Peter Motzのオージー生活☆

Peterのブログへようこそ! オーストラリアの生活経験あり(現在日本在住)のPeterが、時々突発的かつ、ふと何かを思いついたかの様に書きなぐるブログですw 5年前のブログブーム時には毎日更新、と意気満々だったんですけど、現在は管理人の気の向くまま更新となっておりますww 時々ですけど、覗いてみてはいかがでしょうか〜(*^_^*)

追悼。

10649692.JPG

人はやがて死ぬ。
当たり前のことだけど、実際その時になったら、そんな当たり前の事も受け入れるのは苦しい。

その人に出会って、その人との思い出が出来て。
その思い出は、やがて大きくなりその人との関係性を増幅させる。

このブログにかつて一番登場してくれた、papaさん(ただいまさん)が、おととい55歳という若さでこの世を去った。
ピーターの渡豪を誰よりも後押ししてくれたpapaさん。

papaさんとオイラの出会いは、2004年にさかのぼる。
あれはオイラがオーストラリアへの移住を目指して、週8日働いていた(夜勤明けでそのまま昼勤務)頃、家電量販店でパソコンやネット回線を販売するバイトをしていた時にだった。
屈託のない笑顔と研ぎ澄まされたジョークで、オイラの夜勤明けのバイトに楽しみをもたせてくれたのがpapaさん。30時間ぶっ通しで働いても眠くならないぐらい、papaさんは私にアドレナリンを分泌させて続けてくれた。
あれほど仕事が楽しかった時期は、今も昔もあの時が最高だった。

オーストラリア移住という夢に共感してくれ、仕事終わりにはよく飲みに連れて行ってくれた。

楽しかった。

移住計画を話してからはもっと距離が近くなり、20歳も歳が離れているのに友人の様に親しくなった。

あの時みんなに掛け合って買ってくれた当時最新のiPodは、今も私と家内の思い出の音楽を流してくれている。あのiPodの曲を聴くたび、オーストラリアの生活が思い出される、そんな素晴らしいギフトをいただいた。

本当にお世話になった。

シナリオライターという職業柄、安定したとはかけ離れた生活のようだったが、それでもいつも前向きで、いつも明るくみんなを励ましてくれる、そんな偉大な大先輩が、おととい亡くなったと聞いて、本当に力が抜けた。

こんなに世話になっておいて、恩返しをする前に逝ってしまうなんて、あまりにも寂しくないですか。

それでもやっぱり、天国でもカメラ片手に走り回ってるだろうpapaさんの姿を想像しながら、ご安息とご冥福を祈ります。

これまで本当に、ありがとうございました!

追悼。



34。

新芽の色が好きだ。
あの緑々しい、いかにも自分が新しいものだと誇張せんばかりの薄い緑、黄緑色とはまた少しニュアンスの違う綺麗な色合いは、みているだけで興奮を呼び起こす。
なが〜い、なが〜い、特に今年はとても寒い冬を越えてなんともフレッシュな春がやってきて、ピーターもなんと34になってしまったのである。今日で。

34って、本当におっさん、ってイメージ持ってたんすけど‥

とりあえず、HAPPY BIRTHDAY、俺。

5年前、愛するワイフと入籍したよな〜。

10年前は、オーストラリア移住のために週7日働きまくってたよな〜。

15年前、大学に入ってバイクの免許を取得して、大阪から東京まで夜通し12時間ブタ走ったよな〜汗

20年前、始めての彼女が出来たけど、手も繋げず話すこともできないシャイボーイだったよな〜笑

振り返ってみると人生っていろいろあるのよね〜^_^



今日から来年の昨日まで、プレゼント受け付けていますのでどしどし!
↓↓こちらのアドレスまで!image

マレーシア航空墜落!?

image

今日のYahooニュース見て衝撃!
クアラルンプール初北京行きのマレーシア航空ボーイング777がベトナム領海内で墜落!?

〜抜粋〜
【3月8日 AFP】マレーシア航空(Malaysia Airlines)は8日、乗員・乗客合わせて239人を乗せて中国・北京(Beijing)に向かっていた同社の航空機と管制塔との交信が途絶えていることを明らかにした。

 同社の声明によると、マレーシアの首都クアラルンプール(Kuala Lumpur)を出発したMH370便は8日午前2時40分(日本時間同日午前3時40分)ごろ以降、消息を絶っている。乗客227人、乗員12人が搭乗している。(c)AFP

〜抜粋終〜

マジすか…。
ついこないだ乗ったマレーシア航空でっせ…。
まだ墜落したかと確認できたわけではないですが…、交信途絶えてる時点でやばいっすよ…。
ピーターは、仕事柄飛行機に結構頻繁にのりますんで、こんなニュースは他人事ではありません!

なんとか海水に不時着して避難ボートで皆助けを待ってる…ってなシナリオにならんですかね?!

また飛行機乗りたくなくなるやん!

マレーシア航空さん、頼みまっせ!
最近LCCが増えて競争により赤字続きだったそうだし…。

とりあえず皆の無事を祈ります!

オーストラリアのパスタ!

オーストラリアから帰国して早2ヶ月。
歳を取ると時が経つのが速い!っとよくいわれてたけど、ホントウだ…。

オーストへの滞在は短かったけど、その間に現地の良いものを山ほど仕入れて来たよ。
ピーターは食べるのが大好きなんで、食へのこだわりは人一倍!

