三省パソコンでファンレスサーバー(08/07/18更新)

三省パソコンでファンレスサーバー(08/07/18更新)

三省パソコン(ACS-CX700M:http://www.assistjp.biz/)で構築するWindowsファンレスサーバー機構築メモ。
内容更新はこのエントリーを直接編集します。

[本体]
VIA C7 小型ファンレスPC
付属品:本体、ACアダプター(ACコンセントは3Pプラグ)、縦置きスタンド、HDD内蔵用トレイ、HDD固定ネジ、ディスプレイケーブル固定用ネジ、OS付きモデルは2M CFとOSを日本語化した注意書きの紙一枚
(説明書とかドライバーCDとか言った親切な物は付属しません)

[ディスプレイ]
変則ワイド11インチ、モニタースピーカー付、画質調整ボタンはディスプレイ裏面に配置。OSのインストールやサーバー監視目的なら使い物にならなくはない。
付属品:本体、電源分岐ケーブル(確かディスプレイの箱に入っていた気がする)、スタンド、スタンド組み立て用ネジ、ステレオオーディオケーブル

[電源]
・電源はPC本体にのみ付属、ACアダプター12V 4.0A センタープラス 内径:2.1mm 外径:5.5mm。ディスプレイとは二股ケーブルで分岐。但し、付属ディスプレイと分岐して使うと容量不足でまともに動かないので二股ケーブルは使ってはいけない。(現在は二股ケーブルではなく、本体、ディスプレイそれぞれにACアダプターが付属するようになった)
・流通当初、本体に付属していた12V4AのPSEマーク無しACアダプターは品質に問題あり。可能ならば、別のACアダプターに交換を推奨。なお、現在は、12V3.5AのPSEマーク付きに交換されているとのこと。

[BIOS設定]
・ACPI Type S3からは復旧できない模様(Windows XP)
・ディスプレイタイプはBIOSで設定する必要あり
・設定をミスってBIOSが表示されない(out of scan range等)時は、
 再起動でENDでBIOSに入り(タイミングはキーボードのLEDが点いた後ぐらい)、↓×2,Ent,↓×1,Ent,↓×9,Ent,,↑×沢山(一番上のCRTを選択),Ent,F10,Ent で再起動。

[DVI]
・本体のDVI端子はDVI-I形状であるが、このDVIポートはデジタルのみでアナログを出力していない。変換コネクターでVGAケーブルを接続しても表示されない。

[ファンレス]
・マザーボードはCPUの温度表示機能をサポートしてない模様。いろんなツールを試したが、CPU温度は表示不可。但し、CPU自身は温度管理機能を持っていて、温度に応じて動作を変える設定らしきものがBIOSにある。
・HDDは特に放熱が考慮された構造ではなく、単にケース内にフレームでマウントされるため、他のHDDも放熱が考慮されたファンレス機と違って温度が高くなりがち。50度越えは当たり前。
・夏場はあまりにも危険なので12cm静音ファン(scythe S-FLEX SFF21D)をタイラップでケースに固定して使用中(ホコリよけフィルターをつけて、外からケースに風を当てる方向で取り付け)。電源は12V分岐ケーブルでACアダプターから分岐。ファンレス機にファンをつけて、ファンレスでは無くなっているが、目的である無音は達成しているので問題なし。
・当初は、USB扇風機で風を当てていたが、耐久性に問題があったので12cmケースファンに変更。USB扇風機は結構風が出ていたが、scythe S-FLEX SFF21Dでは、手をかざしてもほとんど風を感じない微風ながらも、冷却効果は意外にも遜色なし。

