2011年06月21日

スパコンTop500 2011-06、国別シェアなど

2011年6月20日、ドイツのHamburgで行われているISC11で2011年6月の第37版のSupercomputer Top500が発表された。



<2011-6 ISC11 Top10>


順位       Site & System          Linpack 理論性能 効率  消費電力
                               TF    TF           MW
1<K-Computer> 日本 理研           8162   8773.6   93.0%  9.90
   SPARC-Ⅷfx 2.0GHz Intercon TOFU
2 <Tianhe-1A> 中国 NUDT in Tianjin    2566.0  4701.0   54.6%  4.04
   X5670 2.93Ghz NVIDIA C2050          
3 <Jaguar> 米 ORNL               1759.0  2331.0   75.5%  6.95
     Cray XT5-HE Opteron 6-core 2.6G  
4 <Nabulae> 中国 Shenzhen SC        1271.0  2984.3   42.6%  2.55
    Dawning TC3600, X5650, NVIDIA C2050  
5 <Tsubame2.0> 日本 東工大         1192.0  2287.6   52.1%  1.34
       HP SL390s X5670, Nvidia C2050
6<Cielo> 米 LANL/SNL             1110.0  1365.8   81.3%  4.0
        Cray XE6 Opteron 8core 2.4 GHz
7<Pleiades-Altix ICE8200EX/8400EX     1088.0  1315.3   82.7%  4.1
        Xeon 5570/5670 2.93GHz
8 <Hopper> 米 LBNL/NERSC         1054.0  1288.6   81.8%  2.93
       Cray XE6 opteron 12core 2.1 GHz      
9 Energy and Atomic Commission(CEA) 仏 1050.0  1254.6   83.7%  4.6
      Bull S6010/S6030、Xeon    
10 <Roadrunner> 米 LANL           1042.0  1375.8   75.7%  2.3
       IBM QS22/LS21, PowerXCell 8i           




・新規Top10入りは
  第1位の理研のK-computer
  第6位の米LANLのCielo
  第7位の米NASA-AMESのPleiadis
  である。


・Linpack性能的には 10位までがPeta越えである。参考までに第500位は40.19Tflopsである.


・毎年、米国勢は11月のSCを目指すため、6月のドイツでのISCには照準はあっていない。逆に、日本は3月が会計年度末で、この3月に駆け込みが増える傾向にあり、地球シミュレータが第1位になったのも6月のISCであったように記憶している。


・今年の年初メモ
http://blog.livedoor.jp/petaflops/archives/51540763.html
に書いたが、
「 <国内>
 ・京が筐体の出荷をスケジュールどうりにこなし、Blue WatersやBG/Q、或いは中国などの動きが無ければ、この6月のISC11で京が Top1になる可能性は残されている。11月のSC11ではBlue WatersやBG/Qが来るのでまず無理。」
ということで、予測の付く話であったが、現実にそうなってみると、それはそれで、感慨深いものがある。


・つまり、激戦の11月のSCを避け、6月のISCを狙ったのは、作戦勝ちであったと思うが、切った張ったの、タイミングを狙った、1番2番の話はともかく、本質的には、Rack集積度が悪く、膨大なRack数が必要なSPARC-VIIIは、コスト的に、とてもIntel系のCPUには太刀打ちできないわけで、投資効果の観点からは、意味がないもの、としかいいようがないのは残念。


・今回の話題は理研のK-Computerであるが、年度という単位でみると、11月のSCを待たないと、年度の第1位をKeepできるかどうかは判らない。


K-cmputerのLinapck効率の93.0%は、驚くに値する性能で、このサイズの超並列で、この数値は賞賛に値する。 




 
<2011-6 ISC11   国別>

 
 国名  Linpack   %    台数   %   
         Tflops      
1 米   25280.4  42.9%   256   51.2%   
2 日   11182.2  19.0%    26   5.2%   
3 中    7176.5  12.2%   62   12.4%   
4 独    3242.1   5.5%    30   6.0%   
5 仏    3180.7   5.4%    25   5.0%   
6 英    1872.1   3.2%    27   5.4%   
7 露    1341.6   2.3%    12   2.4%   
8 韓     907.6   1.5%    3 0.  6%   
9 カナダ   640.1  1.1%    8    1.6%   
10 瑞典   489.5  0.8%    5    1.0%   
 その他  3563.4   6.1%    46    9.2%   
 Totals  58876.4  100.0%  500   100.0% 


<今後、記事内容を追加いたしますが、今日はここまで>




Posted by petaflops at 00:47│Comments(0)TrackBack(0) Top500 Report | スパコン 04

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/petaflops/51615551

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。