2019年01月11日

メンテナンスの品質でピアノの性能が決まります

メンテナンスの品質と云われてピンとくる方はほとんどおられないのではないでしょうか。

ピアノには調律が必要ですが、実はピアノという楽器は内部に複雑なメカニズムを持っており厄介な楽器ですが、このメカニズムが上手く機能しなければどんな名器も鈍器なります。

調律は勿論ですが、複雑なメカニズムの修正と擦り合わせ調整と最後に快適な音色の粒に揃える整音が定期メンテナンスでも必要ですが、これを精密に行うのが高品質なメンテナンスということになります。

定期メンテナンス、きちんと出荷調整がされたピアノでも通常半日はかかる作業です

o0480036013061915941-360x270

o0480064013061915869-360x480

o0480036013061915958-360x270

39092321-C0DD-4445-A9E4-B72B8AD52F9B-360x203-360x203

image-2-640x480-360x270

47B9D95A-5A82-4CF8-8FFE-C722135153AA-360x270-360x270

C82BCFBE-A35F-4242-A923-ACE8AE8E102B-360x270-360x270

2

3
































































































































ピアノの調律とメンテナンス

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

資料一覧画像

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