2012年09月02日

■ ブログのお引越しをすることにしました。

こちらのブログは閉鎖します。

新ブログはこちらからこちらからどうぞ。

よろしくお願いいたします。

pff0415cb at 22:27 

2012年08月16日

■こんにちは。ご無沙汰しております。

昨日は祖父の初盆で、久々に外出しました。
祖父の家に行く途中、車の中で見た田んぼの稲の緑がなんだかすごくまぶしくて、蝉の声なんかも妙に懐かしく感じるほど、ひきこもっていたことに気づき、我ながらぞっとしてしまったりして……。

■新刊情報をひとつ。

8月25日発売

『僕に愛を語るな』

ドルチェノベルス

挿絵 小山田あみ様


■こちらの作品は、ずいぶん昔のお話を加筆修正して、商業誌で出していただけることになった作品です。
こちらのサイトにも、しばらくupしていたし、同人誌にもしたものなので、ご存知の方もおられるかもしれません。
加筆修正と、かなりの圧縮をして、設定なども若干変わっているので、すでに読まれているかたも、是非、もう一度読んで頂けると嬉しいです。

小山田先生に本当に素敵なイラストをつけて頂きました。
ラフを送っていただいていた段階から、もうほんと素敵だなぁと思ったのですが、見本の表紙や出来上がったイラストを見て、さらに感動でございます。

『僕に愛を語るな』はコミコミスタジオさんで特典の小冊子がつきます。

どうぞ、よろしくお願いします。


■さてさて。
そろそろ八月も中旬にはいり、気づいたら夏も終わりに近づいてきています。
恐ろしく時間のたつのが早くて、ぼんやりしていたら一年があっというまに終わってしまいそうです……。

最近、ようやく体調も安定してきました。
毎年のことなのですが……、実は夏太りします……。
冬はどうも代謝がよくなりすぎて、(たぶん、必死に体温をあげようとしてるからなのではないかと……)激痩せするのですが、夏になると食欲が戻るので(おそらく、外に出ないから夏バテしないんでしょうね……)この時期は比較的体調がいいんですよね。
今のうちにあともう少し体重を増やして、冬に備えようかと。
もう、あれですよ。冬眠前の熊ちゃんと一緒です……。

太った……といえば、うちのにゃんこも、一回りくらい体格がよくなりました。
それでもようやく、ふつうのねこちゃんくらいなんですけどね。
以前がかなり痩せていたので、ちょっと丸くなって猫っぽい体系になりました。
とにかく体が大きなこなので、痩せていてもそれなりに体重があったのですが、通常の猫並みにまるくなってきて、さらに重くなりました……。
うちのこの体系だと、8キロあっても普通らしいという、大型猫なのです……。
そろそろ抱っこするのがしんどくなってきています。
去勢はしていないので、極端に太ることはないだろうとのことでしたが、このまま太り続けてくれたら、寝てるときに、お腹の上に飛び乗られたりしたら、圧死間違いないのではないかと……。

■夏が終わる前に、初稿をあげなくてはいけない原稿があるので、キリキリ働こうかと思います。
というわけで、今回はこの辺で。


pff0415cb at 17:08 

2012年07月04日

■大変ご無沙汰いたしております。結城瑛朱です。
体調不良のため、しばらくふせっておりました。
どこが悪いというわけでもないのですが、もともと(情けないことに・・・)虚弱体質ゆえ、とうとう体力がつきたというか、持病のお薬を変えたり、通院していた病院を変えたりしているうちにますます悪化したり、そんなおり、叔母がなくなり、祖父が亡くなり、気分も沈み込んでいたのですが・・・。

人間というのはやっぱりどっかしぶとくできているようで、なんとかこうして再びみなさまに近況をお伝えできるくらいには復活いたしました。

体調も創作活動のほうも不調の中、根気よく待ってくださっていた関係者の皆様、本当にありがとうございます。
感謝してもしたりないほどに感謝しております。

『なんとか本を出しましょう』と、『飼い主を決めるのは猫』を発行まで導いてくださったO内様。
感謝の言葉すら浮かばないほどに感謝しております。
そして、原稿がずいぶん遅れてしまったにもかかわらず、素敵なイラストを描いてくださった桜木やや先生、本当にありがとうございました。

