富山で飲み食い・おぼえ書きブログ

富山で見つけたおいしいお店やこじゃれたお店を書いていく、富山なグルメのブログだよ。どこへ行ったか忘れてしまわないようにね。 ボクの好みだから、「それはちがう」とか言わないでね。

福鶴酒造は老舗の造り酒屋

 八尾の旧町部には、昔からずーっと商売をしている老舗があったり、この街を元気にしようと最近がんばっているお店があったりと、なかなかバラエティに富んでいるんだよね。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ←自分も街歩きが好き、って人は、ここをクリックしてね。

 住んでいる人に、とっても愛されている街、っていうオーラが、そこここに感じられるのだった。

DSC_2136

 そんな旧町には、老舗の造り酒屋が2軒もあるよ。『玉旭』『おわら娘』っていう銘柄を出している「玉旭酒造」は、建物がすっかり新しくなったけれど、こちら、「福鶴酒造」は、昔ながらの店構えを守っているんだ。

DSC_2137

 つり下げられた杉玉といい、風格のある看板といい、いかにも造り酒屋な構えだよね。

DSC_2138


 お店の中も、こんな渋い造り。いったい、いつの時代に造られた建物なのだろうか。

DSC_2140

 白壁と古い扉と板の間と。昔は、ここに座って商売していたんだと思うんだ。商売というよりも、商い、というのが、この場所にはふさわしいよね。

DSC_2141

 ところが声をかけても、店の人が出てこなかったんだよね(笑)。せっかく、何か1本買って帰ろうと思ったのに〜。

 「福鶴酒造」は、『風の盆』っていう銘柄が有名だったけど、最近は『八王』っていうお酒も造っているみたいだね。もっとも、ボクが求めていたのは、昔ながらの『福鶴』だったのだった。いつか飲むことができたらいいな。

みやだ花月で食べる中華そばと焼きめしに流れる時を感じた

 「越中八尾駅」から、コミュニティバスに乗って旧町部まで行ってみたよ。といっても、けっこう遠回りしたんだけどね。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ←自分も弁当を持って旅に出る、って人は、ここをクリックしてね。

 コミュニティバスは、右回りと左回りがあって、左回りだと旧町部から先に行くんだけど、右回りだと八尾高校からグルッと八尾コミュニティセンターを通り抜けて井田川の東岸を走り、天満町から旧町部へと抜けていくんだ。ボクの待ってたバスは、この右回りだったから、たっぷり時間をかけて、旧町へと向かうことになったんだよね。

 かくして、「おわら資料館」横のバス停で下車したよ。

DSC_2126


 街並みをグルッと一回り歩いてみたら、時刻は、ランチタイムを少し過ぎた時間帯。おむすびを食べてから、余り間がなかったけど、ここはやはりお昼を食べておかないとね。

 通りがかりにいい感じの食堂があったから、入ってみたよ。お店の名前は「みやだ花月」。いかにも、ずーっとここでやっています風な構えが、いさぎよくて素敵だと思ったんだ。

DSC_2127

 頼むのは、もちろん昼ビール。アサヒのスーパードライは、大瓶で出てきたのだった。

DSC_2128

 こんな、昔ながらの食堂で頼むのは、『中華そば』と『焼きめし』の鉄板コンビ。注文を通すときには、『ラーメンとチャーハンね』と言われてしまうのも、お約束なのだった。そして、登場してきたのも、昔ながらの食堂であれば、お約束的見た目の逸品だったよ。

DSC_2135

 赤蒲鉾の入った焼きめしは、味付けがこれまた、昭和の食堂はみんなこんな味だった、って懐かしく思い出させる一品だったよ。豚肉、タマネギと玉子が入っているのはスタンダードだけど、椎茸が入っているのは、この店の個性だね。紅しょうがが入っているのも、正しき昭和の味わい。

DSC_2133

 「中華そば」は、これまた、鶏ガラ出汁のあっさり味で、旧富山市街では、この味を出す店は、すでに絶滅してしまったと言っても過言ではないと思うんだ。最近、こってり出汁の平成ラーメンとは一線を画す、とっても懐かしい味わいが、これまたうれしかったんだよね。

 ここに来れば、この味に出会えることがわかって、よかったと思ったよ。

DSC_2134

 定食も丼物もなかなかのラインナップ。うな丼900円は、今どき、きわめてリーズナブルかも。

DSC_2130

 すうどん、という言葉の響きも懐かしい。天ぷらラーメンも、気になるところだね。

DSC_2131

 お店には、小上がりとテーブルがあって、けっこうな収容力。おわらの時期には、たくさんの人でにぎわうのに違いないのだった。

DSC_2129

おむすび屋のおむすび持って汽車の旅

 この日は、電車に乗って出かけようと思ったんだ。となれば、お弁当を持って行くしかあるまい。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ←自分も弁当を持って旅に出る、って人は、ここをクリックしてね。