今日はオーストラリアで買ってきたパスタを、妻がクリームパスタにしてくれまして。

image
写真のフェタチー二(パスタにも色々種類があってね)を下のように美味しく料理してくれました。


image


これがまた、さぬきうどんのようなコシがあって歯ごたえバッチリ!!


えっ!茹で時間が少々短かったんでわ!?って?

いいえ、これが "コシ" です 怒

皆さんもオーストラリア滞在機会があれば、写真のブランドをお勧めしますよ〜^_^

なんせパスタはオーストラリアの国食ですから!!

家族も帰国。

image

オーストラリアから帰国してはや二週間。
時の流れは早いものだと実感する暇もなく、我が家族もおととい無事帰国しました。

オーストラリアの家はとても広く、それに比べて日本の我が家はせまいのはお国柄?なんですが、まだ3歳の娘は、兎にも角にも素直さが売りで 笑

「なんで日本の家は小さいの?」

っとショックな発言を次から次へと 汗

別に悪気があるのでわなかとですが‥
説明に困る!

お父さんはもっと頑張らないと!



それよりなにより、オーストラリアに行って帰ってきてとてもびっくりしたのが、1歳6ヶ月になった下の息子がトイレを覚えたことですな((((;゚Д゚)))))))。

親バカですが、メッチャ早いんちゃう!?なんて 笑
ウチの娘でも2歳になってからだったので‥


オーストにいる間はしなかったらしいが、帰ってきてまもなく、自分でサインを出すようになり、自主的にトイレへ向かうように‥

お父さん感動!!

ナンバー1,2も両方(オーストラリアで大、小をこう呼ぶ)教えてくれるようになったのです!

これぞオージー効果!?

自由な大地で寛容に育てた効果ですな!!(因果関係は不明 笑)

とにかく家族みんなが揃って幸せ感いっぱいのピーターです。

また次回の渡豪にむけて頑張ろ〜!

ヒート!

我が家族はいまだオーストラリアでのバカンス^_^(古い?)でうらやましったらありゃしないピーター。

まだまだオーストに居たかった!!っと未練タラタラですが、男は黙って仕事だ!!

ってことで先週は一挙に北半球の韓国、ソウルへ出張。

マイナス14℃‥orz

この二国間の温度差は実に47℃でっせ!!

3日でこの温度差はきつい‥。
天国と地獄ですやん!

気温といえば、今日のアデレードの気温は45℃まで上がったらしい。
今日という日で世界で一番暑い都市になったとニュースで言ってた。
オーストラリアの気温は高すぎる。

おとといは史上2番目の45.7℃を記録したとか。
アデレードにいる我が家族は大丈夫か!?

まっ、早く帰ってこい!と言う良い理由になりますな〜。

えっ?!家族がそんなに恋しいのかって?


もちろん!
西日本一愛妻家(自称)のピーターは家族が早く帰ってこないと寂しくて呑みに走ってしまうのです。

独身生活も満喫できているので一長一短ですな〜。

image

写真は帰国の日に子ども達と遊んだST.KILDAのアドベンチャー・プレイグラウンド。
子ども達が喜んでくれて本当によかった。
また行きたいや〜(^∇^)

あっとい馬に。

4年ぶりのオージー生活、終了!!

短すぎひん?!

あまりにも早送りすぎひん?!


一週間ってなんてこんなに早いの?!

まさか、一年でピーターが渡豪したこの一週間だけ早送りされたとか??


そんぐらいすぐにオワタ‥。
どうしよう‥。

まだビキニの美女とビーチでワインも飲んでないのに‥

コアラにもカンガルーにも会ってないのに‥。

神様、時間を巻き戻してください!!(真剣)

そんぐらい速かった〜。

風邪で寝込んでたからもあるやろな〜。
気合い入りすぎたんやろな〜。

でも色々行って来たんで、またアップしますね〜^_^

今週来週は独身生活なので色々と忙しいのです。

でわ!!

image

豪州にて新年。

image

新年あけましておめでとうございます!
2013年もあっという間に終わり、2014ねんになっちゃいました!

新年をオーストラリアで迎えるのは2006年以来の実に7年ぶり!!?

暖かくて乾燥しているこのアデレード特有の気候は実に過ごしやすく、我らの子ども2人と親戚の子どもと3人で毎日エキサイティングな日々を過ごしております、はい。

当のピーターモッツ御歳33歳は、年末の仕事の忙しさから休みなしでオーストラリアに突入した為、昨日から無理が祟って40度の高熱でダウン!

こどもか!!笑

っとツッコミたくなる自己管理能力で、昨日は母上に看病してもらう始末‥_| ̄|○

今日もカニ釣りにいく予定をキャンセルせざるをえず、少し小休止中です。

明日からはバリバリいきますんでそこんとこよろしく!!

写真はグレネルグJETTY からの風景。

ここの風景はピーターとワイフには特別は風景で、2005年の渡豪時に空港を降りてすぐにたどり着いた場所なんです。

その後今のワイフと出会った後、当時付き合う前だったワイフがワイフの親友にピーターを紹介したのもこのジェッティー。

感慨深い場所で7年ぶりに会う友達との再開もあり、涙腺緩みっぱなしのピーターです。

ほんと懐かしい!

COLES。

image
久々の豪州。
8年前と何ら変わらないアデレードがそこに。
親戚の家に泊めてもらって子ども達もただ楽しそう。
COLESの30ドルスーパーで買い物したら昭和シェル^_^(豪州では昭和はつかんか‥汗)でガソリン4セント/ℓのディスカウントは健在どころか、100ドル以上購入で20セント/ℓにパワーアップしてたし、KFC のチキンは日本と比べものにならないぐらいうまいのも変わってない!

