2005年09月14日

移転作業終了

ブログの移転作業を完了しました。引っ越しです。
移転先はこちら↓

http://d.hatena.ne.jp/socitrus

移転しても別に特に変わりはありません。
若干ヒトリゴト的要素が大きくはなりましたが。。。

petite_lapine at 00:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月13日

告知

すでにブログ,HPともにすっかり更新が滞っておりますが
なおしばらくこの状態のままと思われます。

私の生存確認をしたいという方はぜひリアルでしてくださいませ。

ちなみに夏カゼをこじらせまして,昨日はとうとう吸入&点滴というハメに…。
しかもこんなときに限って,同居人は16日までおらんのです。ぐすん。
みなさまもどうぞお気をつけて。

petite_lapine at 03:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年07月04日

キターーーーーッッ!!!

そろそろ来るかな,,,と思ってたら来ちゃいました。Music Baton。
from 黄昏のエイトマン。


------------------------------
Music Batonとは?
海外のブログに端を発する、音楽に関する企画。
音楽に関する質問が「バトン」として回ってきたら、
自分のブログ上でこれらの質問に答え、
次の5人を選びその人にバトンを渡す、というルール。
質問は以下の5つ。
1. Total volume of music files on my computer
2. Song playing right now
3. The last CD I bought
4. Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
5. Five people to whom I'm passing the baton
------------------------------


Answer 1. →4.7GB *iPod手に入れてから激増。

Answer 2. →"Drive My Car" by the Beatles.

Answer 3. →"LOVE PSYCHEDELICO " by LOVE PSYCHEDELICO.
*とうとうファンクラブまで入っちゃいました。デリコ。春ぐらいに出たベストを買おうかどうか悩み中。

Answer 4. →
"ASTROMANTIC CHARM SCHOOL" by M-flo. *弟のPCからパクってきた。
"SAMBA DO CARIOCA" by Lisa Ono. *ボサ好き。小野リサの声に癒される。
"太陽手に月は心の両手に" by UA. *UAの中で一番タイトルがいいと思う。
"SONATA NO.9 in A Major FOR PIANO AND VIOLIN, Op.47 KREUTZER" by L.V.Beethoven. *やれるもんならいつかやってみたい。
"And You And I" by YES. *同士求む。


てか,てんでバラバラだな。傾向がみえん…


Answer 5. →見ているかどうかわかりませんが…Sachiko, かだい, れんたろう, さとしさんあたりにお願いしましょうか。5人も思いつかないぜ,ちくしょう。(結構みんなもうやってるしさ…)


petite_lapine at 18:01|PermalinkComments(1)TrackBack(1)

2005年06月28日

汗が噴出している。。。

petite_lapine at 00:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 読みたい本リスト 

2005年06月21日

うそん♪

新動物占い。
おともだちのところで見て,やってみた。

う。。。

↓↓↓

あなたは可憐なチータです。



あ な た は ど ん な 女 性

あなたは、非常にプラス思考で、大きな目標を
設定して、それに果敢に挑むチャレンジャーで
す。

表面的にはロマンチックな部分も感じられます
が、内面的には理想に向かって猛烈に前進して
いく情熱家で、意外に気が短く、思ったことは、
すぐに実行に移さないと気が済まない行動的な
タイプです。

