2005年09月06日

『NANA ナナ』〜ナレーション・クイーン〜

NANA『NANA ナナ』

公式サイト

監督:大谷健太郎
出演:中島美嘉 宮崎あおい

【あらすじ】(goo映画より)
小松奈々(宮崎あおい)は、彼氏と一緒にいたいがために東京へやってきた。
大崎ナナ(中島美嘉)は、歌で成功したい夢を抱えて東京へやってきた。
新幹線の隣同士に座った2人の「ナナ」は、偶然、引越し先の部屋で鉢合わせし、
一緒に暮らすことになる。趣味も性格も正反対の2人の共同生活が始まった。
ナナは新しいバンドメンバーを加え、昔の仲間とバンド活動を再開する。
同じ頃、人気バンド「トラネス」のライブチケットを手に入れた奈々は、
そのライブにナナを誘うが…。


ひいらぎ祭二日目の午後二時、備品室にて
必死に覚えた韓国語で持てる勇気を振りしぼって告白したものの、
「好きじゃないけど、嫌いじゃない」とソンちゃんからすげなく言われてしまい、
ものの見事に玉砕したマッキー。
パーランマウムがステージ上で『リンダリンダ』を歌うのをしみじみと聴き、
『終わらない歌』の盛り上がりを目にしていたら、
突然体の中に電流が走る感覚を覚えた。これこそ、音楽に目覚めた瞬間!
ソンちゃんに負けじと、自らもバンドをやろうと決意したマッキーは、
望の家で家事手伝いをしながらベース修行にはげみ、
家の中で暴れ回る弟たちにほとほと嫌気がさしたとき、
バンド仲間を探してあてどない旅を始めたのだった……

『リンダ リンダ リンダ』のマッキーが髪の毛を銀色にし、
鼻と口にチェーンまでぶらさげてしまって、
ソンちゃんにふられた心の傷はここまで深かったのかと
『NANA ナナ』を見ながらぼんやり思いふけってしまいました。

そうする余裕があるくらい、この作品を見ていて退屈で退屈で……
原作未読の身としては、到底満足できるレベルの作品ではありませんでした。
見る作品のチョイスを見誤った、ただそれだけなのですが。
劇場の客層も、中高生の女の子が中心でしたから。
予告編で「もうひとりのぺ」が主演する映画『四月の雪』が流れたときには、
「また(もうひとりの)ぺかよ!」というような、妙などよめきすら起こっていました。

ダメ出しポイントは多々あるので、先に良かった点を言っておくと、
何はなくとも宮崎あおいの演技&ナレーションがはまっていました。
ペ・ドゥナに並ぶくらいの目力もあえて抑え、恋する乙女役を好演。
それにナレーションは、「未来のある地点」から振り返ったものとなっていて、
ノスタルジーを感じさせるものでした。
ナレーションといえば、男ではガエル君(in『モーターサイクル・ダイアリーズ』)、
女では宮崎あおいにかぎります! 

でもって、あとはダメ出しとネタバレがずらずらと続くのでご注意ください。



この作品の印象としては、「気持ち悪い」、このキーワードでくくれてしまいます。
まずは出演者から。
松田龍平を筆頭に、スキンヘッドの男、さらには成宮寛貴すらも気持ち悪く
感じてしまいました。生理的に合わないというレベルなので、こればかりは
いかんともしがたいものです。『リンダ リンダ リンダ』のマッキー役、松山ケンイチは
ソンちゃんからふられた分、同情を込めて見られたのですが。

映像面では、距離感があるのかないのだか妙にピントが狂った撮り方に
違和感がありました。手持ちにしろ、据え付けにしろ、どちらの撮り方も不自然で、
「対象をカメラでとらえきれてない」ようでした。
登場人物の関係においても、距離感が不明瞭で、
ふたりのNANAの関係を丁寧に描いていくと思いきや、実際はあまりにも希薄な
関係となっていたのです。お互いのキャラは変わらないというのが一番の不満ですね。
原作未読なので、二人はただ一緒に住んだだけ、としか見えませんでした。

その部屋も、原作通りにディテールを再現しているとの触れ込みですが、
映画作品として作り込みが甘いと思います。
画面隅々にまで神経が行き届いているとは言えないものですね。
ほかの部屋にしてもずいぶんと簡素なものでした。