物価は日本より高いのは否めないが、短期滞在なので良しとしよう。

とにかく懐かしい!の連発で興奮状態のピーターでした。
我が子達もたくさんのおもちゃに広い家でかなりの興奮状態に。
夜中まで起きて大変でした。

あした?はホームタウンのグレネルグへ友人と再開しにいく予定。

あぁ〜〜〜、寝る暇ねぇ!!

オーストラリア到着!5

image

てな感じで!?、あっという間にオーストラリア到着!
ピーターがオージー生活をしていた頃から7年、最後の滞在から実に4年半ぶりの豪州訪問。
移動は疲れたけど、娘の強い押しもありそのまま休まずに海近くの公園へ。

久々のアデレードの町並みも、ラウンドアバウト(豪州の小さな交差点は大体信号がなく時計回りの丸い交差点になっている)も全てが懐かしい!

これからちょっとづつ最新アデレードをアップして行きますよ〜!

グッデイ、マイドimage!(関西人?!)

オーストラリアでしたいこと4

34261ae2.JPG

きっと君はこ〜な〜い〜♬

ビールで海パンのクリスマスイブ!〜♩

っとぉ!!


さぁ、ピーターの4年半ぶりの渡豪もいよいよあと一週間!!

ワクワクして参りました!!

キャーキャーーー!(≧∇≦)


エキサイティッド!!(上原ジュニア風)

な今日この頃。
こんなに楽しみにしてるのに、オーストに着いたらあっ!と言う間に終わっちゃうんだろうな〜なんてしんみりなんかしちゃって‥。

現在オーストラリア、アデレードの気温はなんと40℃。

暑すぎやん‥。
ピーターのビールっ腹丸出しで海パンだけでいいすか!?
プールで一日過ごしてもイイッスか?!

200メートル毎にアイスクリームを食べていたメルボルンの街を思い出す暑さなんですな〜

それでもピーターのテンションは下がることをしらず、毎日どこに行こうか考え中。

オーストラリアと言えば海なんで、以前に住んでたグレネルグビーチ辺りに出没しようかと。

夕陽を眺めながら、ビーチを散歩。
道行く人達はHELLO!って声をかけてくれる。

大阪湾とは全然ちがぁ〜う海に浸ってきますわ〜。

えっ!サメと格闘はどうしたって?


まぁ、成り行きで(笑)
やってきますよ、期待に答えて!!

ビビってなんかいません。

えっ!カンガルーとのボクシングは?って?

スマン、トレーニング不足や!



写真みたいな夕陽が広がるのも西海岸のアデレード。

楽しみで仕方がない、ピーター一家であります!

ホールデン。3

オーストラリアは列記とした車社会。
日本の22倍もある国土に、日本の6分の1の人口しか住んでなくて、街は広く交通機関はこの上なく未発達。
だから車は手放せない。

ピーターの豪州時代の愛車はロザーナ7号だったけど、友達のシーナの車はホールデンのコモドアだった。みんなボロボロでレトロな車を転がしながら、旅を楽しんでいたっけ。

ホールデンはアメリカのゼネラルモータース傘下のオーストラリアブランドの車。
オーストラリア唯一の国産車。

そのホールデンが先日、2017年までにSA州とVIC州にある工場での生産を撤退すると発表した。

そもそもホールデンは赤字続きの会社で、ここ何年もオーストラリアの車産業を守るために政府から赤字の補填をしてもらいながらの経営だったのだが、現在の首相であるアボット氏が援助を打ち切る発言をし、閉鎖へと一気に話が向かったのである。

大きな理由は二つ。

1. オーストラリアの市場の小ささ。
人口も少なく、オーストラリア全体での新車販売台数は年間110万台程。
そのうちホールデンはシェア10%程度とそこそこ人気はあるのだが、オーストラリアの市場が小さくこの程度の生産台数ではコストに見合わないとのこと。
日本が年間990万台だから、規模は10分の1しかないんだね。

2. 労働賃金が高い。
オーストラリアは世界有数の人件費高の国。
資源と観光で勢いのあった国だから、インフレとともに最低賃金も上げに上げて行った。
ピーターが生活をしていた2007年も、実に2度ほど最低賃金が改定、上昇してピーターのふところを潤せてくれたなぁ。
でもその人件費は半端なくて、最低賃金で比較しても日本の2倍以上!
倍返し!だね。

そんなこんなでオーストの車生産はコストに見合わず、ずっと国の保護政策に守られてきたんですが、ここ数年続くオーストの不景気にアボット氏もしびれを切らしてしまった様子。

不動産価格は下がり、不景気リセッションのため金利は下落中。

なんとか頑張って復活してもらいたいけど、こんなニュースを聞くと悲しくなるなぁ。

頑張れ、オーストラリア!
image

オーストラリアでしたい事

とりあえず、今思いつくことで言えば、食っ!かな笑

ピザ食べたいし、日本の'とろけるカレー' 持って行って、これでもかっ!ていうぐらいオージービーフをふんだんにほりこんだピーター特製カレーを堪能しようかと。

これがまたうまいんだなっ!!

日本では高くて使えないビーフがたくさん使えるんでっせ!

ほんで、地ワインと共にいただく。


今から楽しみです!

