2014年06月28日

人生の大転換?!

片づけ祭りを終えて考えた。

 俺の「本当の人生」って何だろう... 

 どうすれば今までの流れが劇的に変わる?
 根本的な変化(進化)。心の底からの歓喜。
 今までの人生の延長線上にない新しい世界...

で、試しに、一番「自分らしくないこと」って何だろうと考えてみた。そしてふと浮かんだのが...


  車に乗ろうかな... 


今まで、家計の事情や交通事故のリスク、地球温暖化の問題などを楯にとって「アンチ車社会」を密かに標榜してきた俺。(参照1参照2

さらに、物質社会に背を向け、携帯も車も持たないのがカッコいいというズレたロック魂...

別に必要に迫られたわけではない。今までずっと、バスや電車、タクシー、自転車で何とかやってこれたし、これからもやっていけるだろう。

でも...

俺が車に乗ったら... 

  確かに人生変わるよな。

  俺が俺でなくなる?(笑)


話せば長くなるので詳しくは書かないが、まあ、たぶん車に対しては、俺は無意識的にコンプレックスを抱えてるんだと思う。

資本主義社会、大人社会の象徴としての車社会が憎くもあり、怖くもあり...

他のことでもそうだが、俺は大体、そういう弱点を逆手にとって、「俺は人とは違う」というのを支えにして今まで生きてきた、のかもしれない。

でももう、良くも悪くも「普通」でいいんじゃないか...

必要性なんてなくていい。自分を変える、人生を変える、そのためだけに車に乗ってみようか...


で、早速、妻に相談。

妻は俺以上にお金や事故にはうるさいのだが、俺の熱弁に意外とあっさり賛成してくれた。もとより妻は、世間の皆さんと同じようなカーライフを楽しみたいと常々言っていたので、まあ、願ったり叶ったりなのだ。

とりあえず中古を2年ぐらい乗ってみて、維持費と利便性を天秤にかけてみようということになった。「じゃあ、夏にペーパードライバー教習受けて、秋ぐらいに買おうかね」と。

ただ、この時点ではまだ、自分たちでも半信半疑。突然降って湧いたような話に、妙な笑いがこみあげてくる二人だった。

ちなみに俺はペーパードライバー歴15年、妻は9年(教習車以外の運転経験なし)。


5月25日(日)晴れ。

車のことを何も知らない俺たちは、とりあえず中古車ショップに見学に行ってみようということになった。

1軒目では新車ばかり勧められて、なかなか中古車の話をしてくれない。危うく150万の新車を買わされるところだったが、なんとか切り抜けた(汗)。でもまあ、いろいろ聞けて勉強になったよ。

で、2件目。その日は暑かった。ディーラーさんは優しく説明してくれたが、妻の頭は1軒目でもう完全に許容オーバー(笑)。ディーラーさんとの会話はほぼ俺に任された。

人気の車種やお買い得の車をあれこれ説明されて...

ディーラーさんが上手かったのか何なのか、1台、これでいいんじゃないかな、というのがあった。特に理由はない。車のことはまったく知らないので、軽なら何でも良かった。駐車が苦手なので、アラウンドモニターがついてるのがいいなと思ったくらい。

で、何故か買う気になっていた俺。

予定では秋ぐらいと言っていたのに...

気づけば商談のテーブルに(笑)。

決して安くはない。想定していたより相当高い。ただ、前の店で150万の新車を買わされそうになっていたので、ちょっと感覚が麻痺してたのかも(笑)。

妻は「本当に?」と目をパチクリさせているが、猛烈に反対はしてこない。

  よし、いける... 
と思った(笑)。

あとは俺の決断。「とりあえず様子をみよう」とか「もう何軒か回ってから」とか、そういう意気地なし以外に断る理由が見つからない。

迷う理由がない...
今は前に進む勇気だけが試されている...


  買った...


それから2日後に駐車場の契約をし、その翌日にはペーパードライバー教習に申し込んだ。

2週間(5回ほど)近所の教習所へ通い、6月16日に納車。

その翌日には偶然、当ブログコメント欄でお馴染みのコバちゃんからランチに誘われ、実はコバちゃんは教習所の教官なので、俺の車の助手席に乗ってもらっていろいろとアドバイスしてもらい...

最近は練習のため、近所のスーパーに行くのも車。今まで自転車で行っていた実家へも車... 運動不足とか CO2 のことはとりあえず考えないでおこう。

ふと思いついてから1ヶ月でこの状況...
う~ん... 自分を褒めてあげたい。


-----------------------------------------------------------

車の運転... 気分はどうだい?

まあ、悪くない。

大人になった気分だよ。免許取り立ての頃、父親の車を少し運転させてもらったときにも感じた大人感... 

あとは、安全運転しなければという責任感。一丁前にカッコつけるなら、大人として、しっかりしろよ、って。

これが定着すれば、確かに世界観は少し変わるだろう。

「普通になる」って「大人になる」ってこと?
俺の新しい「本当の人生」って、オトナってこと?


  今さらかよっ 44歳!(笑)


ではまた。



petitdebut at 09:36│Comments(4)大きな出来事 

この記事へのコメント

1. Posted by あまちゃん   2014年06月28日 13:40
コバちゃん助手席乗るとは、さすが勇気あるなぁ!俺は遠慮します(笑)
車といえば、今日走っていたらエンジンから煙を吐いて止まってしまった。
今時オーバーヒートする車が有るかよ!
車、タイムリーな話題でした。
2. Posted by takuya   2014年06月30日 09:56
>あまちゃん
いや~ホントたまたまコバちゃんからメールがあって、感謝感謝です。

あまちゃんのほうは大丈夫ですか? 煙を吐いて...って(怖)。

っていうか昨日、息子が自転車で車と接触事故に遭いまして、幸い軽いケガで済んだんですけど、やっぱり車社会って...(苦笑)。
3. Posted by コバちゃん   2014年07月03日 00:57
>あまちゃん
オーバーヒートって、冷却水はきちんと入っていました?それと、ラジエータが目詰まりしていませんでした?
私はこれが普段の仕事なので全く問題ありませんでした(笑)

>takuyaさん
息子さん大丈夫でした?
でも、これを機に息子さんも道路を走るってどういう事かを考える機会になればいいですね。

ちなみに、8月2日のゲストは9月6日に延期になりました。お時間可能でしたらお越し下さい。

よろしければ今月7日、15日ならまたそちらまで行けますよ(笑)
4. Posted by takuya   2014年07月03日 17:24
>コバちゃん
どうもどうも。先日は大変お世話になりまして。

息子の事故は、車で渋滞中の横断歩道を息子がチャリで不用意に渡ったら、反対車線の車が不注意で止まり切れず... 打撲と捻挫とかすり傷で全治10日です。

息子には、信号や横断歩道は信用せず、ちゃんと自分の目で右左を確認するように言いました。

運転する身としても、横断歩道に注意、車と車の間から出てくる歩行者に注意、という非常に教科書的な基本を痛感させられました。

ちなみに加害者はいい人そうなオジサンで、今まで無事故だったらしいのですが... ホントどんな人にも不注意はあるものですね。

このタイミングで息子が初の交通事故... 身が引き締まる思いです!

9月6日、了解しました。

7日と15日? う~ん... いや、もう大丈夫です。今度は僕がそっち方面に行きますよ(もうちょい待って!)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
ランキング
↓クリックしてもらえると
 僕の順位が上がります。