アンソロジー掲載時にイラストを担当してくれた鹿谷先生にも本当に感謝です。
いつもいつもありがとうございます。


■そんなわけで、しばらくの間サークル活動も休止状態だったのですが、冬あたりから復活しようかと、鹿谷先生とお話をしてたところです。
また、みなさまにお会いできるのを楽しみにしています。


■先日、ロースキーノベルス様から、皆さまから頂いたお手紙が届きました。
『飼い主を決めるのは猫』や『片戀がふたつ』などのご感想、本当にありがとうございます。
フェア対象商品になっていたことさえすっかり失念しておりました・・・。
とてもたくさんの感想のお手紙をいただけて、本当に感謝しております。
たくさんの元気をみなさまに頂きました。ありがとうございます。


近々、お仕事情報などお知らせできるのではないかと思っております。

それでは、今回はこのへんで。

色々とご心配をおかけして、申し訳ございませんでした。



pff0415cb at 02:39 

2011年05月24日

■大変ご無沙汰しております。
もうめちゃくちゃご無沙汰でしたwww。

もう発売されているのか、もう少ししたらなのか、ちょっと定かではないのですが(ちゃんと調べてから書けって云う感じですね……もうしわけございません)


■『adoucir』
二冊目でございます。

adoucir02



■こちらで、『飼い主を決めるのは猫』の後篇が掲載されております。
挿絵は、鹿谷サナエさんです。
とっても素敵なイラストを書いていただきました〜


■今回は珍しく攻視点でお送りしております。
よろしくお願いします。




pff0415cb at 03:37 

2011年04月09日

■ご無沙汰しておりました。結城です。
一昨日も大きな余震や停電などがあり、気持ちが塞ぎこむことも多いのですが、とりあえずわたしはお仕事をしています。節電とか募金とか、その程度のことしかできませんが。まずは、できることをやろうと思います。

■先日、八分咲きといったところの桜を見に行きました。
本当に短い時間でしたが、春が来たのだなぁと、桜を見てあらためて思いました。
今年の冬はずいぶんと長く感じたものですから、春の訪れがこれまでとどこか違う印象を受けました。
ちゃんと時間は流れているのだなぁ……と、痛感いたしました。
できるだけ早く、みなさんが平穏な気持ちで桜を見上げる日がくればいいなぁと、そんなことを思いました。

adoucir01



■ブライト出版さんで創刊されました『adoucir』に小説を載せていただきました。
『adoucir』はオリジナルBLアンソロジーで、マンガアンソロになっているのですが、一本だけ、小説が入っています。
マンガ家さんばかりの作品のなかでひとつだけ小説……という体験は初めてでして……。そして、前後篇でお話を書かせていただくのも初めてのことでした。初体験いっぱいです。

小説のタイトルは『飼い主を決めるのは猫』です。
イラストは公私ともに長いお付き合いをさせてもらっている鹿谷サナエさんに描いていただくことができました!
一緒にお仕事ができて、本当にうれしいのです。幸せです。

『adoucir』では創刊を記念してプレゼント読者様プレゼントなどもあります。
わたしも参加させていただいております。『飼い主を決めるのは猫』の前篇と後篇のちょうど間くらいにあたる小噺を書いたSSペーパーなのですが、こちらは応募者全員にプレゼントということなので、よろしければ応募してもらっていただけると嬉しいです。
……実は3本書いて、そのうち2本を担当さんにお送りし、プレゼント用のSSペーパーは担当さんと相談して決めました。自分だけでは決めかねてしまったもので……。

『飼い主を決めるのは猫』はちょうど、桜の季節のお話になっております。
後篇は5月に発売……だったと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

■現在は、なんとなくあれこれと何本かのお仕事を掛け持ちしております。5月発売の『adoucir』さん発売以降は、夏あたりに本がでるんじゃないかな……と思います。

そのときはまた、ご報告させてただきます。
それでは。

pff0415cb at 03:48 

2011年03月18日

■東日本大震災の最初の地震から一週間が経ちました。
この度の震災で被災された皆様、そしていまだ不自由な生活を送られている皆様へお見舞い申し上げます。
お亡くなりになられた皆さまのご冥福をお祈りいたします。