ちょっとした余裕。4

image
ビーターがオーストラリアにいたのが2005年から2007年。

ビザの配達、イタリアンレストランのアシスタントシェフ、ファーマー、学校の教育係と、様々な仕事をしたんだけど、いつもココロに余裕がなかった。

やっぱり定住することと、ワーホリで生活費を補う為の仕事をすることは、個人的にも社会的にも全く位置づけが違う。

常にパートタイマーとしての世話しさと金銭的な余裕のなさが、さらに生活を粗悪にしていたんだと、今ようやく思う。

ろくでもないオージーが、市民権があるというだけで自分より良い仕事についているのも正直しゃくに触ったが、ピーターに肝心のシチズンシップがないのだから仕方がなかった。

日本に帰る選択をして、貿易の仕事を経験して、今はニッチな世界で充分な市民権を得て。
もちろん日本の市民権があることも大事であろうが、何よりその選択を間違えなかったことが、今日の"余裕"に繋がっている。

今までのピーターだったら、キャンセル料のかかるチケットを搭乗の9ヶ月前に買うなんて恐くてとても出来なかったし、その数万円を最悪 "捨てる" という判断が出来たから購入出来たんだなと。

残念ながら、アデレード時代もブリスベンにいた時代もこの"余裕"には巡り合えなかった。

経験を積み、スキルアップをして、生業を得る。
日本に帰るという選択。

やっぱり、こいつは正解だった。

航空券を予約するぞっ。

image

年末のロングホリデーに豪州里帰りを計画しているピーター一家。

??! ピーター一家か、モッツ一家かどちらが正しい??

お家がよろしく聞こえるのはモッツ一家だけどピーターファミリーといえばラビット!?
こちらもpeacefulな感じを受けますな〜^_^

ううん…、どちらでも(笑)


とにかくピーター家はメンバーが増えて、旅行するにも一苦労。
特にオーストラリア行きのチケットは4人分ともあり高額!
しかも年末年始と一年で一番!?高い時期に当たるのです。

ピーターが計画を思い立ったのが去年の年末。
今年の3月ぐらいに航空券をとりあえず予約!

今年の6月に同じチケットをみてみたら、なんと4人で60万越え((((;゚Д゚)))))))!

8月にみたらすでに空席ゼロ!!(下の写真)

image


前持っての計画がいかに大事か、ですな…。
ご利用は計画的に?!


12月末から1月の始めまで9連休をフルに利用して、直接便は殆ど飛んでないのでマレー半島経由でほぼ一日仕事です。

11:00am 出発するのに、到着は翌朝8:00am。

…っ、つらっ!

何はともあれ、航空券をゲットしました!

次はビザだな〜(^_^)

オーストラリアの夏。

あぁ〜〜〜!

夏が終わる…!

オイラ夏は?

あの気持ちのいい陽射しは?

清らかな冷たい川の水は!?

1年先までお休み?!


……。



いいえ、夏はあるんです。
この世界の何処かに!

夏に向かって走ればいいんです!


そう!

冬になったら南半球へ行けばいいんです!!
常夏のオーストラリアで、ビーチで冷たいビール🍺を飲めばいいんです!(←オーストでは禁止です 汗)

最近涼しくなってきたけど、今からオーストラリアの夏が楽しみです!

まだ誰にもあまり言ってないんだよな〜^_^

ひ ・み ・ つ!!
ddfc8170.JPG

帰郷計画。

image
このブログを開設したのが2005年夏。
もう8年が過ぎました。

オーストラリアへの移住計画を心に決めたのが2003年だから、もう足掛け10年なピーターの豪州物語。

オーストラリアから帰国して日本にて落ち着いてからはロクに更新もしてなかったんだけど、もうこの国はオイラの第二、いえ、第三の故郷となってるんだよね〜。

…なんでかって?!

アデレードに義理のお兄さんが住んでるんだもん!

ってなことで、今年の年末年始は連休が長いのでオーストラリアへ帰ろっ!計画たててマフ(^_^)

まだみてくれている人がいるのかわかりませんが、これからのプロセスを日記みたいに残して行こうと思い立ったら実行!

また、アデレードに親戚が出来るまでの茨の道のりも紐解いていきますのでよろしく!

がんばるで〜


ピーターの近況。

新年明けましておめでとうございます。
ブログ更新を止めてもう6年目にはいりましたが、まだアクセスがたくさんあって驚きです。

久しぶりにブログ更新したくなり、近況報告でもと。

オイラ、ピーターモッツは32歳になりました。
オーストラリアで出会った女性と2009年に無事結婚し、先週4回目の結婚記念日を迎えました。
二人の愛しい子宝にも恵まれ、渡豪した自分の運命に感謝しています。

今年は4年ぶりにアデレードに住む親せきの家に訪問計画中!!
オーストラリアの現状に詳しい方は、是非何かコメントいただけると幸いです!

ではまた!

変わっていくこと。

IMG_3144


オーストラリアで住みたいと思って、実現してからもうすぐ丸5年。
永住目的で渡豪した僕はその理想と現実の違いに驚き、日本という国の良さを再認識して、新しい家族を迎える為もあって、帰国した。
わずか2年程のオージー生活だったけど、その生活が今に役立っているんだなって、最近特に思う。

外を知ることで、改めて中を知る。

生活のスタイルは全く違うけど、基本は同じ。
今でも時々、オージーの一風変わった生活スタイルや言動がフラッシュバックするし、それが僕の生活にバリエーションを加えてくれているのも確か。

一生を添い遂げる人に出会い、自分のDNA持つものが生まれ、幸せを感じる。

幸せって、決して自慢してはいけないものだとつくづく思うし、みんながそれを得ることはできないと思う。
あくまで幸せは自分で噛み締めるもの。
それを忘れないこと。
幸せだと思ったら、回りにあるものに感謝してみることが大切だと思う。

