2011年06月22日

スパコンTop500 2011-06、国内site (2/2)

(入力文字総量制限による 2/2)


<2011 ISC11  Top500 国内Site    その2>


順位       Site        System                                                                   RmaxTF

224        Service Provider  xSeries x3650M3, Xeon

                            X56xx 2.53 GHz, GigE                                               54.84

                        IBM      

225        Service Provider  xSeries x3650M3, Xeon

                            X56xx 2.53 GHz, GigE                                               54.84

                        IBM      

226        Service Provider  xSeries x3650M3, Xeon

                            X56xx 2.53 GHz, GigE                                               54.84

                        IBM      

229        東大 ヒトゲノムセンター  SunBlade x6250, Xeon E5450

                            3GHz Infiniband                                                        54.21

                        Oracle   

290        気象研究所 (MRI)           Hitachi SR16000 Model L2/121,

                            Power6 4.7Ghz, Infiniband                                        51.21

                        Hitachi 

307        京大 T2K           Fujitsu Cluster HX600, Opteron

                            Quad Core, 2.3 GHz, Infiniband                                50.51

                        Fujitsu 

310        九大       PRIMERGY RX200 S6, Xeon

                            X5670 2.93 GHz, Infiniband QDR                             50.19

                        Fujitsu 

429        長崎大    DEGIMA Cluster, Intel i5,

                            ATI Radeon GPU, Infiniband QDR                            42.83

                        Self-made           

430        電力中央研究所    SGI Altix ICE 8200EX,

                            Xeon X5560 quad core 2.8 GHz                                 42.69

                        SGI       

431        物性研    SGI Altix ICE 8200EX,Xeon

                            X5560 quad core 2.8 GHz                                          42.69

                        SGI       

  

Posted by petaflops at 12:05Comments(0)TrackBack(0)

スパコンTop500 2011-06、国内site (1/2)

(文字総量制限による その2)


<2011 ISC11 Top500  国内Site>

順位       Site        System                                                               RmaxTF


1           
理研       AICS K-Computer          K computer,

                            SPARC64 VIIIfx 2.0GHz, Tofu interconnect            8162

                        Fujitsu 

5            東工大    TSUBAME2 HP ProLiant SL390s G7

                            Xeon 6C X5670, Nvidia GPU, Linux/Windows          1192

                          NEC/HP             

38          原研       BX900 Xeon X5570 2.93GHz ,

                            Infiniband QDR                                                       191.4

                        Fujitsu 

48          東大固体物理研    SGI Altix ICE 8400EX Xeon

                            X5570 4-core 2.93 GHz, Infiniband                           161.8

                        SGI       

67          海洋研機構           ES-2      SX-9/E/1280M160                          122.4

                          NEC     

72          JAXA     Fujitsu FX1, Quadcore SPARC64 VII

                            2.52 GHz, Infiniband DDR                                        110.6

                        Fujitsu 

83          東大情技センター T2K    Hitachi opteron QC 2.3 GHz

                            Myrinet 10G                                                             101.74

                        Hitachi 

88          理研 RICC         RIKEN Intergrated Cluster of Clusters,

                            Xeon X5570 2.93GHz, Infiniband DDR                     97.94

                        Fujitsu 

118        筑波大 T2K       Appro Xtreme-X3 Server

                            Quad Opteron Quad Core 2.3 GHz, Infiniband          77.28

                        Appro International         

126        国立環境研           Asterism ID318, Intel Xeon E5530,

                            NVIDIA C2050, Infiniband                                        75.35

                        NSSOL / SGI Japan        

127        民間 Telcom       HP DL160 Cluster G6, Xeon

                            X5650 2.66 GHz, GigE                                               74.74

                        Hewlett-Packard

131        基礎物理学研       Hitachi SR16000 Model XM1/108,

                           Power7 3.3Ghz, Infiniband                                         73.35

                        Hitachi 

162        民間 経済研       xSeries x3650M3, Xeon X56xx

                            2.66 GHz, GigE                                                          65.59

                        IBM      

168        Service Provider  xSeries x3650M2 Cluster, Xeon QC

                            E55xx 2.26 Ghz, GigE                                                64.6

                        IBM      

196        核融合研              Hitachi SR16000 Model L2/128,

                            Power6 4.7Ghz, Infiniband                                        56.65

                        Hitachi 

  
Posted by petaflops at 11:55Comments(0)TrackBack(0)