そういうディテールの甘さに対して、セリフのくどいことといったら!
心情の何から何までセリフで表現されるのは、『渡る世間は鬼ばかり』並みです!
言葉で伝えなければ何もわからない、そこに「コミュニケーション力の鈍さ」というか、
「空気の読めなさ」を感じてしまいました。
中島美嘉の救いようのない棒読み演技もあいまって、
日本映画のダメなところがここで爆発しています。
何だかなあ、とため息をつくばかりで、
女の子二人の友情を描いた先達『下妻物語』にはほど遠い出来で、
残念極まる作品でした。



pfwfp at 00:06│Comments(6)TrackBack(44)clip!日本映画 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. NANA  [ Cinema-Absolutism ]   2005年09月06日 10:56
NANA  2005/日本  ★★★ 監督 大谷健太郎 出演 宮崎あおい / 中島美嘉 / 成宮寛貴 / 松山ケンイチ ■あらすじ■  とある北国から上京してきた二人の女の子。同じ「ナナ」という名前を持つ二十歳の二人は、不思議な縁で同居することになる。  漫...
2. NANA  [ ネタバレ映画館 ]   2005年09月06日 23:08
 観終わった瞬間、二つのバンド名を忘れてしまった。相変わらず記憶力が弱いなぁ〜と嘆く一方で、別れの列車がキハ40-816だと覚えていた・・・  コミックが原作なのにしっかりしたストーリーだ。そして、音楽もいいのに、中島美嘉、松田龍平、そして平岡祐太の演技によっ...
3. 上手くまとめてはいるが・・・ 「NANA」  [ 平気の平左 ]   2005年09月07日 06:04
評価:55点 NANA 今日は、早起きしたので、「そうだ!舞台挨拶でも観にいこう」と思い立ち、 渋谷に行って、サマータイムマシンブルースの初回舞台挨拶つきのチケットを購入。 クーラーのリモコンを持っていったので1000円でした。 で、初回の上映まで時間が...
4. NANA  [ グランパスエイトのGNO2日記 ]   2005年09月08日 04:28
本日午後、シネコンで「NANA」見てきました。 中島美嘉のLiveを見て、興味を引かれたからです。 漫画の映画化な訳ですが、10??20代の女性にはかなりの人気のようですね。
5. NANA  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2005年09月09日 01:06
ねぇ、ナナ。 あたしたちの出会いを覚えてる? あたしは運命とか、 かなり信じちゃうたちだから、 これはやっぱり運命だと思う。 笑ってもいいよ。 矢沢あい原作で、現在連載中(コミックは、ただ今13巻まで発売中)の超人気漫画「NANA」の映画化。 小松奈々
6. 『NANA』  [ Rabiovsky計画 ]   2005年09月09日 01:39
映画版『NANA』公式サイト 監督:大谷健太郎 原作:矢沢あい 出演:中島美嘉 、宮崎あおい 、成宮寛貴    松山ケンイチ 、平岡祐太 2005年/日本/114分 『NANA』をなぜ見たかと言うとちょうど見る映画がなかったから なんですが流行っているし....
7. NANAのドラマ化  [ 子供と英会話 ]   2005年09月09日 19:44
矢沢あい原作の人気コミック『 NANA 』が 宮崎あおい、中嶋美嘉主演で映画化。 ますます話題を呼んでいます。 “ NANA占い ”やってみました。 生年月日と血液型で『 NANA 』に出てくる どのキャラか占えます。 私の結果は……。 朱猫さんは タクミ ...
8. 「 NANA 」  [ MoonDreamWorks ]   2005年09月10日 00:09
監督 : 大谷健太郎  原作 : 矢沢あい主演 : 中島美嘉 / 宮崎あおい / 松田龍平 /      / 成宮寛貴 / 玉山哲二 /公式HP:http://www.nana-movie.com/ NANA 累計2700万部を突破し3週連続でコミックスランキング1位を記録した全13巻の矢...
9. NANA??ナナ??  [ 欧風 ]   2005年09月10日 14:08
9月3日、世の中の人が誰も知らない中ひっそりとT??JOY大泉で行われてた、勝手に「INDYデー」(映画3作品6時間耐久鑑賞レース)、1作品目「サマータイムマシンブルース」、2作品目「奥さまは魔女」と、面白かったんで途中寝ることもなく順調にこなしたINDYですが、...
10. NANA(映画館)    [ ひるめし。 ]   2005年09月11日 08:20