去年仕事でオーストラリアに再渡豪してみて思った。
僕の人生はオーストラリアに行ったことで、180度好転したってこと。
僕にオーストラリアの生活は合わなかったけど、行ったことが人生を変えたんだ。

このブログにたどりついた人に伝えたい。

もしあなたが今の生活に悩んでいて、自分の若さを持て余しているなら、あなたが実現したいと思っていることに向かって、忠実に遂行してみて。
動くことで変わることがたくさんあるから。

決して今の現状から変わることがめんどくさいからなんて理由で、そのまま惰性で行くことだけはやめてほしいんだ。

ずっと変わり続けろとは言わない。
ずっと新しいことに挑戦すべきとも言わない。

やってみたらきっとわかる。

そう自信を持って伝えたい。

久しぶりの更新の前に、ふとそんなことを思った今日この頃。
もうすぐ秋が深まって、冬が来る。
楽しみが待ち遠しくてたまらない!

岐路。

アデレード



人生は人それぞれだけど、その人に合った生き方がきっとあると思う。

それを見つけられなくて、困り果てたまま終える人もいるだろうし、
それを見つけて充実した人生を送る人もいるだろう。

僕はどちらかといったら、後者に当たるのかもしれない。

オーストラリアに行くまでは、きっとそういうアイデアすら生まれなかったであろう僕の人生も、渡豪によってすっかり変わってしまった。

僕の4年前を思い起こすと、僕の毎日は、とっても虚無感に満たされていて、何か楽しいものを探すことも出来ず、決められたスタイルを、ただ潜在的な感覚で過ごしていたにすぎなかった。

その時あったすべての生活を仕舞い込み、僕は海外で生活することを選んだ。飛行機の中、不安と疑心に苛まれながらも、僕はそれから2年弱を、オーストラリアという国で過ごすことになった。

もともと後悔するつもりなんてなかった。

この国に住んでよかった。いろいろ悟ることも出来たし、人生観はガラッとかわった。

そんな国の生活を終えて、日本に帰ってきてもうすぐ2年。

またオーストに行くことになるなんて、願ってはいたけど現実には想像もしていなかった。

願えば必ず叶う。

そんな言葉をもっと強くさせてくれた今回の渡豪だった。

久しぶりのオージー生活。

IMG_5675
ほのかな花の香りが漂う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

このブログを更新しなくなってもうすぐ2年。もうこのブログの存在を忘れた方もたくさんいるでしょうが、今でも検索にヒットする数は多いのがびっくり。

オーストラリアに憧れて、渡豪して、帰ってくるまで約2年間。更新していたブログも、帰国とともに止まってしまって、ピーターも日本で忙しい毎日を過ごしていました。 今は思い出の国、オーストラリア。

渡豪したかった情熱は過去のものに、もうすっかり日本人(笑) でも、オーストラリアをもう一度訪れたいという情熱は決して失われることはなく、なんと
このたび、再度渡豪することになりましたので、アップロードをと。

 ピーターがこの2年間、何をしていたかは、また後ほどつらつらと書くとして、まずはとりあえず来週からオーストラリアに行ってきます!

仕事でだけど(笑)

現在貿易の仕事をしていて、貿易でオーストラリアと繋がった、ってのが今回の渡豪の理由かな。

ずっと仕事でカムバックしたかった情熱が、今回の仕事を作り上げ、ピーターはとても胸が高鳴っています(^。^) 随時写真等アップ予定でス。 2年ぶりのオーストラリア、どういう風に変わってるのかな??? 楽しみっ

多忙。5

696405e1.JPG

あぁ〜〜、いそがしっ!

いそがしったらありゃしない(笑)

 

もうあと少しで日本に帰るんだけど、それの準備や日本に向けての準備等でいそがしったらもうその上なし!

所有していた家電、家具、携帯電話に至るまで売りつくしセールで、ひっきりなしに電話はかかってくるわ・・・。

仕事修めに新人さんへの引継ぎに教育にと大変(>_<)

9ヶ月勤めた会社なので、やっぱり名残惜しくないといえばウソになるし・・。

週末は今日も含めて、フェアウェルパーティーで大忙し。

 

これからパーティー行ってきます∠(`・ω・´)

 

やっぱり何事も、物事を変える時ってのは辛いこと多いけど、自分の人生をより良いものにするためにはそんなことは恐れていられないし。

選択肢がたくさんある中で、どれを選んだら自分が幸せになれるか。

すべて自分の選択にかかってる。

 

そんな人生がとっても楽しい最近のピーター。

これから待つたくさんの出会いや、機会や驚きに期待を抱きつつ、飛行機に乗り込みたいなと。

日本に帰国したらこのブログもどうしようかと考えていますが・・。

ピーターモッツのオージー生活は一応の区切りを打つわけで・・。

 

またなんかあったら更新ん!

ということにしておきましょう。

 

当分更新しないかもしれませんが、時々覗いてやってください(^_^)

 

 

Good Luck Guys.

Best wishes for all of you and pray God your future will be awesome one....