 そういえば、富山駅にある「おむすび屋」。前々から気になっていたんだけど、これは、購入して行くしかあるまいと思ったんだ。「おむすび屋」は、ますのすしの「源」がやっている、テイクアウトおにぎり屋さんだよ。

DSC_2116

 この日の朝は、8種類のおにぎりが並んでいたな。おかか昆布とか、黒とろろ(人気No.2)とか、富山ならこれでしょ、的なおにぎりもあったのだけれど、ボク的には、違うモノがお好みだったんだ。てか、おにぎりと言わずに、おむすびと呼んだ方が気分が出るかな。

DSC_2115

 かくして、切符を購入してホームに向かったよ。

DSC_2117

 この日は、高山線に乗ってみたんだ。

DSC_2119

 そして、目的地に到着〜。

DSC_2120

 この日は、越中八尾に来てみたよ。この間、「八尾乳業」のコーヒー牛乳を飲んだときに、次は、八尾だなと思ってしまったんだ。

DSC_2122

 旧町までは、歩いて行ってもいいのだけれど、八尾は、街中にコミュニティバスが走っているから、それに乗っていくことにしたんだ。とはいえ、次のバスが来るまで30分ほど時間待ちだったんだ。

DSC_2123

 というわけで、時間待ちに、さっそくおむすびを食べることにしたよ。ボクが購入したのは、『ピリ辛高菜』と『あさりしぐれ』。どっちも、富山らしからぬおむすびだけど、これがボクのお好みなんだ。

 ほどよい塩加減のおにぎりに、甘辛いあさりの佃煮としゃくしゃくした高菜の漬け物が、ほどよいアクセントなのだった。

DSC_2125

温泉で飲むのは八尾乳業のコーヒー牛乳

 温泉に入った後は、腰に手を当てて、牛乳を飲みたいよね。それが、お約束というモノだ(笑)。 

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ←自分も風呂上がりに牛乳、って人は、ここをクリックしてね。

 「よしみねゆーランド」にも、温泉ののれんをくぐったところに、牛乳の自販機があったんだ。これはもう、飲むしかあるまい。

DSC_2106

 とはいえ、ボクは、風呂上がりに飲むのは、コーヒー牛乳に決めているのだった。ここの牛乳は、「八尾乳業」。この会社は、牛乳もコーヒー牛乳も、他社とはひと味違うと思うんだよね。

DSC_2107

 おわらのシルエットが入った瓶が、これまた素敵なのだった。

吉峰の湯の露天風呂で流れる雲を追いかけた

 この間、不意に温泉に行きたくなったんだよね。全く突然だけど、『温泉、行こ』って思ったんだ。日帰り温泉にも色々あるけど、この日は、「よしみねゆーランド」に行くことにしたよ。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ←自分も温泉に行くのが好き、って人は、ここをクリックしてね。

 この日も、とってもいい天気。さわやかな初夏の空が広がっていたんだ。

DSC_2098

 かくして、「よしみねゆーランド」に到着。「よしみねゆーランド」は、「立山グリーンパーク吉峰」という林業試験場とか森林公園とかがあるエリアの一角にある、日帰り温泉だよ。横には、宿泊施設もついているから、泊まりがけで来る人もいるんだね。

DSC_2099

 入り口を入ると、すぐのところに券売機があるよ。大人の入浴料は610円だったな。

DSC_2101

 フロントから温泉へと続く廊下は、木の床が落ち着いた雰囲気で素敵だよね。とても、居心地のいい空間だよ。

DSC_2102

 けっこう長い廊下を歩くと、一番奥に温泉ののれんがあるんだ。中には、熱い湯と普通の湯の大きな浴槽が二つと、薬湯の浴槽があったよ。サウナもあるし、露天風呂もあるしで、いろんな湯が楽しめるところもまた、いいと思ったのだった。

 この日は、いい天気だったから、露天風呂に出てみたよ。積み上げた岩に囲まれるようにして、10畳ほどの広さの露天風呂が造られているんだ。この日は、かなり風が強い日だったんだよね。けっこうな速さで雲が流れていくのを、ずっと上を見上げて、追いかけていたよ。

