道場さんが生まれたのは
昭和6年年1月3日(82歳)

石川県加賀市の山中温泉で、男3人、
女3人、6人兄弟の末っ子です。

「六人兄弟の三男」なので「六三郎」と
名付けられたとか

道場六三郎
 

道場さんの実家は老舗の山中漆器を扱うお店で、
地元が有名な温泉街だったことから、小さな
ころから料理に親しんだといわれます。

17歳になった時に早くも知り合いの魚屋で
働くことに成り、ここで包丁を握り始めました。
 

そして、19歳の時に上京し、銀座「くろかべ」に
入店したのです。

銀座「くろかべ」を手始めに、神戸「六甲花壇」、
金沢「白雲楼」と錚々たるお店で修行を重ね、

28歳の時には「赤坂常盤家」のチーフに抜擢
されます。
 

そして昭和46年、40歳の時に独立し、
銀座「ろくさん亭」を開店。

平成5年~平成8年まで、当時の人気番組だった
『料理の鉄人』(フジテレビ系)にレギュラー出演

初代「和の鉄人」として活躍しました。
 

この番組ではトータル27勝3敗1引分けと圧倒的な
料理の腕を披露、

料理人としての地位と人気を不動の物にしました。
 

キャビアやフォアグラなどの西洋料理の食材、
皮蛋などの中華料の理食材などを積極的に
取り入れ、

和食の枠にとらわれない斬新な料理で有り
ながら、和食の神髄を外さない

自由な発想で、形にとらわれない和食の味を
求める。

そして、真面目で一本気な性格に見えながらも、
和食の最先端を走り続ける姿が人気の秘密と
なっています。


道場六三郎
 

平成18年には宮内庁より園遊会に招かれ、
今上天皇からお言葉をいただきました。


平成19年年に旭日小綬章を受賞。

平成23年には80歳を迎え、旬の食材を
生かしながら、これまで築いてきた道場
スタイルの和食をさらに深化させる料理

「道場旬皿」の創作を開始したのです。
 

和食のよき伝統を受け継ぎながら、食材が
本来持っている味を引き出す、

これまでにない独創的な料理に挑戦する姿を
次の世代にも伝えたいと執念を燃やし続けて
いるのです。


関連記事

「道場旬皿」道場六三郎さんの新しい挑戦

今、一番売れている家庭用精米機は何?

ご飯をおいしく食べるには家庭用精米機があるといいってホントなの

お正月も近づき、どうせならもち米を精米できる精米器を

  
★楽天で道場六三郎の精米機MB-RC23「匠味米」の最安店を探す★

★Amazonで道場六三郎の精米機MB-RC23「匠味米」を購入する★