2011年06月21日

スパコンTop500 2011-06、国別シェアなど

2011年6月20日、ドイツのHamburgで行われているISC11で2011年6月の第37版のSupercomputer Top500が発表された。



<2011-6 ISC11 Top10>


順位       Site & System          Linpack 理論性能 効率  消費電力
                               TF    TF           MW
1<K-Computer> 日本 理研           8162   8773.6   93.0%  9.90
   SPARC-Ⅷfx 2.0GHz Intercon TOFU
2 <Tianhe-1A> 中国 NUDT in Tianjin    2566.0  4701.0   54.6%  4.04
   X5670 2.93Ghz NVIDIA C2050          
3 <Jaguar> 米 ORNL               1759.0  2331.0   75.5%  6.95
     Cray XT5-HE Opteron 6-core 2.6G  
4 <Nabulae> 中国 Shenzhen SC        1271.0  2984.3   42.6%  2.55
    Dawning TC3600, X5650, NVIDIA C2050  
5 <Tsubame2.0> 日本 東工大         1192.0  2287.6   52.1%  1.34
       HP SL390s X5670, Nvidia C2050
6<Cielo> 米 LANL/SNL             1110.0  1365.8   81.3%  4.0
        Cray XE6 Opteron 8core 2.4 GHz
7<Pleiades-Altix ICE8200EX/8400EX     1088.0  1315.3   82.7%  4.1
        Xeon 5570/5670 2.93GHz
8 <Hopper> 米 LBNL/NERSC         1054.0  1288.6   81.8%  2.93
       Cray XE6 opteron 12core 2.1 GHz      
9 Energy and Atomic Commission(CEA) 仏 1050.0  1254.6   83.7%  4.6
      Bull S6010/S6030、Xeon    
10 <Roadrunner> 米 LANL           1042.0  1375.8   75.7%  2.3
       IBM QS22/LS21, PowerXCell 8i           




・新規Top10入りは
  第1位の理研のK-computer
  第6位の米LANLのCielo
  第7位の米NASA-AMESのPleiadis
  である。


・Linpack性能的には 10位までがPeta越えである。参考までに第500位は40.19Tflopsである.


・毎年、米国勢は11月のSCを目指すため、6月のドイツでのISCには照準はあっていない。逆に、日本は3月が会計年度末で、この3月に駆け込みが増える傾向にあり、地球シミュレータが第1位になったのも6月のISCであったように記憶している。


・今年の年初メモ
http://blog.livedoor.jp/petaflops/archives/51540763.html
に書いたが、
「 <国内>
 ・京が筐体の出荷をスケジュールどうりにこなし、Blue WatersやBG/Q、或いは中国などの動きが無ければ、この6月のISC11で京が Top1になる可能性は残されている。11月のSC11ではBlue WatersやBG/Qが来るのでまず無理。」
ということで、予測の付く話であったが、現実にそうなってみると、それはそれで、感慨深いものがある。


・つまり、激戦の11月のSCを避け、6月のISCを狙ったのは、作戦勝ちであったと思うが、切った張ったの、タイミングを狙った、1番2番の話はともかく、本質的には、Rack集積度が悪く、膨大なRack数が必要なSPARC-VIIIは、コスト的に、とてもIntel系のCPUには太刀打ちできないわけで、投資効果の観点からは、意味がないもの、としかいいようがないのは残念。


・今回の話題は理研のK-Computerであるが、年度という単位でみると、11月のSCを待たないと、年度の第1位をKeepできるかどうかは判らない。


K-cmputerのLinapck効率の93.0%は、驚くに値する性能で、このサイズの超並列で、この数値は賞賛に値する。 




 
<2011-6 ISC11   国別>

 
 国名  Linpack   %    台数   %   
         Tflops      
1 米   25280.4  42.9%   256   51.2%   
2 日   11182.2  19.0%    26   5.2%   
3 中    7176.5  12.2%   62   12.4%   
4 独    3242.1   5.5%    30   6.0%   
5 仏    3180.7   5.4%    25   5.0%   
6 英    1872.1   3.2%    27   5.4%   
7 露    1341.6   2.3%    12   2.4%   
8 韓     907.6   1.5%    3 0.  6%   
9 カナダ   640.1  1.1%    8    1.6%   
10 瑞典   489.5  0.8%    5    1.0%   
 その他  3563.4   6.1%    46    9.2%   
 Totals  58876.4  100.0%  500   100.0% 