しかしながら、夢を追うだけでなく、利害関係
もしっかりと計算できる現実家、実務家でもあ
ります。



あ な た の 本 質

このタイプのあなたは生まれながらに幸運の持
ち主です。

自分の努力以上に周りが引き立ててくれたりし
て、無理しなくても事が順調に進んだりと、恵
まれた人生を送ることでしょう。

生まれながらに優れた感覚と感性の持ち主であ
るあなたは、何かの局面に遭遇したときなど、
直感的にどのように対処したら良いかが、直感
的に頭に浮かんできます。

あなたは、いつも控えめで、目立たない様に振
る舞っているあなたですが、その反動として、
時々周囲がびっくりするような変身する事があ
ります。

それは本人にとっては、いたって自然に、ただ
成長の一過程にすぎなく、自分自身のコントロ
ールもしっかりできています。




対 人 関 係


対外的には控えめな印象を与えるあなたは、こ
のタイプが持っている気品と、頭の良さからく
る気配りから、ひっそりと咲く可憐な花のイメ
ージを周りに与えます。

しかしそんな印象とは裏腹に内面はクールで男
勝りで、意志も強く行動力もあるあなた、機敏
な判断と行動力で、目的に向かって一直線に突
き進んでいきます。

決断も早いので、多少の困難でも乗り切ってし
まいます。

おっとりと上品な外見に似合わずバリバリと仕
事を何でもこなすキャリアウーマンタイプです。

でもあなたは、その持ち前の品の良さと、頭の
良さで、髪を振り乱して奮闘しているようには
周りに見られません。



恋   愛

周りに気を使うため適当にモテるあなたは、
それほど異性に不自由することがありません。

それだけに自分から積極的になることもなく、
本当の恋を見つけることが難しくなっている
かもしれません。

気が付くと、一番好きだった人が、あなたと
別な人と結ばれてしまっていた・・・・・
ということもあり得ます。

逆にたくさんの異性と関係を持ち引きずられ
てしまうというパターンに陥る人もいるでし
ょう。

派手さは無くても、誰かの熱い視線の受ける
ことが多いあなた。

すてきな恋愛は相手の積極的なアプローチで
始まります。

恋愛中も恋人と適度な距離を置いて、節度あ
る付き合いを続けるでしょう。

でも、それは決して冷めた印象ではなく、あ
くまでエレガンスな恋愛関係。

★たまに、相手がびっくりするような変身を
してあなたらしさをアピールしましょう。




相 性(恋愛編)

恋人としての相性

○ペガサス以外だれでもOK 
    好きになった人が相性がいい人

×ペガサス 気まぐれなチータとは気持ちの
      すれ違いの繰り返し

結婚相手としての相性

○子じか 心の結びつきを大切にする子じか
     は疲れたあなたの安息所。

×コアラ 機敏なチータとはペースがあわず、
     イライラしてしまいます。



相 性(仕事編)

上司

○ぞう   思いついたことをドンドンやってしま
      うチーターの事を動ぜず静観。

×黒ひょう メンツを気にする黒ひょうはスタンド
      プレイの目立つチーターが許せず激怒。

部下

○さる   素直なさるは仕事のパートナーとして
      最適。

×ひつじ  クールなひつじの一言にプライドが傷
      つけられる。




petite_lapine at 01:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年06月17日

体調不良

なんだか最近自分が以前にも増して「面白くないな」と思う。
これからどうしようか。

朝からお腹が痛い。お腹が痛いのがおさまったら,頭が痛くなって…というかんじで,一向に「何となく不調」から抜け出せない。きっと天気がびみょーなせい,と考えてみる。

petite_lapine at 02:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月16日

心のドロドロと向き合うこと

先週末あたりからかなり気分が悪く,ここ1年くらいはすっかり落ち着いていた悪癖が再見。

「人は人,自分は自分」とすっきり割り切れないのは,どうしてだろう?それなりに辛いこととか嫌なことを経験してきたけど,そんな経験は別に何の役にも立たないのかな?辛いことがあっただけ人は優しくなれるとよく言うけれど,私の場合は,辛いことがあっただけ人に厳しくなっているような気がする。どうしてこんなに人のことが許せないのか?どうしてこんなにも私は底の浅い人間なのか?自分のことなのに全然わからない。一体どうしたらいいのかわからない。


優しくしたいのに優しくできない。
受け入れたいのに受け入れられない。
許したいのに許せない。
慰めたいのに冷たくしてしまう。
愛しているのに一番むかついてしまう。


ときどき,自分の心のうちがわにあるドロドロしたものに呑みこまれてしまいそうな気分になる。そんなとき私はひたすら時がたつのを待つしかない。その波に巻き込まれてしまったら,もう私にも誰にもどうしようもできないから。

そして今日も私はまた眠れない夜を過ごす。




petite_lapine at 01:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年06月14日

オンエア〜

最近午前中は家にいることが多く、αステーション(FM京都?)を聞いている。

んで、今日思い立ってリクエストっちゅうやつをしてみた。
今はファックスでもメールでもできるんやね(はがきっつーのはなくなってしまったのかしら?)、で、メールでしてみたわけです。
そしたら!!
リクエスト曲はオンエアされなかったけど、番組の最後のほうでメッセージだけは読んでくれた!!うわーなんかめっちゃ嬉しいぞ☆
ありがとう、森夏子!!!