この一週間、こちらに書きこむことをひどく悩み続けました。
被災された皆様のお気持ちや、大切な人を亡くされた方々のご心痛を思うと、心が立ち止まりそうになる。そんなことの繰り返しでした。

先日、東北に住んでいる友達の声を聞くことができました。
無事でいてくれたことは知っていましたが、声を聞くまではとても不安でした。
友人の声を聞き、安心したとともに、今なお、不自由な生活を余儀なくされている方々が多くいらっしゃるのだと、改めて痛感いたしました。

まだまだ沢山の問題を抱え、多くの方々がいまだ不安を抱えていることと思います。

この一週間、心が立ち止まりそうになりながら、それでも自分がしなくてはいけないことをしようと生活してきました。
現在のわたしは小説を書いています。

わたしの住んでいる地域はこの度の震災による被害はなにもなく、以前と変わりなく、日常的な生活を送ることができています。

安全な場所(というのが、今現在、この日本に本当にあるのかといわれると、すこし悩みますが……)にいるから余計に、〃テレビの中の出来事〃などと誤解しないよう、いまこの日本で起こっている事実をきちんと見つめなければならないと痛感しております。

自分の無力感を嘆くより、出来ることをしようと考えたとき、いまはなによりもまず、小説を書こうと思いました。
もうすこし状況が落ち着いたとき、ほんのすこしでも楽しんで読んでいただけるお話を、書き続けていこうと思っております。

わたしにできることは本当に、本当に僅かなことだとは思いますが、小説を書きつづけながら、他にも自分ができる精いっぱいの復興の応援をさせていただければと考えております。

『余裕のある方は、ハッピーな話題を!』

これは、東北に住んでいるお友達の言葉です。
不謹慎ととられるかもしれませんが、いまどうしても笑顔でいられない方々のかわり、というと変かもしれませんが、皆様がはやく笑顔になれるよう、できるだけ笑顔を絶やさず生活していこうと思います。

働ける人は働いてほしい。余裕のある人には笑っていてほしい。
そう願う人が周りにひとりでもいるのなら、わたしは笑ってすごしていこうと思います。そして、小説も書き続けていこうと思っております。

多くの方が笑顔で笑いあえる日がくることを、心から祈り、信じています。

pff0415cb at 13:45 

2011年02月04日

20110204

■現在書いている書きおろしとは別に、三月発売のマンガアンソロジーのためのにゃんこ資料が欲しいとのことで、慌てて写真を三枚ほど撮って送りました。
そのマンガアンソロに載るおはなしの挿絵は鹿谷さんが描いてくれるので、資料も直接送り……。
絵描きさんに直接資料送るとかふだんはないのですが、今回は鹿谷さんが描いてくれるので、そんなこともできたわけで。嬉しい感じ〜。

そして、上の写真は三枚送った後で駄目押しでもう一枚送ろうと撮った直後、尻尾の長さを確認するために鹿谷さんが電話をかけてしまして。
もう一枚送るから〜と云ったのですが、もう大丈夫とか云われたんですけど、駄目押しに入らないと云われたのに送っちゃったやつです。

■そういえば。最近の昂ちゃんはひとつ技を覚えました。
構ってほしいとき。ごはんご所望のとき。
そんなときにわたしがベッドの中で本を読んでいたりすると、電気を消すんですよ!
それは眼が悪くなるから止めなさいとか、子供の頃とか母に叱られていたのですが、ベッドの中で本を読むときは、あかりはスタンドライトだけにしちゃいます。ちょっと暗いけど、読めないほどではないですから。
いま使っているライトはタッチセンサーのものなのですが。わたしの読書の邪魔をするときは、鼻先でライトに触れて真っ暗にされます。
判ってやっていたらなんかすごいと思うのですが……。
すごいけど……なんていうか、陰険なやり方だなぁと思ったりもして……。

