoldのLeading Motive(示導動機)として、歌劇ドンジョバンニ序曲の冒頭のCommendatoreのLeading Motiveが使用されている。


 お話は背景音楽なしで、Salieriの自殺未遂の場面に移り、背景音楽が復活するのは、Salieriを担架に乗せて精神病院に担ぎこむ場面からで、交響曲25番の第1楽章のドラマティックなリズムに合わせて運び込まれてゆくのである。


 そして、話はいきなり飛ぶが、映画の最後の場面は、収容されている精神病院と思しき施設の中を、神との試合に勝ったと一人勝手に思っている凡人のチャンピオンSalieriが、満足の表情で車椅子に乗って、周りの精神病患者と思しき人達に対し、”I absolve you.(許そう)"と得意げに語りかけながらwaterclosetに押されて行くという、なんとも、チグハグで、若干滑稽な場面なのであるが、この場面を、神々しく、あたかも、天上に満ち満ちている至福の時であるかのように聴覚に訴えているのが、「妙なる楽の音」、ピアノ協奏曲20番の第2楽章、通称”Romanze”なのである。


 Salieriが神に対する復讐のシナリオを思い付くのは、映画の中では後半で、Salieriが歌劇ドンジョバンニを見ていた時のことで、死後も父Leopoldが息子Wolfgangを支配しているという構造に気がつくのである。そして、そのことを巧みに利用し、父のイメージの仮面をかぶった代理人を使って、Mozartに極秘にRequiemの作曲を委嘱しに行くのであるが、この鬼気迫る場面をドラマティックに演出しているのは、同じピアノ協奏曲20番の第1楽章である。

 そして委嘱の前金を受け取るシーンから、音楽は、将に今、委嘱を受けたところのRequiemのイントロイトゥス(入祭唱 )が流れ出し、使者が帰ってゆくこところを2階から見るシーンまでの間続くのであるが、これは、「自分を死に至らしむ」階段の扉を自ら開いてしまったという悲劇のイントロイトゥスであることを印象つけており、これ以降、ストーリーは「死者のためのミサ」の式次第に従って展開することになるのである。


 Beethovenの交響曲第5番と第6番はかなり性格の異なる曲であるが、作曲は同時並行的に行われたとされている。映画アマデウスに於いても、「死に至る作曲」は並行に近い形で進められたという設定である。重く暗い宗教曲Requiemと対比に使われたのが歌劇「魔笛」や民衆劇場でのドタバタ劇である。「魔笛」はViennaの民衆劇場の興業主で俳優兼歌手のEmanuel Schikanederが、自分が書いた台本をもとにした歌劇の作曲をMozartに依頼したもので、軽やかな曲の多いオペラである。

 映画では、イントロトゥスの後は、Schikaneder一座のドタバタ劇で騒いだあと、父の肖像画を前にRequiemの作曲に没頭するシーンではDies irae (ディエス・イレ、怒りの日)が響く。
 その後、作曲に飽きたところでは魔笛の序曲に乗って、はじめは静かに、しかし直後に、軽快なリズムに移ってドタバタ調に移り、次は父のLeading Motiveとともに、仮面をかぶったRequiemの委嘱者代理があらわれる。
 そして、妻のコンスタンツェツとの深刻な口論の場面は、RequiemのRex Trementae(レックス・トレメンテ、恐るべき御稜威の王 )が鳴り響く。
 コンスタンツェが居眠りをした間に、そーっと脱出し、深夜の酒場で遊びほうける場面は魔笛の様々なメロディがながれ、そして朝帰りするところは、再び Rex Trementaeに戻る、といったように、基調のRequiemとオブリガードの魔笛が交互に絡み合いながら、Requiemの式次第は終末に向かって進んでゆくのである。

 映画では、魔笛の初演が終わり、Salieriのヘルプで徹夜で作曲に取り掛かるのはRequiemの式次第でRex Trementaeの次に来るConfutatus(コンフタテゥス、呪われし者)である。そしてConfutatusの作曲が終わり、Mozartが死に、葬送の場面になると、音楽は式次第ではConfuratusの次に現れるLacrimosa(ラクリモサ、涙の日)に移り、これにてMozartの話は終了となるのである。

 そして、Salieriはこれらのことを神父に告白し、「天上の妙なる楽の音」、Mozartのピアノ協奏曲20番の第2楽章にすべてが溶融してゆき、映画はあたかも至福であるかのような終末に到るのである。

 つまり、この映画音楽は、この復讐劇と厳父を象徴する歌劇ドンジョバンニ序曲のMotiveで幕開けし、そのMotiveの影に追われながら進行してゆき、そのドンジョバンニの歌劇を見ながら、復讐のシナリオに思い到り、ピアノ協奏曲20番の第1楽章に乗って、復讐のシナリオを開始し、Requiemの式次第に従って、魔笛などのオブリガードで脚色されながら、神の子を死へ向かわしめ、神の子は自らのLacrimosaで悲しい葬送を迎えるのである。
 神の子を追い詰めた凡人のチャンピオンSalieriは、復讐のシナリオ開始の緊張感を演出したピアノ協奏曲20番の第1楽章と対をなす、第2楽章の「天上の妙なる楽の音」にのって、精神病患者で満ち溢れた精神病院の廊下を、至福の天上の響きに包まれながら、車椅子に乗せられて送られてゆき、映画は、あたかも、すべてが「妙なる楽の音」に溶融し、すべてが許されるように終わってゆくといった、玄人筋をもうならせる、極めてSophisticatedな音楽構成で出来上がっているのである。


 これをやってのけたNeville Marrierの音楽構築力は、見事、というほかない。Mozartの作品に対する広範で高度な知識と感性に加え、相当なシナリオ構成力も必要とされているわけで、Mozartの全作品の中から的確に曲を選別し、このように配置構成する構築力は、とても、Performing Monkeyには出来ないもので、文化と歴史の厚い壁のようなものを感じるのである。




Posted by petaflops at 22:18│Comments(0)TrackBack(0) 時々の話題 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/petaflops/51607283

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。