とか思ってゴキゲンだったのに、夕方ちょっと気分を害してしまって
いまだにちょっとブルー。。。
子育て奮闘中の友人に電話をかけて愚痴はいて(向こうのほうが愚痴りたいだろうに)少し落ち着いたけど。
はぁーーーーーー

petite_lapine at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

おぼえがき

ルーヴル美術館展
19世紀フランス絵画 新古典主義からロマン主義へ
フランス革命が生んだ美の殿堂「ルーヴル」。あふれる名作絵画の潮流がいま、京都に集う!
日時: 7月30日(土)〜10月16日(日)
am9:00〜pm5:00(入館はpm4:30まで)
※月曜休館(但し9/9、10/10は開館)
場所: 京都市美術館


petite_lapine at 14:24|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2005年06月09日

社会学の営業戦略


集合行動の理論

ネオ機能主義と市民社会


昨日,今日と「いかにして社会学は学問として生き残るか?」というテーマでゼミが進行する。
いや,本当はそんなことがテーマじゃなかったんだけど,気がついたらそうなってた。

特に私は計量系の社会学徒(多分)なので,そこらへんは結構キモだったりする。
計量系というと,俗に言うアンケート調査とかそういうのを統計的に分析して何かを論じるということになるのだけれども,そういうことがだんだんとやりにくい世の中になっている,というのが計量系の研究者にはある。おそらく。
というのは,世の中を見るのに属性(性別,年齢,学歴など)だけでは切り口として不十分な局面が増えてきて,それはつまりライフコースとか価値観とかそういうものが多様になってきたからなんだけれども,それじゃあ意識とかを測ってみたらどうかと思うんだけれども,そういうものを計量的に測るというのはとても難しくて,何をどう聞いたらそれは「統計的に有意です」と言えるのか,という壁にぶち当たる。人の意識が数字であらわされることに対してものすごい嫌悪感(あるいは敵意)をあらわす人がたまに(社会学者の中にも)いるけれども,それに対しては私は「ちょっと待てよ」と思う。これは私の直感−研究者の卵としての生命線とも言うべき−に過ぎないけれども,本当にみんな個人個人ばらばらで,(たとえば)ある社会に共通した,何らかの実感だとか規範(義務感とおきかえてもいい)というものも何もないのだろうか?私はそうは思わない。そしてそういう「何か」を何らかの形で数字によってあらわすことはできると思うのだ。
なぜ1日でも風呂に入らないことが「女を捨てること」だとみなされるのか(男ならいいのか?),なぜ実家にあまり帰らないことが親不孝だとされるのか?(実家に帰って親に何でもやらせてふんぞり返っててもいいの?)なんで「素直じゃないと社会に出てやっていけないよ」と言われるのか?(すいませんね,ひねくれてて)
まあこんなことは本当に些細な例なんだけれども。もちろん,私も数字で何でもあらわせるとは思ってない。自分にそれができるかどうかもわからない。ただ,私という存在がたとえ大きな機械の歯車にすぎないとしても,どういう機械の歯車なのか,どこでどういう働きをしている歯車なのか(もしくは歯車にすらなれない存在なのかを)知って生きることと,歯車である(かもしれない)ことにすら気付かないで生きることとは,私にとって大きな違いであるということなのだ。

で,話の本筋に戻れなくなっちゃったけれど(笑)社会学っていう学問が法学や政治学や経済学なんかの他の社会科学にできない何ができるのか?社会学はどう役に立つのか?社会学の売りは何なのか?というような話をずっとしていたのでした。さてどうなのでしょうか。


海を抱く―BAD KIDS

petite_lapine at 23:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 読了リスト 

2005年06月07日

鶏肉の照り焼き(夕飯)

はじめてブログなるものを書き始めたのが昨年の6月26日。
まもなく1年を迎えることになる。
今日までの投稿件数が160件で,とりあえず3日坊主にもならず1年経ったし,まあいいかというところ。
ここのところ,自分でも書いてないし,人のもあんまり見てないし,とりあえずなんかあんまり自分でもわけわかってない生活してるなあと思う。
相変わらず本屋に行くと気分が悪くなるし,一度寝たら起きられないし,寝られないときには本当にいつまでたっても寝られない。泥沼にひきこまれるような眠りをごく普通に手に入れていた頃の私はどこに行ってしまったのだろう?




petite_lapine at 00:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年05月30日

読了??