<今後、記事内容を追加いたしますが、今日はここまで>


  
Posted by petaflops at 00:47Comments(0)TrackBack(0)

2010年12月23日

Green500 2010-11  (12/22/2010 修正版)

 2010年12月22日、SC10で発表された2010-11月度のGreen500Listの修正版が発表され、GRAPE-DRの2つのシステムが第(2+)位と第(345+)位にランクされた。
 (追加注)Web上のリストでは(2+)となっているが、証書では単に「is ranked 2nd」となっているだけなので、正式には(2+)という順位は無く、非公式なリップサービスの類か、「後で第2位に修正追加」といった意味なのかも知れない。


 この結果、旧第2位からGRAPE-DRの旧順位迄の間のsystemの順位は一番繰り下がることになるのだが、旧第2位のTSUBAME2.0だけは、リスト上も第2位のままで、TSUBAME2.0以外は一番繰り下げたランク表示がなされている。結果Tsubameは優遇された事になっている。
***************
この順位のシフトに関しては「2010年末から2011年年初」の頃に、更にひそかに再訂正が入ったようで、現在では順位シフトは無くなり、当初の順位のままに戻され、単に2位が2システムになっているようである。 従って「TSUNBAME2.0が優遇されている」ということはなくなっている。
2011/3/01 追記
***************


 ところで、WebのGreen500Listの始めのページに彼らの面白いコメントが書かれていたので参考までに以下に示す。
  • IBM BlueGene/Q, the "Greenest Supercomputer in the World"
  • GRAPE-DR, the "Greenest Exotic Supercomputer in the World"
  • Tsubame 2.0, the "Greenest Production Supercomputer in the World"
  • EcoG, the "Greenest Self-Built Supercomputer in the World"
”GRAPE-DR、Greenest Exotic Supercomputer in the world”とは、なんとも皮肉で苦笑を禁じえない表現であるが、わざわざこうした陳表現を世界に向けて行ったというところに、Green500List側、ないしは、海外のスパコン・コミュニティのGRAPE-DRに対する常識的世論が垣間見える。



  
Green500  2010-11 (Revised on 12/22/2010)
----------------------------------------------------------------------------
Rank    Site                     Linpack      Mflops /w       (#GPUs) <Total Kw>
---------------------------------------------------------------------------- 
1  IBM Research (BG/Q)    65.3Tflops   1684 Mflops/w          <38.80>
---------------------------------------------------------------------------- 
2+ NAOJ (GRAPE-DR)      35.6Tflops   1448 Mflops/w          <24.59>
  National Astronomical Observatory of Japan
---------------------------------------------------------------------------- 
2  Tokyo Tech(Tsubame2) 1,192 Tflops  958 Mflops/w  (4200)  <1243.80>
    GSIC Center
----------------------------------------------------------------------------  
4  NCSA                           33.6Tflops   933 Mflops/w    (128)     <36.00>
---------------------------------------------------------------------------- 
5  RIKEN AICS (京)              58 Tflops     829 Mflops/w          <57.96>
---------------------------------------------------------------------------- 
6  Forschungszentrum         45 Tflops     773 Mflops/w         <57.54>
    Juelich
---------------------------------------------------------------------------- 
7  Universitaet Regensburg    45 Tflops    773 Mflops/w          <57.54>
---------------------------------------------------------------------------- 
8  Universitaet Wuppertal      45 Tflops    773 Mflops/w           <57.54>
---------------------------------------------------------------------------- 
9  Universitaet Frankfurt        94 Tflops    741 Mflops/w           <385.00>
---------------------------------------------------------------------------- 
10 Georgia Institute of          64 Tflops    677 Mflops/w  (360)      <94.40>
     Technology
----------------------------------------------------------------------------
11 NIES Japan(国立環境研究所) 74.8 Tflops  636 Mflops/w           <117.15>
     (top500/103位参照)
---------------------------------------------------------------------------
12 NSC Tianjin (Tianhe-1A)   2,507 Tflops  635 Mflops/w (7168)    <4040.00>
----------------------------------------------------------------------------