■そろそろ発情期? だから、最近また、マーキング率高くなっています…。もうね、色々諦めているところもありますが、着物にだけはひっかけないで〜! と祈っています……。
それでもなんだかんだでにゃんこに癒される日々でございます(笑)。


pff0415cb at 18:31 
日記 

2011年01月21日

■明けましておめでとうございます…というには余りにも申し訳ないほどの放置状態で大変ご無沙汰いたしておりました。取り敢えず、生きています。
……というか、冬コミ終わってから微妙に力尽きていました……。申し訳ございません。

年明けにあった大阪では、有栖川サークルさんの『笹舟』さんと『ハッピーアイズ!』様に有栖川本の委託をしていただきまして、本当にお世話になりました。ありがとうございます。
そんなお礼も今さらになってしまって本当に申し訳ないことです。
お二方、本当にお世話になりました!ありがとうございます!

うっかりしていまして、大阪の申込みをするのを忘れていました……。
そして迂闊にも、三月のJ庭への申込みさえ忘れてしまう始末で……。
最近のわたしは、うっかり要素以外がないくらいに迂闊すぎます。
申し訳ないことです……。

■そんなこんなで、冬コミ新刊の表紙です↓
arisuhyousi


■通販については、サイトの左がわにある通販の『CAMEL BRAND』をご覧ください。
よろしくお願いいたいます。

■いまさらですが……。どうぞ、今年もよろしくお願い致します。
本当に今さらですけれど……。

pff0415cb at 04:53 

2010年12月26日

■ようやくちょっと落ち着いたというか、これから忙しくなるぞっていうか。落ち着いている場合じゃないだろ…というか。そんな感じの今日この頃です。

最近、一段と寒くなってきましたね。ベッドから抜け出すのがこれほど苦痛に感じるのは寒いだけじゃないかもしれないですが……。

■日々、あまり変化のない時間を送っているわたしですが、今年の冬は嬉しいことに、にゃんこが一緒に寝てくれるようになりました!
そんなことが自分的には大ニュースってあたりが、アレですよね……。
どこまでにゃんこ中心の生活を送っているんだか……。

■冬の祭典の準備も着々と進んでいはいますが、まだもうひとつ、ペーパーを作ろうと思っているのに、中々うまく進まないもので……。
ですが、『片戀がふたつ』のSSペーパーはできあがりました!
内容は、祭典当日、華禅さんと同じ髪の色に染めて売り場を手伝ってくれる(笑)Mさかさんから頂いた写真から妄想しまして(笑)…。
ありがとう、Mさかさん!
華禅さんの洋装バージョン。そんな小噺になっております。
オリジナルの新刊はありませんが、ペーパーだけでも貰いに来ていただけると嬉しいです!お待ちしております!

■有栖川は『セカイノカケラ』というタイトルの本を作りました。
そういえば……。
十月にオリジナルで『境界の欠月』という本を出したのでした。
〃欠月〃と書いて〃かけら〃と読むのですが、……今回の有栖川本とタイトルがちょい被ってしまいました……。
ですが、こちらの『セカイノカケラ』はほぼ一年半前に出す予定で、ずっと前に刷った表紙なのでございます。本来は『セカイノカケラ』が先にでるはずだったのですが……。

ともあれ、相方さんに描いていただいた火村さんの表紙の本がやっと出せることになって、ほんと嬉しいです!

■あとは、有栖川のペーパーを作って、あとこまごまとしたことをやらなくてはならないのですが。
というか、お仕事原稿も書かなくちゃです!

■有栖川オンリーイベント『英都際』様のステキ企画で、ピクシブに有栖川のクリスマスSSをUPしました……というか、してもらいました。
某嶋さん、いつもいつも、本当にありがとうございます。
クリスマス済んじゃいましたが……、そちらもよろしくです。
それでは!

pff0415cb at 01:16 

2010年12月20日

■昨日、通販の発送をさせていただきました。
お待たせしてしまった方、大変申し訳ございません……。

■有栖川本『夜を往け』について。

通販分から、コピー誌からオフセット印刷になりました。
……申し訳ございません。思っていた以上に通販の数が多く、おうちプリンターで手作り本を作る時間がありませんでした。
そんなわけで、再販分からはオフになりす。
よろしくお願い致します。
内容はまったく変わっていません。
表紙のデザインがほんのすこしマイナーチェンジされています。

pff0415cb at 09:34