DSC_2104

 この日の薬湯は、『米ぬか油・オリーブ油』入り。入っていると、ぽかぽかと体が温まる感じがしたな。

DSC_2114

 フロントの横のスペースでは、近所の人が持ち込んだ野菜や果物を販売していたよ。

DSC_2108

 もうスイカが売られていたのだった。小玉スイカかもしれないけど、スイカはスイカ。今年も夏がやってくるんだなぁと、しみじみ思ったよ。

DSC_2109

 フロントから温泉とは反対側に進むと、そこにはかなり広々とした休憩コーナーがあったよ。畳のスペースでは、温泉から上がった皆さんが、思い思いにくつろいでいたのだった。

 さらにこの奥には、レストランコーナーもあったのだけれど、この日は、すでに営業を終了してたんだ。何か食べようと思っていったんだけれど、残念。

DSC_2112

 とてもゆったりした時間を過ごせて、ハッピーな気分になれたよ。体も、いつまでもぽかぽかしていていて、さらっとしていて、来てよかったと思ったんだ。

DSC_2110



パン・オーレのエビカツドッグサンドは三拍子そろった絶品

 この日は、お昼用にパンを買うことにしたんだ。訪れたのは、掛尾にある大きなパン屋さん「パン・オーレ」だよ。この店では、たくさんの店員さんが、たくさんの種類のパンを、とてもたくさんつくっておいているんだよね。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ←自分もパン屋さんでランチのパンを買う、って人は、ここをクリックしてね。

 午前の早い時間だと、焼きたてのパンが次々と並べられていくよ。

DSC_2050

 この日、購入したのは、ポテサラとゆで玉子のサンドイッチ。2種類の味を楽しめるのがうれしいね。

DSC_2053

 そして、もう一品は、『エビカツドッグサンド』。タルタルソースをたっぷり入れ込んで、かなり濃厚な味わいだったんだ。エビカツのさっくりした食感と、エビの豊かな香りと、タルタルソースのこってりした味わいとが三拍子そろって、なかなかの絶品に仕上がっているのだった。

DSC_2055

 この日は、とってもいい天気。サンドイッチを持ってピクニックとしゃれ込みたいところだけれど、残念ながら、ボクは、仕事に向かったよ。

DSC_2052

地鉄富山駅のドトールで時間待ち

 この日は、バスの時間待ちに、カフェでコーヒーでも飲もうと思ったんだよね。「シアトルズベスト」が閉店してしまった最近は、コーヒー飲むなら「スタバ」だったけど、この日は、「ドトール」に寄り道することにしたのだった。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ←自分も時間待ちにカフェに入る、って人は、ここをクリックしてね。

 富山駅前の「ドトール」は、地鉄電車の乗り場フロアにあるよ。バス乗り場のある広場から、エスカレーターで上に登ると、そこに地鉄電車の乗り場があるから、この辺の土地は、どうなっているんだろう、ってちょっと不思議。

 そんなこんなを思いながら、エスプレッソをダブルで頼んだのだった。

DSC_2091

 この店は、いつ入っても、そこそこ座席が埋まっているんだよね。電車待ち、バス待ちには便利な場所にあるこの店。お向かいに「ロッテリア」があって、そちらは、ここより若者でにぎわっているけど、こちらのお店は、老若男女が誰でも入っている、っていう印象だな。

DSC_2151

昼間っからきはち屋のキンカンを一人飲みする

 この間、再び、駅前の三角地帯のビル「パティオさくら」に、昼飲みしに行ってみたよ。以学館の館長殿も、何度か、お出かけしていらっしゃるのを見て、これは負けられない、と思ったんだ(笑)。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ←自分も昼飲みが好き、って人は、ここをクリックしてね。

 案内板の前には、立ち止まって行き先を選んでいる人がたくさんいたよ。まだ、中のお店が、十分認知されていない証拠かも。かくいう自分も、そうやって、案内板をよくよく眺めて、お店を探してみたんだけどね。

DSC_2059

 かくして、訪れたのが、「昼間っからきはち屋」という名のお店。福井に本店がある居酒屋だよ。とりあえず、注文したのは生ビールなのだった。

DSC_2079

 この店でも、串揚げが食べられるんだね。どうやら、串揚げと串焼きを売りにしているお店らしい。

 ここはひとつスタンダードに、れんこん、エビ、うずら、豚と頼んでみたよ。もちろん、ソースの2度付け厳禁だから、一度目にたっぷりひたしていただいたのだった。小ぶりで、その分お値段リーズナブルだから、いろんな串が楽しめると思ったよ。

