2009年07月27日

毒舌ぎみ

以前から不思議に思っていたんだけども何故ジャズミュージシャンはポップスとかロックに比べてステージパフォーマーとして優れてる人が少ないんだ?(いないとは言わない)
私は元々はロックのライブにばかり行ってたから。プロもアマチュアも「おりゃーロケンローラーだぜ!」っていうのを音以外でも全身で表現している人が多かった気がする。MCやファッション、人間的魅力(作られたキャラクターだとしても)、その他諸々ひっくるめてみんなを興奮させるステージを作るんだぜって意気込みが観客を楽しませる大事な要素になってるんじゃないかな。ジャズにはそのステージパフォーマンス要素を軽視してる人が観客、演奏手含めて多すぎない?

ジャズミュージシャン的かっこよさって、「よれた普段着」「ステージ上での曲順相談」「居間っぽいMC」などなどのいつもっぽさの中にものすごいライブを入れることによるギャップからきてるのか?
もしくは、音だけで勝負する。パフォーマンス如きで耳まで鈍るリスナーはこっちからお断り。っていう選民意識をくすぐるような意図があるのかもしれない。
さらに元々はジャズが労働者の集う場末の酒場かなんかで楽しまれたものだから、華美なパフォーマンスは性質的に向いてないのかな。

ジャズをきかない層にジャズの魅力を知って欲しい!っていつも思っているけど、彼らからしたらジャズの方に拒まれてる、排他的な音楽に感じられるのだ。「敷居高いよねー」「ジャズかー、おしゃれだよね☆(あんまり詳しくないしこれからもあまり興味ないけど)」なんつて。それがすごく勿体無い。

友人と「ジャズは死んだ!」「いや死んでない!」論争をすることがたまにある。私は死んでないと思うからこういう店をやっているけど、今のヒーロー不在のジャズ界じゃ遅かれ早かれ衰退してくんじゃないか。
勿論個人的に熱狂してるミュージシャンはいるけれど、かのマイケルジャクソンのようにスターとして記号化できるジャズミュージシャンが出てくればジャズを聴く層が広がってくると思う。
それにステージパフォーマー要素が必要かどうかはまだわかんないけど。どうなんでしょう。

petitlecrin at 20:41コメント(6)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by oyaji   2009年08月16日 15:45
初めまして
ジャズ好きのオヤジです。

選民意識・・・ありますよ。

極端な話になりますが、
ジャズっていうのは曲は要らないのですよ
歌詞も要りません。

ジャズ好きな人は

かっこいいアドリブが聴きたいだけです。
素晴しいスウィング感、グルーブ感を体感したいだけです。
必然的かつ偶発的に起こる刺激的な和音のぶつかり合いを体感したいだけです。

それを、もう一度同じように演奏してといわれても
ミュージシャンも困ると思います。
自分が何をやったのか覚えてませんから・・


歌詞も曲もいらないのです。
こういう音楽を聴いて「良いな〜」って感じる人は、
そう多くないのでは?・・・
良いな〜って感じるのは、それなりの聴く能力が必要になります。

ジャズの大衆化はかなり無理があると思います。

貴店の近所のオヤジでした・・・
2. Posted by えび   2009年08月21日 19:24
>ジャズ好きオヤジさん
メッセージありがとうございます。

そうなのですよね。
聴き方は人それぞれでしょうが、いつも行き着くのが「ジャズの大衆化は無理がある」です。
そして一定のファンはこれからも常にいるでしょうが、時代がまた変わればゆくゆくはクラシック的な位置にいるんではないでしょうか。
それはそれでいいのかもしれません。
でも、こんなかっこいー音楽を知らないまま死んでくなんて!
そう思わずにいられないくらいジャズって楽しいものなんですよね。

オヤジさんは当店にいらしたことはありますか?是非語り合いたいものです。。
3. Posted by oyaji   2009年08月24日 23:51
えびさん  こんばんは

ジャズ好きのオヤジです。

>でも、こんなかっこいー音楽を
>知らないまま死んでくなんて!

それは仕方ないですよ。

どんな音楽が好きかというのは、食べ物の好みと似ていて
理屈じゃないと思います。
例えば、えびさんが、お刺身が好きだとしたら、
お刺身が好きな理由は何ですか?
究極は「好きだから好き」意外にはないのでは・・


しかし、どんな音楽が好きかによって、
性格特性や性格傾向があるとは思いますがね。

お店は一度だけ行ったことあります。
良い雰囲気ですね。
ただ、今はチョット忙しくてなかなか行けません。

又、コメント入れさせてもらいます。
4. Posted by えび   2009年08月28日 19:03
>ジャズ好きオヤジさん
聴いたことがあって好みに反するならしょうがない。
でもジャズの場合はほんとの意味で「聴いたこと」がある人も少ないと思います。
ふらっと入ったバーで流れてる音楽が心地よかった、ジャズってこういう音楽なのねーっていう入り口になれたらいいなって思います。

>しかし、どんな音楽が好きかによって、
性格特性や性格傾向があるとは思いますがね。

これはあると思います。細かく言えば好きな楽器、演奏している楽器別性格診断なんかできちゃいそう。


忙しいのはいいことですね。でも体には気をつけて下さい。ねばねばする食べ物が夏にはいいらしいです。
5. Posted by ジャズ好きのオヤジ   2009年09月02日 00:48
えびさん  こんばんは  

>聴いたことがあって好みに反するならしょうがない。
>でもジャズの場合はほんとの意味で
>「聴いたこと」がある人も少ないと思います。


僕はビートルズを聴きたいと思ったことは
一度もなかったけど幼少時代から、
もの凄い回数を聴かされています。
聴きたくなくても勝手に流れていましたからね・・・
でも僕はビートルズに興味はありません。

ジャズが好きになったのは20歳チョット前に
米軍ラジオのFENで流れていたジャズを
車の運転中に聴いたことがきっかけです。
雷に打たれたようなショックを受けました。
「世の中にこんなにカッコイイ音楽があるんだ!!」と
思ったしだいです。一気にのめりこみました。


ジャズと縁のある人は人生のどこかで
(ドラマを見て・映画を見て・バーで飲んでて)など
チョットでもジャズに触れれば好きになると思いますよ。
ジャズと縁のある人は・・・という前提ですがね。
だから多くの人にジャズの門戸は開放されていると
思います。


話しはチョット変わりますが、
ジャズを好きになる人は、ある意味「選民」だと思います。
未来もジャズ人口は少ないままだと思いますよ。

僕はジャズ人口は増えて欲しくありません。
選ばれし人の音楽だと思ってますので・・・・
6. Posted by えび   2009年09月09日 19:25
選ばれし人の音楽であるという考え方なのですね。私も御縁があってジャズに選ばれたのかしらん。

またお話しましょう〜!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
  • ライブドアブログ