2011年06月22日

スパコンTop500 2011-06、国内site (2/2)

(入力文字総量制限による 2/2)


<2011 ISC11  Top500 国内Site    その2>


順位       Site        System                                                                   RmaxTF

224        Service Provider  xSeries x3650M3, Xeon

                            X56xx 2.53 GHz, GigE                                               54.84

                        IBM      

225        Service Provider  xSeries x3650M3, Xeon

                            X56xx 2.53 GHz, GigE                                               54.84

                        IBM      

226        Service Provider  xSeries x3650M3, Xeon

                            X56xx 2.53 GHz, GigE                                               54.84

                        IBM      

229        東大 ヒトゲノムセンター  SunBlade x6250, Xeon E5450

                            3GHz Infiniband                                                        54.21

                        Oracle   

290        気象研究所 (MRI)           Hitachi SR16000 Model L2/121,

                            Power6 4.7Ghz, Infiniband                                        51.21

                        Hitachi 

307        京大 T2K           Fujitsu Cluster HX600, Opteron

                            Quad Core, 2.3 GHz, Infiniband                                50.51

                        Fujitsu 

310        九大       PRIMERGY RX200 S6, Xeon

                            X5670 2.93 GHz, Infiniband QDR                             50.19

                        Fujitsu 

429        長崎大    DEGIMA Cluster, Intel i5,

                            ATI Radeon GPU, Infiniband QDR                            42.83

                        Self-made           

430        電力中央研究所    SGI Altix ICE 8200EX,

                            Xeon X5560 quad core 2.8 GHz                                 42.69

                        SGI       

431        物性研    SGI Altix ICE 8200EX,Xeon

                            X5560 quad core 2.8 GHz                                          42.69

                        SGI       

  

Posted by petaflops at 12:05Comments(0)TrackBack(0)

スパコンTop500 2011-06、国内site (1/2)

(文字総量制限による その2)


<2011 ISC11 Top500  国内Site>

順位       Site        System                                                               RmaxTF


1           
理研       AICS K-Computer          K computer,

                            SPARC64 VIIIfx 2.0GHz, Tofu interconnect            8162

                        Fujitsu 

5            東工大    TSUBAME2 HP ProLiant SL390s G7

                            Xeon 6C X5670, Nvidia GPU, Linux/Windows          1192

                          NEC/HP             

38          原研       BX900 Xeon X5570 2.93GHz ,

                            Infiniband QDR                                                       191.4

                        Fujitsu 

48          東大固体物理研    SGI Altix ICE 8400EX Xeon

                            X5570 4-core 2.93 GHz, Infiniband                           161.8

                        SGI       

67          海洋研機構           ES-2      SX-9/E/1280M160                          122.4

                          NEC     

72          JAXA     Fujitsu FX1, Quadcore SPARC64 VII

                            2.52 GHz, Infiniband DDR                                        110.6

                        Fujitsu 

83          東大情技センター T2K    Hitachi opteron QC 2.3 GHz

                            Myrinet 10G                                                             101.74

                        Hitachi 

88          理研 RICC         RIKEN Intergrated Cluster of Clusters,

                            Xeon X5570 2.93GHz, Infiniband DDR                     97.94

                        Fujitsu 

118        筑波大 T2K       Appro Xtreme-X3 Server

                            Quad Opteron Quad Core 2.3 GHz, Infiniband          77.28

                        Appro International         

126        国立環境研           Asterism ID318, Intel Xeon E5530,

                            NVIDIA C2050, Infiniband                                        75.35

                        NSSOL / SGI Japan        

127        民間 Telcom       HP DL160 Cluster G6, Xeon

                            X5650 2.66 GHz, GigE                                               74.74

                        Hewlett-Packard

131        基礎物理学研       Hitachi SR16000 Model XM1/108,

                           Power7 3.3Ghz, Infiniband                                         73.35

                        Hitachi 

162        民間 経済研       xSeries x3650M3, Xeon X56xx

                            2.66 GHz, GigE                                                          65.59

                        IBM      

168        Service Provider  xSeries x3650M2 Cluster, Xeon QC

                            E55xx 2.26 Ghz, GigE                                                64.6

                        IBM      

196        核融合研              Hitachi SR16000 Model L2/128,

                            Power6 4.7Ghz, Infiniband                                        56.65

                        Hitachi 

  
Posted by petaflops at 11:55Comments(0)TrackBack(0)