 

 

車売れる。中古車売買5

今までこよなく愛用してきた愛車、ロザーナ7号。

1987年、実にオイラが7歳の頃に製造され、長らく誰かによって乗り続けられてきたこの車。

ピーターの手に渡ったのが今から2005年12月

当時で18年の月日が経っていた、日本でなら間違いなく排ガス規制に引っかかって(っというか、ボロ過ぎて売れない・・。)廃車にされているであろう、このなんともレトロな車を、ピーターは実に1年半以上乗り続けていたわけで・・。

その車をついに手放す日がやって参りました(ToT)/~~~

 

先週から売りに出していて、総勢12名もの方々が試乗にやって来られました(^_^)

この車を購入したのが1年半前、当時で1,600ドル(14万円弱)。

始めてみたときは、“この車、ほんとに走んのかなぁ〜〜!?”なんて疑問符投げかけるほど古い印象を受けた車だったけど、結果的に言ってみればとってもラッキーな車を格安で手に入れたことになるよね。

この車で、メルボルンまで行ってでグレートオーシャンロードも攻めたし、マクラーレンベイルに1ヵ月半、毎日朝早くからグレープピッキングにもいったし、ワイアラまでドライブしたり、ベリーで1ヶ月半オレンジピッキングもしたし、何よりアデレードからブリスベン間の、延べ2,600kmをひた走ってきたんですもん。

ピッキングのファームなんかは未舗装のオフロードで、ガッタンガッタンいわせながら毎日通ったもんです。

この車があったからこそたくさんの仕事に就くことができたし、いろいろな出会いや、もちろんトラブルなんかもあったわけです。

そんなFORD レイザー TX3を帰国するので手放すことに…。 日本ならスクラップになること間違いなしのこのポンコツ車。

そこいら中から奇怪な音を発しているのに、売りに出してびっくり! オーストではまだまだ引き合い多し(驚)

7万円で売却となったのでした((((;゚Д゚)))))))ガクブル 御歳なんと20歳でっせ! 日本の中古車をオーストで売ったら億万長者になれますな(笑)

オーストラリアでは、車は個人売買が主流。 インターネットや、路上駐車して「for sale」と出すのも効果的。

オーストラリアにお越しの皆様、行動範囲を拡げるマイカーをぜひご検討してみては?

 

Bloody Car

No Peace in mind。2

fb9a905b.JPG

もはや世界のどこにいたって、平和なんてありえないのかもしれない。

ニュースは日豪通してネガティブなものばかりだし、見出しを見ただけで読む気さえ失うものも多々。

日本のニュースをネットでサーフしても、オーストラリアのニュースをサーフしても結果は同じ。

日本では赤ちゃんポストなるものが設置されたらしいが、こちらでは生まれたばかりの子どもを教会の前に置き去りにする母親が後を経たない。

人殺しもたくさん起こってるし、日本ほどキチガ○な殺人事件もないだろうと思っていたら、こちらでも日常茶飯事のように起こっている。

日本は手の込んだのが多い感があるが、こちらは感情的、体力的に人を殺すのが主流(っといってよいのかどうか・・)である。

オージーは欧米と同じ民族なので、体もアジア人より大きいし、力も強い。

いくらピーターが幼い頃からケンカで育ってきたと言っても、やっぱりガタイの大きいマッチョなオージー相手に一戦交えて、勝てる自信も無い(>_<)それが余計に危険感を増す。

その上オージーという民族は感情的、本能的な性質が強いので、少しでも気に入らない、腑に落ちないことがあるとケンカを始める。中にはそれで殺し合いをする輩もいるし、その後裁判になったとしても精神不安定や一時的錯乱として無罪や執行猶予がつけられたりすることも多々。

特にセックスクライム(性的犯罪)に関しては、日本の比にならない(2005年度で日本の12.8倍)ぐらい多発している現状。

おとといの9日には、クイーンズランド北部アンダーグローブで、なんと25歳の男がカップルの住む自宅に侵入した上、23歳の女性をレイプ、その後家にいたパートナーの男性の指をも切り落とすという事件が発生。おちおち自宅で休んでもいられない。

こちらの社交場とされているナイトクラブ(酒を飲んで踊ったりする場所)は性犯罪の温床となっているし(先週も女性が、ナイトクラブで声をかけられた男を断ったら殴り殺されるという事件が発生)、ドラッグやマリファナが街中に溢れているこの国は、なんとも危険な国だと言っても過言ではない。

成熟しない未成年でも簡単に酒が買えてしまうバーなんかも、もっと規制を取り締まるべきだと思うが・・・。

特にセックスアタックは、夜だけでなく昼間でも発生する。

この国の問題は、自然が多いという好環境の裏返しに、人目に付かない場所が多すぎるということ。

昼間でも女性が1人で歩けないような国なのである。

こちらに来る予定の日本人の中には、オーストラリアが治安の良い国だと思っている人もたくさんいるらしいが(ピーターもこちらに来る前はそうだと思っていたうちの一人)、とんでもない。

これからこちらにお越しの方々(特に女性)は、くれぐれもI-PODを聴きながらのジョギングや、散歩道の一人歩きは是非避けてもらいたい。

 

日本社会が荒んできたってのは数年前から良く耳にしていたけど、こちらオーストラリアもそれは同じ。むしろひどいぐらい。

 

もうなにがなんだかわからない世の中。

 

平和は自分で苦労して作り上げる以外、もうどこにもないのかもしれない。

 

 

 

