猫の日は可愛い保護猫がたくさんいるため、その画像をアップしたり、猫の日関連のお知らせも色々とあるので順番に告知をしたりしたかった。
が、朝からひたすらウサギの不妊手術だった。
昼休みだけでは終わらないため、診療時間中もここの空き時間で一頭できる・・と休みなく作業をしていた。
麻酔とモニターが安定したら使い終わった手術器具を洗浄し、器具をパッキングして滅菌し、術後の子達のお世話をし、合間に他の仕事をしていたらだんだん疲れと共に院内がグチャグチャになってきた。
3頭目が終わったらお昼休憩にして環境諸々リカバリーするか、と計画した。
この子の後にお昼にしようか?
僕はおにぎりを持ってきたので浮子の水浴びさせながら食べるから大丈夫です。
あっそ。
私は鮭とだし巻き卵を焼いていつものお弁当を作ってきていた。
今日中に食べれば良いか。
浮子たちが出ている間に、残りのうさぎの頭数と器具やドレープの数を確認し、洗浄して滅菌した。
入院室の保護動物たちの世話をして、院内を清掃し、次の手術の準備をしていたら2人が帰ってきた。

4頭目は初の妊娠していない子で、気分的にも楽だよね、子宮も見やすいし、と少し盛り上がった。
うーん、やっぱりお腹が減ってきたな。
5頭目が終わったら夕方の診療なので、その前に食べてしまった方が良さそうだ。
滅菌も入院の方もできることは全て終えていたので、少しだけ手を空けられそうだ。
この子をやってる間にゴハン食べちゃうね。
何かあったら呼びますね。
はーい。
食べる前に術後の子たちをチェックしていたら早速呼ばれた。
モニターの音は聞こえていて呼吸も心拍も安定しているのになんだよ。
見てくださいこれ。
あぁ、もう生まれる寸前だったんだね。
子宮の中で様々な毛色の子うさぎ達がピクピクと動いている。
多頭飼育で管理しきれないために堕胎手術を兼ねてメスの全頭手術を予定している。
いままでの胎児は全て麻酔と血流が途絶えたために死亡したことを確認し、ペット霊園に出している。
これくらい育ってる子達もいままで処置したよ。
そうなんですか。
うん。
まじまじと子宮を観察していると空腹も相まって混乱してくる。
これを死なせるのが私達の仕事なのか?
増え過ぎて環境が悪くなって困っている、いま生きているうさぎ達のために行うべきだ。
一時の感情でこの子たちだけ助けたところで、いままで処置した子達はなぜ救わなかったのか、エゴでしかない。
育たなかった場合にこの世での短い生は意味あるのか?苦しませるだけかもしれない。
意味なんて後づけだし、私は常にエゴの上で生活している。

出すか?
育ちますかね?
うさぎの人工哺乳は生存率が低いし、麻酔で寝ちゃってるから蘇生できないかもだけど、まだ血管を結んでないからやるだけやってみるのはありかも。
よし、やってみましょうか?

うん。
やるなら早い方が生存率が高い。
血管を結んじゃうと酸欠になるから、ここだけ止めたら開けて出しちゃって。
胎児を受け取るために新品のタオルを何枚か持ってきた。
子宮から取り出された胎児を受け取ると羊膜を破り、臍の緒を結んで切り、羊水を鼻から吸い出し、身体を擦って呼吸開始を促す。
手を止めると麻酔の影響ですぐに眠りに落ちて呼吸が停止してしまう。
1頭目の蘇生をしている時に2頭目が置かれた。
残り2頭どうします?
とりあえず全部出して。
助かりそうな子だけあたりをつけて蘇生をするか全頭やってみるか。
蘇生しながら胎児の状況で判断することにした。
目の前に積み上げられる胎児に考える間もなく手が勝手に動いて4頭の蘇生をしていた。
途中で臍の緒の結紮が間に合わなくて、結んでいる間に他の子達がダメになりそう、と判断して引きちぎり、出血していたのを鉗子で挫滅させて止めた。
呼吸をしない子にはゆっくりと肺を膨らませるように人工呼吸をした。

慌ただしく処置をしていたら待合室から人の声がした。
あ、もう予約の人たちが来てるよ。
どうしましょう?
待ってて下さいって言ってくるね。

手を止めると呼吸を止めるのがまだ約2名いたため、血みどろのガーゼや気になる胎盤だけオペ室の流しに放り投げ、4頭とも診察室まで持って行った。
堕胎手術から帝王切開からの卵巣子宮摘出に切り替えたために時間がかかってしまっている。
30分ぐらい待ってもらうことにした。
と話している間にこの動画を撮ってもらった。






というわけで保護うさぎを4頭も増やしてしまい、しかも寝不足確定という馬鹿なことをしてしまった。
そしてこの子達が無事に育ったら、また不妊去勢手術をしなくてはいけないという自爆。
でも育ったら良いな。












【今後のスケジュール(譲渡会以外は要予約)】 

3月13日(土)14:00~16:00 水越美奈先生の猫の行動学 代々木会場&オンライン講習会 受講料:3,000円






※注意※ペットサロンミグノンはトリミングサロン、ペットグッズショップです。
保護活動に関するお問い合わせはショップではお受けできませんので団体ホームページよりどうぞ。
renconrer-mignon.org




★各種問い合わせはインフォメーションのアドレスで一括して受け付けております。
担当者もすべてボランティアですので、お返事にお時間がかかります。
info☆rencontrer-mignon.org
ご協力をお願い致します。


ミグノン通販ページがリニューアルしました★
2011,2,11,商品アップしました♪


人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援をお願いします。↓
人気ブログランキング