Lotus Design kitakyushu

最近は不在がちなためひさしぶりに帰宅して
一気に生姜の収穫です。

もう、葉がワサオです。
プランターもはち切れんばかり。
IMG_6823
掘り起こしやすいように、まずは葉を
切り落としました。
丸坊主。
IMG_6824
そして、気合い入れてひたすら引っこ抜く!
そう、今年の生姜は去年収穫した生姜を保存して
種生姜として植えつけています。
もう、それは大成功。
IMG_6825
収穫量は測ってないものの一つのプランターに
種生姜を2列で6個
プランター2つなので12個の植えつけで
発芽率100%。
去年はプランター3個でしたが収穫量は
去年に負けてないかもです。

で、早速保存の準備。
肝心なのは泥を洗い落としてはいけない。
根を切り落とし、泥を軽く落としたら
適当な大きさに割り、新聞紙に包みます。
IMG_6826
同じように保存するだけひたすら包む。

ハッポースチロールの箱の底に新聞紙を 
何枚か重ねて、霧吹きでピチャピチャに
なるまで水分を吸い込ませ、そこに新聞紙で
包んだ生姜を並べていきますが、これにも
霧吹きで水分補給。
IMG_6827
後は蓋をする前に新聞紙を濡れた新聞紙を被せ
て蓋をしたら完了。
問題はこの箱を何処に置いておくかですが
暑くなく、寒くもない所。
? わりと今からの時期、難しい。
我が家はキッチンの隅に置いて大丈夫でした。

生姜は使う都度、箱のから取り出して
残りが来季の種生姜となります。
なので、出来れば大きめの生姜は食べないで
小さい生姜から食べちゃう。

我が家の分、お裾分けのぶんで余りある
生姜の収穫でした。

厄介なのはプランターの用土。
連鎖する生姜は用土の使い回しが難しいため
取れる範囲で生姜の根を取り除き
苦土石灰を大目にすき込んで春まで寝かせて
春にはこの用土で、次はトマトです。
 
用土処理が一番大変でした。

さっ、明日からまたお寺です。





我が家から車で2時間ほど。
まだ若い頃に一度だけ行ったけど
今回、ちょっとしたきっかけがあり先日
行ってきました。
南蔵院は
高野山真言宗別格本山
篠栗四国総本寺 です。
あまりに有名な世界一の涅槃像が鎮座しています。
その壮大さに圧倒されました。
IMG_6719
IMG_6718
今回はこの涅槃像の胎内参拝もしてきました。

南蔵院と言えば、そう、金運アップのお寺です。
ご住職の宝くじの話もあまりに有名。

一番に感じたことはその繁栄ぶり。
広大なエリア全てがきれいに整備され
なにより皆さんが親切。
本堂、涅槃像まで上がる階段は上がれないので
スロープになった方から上がろうとしていたら
何と、電動の車椅子を貸してもらえるとの事。
しかもその台数が半端ない。
障害のある無しだけではなくお年寄りも多く
訪れるのでそういった人への配慮ですね。
この電動の車椅子がらなかったら恐らく私は
病院送りになっていたという強く思う。

霊場ならではの澄み切った空気を感じ
無事に帰る事が出来た。


それにしても、いつもうろうろしている
国東の六郷満山霊場とは余りに違いすぎる。
六郷満山霊場の活性化を切に思う⁈

合掌

今季の花が終わりを迎えています。
振り返ってみれば、栽培鉢数からすれば
開花率は半分以下で残念なことに例年通り。
株分け、植え替えの際に立派なレンコンだったから
咲くと言うわけでもない事がよく分かった。
なので、来期の植え替えで鉢の数を減らす事が
更に難しくなる。

今季の開花は
宝珠山  ダントツ
オウリ  マズマズ
白八重  三輪
曙  一輪

総開花数  約  25輪ほど。

そして終盤を迎えた今朝の様子

白八重
IMG_6707
IMG_6708
宝珠山
IMG_6709
立葉の間にひっそりとオウリ
IMG_6710
後、他の花が終わる頃から開花が始まる
ソクヒレンが今季は兆候なし。

花托が育ち少しだけ種の採取も出来そう。
IMG_6711
IMG_6712
シーズン終盤は毎年何となく寂しさを感じて
しまう。





今日は小太郎の三回忌法要を取り行ってきた。
丸二年が過ぎた事になるが思い出が蘇る。
P1010919

P1010994

P1020282

A5070214

5e30bebd

A4050028

a7a0f73b

P2120055

A9210085

5年の生涯を勢いよく駆け抜けた小太郎、いつもせかせかと忙しい子だったけど
もう少しゆっくりと自分の人生を歩んでほしかった。
小太郎が居なくなり、今では小夏と優がかつて小太郎が暮らした我が家で
小太郎が過ごした日々を知る由もなく二人元気に暮らしてるけど
時折その二人に小太郎の面影がかぶるときがある。
いつまでも小太郎、そしてケンの事を忘れずに暮らしていこうと
あらためてそう思った。

念珠を作る際に必要な、つゆ結び(蛇結)。

今日は終日この結び方の練習。
簡単そうで割と難しい・・・
P8030874

先日の法事の際、手作りのお念珠が脚光を浴びた。
いや、浴びるようにアピールしたのだけれど。
それと同じ念珠がこちら。
P7150606

嫁が甥の嫁たちにアピールして脚光を浴びてしまい注文多数  (合掌)
で、更にいろんなお念珠を作るにはそれなりに結び方も習得しないといけない。
その基本となるのがこの、つゆ結び(蛇結)。
P8030875

結び目ごとに締めて行くのがポイントみたいな感触をつかんだけれど
やはり京都のカルチャースクールに一週間行こうか迷い中です・・・

練習ついでにこんなのも作ってみた。
P8030872

target="_blank">P8030870

財運UPに期待を込めて翡翠のヒキュウさんキーホルダー。
ストラップ部にこの、つゆ結び(蛇結)。

このページのトップヘ