キティーホーク(CV-63)

米軍横須賀基地の公開日「グランドイルミネーション」

キティーホーク空母キティーホーク(CV-63)


退役戦闘機退役戦闘機がディスプレイ的に展示。


艦載機エレベーター艦載機エレベータに特別に設置された階段で甲板滑走路に向かう人達。


乗船中乗船中。


甲板固定フック甲板滑走路はこんな形状。素材は微妙にゴムっぽい。
丸い星みたいなのは艦載機固定用フック。甲板に無数に存在。


ブリッジブリッジ2艦橋アップと側面。


バーナー保護壁カタパルトバーナー保護壁。


カタパルトカタパルトフックカタパルト終端蒸気カタパルト、別名キャット。
2秒で270Km/hまで加速。終端はウォーターブレーキで停止。


艦首甲板艦首と甲板滑走路。


カタパルト1カタパルト2カタパルト3オーバーホール中のカタパルトとパーツ群。


着艦ワイヤー着艦ワイヤー巻き取り装置。
ちなみに、着艦後パイロットは着艦ミスに備えてフルスロットルにするそうな。


ドック中甲板から見えたドック中の戦艦。


サンタサンタは空母に乗ってやって来る。


格納庫格納庫。妙に天井高い。


エンジンミサイルエンジンとミサイル。ちなみにエンジンは本物。


出店キティーホーク乗員によるバーガー&ホットドッグの出店。味は実にアメリカン。


日没日没後のキティーホーク。



Posted by RST at 2007年12月09日 09:52│Comments(2)
この記事へのコメント
軍艦,超好きなんすよ!
オイラも横須賀米海軍基地には,行ったすけど最高!また行きたいと思って,いまだ行けてないっす。

キティホークってまだ現役なんすね。もう退役したかと思ってました。
空母の甲板は独特の感触ですね。滑り止めや水はけなど考慮した設計が細かいっす。もう装甲甲板だと思います。

天井の高い格納庫は,米空母の典型的な設計っす。格納庫と甲板には,関連があるんす。
甲板被弾時に,爆弾やミサイルは甲板を突き破り,格納庫で爆発します。格納庫の床も装甲されていて,被害は格納庫層で全て抑えます。
高い天井は爆風や振動の影響を抑える効果があります。また,エレベーターの幅に,開口してありますが,これも爆風を逃がすためで,可燃物などを捨てることもあります。特に可燃ガスの充満を防ぐ効果大です。荒天時にはシャッターを閉めます。

旧日本海軍には無い技術です。
Posted by 納涼團團長 at 2007年12月09日 15:56
なるほど、格納庫の天井の高さにはそんは秘密が。
ちなみに、艦載機はゼロでした。

滑走路は羽田空港の滑走路を歩いたことがありますが、ランウェイ(離陸着陸をするところ)は想像以上に大根おろし器状態に凸凹してます。

空母で納涼船、止まったままだったら基地内では実はやってるかもね。
Posted by RST at 2007年12月09日 17:56
  コメントは、管理者による確認後ブログに反映されます。(半角400文字まで)