シコルスキー S-76

日本旅行の企画ツアー「おとなもこどもも社会科見学」の一環で、ヘリコプター初搭乗。
てなわけで、浦安のエクセル航空にて、ヘリ2機に分乗して15分間の遊覧飛行。

いやぁ、ヘリ凄いよ。

まずは、登場前にお勉強ビデオで軽く講習。そして、パイロットによるお話。
ヘリはエンジンが停止しても、墜落することなく安全に着陸出来るって知って軽くびっくり(と言いつつ、未だに半信半疑)。

搭乗口、なんとゲート式金属探知器が(調布空港でもハンディーだったのに)。
ゲートをくぐる前にコインロッカーに手荷物や携帯電話を預けて金属検査。
カメラの持ち込み使用は、昼間の飛行ならフラッシュを使わなければOKだそうで。
(と、一見、保安検査は厳しいように見えますが、機内写真を見ると分かるように、パイロットと客席は区切られていないので、自爆系のハイジャックには全く無意味)

自分の乗ったのはエクセル航空所有のフラッグシップ機「シコルスキー」。脚が一般的なヘリのソリではなくて、車輪式で格納出来るタイプ。

搭乗機内

搭乗
保安検査を受けて、ヘリポートに向かう途中に格納庫に止まっている別機体の前で記念撮影(帰ってきたらその写真をくれる)。
格納庫を抜けると、すでにローターが回転しているヘリに指定された順、席に着席、シートベルトを装着。
ちなみに、ローターの高さは意外に低いので、機体の前後は危ないので絶対に行かないようにと注意されます。
えーと、機内、思ってたより静か。いや、うるさいことには変わりないんだけど、乗る前は防音ヘッドホンをしないとダメなくらいうるさいのか?と思ってたけど、一応、会話可能なくらいの騒音。でもって、パイロットがマイクで客室アナウンスをしてくれます。

ディズニーシー高度900m

離陸
まずは、軽くタキシングしたのにびっくり。車輪式+ジェットヘリならではなんだけど、動きから、どうやら、前輪は左右に曲がって普通に自動車のように前進出来るらしい。
そして、離陸。いやぁ、あっという間。まさに、「ふわっ!」って感じ。感覚的には、遊園地にある、アームで浮き上がる系の乗り物に近いかな。

姿勢指示器速度140ノット

上空
高度700mぐらいを巡航。いやぁ、天気のいい日で良かった。いろんな景色が上空から。
ディズニーリゾート、上空から見ると、野外の人の居る場所って意外と少ないんだなぁ、と。高度が低いんで、かなり間近に見られます。(高所恐怖症の人はダメかもね)
で、旋回が飛行機よりも断然素早く動くんで、まさに遊園地の乗り物感覚。
乗ってると速度感よく分からないんだけど、パイロットアナウンスで280km/hってことで、これまたびっくり。

メインローターエンジン出力計整備機

着陸
着陸、減速と降下を同時に行うために、機体を後ろに傾けて降下(航空機で言うところのフレア体制)。これって、パイロット的には、着陸地点のHマークは、自分の後方になって実は見えてないんじゃないのか?と。

おみやげ
おみやげコーナーに、ヘリのメインローターのカットサンプルが1500円で販売。これが、手にとってびっくり。むちゃくちゃ軽いんだけど。さすがヘリ。


Posted by RST at 2007年11月25日 10:29│Comments(0)
  コメントは、管理者による確認後ブログに反映されます。(半角400文字まで)