2019年01月13日

ピアノの知られざるアキレス腱(一番の弱点)とは?

ピアノは自然素材の複雑なメカニズム(鍵盤、アクション、ダンパー)を通してリモートコントロールで打弦する楽器ですが、ピアノの弱点は調律師の手でそれらの構成部品の歪みを修正し、部品の擦り合わせ調整をしないと本来の性能(タッチと音色)を発揮しないというところです。

この複雑なメカニズムの調整の重要性や必要性については大半の方にご理解頂けていないので、世のピアノの大半が弾き難く表現力の劣るピアノになっています。

ですから、いくら高級ピアノや高級ブランドを購入しても自己満足に終わります。


木とフェルトで複雑に構成(リンク)されているピアノの仕組み
(アップライト)

DSC_0491
















木とフェルトで複雑に構成(リンク)されているピアノの仕組み
(グランドピアノ)
DSC_0497


















ピアノの調律とメンテナンス

ピアノの性能を大切にお考えの方に3点の資料を無料進呈しています。

無料資料の詳しいご案内はこちらから

資料一覧画像

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