 このデータを見ると、第2位のTsubame2と第12位のTianhe-1A以外は、100Tflops以下の小振りな実験機のようなものであるので、いわゆる、運用が開始されている本格的大型システムそのものとしての電力効率という観点で考えた場合、Tsubame2とTianhe-1Aのデータは大変意味があるように思う。 この意味でTsubame2は2010年度の実質Green500の第1位と考えてよいと思う。

 2012年の先食い実験的データとして、第1位のBG/Qと第5位の「京」のデータは、どちらも最終的には20Pflopsとか10Pflopsといった巨大システムを目指しているわけで、今後の動向が注目される。
TubameやTianheのGPGPUタイプに対して、BG/Qや京はCPU‐Onlyタイプのシステムなので、来年現れるSandy-bridgeを含めて、アーキテクチャ的にも動向が注目される。

 第4位のNCSAの機械はTop500の第402位にランクされているシステムで、Tsubameと同じようなXeonとTeslaによるもので、Self-buildとなっており、この程度の規模の機械は、大学で自主製作可能である事を示している。




***追加 12/23/2010***

<2つのGRAPE-DRシステム間のデータは矛盾>

         Mflop/W           Total KW    推定Linpck性能
第2+位 1448.03MFlops/W  24.59KW   <35.61Tflops>
第345+位 86.26MFlops/W  450.40KW    <38.85Tflops>
  
 同じBoardや同じPC、同じInterconnect等を使って、しかも推定されるLinpack性能にたいした差が無い2システムに於いて、これだけ消費電力に差があるというのは信じ難い事である。

 そもそもこのGreen500のリストあるいはTop500のリストによれば、GRAPE-DRは別々の2システムが存在するらしいが、本来のプロジェクト目標であった2Pflopsが達成できないでいることを考えれば、当然、2つを合体して、より計算能力の高いシステムを組むべきであるのに、何故か別々の小システムとしてデータを送るというチグハグを行っているのである。
 まあ、実際には小システムが1つしかないのに、都合の良いデータを採るため、ノード・サイズ若干を変え、別々のシステムであるかのようにRequestしているのかも知れないが、それはルール違反であろう。

  
Posted by petaflops at 01:31Comments(0)TrackBack(0)

2010年11月28日

Green500騒動

 2010年11月24日、NikkeiBP社のTech-Onに ”スパコンの「省エネ性能」ランキングはIBM社が1位,集計データの不具合で日本勢には「幻の2位」も” という記事が載っていた。この記事は11月26日の日経新聞にも転載されていた。

 記事の主旨は「2010年11月度のGreen500の番付には誤りがあり、GRAPE-DRが第2位になるべきであるのに、未だに修正がなされていない」といったようなものである。


 確かに、事務処理上の手違いがあるのなら、早急に修正をすることが望ましいことはいうまでもない。

 ただし、記事の内容は、GRAPE-DR側だけの主張を根拠にしている様なので、Green500側の説明を待つ必要もあろうかと思う。
 Green500はTop500とは別のグループなので、現在のところでは、Top500が修正されたからといってGreen500が自動的に修正されねばならないというものではない。


 Green500もTop500も基本的には「同好の有志」によるボランタリ・ベースのリスト作成であり、参加者の良識と協力を前提にしているので、不具合をあげつらうより、締切り直前に訂正を連発するなどして、彼らがミスを起こしやすい状況を作らないように協力することが肝心であろう。
 

 Green500に関しては以前から指摘しているように、常識的に考えて、Interconnectが小さくて済む小システムの方が大システムより有利であるし、また、チップに関しても、高い可用性/信頼性や広範な機能を要求される汎用チップより、機能を絞った限定用途チップの方が電力演算効率上は有利である。
 また、計測においても電力量を調整する試みがしやすい小システムの方が有利であることも言うまでもない。
 そして、それらを捨象した単細胞的な順位付けは、場合によっては、誤ったメッセージを発信することにもなりかねないわけで、このあたりは、大いに検討すべき課題であろう。
  
