2010年10月05日

成田は厳しいな

成田空港、格安航空会社誘致に本腰 着陸料など課題
成田国際空港会社(NAA)が格安航空会社(LCC)の誘致を進めている。同社の森中小三郎社長は、ロンドンで開かれた世界のLCCが集まる会議に初めて出席。多数の乗り入れ希望の感触を得られたという。しかし、LCCはコストに厳しく、着陸料や空港の使用料の割引などの企業努力が必要となる。  LCCの世界会議は9月28〜30日に開かれ、約90の航空会社が参加。森中社長によると、アジアやヨーロッパのLCC13社が成田空港への就航を希望した。12月から羽田空港に就航するマレーシアのLCC・エアアジアXからも、「明日ゴー(サイン)が出れば明後日にでも乗り入れたい」との強い希望があったという。
LCCにどんどん参入して欲しいのは山々だが、成田はどうなんだろう?
まず着陸料が高い。
夜間は空港が閉鎖されるので、夜間早朝に活発になるLCCの場合成田に併せた運行スケジュールを作ったとしても少し遅れただけで成田に到着不可能とかになる。
で夜遅い出発便がちょっとでもディレイしたら「はい今日はここまで、また明日」とかになり、駐機料も跳ね上がる。

NAAの社長は着陸料の見直しを考えているが、LCCを優遇したら既存の大手が黙っちゃいない。
かなり上手く立ち回らないと成田空港の存在自体が疑問符になる。

利用者としては、安くて便利であれば成田でも羽田でも茨城でもどこでもいい。

petermikata at 16:06│Comments(0)TrackBack(1) ニュース 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 役立つブログまとめ(ブログ意見集): オープンスカイを推進 by Good↑or Bad↓  [ 役立つブログまとめ(ブログ意見集)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ ]   2010年10月14日 23:24
「オープンスカイを推進」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