夢を歌う。夢に恋する。そして、二人は夢を奏でていく。 CAST:中島美嘉/宮崎あおい/松田龍平/成宮寛貴/玉山鉄二/松山ケンイチ/平岡祐太 他 最初に言っときます。私は原作を読んでます。てゆーか持ってます。毎回読むたんびに感動させられてます。感動けどそんな熱狂...
11. 大崎ナナの魅力に参った◆『NANA』  [ 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 ]   2005年09月11日 08:31
5 9月8日(木)TOHOシネマズ木曽川にて 大人気のコミックの映画化ということは知っていたが、私は原作を読んでいない。だから、原作と比べてキャラがどうのとか、ストーリーがどうのとかいうことは一切書けないし、素直にこの作品を「1本の映画作品」として感想を述べてみよ...
12. NANA  [ おいらブログ ]   2005年09月11日 09:59
 誰が検索したかは知らないけれど、表示されると確かに見たい。瞬!ワード ウォッチ
13. 映画版「NANA」  [ 煮晩閃字 ]   2005年09月13日 13:33
3 ついに「NANA」を観に行きました。 ストーリーは、やっぱタクミが部屋に来たところで終わりやった。 中島美嘉はやっぱハマってた、アカペラで適当に歌うシーンは鳥肌がたった。俺は元から中島美嘉の声が好きだったし。 スッゲーいい。 レイラ役の人の歌声も良かっ....
14. 「NANA」@ヤマハホール  [ 旦那にはひ・み・つ (☆o☆) ]   2005年09月14日 13:19
あーちゃん「NANA」を全巻持ってるんです…ちょっと前、理恵子に「NANAもってたら貸して」と頼まれた時、持ってませんでした。結構じゃかすかマンガを買っちゃうほうなので理恵子は持ってると思ったんでしょうねぇ・・・。結局1冊買って面白かったら全巻買うね。と...
15. 映画「NANA」を観てきました。  [ 私でもいいですか? ]   2005年09月14日 15:12
「NANA」を観てきました。サービスディを利用して。 原作、読んでないんですよね。流行に疎いなぁ・・・・(笑 子供がもし読んでれば、読んでいたかもしれないけど。
16. 中島美嘉、黒柳を「徹子!」と呼び捨て  [ 陽光燦爛的日子??a diary of Worldwalker ]   2005年09月17日 18:07
「映画「NANA」が絶好調の中島美嘉が黒柳を「徹子!」って呼び捨てしたらしいな(笑)」 「上の画像を見ても明らかに言ってます「徹子!」って(笑)」 「白黒時代のテレビの黎明期から活躍してる大先輩に向かって呼び捨てかよ、中島美嘉、大物だな(笑)」 「まあ悪気が
17. 映画のご紹介(39) NANA  [ ヒューマン=ブラック・ボックス ]   2005年09月18日 15:02
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(39) NANA やっと『NANA』を観ましたよ、とうとう。 いやあ、感動でした。 ファンタスティック・フォーを午後9時に見終わって、それから、11時までレイトショーで観...
18. 日本はNANA一色!!  [ 人間とは考える葦である ]   2005年09月21日 19:15
NANA続編製作決定ですって! ってか今やってるNANAも今月19日までの公開17日間で興収23億円、動員176万人を突破らしいですよ! いやいや別にいいですけどね。 昔からコミックス読んでる人はどう思ってるんでしょう? 少なくとも僕は映画は嫌だな。 いや、アニメならいいんで...
19. 映画版「NANA」見てきました。  [ ★期間限定NYOI出張所★ クラウドの「恋魂(略)」の親密な関係を音楽の中に見つけだすまで続けるブログ ]   2005年09月22日 23:25
久しぶりのエントリー。こんにちは、クラウドです。つい先ほど「NANA」の映画を見てきました。 28歳にもなった成人男性が一人でどの面さげて見に行けっつう話だったので、友達の女の子を誘い出していざ出陣。 平日だし昼過ぎの時間帯だから「きっとガラガラなんだろう....
20. 【映画】 NANA -ナナ‐ ★★  [ 徒然なるままに・・・ ]   2005年09月22日 23:46
ストーリー: 小松奈々は、彼氏と一緒にいたいがために東京へやってきた。 大崎ナナは、歌で成功したい夢を抱えて東京へやってきた。 新幹線の隣同士に座った2人の「ナナ」は、 偶然、引越し先の部屋で鉢合わせし、一緒に暮らすことになる。 趣味も性格も正反対の2人の共同生...
21. NANA  [ オイラの妄想感想日記 ]   2005年09月24日 07:31
5 おもしろかったですよ。 ナナは中島美嘉以外ありえないし、ハチの宮崎あおいは当然可愛いしで大満足です。 中島美嘉の演技はたどたどしいけど、それがかえってナナっぽいなって思いますね。 松田龍平も相変わらずいい感じ。 何考えてんだかわからない目付きがいい....