                                 〈了〉

後任。5

e0f048e4.JPG

さぁ、そろそろオーストラリアでの生活、オージー生活も残り少なくなってきて、カウントダウンできるぐらいになってきました。

ピーターのオーストラリアでの仕事は、寮制の女学校のスーパーバイザーでして、これ8ヶ月以上やっていたことになります。

私立学校なので、10週間〜2ヶ月毎に2週間程度のホリデーがあるという、なんともうらやましい仕事。

でも仕事内容は、言うことを聴かない、聴く気のない思春期の女の子達をいかにして規律に従わせるかというなんともストレスフルな内容でして・・。

来週で辞める予定なのですが、正直そのストレスから開放されることもあって少しホッとしているところ。

まぁ日本の仕事に比べたら、それほど辛いわけ・・・・、あるなぁ(汗)w

まっ、それもあと少しということで、今日後任に就く予定の人がやって参りました。

 

まぁオージーなんで、オージーとの兼ね合いも問題なさそうですけど・・。

仕事内容を一通りおさらいして今日は終了。

この仕事をやり続けられるか不安なところですが、ピーターは正直おかまいなしww

 

なんかオーストラリアに来る前に、ホテルでの後任を探していた頃を思い出していました。

 

また人生の岐路になるでしょう、日本帰国。

オージー生活が素晴らしい選択だったように、これから素晴らしい人生となることを確信しています。

 

ビバ!Japan

来る人生にウェルカム!

クイーンズランドからの手紙。2

水が枯渇寸前で困っているクイーンズランド。

ここ数日長雨が続いているので少しはダムにも水が溜まってもらいたいところだけど、実際ダム周辺に雨が降っているかは疑問なところ。

ほんの2ヶ月ほど前だっただろうか、新聞で水使用制限レベル5の発令と、その内容についての記事を読んだのは。

1家庭あたり800リットル/日の利用制限があって、それを超えると政府から使用を控えるようにとの通達、つまり赤紙が来るらしい。

クイーンズランドの掲げる1人あたりの水使用目標(こんな日本語があるのかも疑問だけど・・。)は、140リットル。

現在150リットル前後ということで、目標まではまだ遠いけれど、それでも毎日水を使うことにためらいをもって生活していたつもり。

それでなくてもついこないだ、政府の指導で強制的にシャワーヘッドを“超節水!”バージョンに取り替えされられ、極めてつらいシャワータイムを強いられているオイラ達。

今まで5分で済んでいたシャワーが、なんと3倍の15分に延びるほど水の出が悪いシャワーヘッドに換えられ迷惑しまくり(>_<)

それなのにそのクイーンズランドの赤紙が、ついに我が家にも来た。

 

オイラの家は現在5人で住んでいる(カップルを入れると7人)ので、もちろん水使用量もクイーンズランドの定める800リットルを超えるのは仕方がないんだけど、政府はそんなことお構いなし。

『あなたの家の先月の水使用量は、1日あたり1322リットルでした。これは政府が定める水使用制限第5段階における、1日あたり800リットルを大幅に超えております。何か理由のある場合は、同封のフォームに記載して、6月29日までに返信しなさい。』

っとある。

要は水を使いすぎている正当な理由を説明しなさいということなんだろうけど・・。

 

そりゃ〜〜〜7人も住んでたら、800リットルぐらい使ってしまうやん!1人あたりが140リットル目標だから、7人で980リットルで800リットルは超えてしまうのは仕方がないと主張するしかない。

 

問題は、その6月29日のリミットまでに正当な理由を掲げられなかったり、この文書を無視したりした場合のパニッシュメント(罰則)。

『十分な返答が得られなかった場合、あなたの家への配水を制限することになります(威)。』

 

新聞で読んだが、なんと2リットル/分まで配水プレッシャーを下げられるらしい。

通常が40リットル/分。

 

これは辛いに違いない水の量。

1分間に2リットルしか水が出ないんですから、シャワーを浴びるのに苦労するどころか、鍋に水を入れるのも一苦労・・・。

 

避けるしかない!

この事態を!!

 

でもどうやって??

 

 

・・・。

 

名案募集中です!!!!

 

水を使わないこと!?

毎日シャワーを浴びるなって???

 

それキツイ((((>_<)

 

 

 

変わるということ。4

c8843925.JPG

時が皆同じように流れているとしたら

すべてのものは変わらずにはいられないだろう

 

僕の過ごした時と同じように

僕の周りの人たちも

同じ時間を過ごしてる

 

普遍でないことはわかってる

新しくなることを疎むつもりもない

 

前を向いて生きたいから

過去を誇張し美化して生きるつもりもない

 

 

ただひとつ

僕が願う小さな事

 

変わらないで欲しいたった一つのもの

 

 

たとえしばらく会っていなくても

通じるものは変わってないはず

 

今までと

最後に会ったときと

 

きっと変わらないそんな再会を

 

僕は心から願っている

 

 

腐らず生きろよ

輝いてなくてもいいからさ

 

間違えることなく生きろよ

特別なことを口走らなくてもいいからさ

 

旧友との再会

新たなる出会い

 

そんな幸せが

これから僕を持っている

 

 

 

 

 

 

壊れる。1

c08966ea.JPG

このブログを始めてもう2年。

ブログを始めるきっかけとなったのが、初めて購入したデジカメだったというのは後から取ってつけた話でw

このブログでいかんなくその性能を発揮してくれていた、わが人生初デジカメのキャノンIXY DIGITAL 55がついに、

 

逝った――――――――!!!!(((((((( ;゚Д゚)))))))

 

まぁ2年間延べ6000枚以上の写真を撮り続けてくれた優れたヤツでしたよ。

雨が降る日も槍が降る日も、風の日もまた雪の降る日も、さんさんと照りつける太陽の下でも暗闇に包まれた森の中でもいかんなくオイラの思い出を焼き付け続けてくれたIXYデジタル。

ありがとうm(_ _)m

 

スイッチを入れたら、

『キャシャーーん!』

っていうなりスイッチ強制OFF(汗)

レンズが飛び出さなくなったんですよ・・。

 

一応日本に帰ったらキャノンさんのAS(アフターサービス)に電話して修理以来してみるつもりですが。

新しいのを買わなきゃいけないかも(`・ω・´)

 

後任はついに1眼レフっすか!????

