2008年12月20日

年末年始のTOKYO/OSAKAシネマ

11月下旬の3連休を過ぎてからは、やたらと日が速く過ぎてしまい、
気がつけば来週の帰省を迎えることになりました。
とりあえず帰省の足はJALでハッピーフライト!ということで、
夜の伊丹空港を発着するのを楽しみにしています。
帰省中は、友人との忘年会、さらには元同僚のSくんとも再会する予定なので、
その他でもいろいろと楽しみがあります。
久しぶりにSくんにメールで挨拶したところ、激務で心身が相当お疲れの様子で、
「私も…貝になりたい」とのたまっていました。

というわけで、ここ1ヶ月ばかりはまともに新作映画を見ていないので、
これからの2週間で、できるかぎり新作映画を見たいと思っています。
とりあえずは、このあたりの作品がリストアップできるでしょうか。


・『バンク・ジョブ』(シネマライズ&シネマート心斎橋:公開中)

『大丈夫であるように ─Cocco 終らない旅─』(ライズX&梅田ガーデンシネマ:公開中)

・『ブロークン・イングリッシュ』(恵比寿&梅田ガーデンシネマ:公開中)

・『K-20 怪人二十面相・伝』(日劇PLEXなど:公開中)

・『チェチェンへ アレクサンドラの旅』(ユーロスペース:公開中)

・『PARIS パリ』(ル・シネマ:公開中)

・シネマ歌舞伎『連獅子/らくだ』(東劇&なんばパークスシネマ:27日〜)

・『そして、私たちは愛に帰る』(シネスイッチ銀座:27日〜)


今月からしばらくは名監督の作品が続々と公開されるのですが、まず今月は、
是枝裕和監督のCoccoのドキュメンタリー、
アレクサンドル・ソクーロフの『チェチェンへ アレクサンドラの旅』、
セドリック・クラピッシュの『PARIS パリ』、
ファティ・アキンの『そして、私たちは愛に帰る』
などに注目しています。

そうして今年の映画〆には、松たか子が出演する『K-20 怪人二十面相・伝』
をチョイスしようとしたのですが、やはりここは、シネマ歌舞伎『連獅子/らくだ』
でいきたいところです。
折りしも今年の8月に『らくだ』を生で見たところ、涙が出るほど面白い演目でしたから。
盟友ころり君からも、見た直後に「カメゾウさんの死人最高」と携帯電話にメールが
あったほどの爆笑演目です。去年は『俺たちフィギュアスケーター』で〆たので、
今年も笑い〆といきたいものです。



pfwfp at 11:39│Comments(0)clip!映画全般 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