2006年10月04日

52a6bde1.jpg今日は内定先の懇親会があったので昼から赤坂へ。

役員と社長の話を聞き、同期とグループワーク。

同期の仲間は話してて楽しい。早く一緒に仕事をしてみたい。

懇親会の後は食事会。先輩社員に大人の夜遊びについて教えていただく。

あっという間に終了時刻の19時半。同期はその後飲みに行ったみたい。

俺は店が心配で急いで横浜に戻る。赤坂から店まで50分で走った。



店には今週金曜日出演予定の浅井秀香さんが来ていた。

パワフルな歌声とメッセージ性の強い歌詞を弾き語りで聴かせてくれる。

金曜日は僕も参加して2,3曲一緒にやることに。



今日は1時半ころにはお客さんもいなくなり営業終了。

店の準備も少し落ち着いてきたので、久しぶりのお酒を口にする。

・・・とそのまま店で眠ってしまい、気がつくと朝。

急いで片づけを始める。

でも自分の店で迎える朝も、なかなか悪くなかった。


イオリ



petitlecrin at 14:30コメント(0)トラックバック(0) 

2006年10月02日

おんがく

3ede5986.jpg楽しい気持ちを楽しく演奏するのは誰にでもできるけど、怒りとか悲しみとかいう感情を美しい音楽にするのは大変です。
という話を昨日知人としてました。

私はパンクロックで育ったもんですから怒りとか悲しみとか表現するのにストレートにFXXK!みたいなことしか出てきませんが、せっかくジャズ勉強してんだから美メロを作りたいものです

酒バラなんか歌詞聴くまで楽しい歌と思ってたからね。

The days of wine and roses
酒とバラの日々は、遊んでいる子供のように、
笑いながら走り去っていく。
野原を駆け抜け、閉まりかかっている扉に向かって。
その扉には、「二度と再び」と、
前にはなかった文字が印されている。
寂しい夜の闇の中から、一陣の風が吹き出してくる。
酒とバラとあなたに出会った頃の、
光輝く笑顔の思い出をはらんで、
風は闇の中を吹き抜けていく。

泣けるね。


結構どうとでも取れる歌詞かも。
今日は怒りとか悲しいとかそういう出来事があったので、ジャズを弾きます。
歌うたえる人っていいよなー、私も練習して弾き語りとかやれるようになりたいわ

えび

petitlecrin at 14:03コメント(0)トラックバック(0)音楽ネタPetit L!Ecrin 

2006年09月30日

お酒のネオン看板

878203b2.jpg取り付けてみました。
ハイネケンとジーマとクアーズです。

外から見て少しはお店の場所がわかりやすくなったかな?

petitlecrin at 10:42コメント(0)トラックバック(0)Petit L!Ecrin 

2006年09月26日

私も初投稿

初めましてこんにちは。スタッフ兼店長(なんか変)のえびです。

この度横浜南区南太田にてBARをやることになりました。DJやピアニストその他楽しいミュージシャンを交えてみんなが楽しめる空間作りをしていきまーす。

まぁこのブログでは店のことについてよりも雑談とかただの日記とか、そんなかんじになります。大好きなお酒や本や音楽や人について書きます。

乞う御期待!おやすみなさい!

petitlecrin at 11:35コメント(2)トラックバック(0)Petit L!Ecrin 

2006年09月24日

初!投稿。

79562367.jpgPetit L'Ecrin スタッフ兼ピアニストのイオリです。

今年6月にお店オープンの企画を立ち上げてから約3か月。
多くの人にお世話になりながら、いよいよOPENまであと一週間というところまで来ました。

これからが本番ですが、いろいろと不慣れな僕たちにアドバイスや厳しいご指摘をしてくださった方々、本当に感謝しています。そしてこれからもどうかよろしくお願いします!

今、お店は最終調整の段階に入っています。
僕たちの狙いはリラックスとグッドメロディーを提供すること、ジャズ好きの人とクラブジャズ好きの人がその垣根を越えて交流できること、そして音楽好きの人と人とが繋がることです。

僕自身、大学に入るまではクラシックピアノ、ポップスのバンドを中心に活動していました。しかし大学に入り、JAZZ研でジャズと出会い、ファンクに出会い、クラブイベントで演奏するようになって、そこでクラブミュージックと出会い、ハウスを好きになって。なんとなく入ったJAZZ研が、それまで知らなかった多くの音楽、人との出会いに繋がっていました。

ペティ・レクランというお店が、みんなにとってそんな場所、色々な音楽や人との出会いに繋がる場所になれば、と思っています。

素敵な音楽と人に囲まれてみんながHAPPYになれる空間・・・それを目指して僕たちは頑張っていくので、どうぞよろしくです!

イオリ

petitlecrin at 13:34コメント(2)トラックバック(0)Petit L!Ecrin 
  • ライブドアブログ