温度センサー VIA VT1211

静音ファン情報
5V可 10db以下
Noctua NF-R8 7dB 4-13V 80mm
Noctua NF-B9 7.9dB 92mm
Coolink SWiF-801 Basic 11dBA 4V-13V 80mm
ZAWARD ZGF80(WH|BR|BU) 8.9dBA 5V/12V 80mm
12V分岐ケーブル使用
scythe Gentle Typhoon 12cm 500rpm 5dB
scythe Gentle Typhoon 12cm 800rpm 9dB
scythe KAZE-JYUNI 500rpm 7.5dBA 12cm
scythe S-FLEX SFF21D 800rpm 8.7dBA 12V(5V?) 120mm
scythe 鎌フロゥ12cm超静音 15.8dBA 12V(5V?) 120mm


[CFのWindows XP Enbeded]
●重要:CFのAdministratorの Local Settings\Tempに、トロイの木馬タイプのウイルス感染ファイルが存在。Local Settings\Temp内の全削除を推奨。
タイムゾーンが狂っているので要設定。

[マニュアル]
販売元サイトにてPDFで提供。書込み禁止機能(ewf)に関する記述は必読。
http://www.assistjp.biz/pdf/acs_cx700m.pdf

[ドライバー]
Windows用のドライバーはここから。CX700M用
Chipset
http://www.viaarena.com/default.aspx?PageID=420&OSID=1&CatID=1070
Graphic
http://www.viaarena.com/default.aspx?PageID=420&OSID=1&CatID=1160&SubCatID=184
Audio
http://www.viaarena.com/default.aspx?PageID=420&OSID=1&CatID=1010&SubCatID=154
LAN RTL8169用
http://www.realtek.com.tw/downloads/downloadsView.aspx?Langid=1&PNid=13&PFid=4&Level=5&Conn=4&DownTypeID=3&GetDown=false&Downloads=true

●重要:アシストコンピューターのHPよりドライバー&ユーティリティの配布が始まったが、またもやウイルス入り。Other\Player\PowerDVDUltraDeluxe-v7.3\keygen.exeがトロイの木馬警告が出ます。そもそも、keygenが付いている時点で怪しすぎるので利用には要注意。
ちなみに、このアーカイブの中には中国語の説明書やBIOSの設計画面的なExcelファイルも含まれてます。


=============================================================================
[サーバー構成]
CPU: VIA C7 1G
Mother: VIA CX700M
OS: Windows XP Professional SP3
HDD: S-ATA 2.5" Hitachi Travelstar 5K250 HTS542525K9SA00 250G
Memory: 1G
FAN: scythe S-FLEX SFF21D

HTTP: Apache 2.2
Perl: ActivePerl 5.8.8.822
PHP: PHP 5.2.6
DHCP: DHCP Turbo
DDNS: DiCE
SMTP+POP: PMail server free
FireWall: Sygate Personal Firewall 5.6
SPAM対策: Spam Mail Killer

[サーバー用、各種ツール]

ProcessWatchV2 :プロセス監視ツール
http://www.smartconsultant.de/
クラッシュして落ちる常駐ソフト等を監視して、プロセスが落ちたら再起動させたり、指定プロセスのプライオリティを任意に設定できたりするソフト。暴走してCPU100%とかの監視は出来ない。
Tips
・external commandsで空白を含むコマンドは適宜""でくくる必要あり。
・コマンドはcmd経由で実行される為、cmdウインドウが開きっぱなしになる。
 ↓
 preコマンドに、
  taskkill /F /FI "WINDOWTITLE eq C:\WINDOWS\system32\cmd.exe" /IM cmd.exe
 postコマンドに再起動させたいコマンド
  "C:\Program Files\xxx\yyy.exe"
 を登録。
 これで、yyy.exeを起動した後、タイトルがcmd.exeのcmd.exeを停止する。
 但し、他に同じタイトルのプロセスがあると巻き添えを食う。
 (もしかしたら、CPU timeが0:00:00のcmd.exe限定の方がいいかもしれない)


Process Explorer :Microsoft公認、高機能タスクマネージャー
http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb896653(en-us).aspx
アイコンを表示してわかりやすく、個々のプロセスの通信先や親子関係も一目瞭然。


Posted by RST at 2008年06月05日 12:02│Comments(0)
  コメントは、管理者による確認後ブログに反映されます。(半角400文字まで)