 

重いっすもんw

悩むなぁ〜〜〜〜〜(>_<)(^_-)!

 

あっ、写真はブリスベン、クイーンストリートの名物、チャーリー・チャップリンですw

1ドル入れないとほんとに動き出さないという本格さ。

瞬きひとつしないです。

1日400ドルぐらい稼ぐとかw

 

 

6月。5

dc6fd01a.JPG

気が付けば6月ですよ。

なんとかネットも普通の速さに戻ったのでホッと。

日本ではありえないな〜〜なんか思いながらも、残り少ないオージー生活を満喫しようかと。

6月って、日本ではだんだん蒸し暑くなってくる時期ですが、こちらでは暦(こよみ)上、冬になるんですって。

今日仕事に行く途中の車の中で、レイディオ(あっ、ラジオのことねw)を聴いていて、DJが、

『今日から冬ですよ!!ブリスベンの冬、最高!』

見たいな事を叫んでいたので気が付いたのですが。

 

冬って、寒いって思うんですけど・・。

 

現在気温25℃。

 

夜でも最低気温15℃。

 

これって冬じゃないですやん!

別に公園にピクニックしに行っても最高!ぐらいの気温ですし、なんならTシャツ1枚でも快適なぐらいの気温ですしね。

まぁオージーは、真冬でもTシャツ1枚ですごしている人種ですが(これホントです”)。

 

彼らは、ファッション評論家のピーコ氏の、

 

『オシャレは我慢よ

 

ってな言葉がそのまま当てはまるかのように、真冬の夜、ナイトクラブに行くときは、うっす〜〜〜いイブニングドレス1枚で、サム〜〜〜〜いビーチ沿いの道を歩いていくんですから。

 

真夏にブーツを履いたりしますしね。

 

それとは正反対に、アスファルトを裸足で歩いていったりするんですよ。

 

全く面白い人種です(笑)

 

日本に帰ったらこれから真夏だなぁ〜〜〜(>_<)

 

エアコン買いにコ○マかヤマ○にでも行くか

 

そんなことばかり気になる今日この頃のピーターです(笑)

オーストラリアのネットは遅い。1

36b236b1.JPG

日本ならブロードバンド社会なんていわれたのは数年前。

回線業者がしのぎを削って顧客獲得に勤しんでいたのはもうかなり前のことと記憶しているが、こちらオーストラリアでは、まだダイアルアップがメインだというからビックリ。

ブロードバンドと呼ばれるADSL、ADSL2も最近普及してきたばかりだし、それも大きなシェアを占めるほどではない。

主要な回線会社は、日本のNTTに当たるテレストラ社と、モバイルを中心にシェアを広げつつあるオプタス社の2つ。

競争力がないからなのか、資金源に困っているのかわからないけど、とりあえずオーストラリアのブロードバンドは極めて遅い。

日本でブロードバンドといえば、少なくとも8Mぐらいが普通で、速い光ファイバーでは100M、最高1Gなんて必要以上の速さもあったけど、こちらのブロードバンドは、ブロードバンドと呼んだら恐れ多い、なんと512k/bps!

これ、インターネットをするにはかなり遅いなりになんとかいけるんですが、問題なのはリミットと呼ばれる、ダウンロード制限があること。

2G、4Gとダウンロードできる許容量が決められていて、それを超えるとさらに遅くなるという仕組み。

これはもちろん、ページのダウンロードも含まれているから、制限を越えるのは稀な事ではない。

ピーターの家もブロードバンドと呼ばれるオプタスのケーブルインターネットに接続しているが、通常が1Mbps、2Gを超えると256kbps、さらに4Gを超えるとなんと56kbps!!!、ダイアルアップ並に速度が落ちるのである。

ダイアルアップって、あの“ぴぃ〜〜〜〜〜、ピロピロピロッ!”とか言いながら接続していた、今や日本では過去の遺物ともされたインターネットだけど、それに匹敵する遅さになってしまうのだ。

ピーターの家は5人でシェアなので、この速度を最大5台のコンピューターで分け合うことになる。

まだ1Mだったらなんとかなるけど、56kbpsを5台で分け合うと、えらいことになる。

 

で、その肝心の4Gリミットが、なんでかしらんけど今月は15日の時点で越えられてしまったらしい。

なんかシェアマイトのフランス人が、パリスヒルトンのエロ動画をダウンロードしてDVDに焼いていたが、あれが原因ではなかろうか。

とにかく今現在、この5月いっぱい、クソ遅い速度のインターネットで過ごさねばならないのは歯がゆい。

日本のブロードバンドにダウンロード制限なんてなかったのに、さすが後進国オーストラリア。

低レベルのサービスでものすごい料金を請求されるところは、一昔前の日本を辿っているからなのだろうか。

バブルもはじけないように祈るばかり。

 

5月いっぱいは、更新できないかもしれない。

 

 

Profile
ピーター
名前;ピーターモッツ

年齢;松坂世代

職業;トレーダー

住所;日本国

趣味;ネットサーフィン、テニス、ギター、旅 etc.

好きな言葉;Let's make it happen.

座右の銘;何事も経験

みんなのプロフィールSP