…したことにしといて下さいってカンジ。

C.W.Milles "White Collar"

petite_lapine at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 読了リスト 

2005年05月21日

カップのいのち

この間うっかり思い余ってくずはモールに行ってしまった☆
私の好きなお店が集まってることと,わりと価格帯が安いお店が集まっていることもあって,結構気に入ってしまった。

んでも,ちょっとお腹空いたなと思って入ったカフェがあんましイケてなかったのが残念。ちょっとおしゃれで,ちょっと高級感?が(一見)あるんだけども,ホットコーヒーを頼んで出てきたカップを口につけてげんなりしてしまった。
ウェッジウッドとかロイヤルコペンハーゲンとかミントンとか(この3つを並べることが果たして正しいのかどうかはよくわからないけれど)が高級品なのは,すでにブランドとして確立されているっていうこともあるけれど,あの口につけたときの感触が最高だからなんだと私は思っている。飲み物の味をそこねない適度な口あたり(ぽってり感?)とか,表面の細やかさだとか。高級品と呼ばれるものはそのへんが違うんじゃないかなと私は思うのだ。とは言っても自分がそんなに高級品を使ったことがあるわけじゃないんだけど,高校を卒業したときに恩師からミントンのコーヒーカップをお祝いにいただいて,私はそれをずっと愛用している。意外と丈夫やしね。
で,件のカップは最初に口につけたときの感触があまりにも貧相でびっくりしてしまった。あれじゃあどんだけ美味しいコーヒーだったとしても(別に特に美味しくはなかったけど)台無しだなぁと思う。
ついてに言うとシルバーの類(スプーンとか)にも同じことが言えて,そのお店はコーヒースプーンもぺらぺらな金属(アルミ?)だったので何だか味気なかった。もちろん,デザインには凝ってるんだろうとは思うけどね。。。

そういえば,以前アルバイトしていた某ド○ールはフランチャイズ加盟店だったのだけれども,あそこのシルバースプーンは仕入れ価格が400円近くしていて,高いせいもあるけれど厚みがちょうどよくてよかった。磨けばピカピカに光るし。だけど,なぜかそれを持って帰ってしまう人が激増して,それ以来(本当はいけないんだけど)その400円の規定のシルバースプーンではなくダイソーの2本100円のスプーンを使うようになってしまったのだ。確かに一本400円のスプーンは高いし,あれだけ頻繁に買わなければいけないような状況であれば経営は圧迫されるだろうことは理解できる。だけど,あのスプーンではあまりコーヒーを美味しいとは思えないことも事実で,それがお客さんの動向に与えた影響はわからないけれども,私が客やったらすごく残念やと思うやろうな。
ちなみにそのダイソーのスプーンに変えたあとは,スプーンを持って帰ってしまう人は減りました。やっぱりわかっててやってたのか…と思う。そして経営を圧迫されていたうちの店は,いろんなところで経費削減をしていて消費期限切れの食材とかも結構残して使っていた。本当は捨てないといけないんだけど,まだ食べられそうなのに…!!ってのは確かにたくさんあるし,もったいないとは思うんだけど,明らかにやばそーなものとかもギリギリ使ってたし,あの舞台裏を見てしまうと外で容易にご飯食べられんようになるなぁと思う。でも食べてるけど。そういうもんやと思いながらね。


petite_lapine at 01:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月18日

さらっと読みたい


となり町戦争

レビューではイマイチそうなのだが…

petite_lapine at 10:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 読みたい本リスト 

2005年05月16日

お隣さん

アパートの隣に知り合いが引っ越してきた。
向こうは私たちがここに住んでいることを,下見の時からわかっていたらしい。

知り合いが隣だなんて…どうなんだろう。

petite_lapine at 23:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年05月15日

手紙を捨てる

手紙とか日記とか,そういうものの類。
捨てることってできますか?

