富山で飲み食い・おぼえ書きブログ

富山で見つけたおいしいお店やこじゃれたお店を書いていく、富山なグルメのブログだよ。どこへ行ったか忘れてしまわないようにね。 ボクの好みだから、「それはちがう」とか言わないでね。

 ふたたび立山に行ってみたよ。今度は、頂上まで登ることが目的だったんだ。室堂に一泊して、朝一に頂上めがけて登ることにしたんだよね。とっても気合の入った仲間に、連れられていったんだww。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ←ボクのブログを応援してくれる人はクリックしてね。

 夕方になると、太陽が下から上に向かって差してくるんだ。そして、立山全体が、うすく紅く染まっていくのが素敵だったよ。

 この風景は、夕方の室堂でなければ見られないと思うんだ。

IMG_5388

 西を見ると、山の端にもうすぐ落ちていきそうな太陽が、室堂平の向こうに見えていたよ。とても幻想的で、美しい夕暮れ時だったな。

 太陽が隠れるまで、少し長い時間、ずーっと見つめていたんだ。

IMG_5493

 沈む間際には、太陽がにわかにつぶれて楕円になっていくんだ。ああ、もうすぐ日が落ちる。

IMG_5500

 やがて空が薄暗がりになると、三日月が顔を出してくれたよ。その左斜め上にこの日見えたのは、土星だという話。南の空には、火星とか土星とかも一列に並んで見えていて、こんなにたくさんの惑星を見たのは、初めてだったな。

IMG_5501

 やがて太陽も三日月も沈んでしまうと、そこにこるのは漆黒の闇。空には、雲ひとつかかっていなくて、空にはこんなに星があったのかと、驚くばかりの星空だったよ。

 はくちょう座もさそり座も、北斗七星もカシオペア座も北極星も、そして、白いベールのように空を横切る天の川までも、まるで図鑑のようにはっきりと見えたんだ。こんなにたくさんの星を見たのは、何年ぶりのことだろう。

 山の上には雄山神社の社務所の、そして一ノ越には一ノ越山荘の灯りだけが、くっきりと浮かんで見えたよ。天上界の夜の眺めは格別だったな。

IMG_5503

 そして迎えた朝。夜明け直前の立山から斜めに日が差しているのは分かるかな。

 6時過ぎの室堂を出て、雄山に向かい始めたボクたちだけれど、ここから先はまた別の話。

IMG_5515

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 2. ピート
    • 2016年08月15日 09:59
    • みかんさん、おひさしぶり〜。
      大学に入る前だった息子さんが、
      もはや院生とは、月日の経つのは早いものだね。
      立山、いつでも登れそうに思っていたけど、
      実は、機会がなければなかなか登れないんだよね。
      行くなら、日を決めて、
      その日にトライするのがいいかも。
    • 1. みかん
    • 2016年08月14日 20:36
    • もう何年も前、息子が富山大学に入学するのでこちらに辿り着いた
      みかんと言います。その節はお世話になりました。
      富山のおススメのお店を色々教えて頂いたのが昨日のようです。
      現在、息子は大学院1年生です。いよいよ富山生活も1年ちょっと…
      最後に立山には登っておきたいね。って事で、こちらを思い出しました。
      すると!タイムリーに立山登山!
      続き、めっちゃ楽しみにしています!詳しいレポート待ってま〜す!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット