桜木町にずーっと昔からある老舗の日本料理店「十々八」で、久しぶりに宴会があったよ。とてもトラディショナルな構えのこのお店には、毎回幹事は違うのに、何年かに1回必ずお世話になるんだ。

 このお店では、お通しというには圧倒的な内容の一皿が、出迎えてくれるよ。この日は、左から、かなり身の多いカニ味噌、ワカサギの南蛮漬け、昆布を巻いた鯖寿司、といった取り合わせ。けっこう量もあるから、すきっ腹をそこそこ満たしてくれていい感じなんだ。

DSC_5094

88_31←富山を元気にするブログがいっぱいあるから、見てね〜。

 宴会だからコースでいろいろ出てきたけど、この日、ボク的にもっとも出色だったのがこの『ばい貝の煮込み』だったんだ。だから、ぽんと舌鼓。

 けっこう大振りで、そこそこ歯ごたえがあるけど、さっくりかみ切れる程度には柔らかい、そんな絶妙なばい貝が、甘辛く味付けされて、それはもうこの世のものとも思えない美味しさ。ばい貝は夏のもの、それも小ばい貝に限ると思っていたけど、どうしてどうして、今の時期のばい貝もとってもいいのだった。ぽんぽん。

DSC_5095

 この店で宴会があると聞くと、とても楽しみになる、そんなお店だよ。

DSC_5092