22. NANA -ナナ-  [ シネクリシェ ]   2005年09月28日 07:14
 同日に観た『四月の雪』には中年の女性客が多かったのに対して、この作品は女子高生が目立ちました。  高校生にとってヨン様というと腰が引けるの
23. CINEMA●STARR 「NANA」  [ しっかりエンターテイメント! ]   2005年09月29日 11:06
監督 大谷健太郎 原作 矢沢あい 出演 宮崎あおい、中島美嘉、松田龍平、成宮寛貴、他  小松奈々と大崎ナナ。偶然が重なり、二人は東京で一緒に暮らす事になる。二人はそれぞれ持つ悩みを協力して乗り越えていく。  物凄い人気のある少女漫画の映画化なんです....
24. NANA観てきました…  [ 関西パブリー日記 ]   2005年10月04日 11:36
『NANA』観てきました。言わずとしれた邦画大ヒット作、すごい勢いです。はっきりいってうらやましいです。客席もそこそこ埋まってて、4週以上公開してるに、す、すごいぜ! 以下、率直な感想です。 主役に2人、中島美嘉と宮崎あおいはすぅーーーーっごくぴったり...
25. 映画『NANA -ナナ-』  [ Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』 ]   2005年10月04日 11:53
NANA http://www.nana-movie.com/ ★★★☆☆ 映画 少女漫画 バンド 恋愛 中島美嘉、宮崎あおい主演。マゼンタをテーマ色に蓮や鎖などのモチーフをアクセントに。 ...
26. 『NANA』観ました  [ SSKS* ]   2005年10月05日 19:23
NANA公式HP 監督:大谷健太郎 原作:矢沢あい 出演:中島美嘉、宮崎あおい、松田龍平、成宮寛貴、玉山鉄二、 松山ケンイチ、平岡祐太 ストーリー:小松奈々は、彼氏と一緒にいたいがために東京へやってきた。大崎ナナは、歌で成功したい夢を抱えて東京へやってきた...
27. NANA―ナナ―   [ きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/ ]   2005年10月06日 10:42
原作、矢沢あい。 メガヒット大人気少女マンガの映画化。 実は私、矢沢あい先生のマンガは 1??4巻くらいまでしか見てなく このマンガに対してはっきりいってしまうと 思入れも何もないし、特にファンというわけでもありません(ぇ でもやっぱり、あの素敵な服や小...
28. NANA  [ いつか深夜特急に乗って ]   2005年10月08日 22:42
「NANA」★★★★(中劇2) 2005年日本 監督:大谷健
29. NANA  [ toe@cinematiclife ]   2005年10月17日 17:43
この映画ね、見ないつもりでいたんだけど、大谷監督が監督していると最近知りまして。 大谷監督の作品は、劇場デビューの『アベック モン マリ』も、『とらばいゆ』も見ていたし、実は、遠い知り合いの知り合いぐらいの位置にいる方で、『アベモン』のときはシネアミューズ...
30. 映画「NANA」見ました!  [ どうせ誰も見てませんからっ☆★ ]   2005年10月22日 03:19
本日いろんな映画最終日。見残した映画はいくつもありますが「NANA」を選びました。わたしはこの映画については、原作も情報誌も一切読んだことがありません。したがって、単なる一本の映画として見たわけですが・・・予想以上に気に入った!という評価です。東京にいる彼氏
こんにちは() 本日は、最近社会現象を巻き起こしていると評判のこちらの映画から、 「オンナの友情」(でで~んっ☆) について、思うことをつらつらとしゃべっていきたいと思います。最後までお付き合いのほどをm(_ _)m        ↓ NANA 最近わたく...
32. NANA−映画を見たで(今年155本目)−  [ デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと) ]   2005年11月26日 23:48
監督:大谷健太郎 出演:中島美嘉、宮崎あおい、松田龍平、成宮寛貴、玉山鉄二、松山ケンイチ、平岡祐太 評価:80点(100点満点) 公式サイト 40歳目前のオヤジが見る映画ではないのかもしれない。 それでもやっぱり、青春映画ってええもんじゃ...
33. NANA−映画を見たで(今年155本目)−  [ デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと) ]   2005年11月26日 23:49