2011年06月21日

スパコンTop500 2011-06、国別シェアなど

2011年6月20日、ドイツのHamburgで行われているISC11で2011年6月の第37版のSupercomputer Top500が発表された。



<2011-6 ISC11 Top10>


順位       Site & System          Linpack 理論性能 効率  消費電力
                               TF    TF           MW
1<K-Computer> 日本 理研           8162   8773.6   93.0%  9.90
   SPARC-Ⅷfx 2.0GHz Intercon TOFU
2 <Tianhe-1A> 中国 NUDT in Tianjin    2566.0  4701.0   54.6%  4.04
   X5670 2.93Ghz NVIDIA C2050          
3 <Jaguar> 米 ORNL               1759.0  2331.0   75.5%  6.95
     Cray XT5-HE Opteron 6-core 2.6G  
4 <Nabulae> 中国 Shenzhen SC        1271.0  2984.3   42.6%  2.55
    Dawning TC3600, X5650, NVIDIA C2050  
5 <Tsubame2.0> 日本 東工大         1192.0  2287.6   52.1%  1.34
       HP SL390s X5670, Nvidia C2050
6<Cielo> 米 LANL/SNL             1110.0  1365.8   81.3%  4.0
        Cray XE6 Opteron 8core 2.4 GHz
7<Pleiades-Altix ICE8200EX/8400EX     1088.0  1315.3   82.7%  4.1
        Xeon 5570/5670 2.93GHz
8 <Hopper> 米 LBNL/NERSC         1054.0  1288.6   81.8%  2.93
       Cray XE6 opteron 12core 2.1 GHz      
9 Energy and Atomic Commission(CEA) 仏 1050.0  1254.6   83.7%  4.6
      Bull S6010/S6030、Xeon    
10 <Roadrunner> 米 LANL           1042.0  1375.8   75.7%  2.3
       IBM QS22/LS21, PowerXCell 8i           




・新規Top10入りは
  第1位の理研のK-computer
  第6位の米LANLのCielo
  第7位の米NASA-AMESのPleiadis
  である。


・Linpack性能的には 10位までがPeta越えである。参考までに第500位は40.19Tflopsである.


・毎年、米国勢は11月のSCを目指すため、6月のドイツでのISCには照準はあっていない。逆に、日本は3月が会計年度末で、この3月に駆け込みが増える傾向にあり、地球シミュレータが第1位になったのも6月のISCであったように記憶している。


・今年の年初メモ
http://blog.livedoor.jp/petaflops/archives/51540763.html
に書いたが、
「 <国内>
 ・京が筐体の出荷をスケジュールどうりにこなし、Blue WatersやBG/Q、或いは中国などの動きが無ければ、この6月のISC11で京が Top1になる可能性は残されている。11月のSC11ではBlue WatersやBG/Qが来るのでまず無理。」
ということで、予測の付く話であったが、現実にそうなってみると、それはそれで、感慨深いものがある。


・つまり、激戦の11月のSCを避け、6月のISCを狙ったのは、作戦勝ちであったと思うが、切った張ったの、タイミングを狙った、1番2番の話はともかく、本質的には、Rack集積度が悪く、膨大なRack数が必要なSPARC-VIIIは、コスト的に、とてもIntel系のCPUには太刀打ちできないわけで、投資効果の観点からは、意味がないもの、としかいいようがないのは残念。


・今回の話題は理研のK-Computerであるが、年度という単位でみると、11月のSCを待たないと、年度の第1位をKeepできるかどうかは判らない。


K-cmputerのLinapck効率の93.0%は、驚くに値する性能で、このサイズの超並列で、この数値は賞賛に値する。 




 
<2011-6 ISC11   国別>

 
 国名  Linpack   %    台数   %   
         Tflops      
1 米   25280.4  42.9%   256   51.2%   
2 日   11182.2  19.0%    26   5.2%   
3 中    7176.5  12.2%   62   12.4%   
4 独    3242.1   5.5%    30   6.0%   
5 仏    3180.7   5.4%    25   5.0%   
6 英    1872.1   3.2%    27   5.4%   
7 露    1341.6   2.3%    12   2.4%   
8 韓     907.6   1.5%    3 0.  6%   
9 カナダ   640.1  1.1%    8    1.6%   
10 瑞典   489.5  0.8%    5    1.0%   
 その他  3563.4   6.1%    46    9.2%   
 Totals  58876.4  100.0%  500   100.0% 


<今後、記事内容を追加いたしますが、今日はここまで>


  
Posted by petaflops at 00:47Comments(0)TrackBack(0)

2011年03月08日

最近の落札公示から (Nov/2010.~Feb/2011)

 2010年10月12日のTSUBAME2.0以降、2011年2月末までに公示された、文科省関連のスパコン落札は5件ほどある。 以下に概要を落札公示日順に拾い出す。

