2019年01月08日

ヨーロッパの伝統的(レトロ)なピアノ作りのペトロフピアノ

今は何事にも効率が重視されますが、チェコは先の先の大戦後、社会主義が長かったこともあり今でも昔ながら伝統的なピアノ作りが魅力です。

生産効率の悪いピアノ作りとも言えますが、これが逆に我々にとっては何とも魅力的で、ペトロフピアノは古き良きヨーロッパの伝統的な味わいを持っています。

広大な敷地を持つペトロフの工場正門前の筆者(チェコのクラローヴァにて)

39feed60-360x270-360x270
















豊富な自国産の木材を使用
19732287_1392094284238196_4093299672211181493_n-360x203-360x203















5代目のペトロフ社社長 スザンヌ・ペトロフさん(チェコの広大な森林)
1

















数年、屋外で自然乾燥された木材(ペトロフ社の工場にて筆者撮影)
IMG_0237-360x270-360x270



















アップライトも1台1台固体台の上で製作(ペトロフ社の工場にて筆者撮影)
16602586_1230996957014597_756015312047925618_n-360x240-360x240















ピアノの心臓部、響板の製作風景(ペトロフ社の工場にて筆者撮影)
日本ではフルコンサートピアノの響板のくらしか見られません
16508197_1230996907014602_613814713436272993_n-360x240-360x240

















アップライトの製作風景(ペトロフ社の工場にて筆者撮影)
IMG_0254-360x270-360x270


















台座に載せられたグランドピアノの製作(ペトロフ社の工場にて筆者撮影)
IMG_0221-360x270-360x270
















日本のピアノ工場に比べるとレトロなピアノ作りです。

お薦めブランド ペトロフ

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

資料一覧画像

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