2009年07月23日

8月のライブスケジュール

8月は若手ミュージシャンによるフレッシュなライブをお楽しみください♪

■8月8日(土)20:00〜start
charge¥2000

ノスタルジックな気分でジャズ・スタンダードを。

小島伸子(vo) http://www10.ocn.ne.jp/~ufuf/
木村衣生里(pf) http://kimuraiori.blog.shinobi.jp/
bashiry(g) http://www.myspace.com/bashiryk

■8月29日(土)20:00〜start
table charg¥1000
music charge 投げ銭

賢行さんの歌い上げるR&Bのオリジナル曲。胸にグッときます。

古川賢行(vo)
辻 京也(pf)





petitlecrin at 21:47コメント(4)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by い   2009年07月28日 11:36
ジャズの本質的な魅力は即興で生み出される妙技に尽きる。
それってファッションやらパフォーマンスなんかとは全く無関係。

彼らはその魅力を追求することにしか興味が無いし、モテたいとか大衆に受け入れられたいとか思ってない。

ジャズってオシャレ、なんて言われても彼らはパジャマでライブやって持てはやされた時のカート・コバーンと同じ気分になると思うよ。
2. Posted by えび   2009年07月29日 19:51
コメントありがとう
うん。ミュージシャンにはちと失礼な書き方だったかもしれない。
即興演奏で繰り出される妙技がそのままパフォーマンスになるミュージシャンは耳にも、目にも素晴らしい(だから全くパフォーマンスできる人がいないわけじゃない)

言いたい核の部分は、ステージで演奏してギャラをもらう、ていうのと自己満足の発表会は違うよねということだったのでした。
3. Posted by い   2009年07月30日 11:31
>パフォーマンス如きで耳まで鈍るリスナーはこっちからお断り。っていう選民意識をくすぐるような意図があるのかもしれない。

こういう風潮はある気がするな。


>ステージで演奏してギャラをもらう、ていうのと自己満足の発表会は違うよね

ミュージシャンにしろDJにしろ、意識の低い人が多いよね。
選曲やテクはどうあれパーティーが盛り上がればOK!的なDJがよくいるけど、そういうのは貸切で内輪だけでやってくれ、って思う。
4. Posted by えび   2009年07月30日 19:30
>ミュージシャンにしろDJにしろ、意識の低い人が多いよね。
選曲やテクはどうあれパーティーが盛り上がればOK!的なDJ

いいものを作ってそれにお客さんやリスナーがついてくる形が理想だと思う。その「いいもの」になるまでの過程でどんなスタンスでやるかの所なのにあまりになあなあで許されてると、「せめてお金を払って見に来る人を楽しませようって気持ちを持たないか?もしくはそれ、趣味だろ」って思う。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
  • ライブドアブログ