 Green500は、まだ始まって3年ほどの歴史の浅い順位付けリストであり、検討課題の多いリストであることを認識したうえで、無いよりはましな参考程度のものとして、読者に誤解を与えないよう留意して報道すべきでものと思う。

 

<Green500が「予算規模より技術で比較」というのは可笑しな話>

 
 日経BPの当該記事のセクション見出しには「予算規模より技術で比較」という部分があり、「システムの規模,つまりは予算の規模が物をいうTOP500と異なり,Green500は技術の高さがよりストレートに反映されやすいランキングだといえる。」と解説しているが、これは可笑しな解説である。

 
 今回のTop500、Green500で明らかになったことは、「総演算性能が予算にはリンクしていない」という事である。第1位のTianhe-1Aや第3位のNabulaeは円換算で70-80億円程度と推定されており、第4位のTsubame2.0も4年のリース総額が32億円程度ということで、スパコンの調達価格がこれまでの常識では考えられないほど安価になったわけで、これはGPGPUの価格性能比によるところが大で、まさに、Top500にこそ価格を含めた技術の差がストレートに反映されることを示している。
   
 というより、総合的技術力の表出である今日のスパコンの技術的評価には、演算性能や消費電力だけでなく、設置面積(容積)、可用性、信頼性、保守性、価格など多方面にわたる評価が必要で、本来は、こうした各項目に対しての明示的な評価がなされる必要があるのである。しかし実際上は、歴史のある演算性能のTop500と、地球温暖化防止・省エネなどの世界的流れに載った電力効率のGreen500がメディアの注目を受けているのではあるが、決して電力効率に「技術の高さがよりストレートに反映される」わけでないことは言うまでもない。

  
 電力効率だけを追及するのなら、たとえば、Programabilityの機能レベルや、演算性能に直接関係しない可用性/信頼性、接続性などの機能レベルを落とし、その分を演算回路に廻せば、Green500向けの見かけ上の電力演算効率は上がることになる。

 しかし、反面、Production Systemとしては、汎用機の機能としての、適用範囲の広さや、Production Run環境下での長期間連続使用の耐久力などは、本質的機能であり、これらの機能低下は弊害の方が大きいわけで、単純により多くの演算能力だけを取るのか、目に見えない縁の下の力持ち機能を取るのかは、技術力の問題ではなく、要求仕様の問題ということになる。

 また、前述のように、電力測定の方法論による可能性も大いにある。

 従って、単純に「Green500は技術の高さがよりストレートに反映されやすい」というわけではないことは自明であろう。

 


<GRAPE-DRは既に終わった話>


 今回の発端はGRAPE-DRの事らしいが、率直なところ、Grape-DRは、Green500で一位になろうと二位になろうと、”So what"、世界のスパコン業界には関係ない、もう終わった話ということである。技術的に国内外のメーカーがGRAPE-DRから取り入れなければならないような省エネ技術は無いだろうということである。

 要するに、ボードの価格や性能やサイズ、PCへの装着形態とパッケージング、ラック性能、拡張可能なシステム・サイズ、設置面積、可用性/信頼性、保守性、等々に加え、ソフトウェア・サポートのレベルやボードの後継プラン、等々の将来性なども含めて、nVIDIAやATIのGPGPUとは余りに差がありすぎ、もう終わっているということなのである。


 端的に言うと、下の写真1と写真2を見れば一目瞭然、写真1全体での性能が写真2の1ラックの性能といい勝負という事で、そもそも考えている品質レベルが全く違うということで、いくら電力効率が良かったとしても、世界の研究者が調達したくなるようなレベルのものではなく、市販のGPGPUで手軽に事足りるうえ、GPGPUには一応Follow-on Planもあり安心と言うことである。

 従って、GRAPE-DRは終わった話としかいいようがなく、まあ、今回のGreen500の件は、敗戦処理の一環の作業ということであろう。


Grape-dr-itechdiary-com









写真1 GRAPE-DR (NikkeiBP 2010-Jul-8) 
http://techon.nikkeibp.co.jp/english/NEWS_EN/20100708/184077/

Tsubame2












        写真2 Tsubame2.0

  
Posted by petaflops at 22:20Comments(0)TrackBack(0)