1.公示日2010年12月21日
   名大 素粒子宇宙起源研究機構  高性能計算機システム  

  落札:  NEC (H22/9/30)
  購入:
  落札額: ¥1億6377万3225円 
  性能:   資料招請時の概要仕様にも具体的数値の記述はなし

  ・ノーベル物理学賞を受賞した益川・小林両氏を記念した新設の研究機構。
  ・今回落札したスパコンの具体的詳細は一般には公表されていない。
  ・運用開始の2011年3月2日の新聞報道
    -性能:1秒間に60兆回(つまり60Tflops)
    -171台のスパコン(ノードの意味か?)
    -費用は文科省の全額補助
  ・60Tflopsとすると、Tflops単価は270万円程度なので、CPU+GPGPU 型か?
  ・ORNLのJaguar後継の20Pflops機Titanは$100Mとか
          ・・・Tflops 単価は50万円くらい・・・
  ・東工大よりは高めなのはCPU対GPUの比率が違うからかな?(CPU+GPU型だとして)
  ・名大のセンター設置のスパコンと同程度の性能のような・・・・
  ・兄貴分の京大の基礎物理学研究所は昨年日立の90Tflopsを導入している。


2.公示日2010年12月21日
   東北大 流体科学研 次世代融合研究システム

  落札:    日本SGI (H22/9/30)
  借入期間: H23/4/01-H29/3/31  (6年)
  借入総額: ¥46億3666万6650円  (月額¥6439万8148円) 
  資料招請時の要求性能:
          Scalar A: 3.5Tflops以上
            Scalar B: 1.8Tflops以上
           Vector  : 1.5Tflops以上
          融合Interface Server: 230Gflops、Mem768GB、共有64GB
          3次可視化Server: 80Gflops、Mem192GB、共有24GB
   落札後の日本SGIの発表(2010年12月14日)
          -SGI Altix UV 1000    CPU Intel Xeon 7500番台
              32Tflops       (現行機種性能の4倍)
              総メモリ容量      10TB
              総ディスク容量     2.4PB
              グローバル共有メモリ 最大4TB
          -3次元可視化システムのアップグレード
          -3次元可視化サーバー、マルチスクリーン立体視システムの導入・構築 

   ・資料招請時の要求仕様(3システム)は落札時には1システムに統合された模様。
   ・Vector機要求は消滅?
   ・それにしても、今日この頃のスパコン相場からすると高すぎないか?
   ・東北大サイバーサイエンス・センターはVector3.2Tflops、Scalar1.5Tflopsだったかな
   ・日本SGIはNECの子会社
     (ただし最近、NECの持ち株分は米SGIへ売却との報道あり)


3.公示日2011年01月04日
   京大 数理解析研  電子計算機システム

  落札:    富士通  (H22/11/01)
  借入期間: H23/3/01-H28/2/28 (5年)
  借入月額: ¥184万4850円     (総額¥1億1069万1000円)
  性能:    資料招請時の概要仕様にも具体的数値の記述は無し
  参考:    京大基礎物理学研の場合、月額1070.6万円、期間5年、90Tflops(日立)

  ・要求性能がわからないので、落札金額だけからでは内容は良く判らない
  ・価格から推測すると基礎物理学研究所の1/5ぐらいの性能?


4.公示日2011年02月14日
   九大 情報基盤センター  スーパーコンピュータ

  落札:    富士通 (H22/11/01)
  借入期間: H23/6/01-H24/3/31 (10ヶ月)
  借入月額: ¥2100万円       (総額¥2億1000万円)
  資料招請時の要求性能:
               500Tflops以上、MainMem150TB以上
  落札性能: 不明

  ・大変奇妙な入札。500Tflopsの大型機を新規に10ヶ月間だけ借りるというのは奇妙。
  ・落札したほうも、中古とか「わけあり」機械とかでなければ、中途半端。(¥42万/Tflops)
  ・お遊びにしては総額2億円というのは如何なものか。


5.公示日2011年02月21日
   KEK (高エネルギー研究機構)  スーパーコンピュータシステム

  落札:    日立 (H22・12・24)
  借入期間: H23/6/01-H28/12/31   (5年6ヶ月=66ヶ月)
  借入総額: ¥35億1216万9990万円  (月額¥5321万4697円)
  資料招請時の要求性能:
               以下の現有スパコン群の10倍以上 (合計約600Tflops以上)
           -日立 SR11000-K1      2.15Tflops
                    -IBM BG/L 10Cabinet   57.3Tflops
  落札性能: 不明  

  ・注目点はBG系かその他か。 BG系であれば、BG/PなのかBG/Qなのかという点
     -要求573Tflops: BG/Pだと42Cabinets、BG/Qだと3Cabinets程度
  ・正式発表発売前のBG/Qを「今年6月に日本に」というのは時期的に難しいのでは。
  ・BG/Pだと42Cabinets分のスペースや、電力の問題などがある。
  ・価格: 米国内では573Tflopsは、BG/Pでは$57M前後?
              BG/Qは$6M? (20Pflops Sequoia $200M程度のはず)
  ・落札総額からして BG/Pの在庫一掃セールもどきで、通常の半値とすると、概ね符合するのでは?