DSC_2087

 串焼きの1本目はとりかわ。パリッと焼き上げたところに、甘辛いたれをひたしてあって、お酒の肴にはぴったりな一品だったよ。

DSC_2083

 もう一品は、つくね。しその香りが香るつくねは、こちらもたれ焼きにして、さらに、1本で2度美味しい一品なのだった。

DSC_2085

 品物ができるまで暇だったから、メニューを写してみたよ。串焼きも串揚げもけっこうなラインナップ。一度に2本以上の注文なら、種類はばらばらでもいいんだって。

 締めのラーメンというのも、この店の看板メニューみたいだよ。

DSC_2080

 裏を返すと、ドリンクメニューになっていたな。ハイボールは、ホワイトホースでつくっているから、『馬ハイボール』と呼んでいるらしい。

DSC_2082

 でも、ボクが2杯目に頼んだのは『キンカン』。キンキンに冷えたカンカンに入ったチューハイのことなんだって。かすかに柑橘の香りがして、飲みやすい一杯だったよ。

DSC_2088

 自ら「昼間っから」と名乗るいさぎよさが心地よい居酒屋だったよ。

DSC_2089

塩苅食堂のカツ丼で安心する

 この間、「百万石うどんこのみ」でカツ丼を食べたんだ。とっても美味しいカツ丼だったんだけど、その日は、一緒に食べたうどんのおいしさに、すっかりノックアウトされたんだよね。だから、その時の『カツ丼食べたいマインド』は、まだ満たされないままだったんだ。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ←自分もカツ丼を食べるのが好き、って人は、ここをクリックしてね。

 かくしてこの日は、梅沢町にある老舗食堂「塩苅食堂」に行って、カツ丼を食べてみたんだ。登場してきたのがこれ。

DSC_2045

 カツがぎっしり入った具は、甘辛いたれでしっかり煮込んであったよ。ご飯をおおいつくして、具をほじっても、なかなかご飯にたどり着かないのだった。あぁ、カツ丼食べてる、っていう満足感にひたることができたんだ。

DSC_2046

 味噌汁椀にそばが入って、一緒についてくるよ。この店のそばを味見してね、的な感じだけれど、これがまた、お得感があっていいんだよね。

DSC_2047

 かくして、ぼくの『カツ丼食べたいマインド』は満ち満ちたのであった。

 この店では、この味わいのあるメニューを見るだけで、美味しいに違いないと思ってしまうよね。これからの季節は、冷しのメニューをいただくのもうれしいと思うんだ。

DSC_2048

DSC_2049

ブレッドマーケットのたまごカレーパンとたまごサンド

 この間、大町の住宅街の中にあるパン屋さん「ブレッドマーケット」で、ランチ用のパンを買ってみたよ。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ←自分もパンを食べるのが好き、って人は、ここをクリックしてね。

 購入したのは、いつものごとくの、『玉子サンドイッチ』。コンビニで買っても、パン屋さんで買っても、どこで買っても美味しいと思うのだけれど、パン屋さんの玉子サンドは、手作り感たっぷりの具がさらにいい感じだと思うのだった。

DSC_1995

 そして、もう一品は、カレーパンだったけど、これにもゆで玉子が入っていたんだよね。カレーは、ちょっと辛めだったけど、ゆで玉子で辛さがマイルドになるんだ。カレーの味と、ゆで玉子の味と、両方楽しめるのがいいかも。

DSC_1996

DSC_1994

 それにしても、こういう街のパン屋さん、っていうのは、素敵な存在だと思うのだった。
あなたは
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人目の訪問者です

Profile

ピート

記事検索
最近のコメント
過去の記事
ギャラリー
  • 福鶴酒造は老舗の造り酒屋
  • 福鶴酒造は老舗の造り酒屋
  • 福鶴酒造は老舗の造り酒屋
  • 福鶴酒造は老舗の造り酒屋
  • 福鶴酒造は老舗の造り酒屋
  • みやだ花月で食べる中華そばと焼きめしに流れる時を感じた
  • みやだ花月で食べる中華そばと焼きめしに流れる時を感じた
  • みやだ花月で食べる中華そばと焼きめしに流れる時を感じた
  • みやだ花月で食べる中華そばと焼きめしに流れる時を感じた
  • みやだ花月で食べる中華そばと焼きめしに流れる時を感じた
  • みやだ花月で食べる中華そばと焼きめしに流れる時を感じた
  • みやだ花月で食べる中華そばと焼きめしに流れる時を感じた
  • みやだ花月で食べる中華そばと焼きめしに流れる時を感じた
  • みやだ花月で食べる中華そばと焼きめしに流れる時を感じた
  • おむすび屋のおむすび持って汽車の旅