監督:大谷健太郎 出演:中島美嘉、宮崎あおい、松田龍平、成宮寛貴、玉山鉄二、松山ケンイチ、平岡祐太 評価:80点(100点満点) 公式サイト 40歳目前のオヤジが見る映画ではないのかもしれない。 それでもやっぱり、青春映画ってええもんじゃ...
34. 【日本映画】NANA(ナナ) 中島美嘉 矢沢あい 大谷健太郎 主演  [ あるある人気アイテム紹介隊 ]   2006年01月20日 21:17
コミックのNANAより、内容は、どうしても薄くなりますが、映画としては、なかなか
35. 『NANA』  [ ストーリーの潤い(うるおい) ]   2006年02月25日 05:32
私、ロックをはじめ、音楽にはそれほど興味ありません。 ただ、ロックミュージシャンを目指す若者を描いた日本の映画、大好きです! それほど数は観てませんが、『アイデン&ティティ』という映画に、心の奥がしびれる感覚を。 『アイデン&ティティ』、何がいいって、家....
36. NANA(3月3日DVD発売)  [ オレメデア ]   2006年03月01日 00:02
東京での成功を夢見て上京したバンドのボーカル・大崎ナナ(中島美嘉)と,恋人を追って上京した小松奈々(宮崎あおい)が,東京駅へ向かう電車の中で偶然,隣同士の席になった. 同い年で同じ名前のナナと奈々は,出会えた偶然に祝杯を挙げ,引っ越し先のアパートで運命の再会,周囲...
37. 映画 『NANA』  [ ものづくる ]   2006年03月11日 02:32
『NANA』 監督・脚本: 大谷健太郎 原作: 矢沢あい 出演: 中島美嘉/宮?あおい/成宮寛貴/平岡祐太/丸山智己/松山ケンイチ/玉山鉄二/松田龍平 映画公式サイト:NANA 原作公式サイト:NANA online 東京に住む彼氏の元へと向かう"小松奈々"。 夢の為に東京へと...
38. NANA −ナナ− 06年46本目  [ 猫姫じゃ ]   2006年03月11日 15:26
NANA −ナナ− 中島美嘉 大好き!あたしがもっとお子ちゃまなら、彼女に傾倒しているでしょうね。今ちょっと、関西方面に潜伏ちうなんだケド、クルマの運転中は、常に中島美嘉ガンガンです!本日のカラオケ、中島美嘉 特集でした!! もちろん原作、全く知りません。原作フ...
39. 土屋アンナNANAアニメ版主題歌roze  [ ブログで音楽を流す方法 ]   2006年03月17日 17:43
来月5日にスタートする人気コミック「NANA」のアニメ版(日本テレビ水曜後11・25)で、注目の主役ナナの歌を土屋アンナ(21)が、ライバルのレイラの歌をOLIVIA(26)が歌うことが決まった。いずれも新曲が書き下ろされ、劇中以外でもテーマ曲として使わ....
40. NANA/中島美嘉・宮崎あおい  [ 文学な?ブログ ]   2006年06月03日 01:28
だいぶ前に話題になった「NANA」をようやく観ました。気にはしていたのですが、漫画も読んだことがなく、話題先行の映画だろうと勝手に決め付けていましたが、やはり食わず嫌いは損をしますね。非常に面白く完成度の高い映画でした。 二人のナナが偶然出会い、お互いに困...
41. Nana  [ Tokyo Bay Side ]   2006年07月13日 20:53
『NANA−ナナ−』 総売上3450万部を誇る人気コミック『NANA』は昨年、中島美嘉&宮崎あおい主演により映画化され興行収入40億円を超える大ヒットになりました。そんなNANAを今回久しぶりにDVDで観ましたが、やはり原作を知ると知らないでは大きく印象...
42. 映画『NANA』  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年07月25日 12:32
矢沢あいのコミック「NANA」の映画化ということで大変に話題になったこの映画、公開時に見逃したので待ってましたよ、ナナとハチの恋と友情の物語 ナナ(中島美嘉)と奈々(宮崎あおい)、上京の途中で偶然出会った二人は部屋探しでまたも偶然鉢合わせする。ナナは自己...
43. 映画vol.77☆『NANA』※TV  [ Cold in Summer ]   2006年07月27日 15:29
 『NANA』  監督: 出演: 紹介HP 本当に偶然なんですが、77本目の映画は『NANA』! ◇ストーリー 東京に向かう列車内で同じ歳・名前の「ナナ」が出会う。 一人は地元では有名なバンドのボーカル、もう一人は東京...
44. 映画「NANA」(★★★☆☆)  [ 新・ぴゅあの部屋 ]   2006年12月13日 00:34
2005年 大谷健太郎監督 「NANA」(★★★☆☆) 「てめーの男だろ! てめーで取り返せ!」 彼氏を追って、上京する女の子。 そこで同席した2人のナナは、 相部屋で同居することになる。 明るくお喋りで、天真爛漫なナナと、 クールでニヒルな、...

