富山で飲み食い・おぼえ書きブログ

富山で見つけたおいしいお店やこじゃれたお店を書いていく、富山なグルメのブログだよ。どこへ行ったか忘れてしまわないようにね。 ボクの好みだから、「それはちがう」とか言わないでね。

 宇奈月温泉街には、和菓子のお店がいくつもあるよね。旅館やお土産屋さんでも買うことができるけれど、ここはやはりお店を訪れて、そこで買う方が気分が盛り上がると思うんだ。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ←自分も温泉街のお土産屋さん巡りが好き、って方はクリックしてね

 お店の前には、こんな氷の灯籠が置いてあったよ。とっても素敵だよね。中には、ろうそくがともっていて、その熱で氷がどんどん溶けていくんだ。

DSC00530

 この「福多屋菓子司」は、古い造りの建物が目印のお店。ずっと昔から同じ店構えでやってます、といった風格を感じるお店だよね。

DSC00540

 ショーケースには、いろんなタイプの和菓子がたくさん並んでいるんだ。どれを買えばいいか、すっかり迷ってしまうよね。

DSC00532

 お店には、宇奈月の地サイダーも並べてあったな。『黒部の泡水』は、ラベルが、映画『黒部の太陽』をインスパイアしていて面白かったな。

DSC00534

 お店の中では、地元の手まり会の人が作った手まりが展示されていたんだ。

DSC00535

 色鮮やかで大きさも様々な手まりが並んでいたよ。

DSC00536

DSC00537

DSC00539

 この店の一番の看板メニューは『おもかげ』っていうお菓子。こしあんを、甘めの餅状のもので包んで、2枚の薄い皮ではさんだ和菓子だよ。こしあんが上品で、それをはさむ皮も、ふんわりした上品な甘さで、といった感じ。

DSC00533

 でもボクらの目当ては、『おもかげ』ではなく、この『春の苺桜餅』。桜餅の中にいちごを2個入れた、季節メニューなんだ。

 できたてだったからか、餅がふんわり柔らかかったよ。あんこの甘さと、いちごの酸味が絶妙で、何個でも食べられそうな絶品中の絶品なんだ。

DSC00541


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット