多頭うさぎの現場から、またまた調子の悪い子たちが治療に運ばれてきた。
ウンチが全く出ていなくて、元気食欲もなく尿も水みたいに薄いのをしているという。
怖すぎる。

まずはレントゲンを撮って、その画像を送りつつ霍野先生に連絡しよう、となった。
胃のなかにはガスというよりもモヤモヤした毛のようなものが大量に溜まっていた。
霍野先生からは閉塞していたら怖いからすぐにCTを撮るように、との指示がきた。
CTは・・ウチはないんだよなぁ。

取り急ぎ、翌日CTを撮りに行きたいと大学に仮予約をした。
ところが・・・。
次の日は仕事が休みなので外回り関係の仕事を入れてしまっていた。
しかも2つともスケジュールの変更が難しい。

とにかく投薬と強制給餌を頑張って、鬱滞だったら胃腸が動いてくれることを祈る事にした。
食べるものがないか探してみて、うさぎ用のトリーツは少し食べた。
トリーツにペレットをさりげなく混ぜたら食べなかった。。
野菜は?と小松菜を買ってきたら最初だけ少し食べた。
そのあとは何も口にしない。

仕方がないので強制給餌をしようと流動食を出した。
シリンジでどんどん口の中に入れようとしたけれど、0.5ml飲み込むのがやっとで入っていかない。
こんなんじゃ入ったうちにならないな。
困った挙句に20~30分刻みで0.5ml流し込んではお腹のマッサージ、ということを朝まで行う事にした。
それで復活すればCT撮影もいらないし、絶対に無理そうなスケジュールの変更?もしないで済むし。




D73A7394-5260-4B38-AA08-CBACD7B681F4

もう一頭、負傷した子も運ばれてきた。
幼い頃に鼻を食いちぎられていた子で、やっと傷が治って去勢手術をしたと思ったら、今回は目を負傷してしまっていた。
この子は自己血清の点眼と抗生剤の内服薬で治療する事になった。







うさぎ達というか、食べないうさぎの対応で人間は電話応対の時間にも困っていたところ、とくに猫は呑気にしていた。
緊急事態宣言になると顧客がちょっとした買い物でも予約して来てくれるので、それに合わせて時間内でも犬や猫を出してあげられるようになった。
満足そうだけど、なんか。
もう少し空気を読んでキリッとして欲しいな。














【今後のスケジュール(譲渡会以外は要予約)】 

5月15日(土)14:00~16:00 水越美奈先生の猫の行動学オンライン講習会 受講料:3,000円

6月19日(土)犬の行動学 実習のため会場で開催予定(状況によりオンラインへ変更)


※注意※ペットサロンミグノンはトリミングサロン、ペットグッズショップです。
保護活動に関するお問い合わせはショップではお受けできませんので団体ホームページよりどうぞ。
renconrer-mignon.org




★各種問い合わせはインフォメーションのアドレスで一括して受け付けております。
担当者もすべてボランティアですので、お返事にお時間がかかります。
info☆rencontrer-mignon.org
ご協力をお願い致します。


ミグノン通販ページがリニューアルしました★
2011,2,11,商品アップしました♪


人気ブログランキングに参加しています。
クリックで応援をお願いします。↓
人気ブログランキング