私はかなりの量をずっと保管してあったんだけれども,
ある時思い切って処分しました。
でも,どうしても処分できないものが一部まだ手元に残ってます。
どうしても,できないんです。
何度も何度も処分しようって思うのに,
なぜかどうしてもできない。
しようとすると,心がとても痛い。
いいかげんにしたいのに……


「おれが死んだら死んだとだけ思え。念仏一遍,それで終わる。」(幸田露伴)

petite_lapine at 01:20|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2005年05月10日

日記

私は基本的に何でも3日坊主(つまり,飽きっぽい)ので,このブログもまともに続かないままに1年が経とうとしているのだが,ある知り合いがWEBで公開している日記は完全に私のツボで,というか自分もそんな風に日記が書けたらいいのになといつも思っている。

自分がその時に感じたこととか,考えたことを書き留めておきたい,と思うのは後からそれを読み返すことに意味がある,と信じているからだろう。というか,意味があるというよりもそれを面白いと感じる自分がいるというか。
忘れてしまう記憶に意味がない,ということも言われたことがあるけれども,本当にそうだろうか。

たとえば,私は高校時代に学校をさぼって図書館にこもって本ばかり読んでいたのだけれども,その時代に自分が読んでいた本のタイトルどころか作者名までも忘れてしまっている本が大半で,もちろん内容なんか覚えているはずもないのだけれど,本を読んでやたら泣いていたりとか,一冊読み終えてはものすごい空虚感にとりつかれていたりとか,なんかその「本を読んでいた」という行為にまつわる色んな感情の淡い記憶(それは感情の記憶というよりも,何か色とか匂いの記憶に近いような気がする)っていうのは,自分にとっては結構大事なような気がしてならない。
ただ,やっぱりそのあやふやな記憶を,その時の自分の言葉で覚えておきたいというのは常にある気持ちで,でもずぼらな性格に負けてなかなかそれは実現できないでいる。

情けない話だけれども,20代も半分が終わろうという年になっても,まだまだ私は「自分探し」をしているような気がしてならない。本当は,中身のない自分を認めたくないだけなんだろうと思うけれど,たぶん。私がここにいる,というその事実だけで私は生きていてもいい,というすごく簡単なことがどうしてもすんなり認められなくて,何もできない,何も優れたところがない,何も役に立たない私がこうしてのんべんだらりとこの世に生きている,ということがどうにもこうにも許せない時があるのだ。それは本当に時々だけど,そういう時は本当に息をするのも苦しくて,何でそんな風に思うのかわからないし,消えてしまいたいと思うけれど,だからといって本当に何かができるほど勇気や元気があるわけでもないという何とも中途半端な状態に陥ってしまう。

そういうのは周期的にやってくるので,そういう周期がわかれば少しは生きやすくなるかな,とは思うのだがそもそもそういう時は何かを記しておくことすら面倒になってしまうので,やっぱり日記を継続して書き続けるってのは無理なのかなって思ったりもする。

petite_lapine at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月06日

負傷?

050506_0032~001.jpg今日は昼からバーベキューをば。
んで、調子にのってバレーボールしてこの通りです…シップがなかったので冷えピタですが。
ちなみに両手とも。ネンザとかではなく、ただ腫れて痛いだけなんだけども。

そして余った食材もらってきたんだが…誰か焼き肉パーティーでもする?



petite_lapine at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月01日

口の中の惨状

どうも昔から口の中を噛む癖がある。
いけないいけないと思うんだけど,気がついたらやってる。
貧乏ゆすりと同じくらいの恥ずかしさがあるんだけど,直らない…

今日は万博記念公園へ。
一度行ってみたいと思っていた「みんぱく」(国立民族学博物館)へGO!
全然人もいなくて,のんびり見学。
たまに踊ったりノビをしたりしつつ,一日を満喫。
みんぱくを出たあとは,思いのほか広かった公園内をまったり歩く。
木とか花とかの名前をかなり忘れているなぁ……

petite_lapine at 02:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月27日

哀悼

JR福知山線での事故で亡くなられた方の御冥福をお祈りします。
なじみ深い路線での事故だっただけに人ごとに思えません。

ただ,この件に関する(だけとは限らないけど)報道機関の姿勢には疑問を覚えます。
結局はメディアが表現したいものだけを表現しているような気がします。
ジャーナリズムってそういうものだったか?
何があったかは書きませんけど……何となく気分がよくないです。
そういう「イメージを作っている」現場を見てしまうと,報道されているもの全てが胡散臭く思えて仕方がありません。

世の中は虚構だなぁ……

petite_lapine at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)