 

  
Posted by petaflops at 23:09Comments(0)TrackBack(0)

2011年02月25日

2010決算 <Cray:$15Mの黒>、<SGI:$88.5Mの赤>

 どういうわけか、余りCrayとかSGIといったHPC関係の中堅企業の決算状況は注目されることが少ないように思うので、とりあえず、売上と利益の履歴をメモしておこうと思う。

<Cray>
 2011年2月16日、Cray Inc.は2010年度の決算を発表した。売上$319.4M(約268億円、$Y84)、利益$15.1M(約12.7億円)とのこと。Peter Ungaroが社長に就任したのは2005年3月なので、Ungaroにとっては就任5年にしてやっと黒字達成ということである。

Cray Inc.の決算履歴 (単位$M)

年度  2010   2009   2008   2007  2006   2005
売上  319.1  284.0   282.9  186.2  221.0  201.0  
利益    15.1  -0.6     -40.7   -5.7   -12.1   -64.3

 現在のCray Inc.はTera Computerが2000年にSGIのCray Divisionを買収し、自社名をCray Inc.に変更した会社である。x86CPUベースのスパコンが主体の今日のCray Inc.はブランド名を除くとVector機のCray Research Inc.(CRI)とは関係のない会社といってよいであろう。 

 そもそもSGIのCray Divisionは、SGIがHPC進出の足がかりとして、日本メーカーの進出で経営不振に陥ってしまったCRIを1996年に$750Mで買収したもので、SGIのAltix,NUMALinkなどはCRIから移ってきたEngineersによって開発されたものといわれている。しかしブランドの利用価値は低下し、SGIはCray Divisionを2000年にTera Comuterに$42.5M(当初は$35Mといわれていた)で売却してしまったわけである。

 因みにSGI自身はその後の2006年に民事再生法(連邦倒産法11項)の適用を受け、更に、2009年に再度民事再生法の適用を受け、Rackable Computerに資産を売り渡す事になってしまった。買ったRackableは、Tera ComputerのCrayの場合と同じ様に、自身の名称をSGIに変更し、SGIの名称は存続することになったわけである。

 さて、Crayの売上規模は、表には入れていないが2000年度が$118Mであったので、10年後の2010年で約3倍程度になっているが、利益は2000年以来、赤字基調が連綿と続いているようで、黒字になったのは2002年度の$5M、2003年度の$63Mの2回だけであり、逆に2004年には$207Mの大赤字の記録があったりで、2010年度のバランスシートには累積赤字$418Mが計上されている。

 2011年の見通しは、XE6が好調で、売上:$320M-$340M、収益:Profitable(黒字)、としている。

 
<SGI>
 SGIのFY(会計年度)は前年7月から当年6月までなので、2010年度の決算は2009年7月から2010年6月までで、2010年度決算は昨年8月に発表されている。2011年度の2Qまでの結果は2011年2月に発表されている。
 現SGIは、2009年にChapter11の再適用を受けた旧SGIをRackable Systemsが$42.5Mで買収し、自社の名称をSGIに変更したものである。RackableのFYはCYと同じであったが、買収後のSGIはFYを7月ー6月に変更したため、2009年度の決算はわかりにくくなっており、下記の表には数値を入れていない。

 現SGIの売上規模はRackable+旧SGIという事で増えてはいるが、収益も赤が合算された格好で、厳しい状況にある。しかし、FY2011の見通しは、合併効果が発揮され、売上$550M-$575M、収益はBreakevenに回復の見込み、と発表されており、事実FY2011/1Q2Q(2010/7-12)の中間結果は見通しに近い結果を達成している。

SGIの決算履歴 (単位$M)
      SGI     SGI     SGI/Rackable    Rackable
年度 2011-1Q2Q  2010      2009        2008    2007 
売上     290.4    403.7     ―        247.4   350.7
利益    -0.25    -88.5       ―        -54.2   -69.6



 何れにせよ、HPCに主力を置いた中堅企業のCray やSGIの決算状況は、売上規模的には500億円以下で、収益的にはBreakeven程度で、ルンルンの黒字会社というより、かなり低空飛行で、どちらかというと赤字基調の、厳しい経営を強いられているらしいことが判る。

  
Posted by petaflops at 01:02Comments(0)TrackBack(0)