この記事へのコメント

1. Posted by フレディ   2005年09月07日 00:57
TBありがとうございます。
あまりにもレベル低すぎで、観ているこっちが恥ずかしくな
るほどでした。
2. Posted by 丞相   2005年09月07日 09:10
>>フレディさん
こんにちは、コメントありがとうございます。
宮崎あおいの演技以外は目もあてられない作品でしたね。
原作を読んでいない人は製作者の「想定外」の作品だったと思います。
原作付きの映画を見るときは、世間の評判を聞いてからのほうがよさそうですね。
3. Posted by rabiovsky   2005年09月09日 01:48
こんばんわ!
マッキーはそこまで心の傷を抱えていたのですね!(笑)
私もこの映画はダメですね。というか酷い!
『NANA』ファンは怒るべきですね。といっても私は原作を読んでない
のですがね。
中島美嘉の演技は核弾頭並みの凄さがありましたね。
なんなんでしょうか!だけど宮崎あおいがカワイイです。
ハチを振るなんてなんちゅう男だと怒っておりましたよ!
私もカメラが何をしたいのかわかりませんでした。特にライブシーン
は酷いです!!!何がしたかったのかわかりません!
宮崎あおいのナレーションさえあまり好きとはいえません。
ヤスの法律事務所は完全に悪徳法律事務所にしかみえませんでした。
宮崎あおいに部屋を掃除してもらいたいものです。(痛いです)
4. Posted by 丞相   2005年09月09日 09:25
>>rabiovskyさん
原作未読の人は絶対に見てはいけない作品でしたね。
それ以上に、演出の不手際が目について仕方がありませんでした。
宮崎あおいと、やさぐれたマッキーを見られたことだけが
せめてもの収穫でした。
マッキーはこれからも腕を磨き、ぜひ韓国に渡ってソンちゃんとふたたび対決してもらいたいものです。
合言葉は「絶対<好き>と言わせてやる!」という感じで。

宮崎あおいの演技は相変わらず良かったのですが、
ここ数年、ろくな作品に出ていないのが辛いですね。
せっかくの演技力が、作品自体のダメっぷりで帳消しにされてしまってます。
『ラブドガン』も『NANA』と同等、それ以下のダメ映画でした。のっけから、「ブリで頭を冷やす」のですから!
ぜんぜんお勧めできませんが、宮崎あおいの可愛さだけが唯一の見どころな作品です。
私は特典映像みたさにDVDをレンタルしようか、ちょっと迷っています。
5. Posted by exp#21   2005年09月29日 11:05
レビュー拝見しました。確かに下妻物語のほうが良かったですね。でも僕はこれはこれで結構好きでした。
6. Posted by 丞相   2005年09月30日 09:01
>>exp#21さん
こんにちは、コメント・TBありがとうございました。
映画化するにあたっては、原作のしがらみがあったようですね。
原作ファンからも、原作未読の人からもそれなりの満足を得られる作品を作るのもなかなかできないとは思います。
私は『下妻物語』の二人のクールな関係が好きですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