08.07.25 新日本海フェリー「ゆうかり」 新潟-小樽

太平洋航路は3年前に旧東日本フェリーの「へすていあ」でやったんで、今度は日本海って事で新日本海フェリーで北海道。
全景航路

いやぁ、新日本海フェリーをなめてました。前に乗った、へすていあの比じゃなかった。なんだ、この巨体は。
どうも車両スペースが半端無くでかいらしく、巨大トレーラーが何本も吸い込まれて行っているよ。(トレーラーの荷台のみ別送を行っている模様)
1、2階が車両甲板で、3階より上が客室。その巨大さゆえ、客室では船特有のエンジンの振動すらほとんど感じません。振動を感じるのは船尾デッキとかそのくらい。
あと、乗船スタッフの数。太平洋フェリーでは客室係員がレストランスタッフを兼ねてたりしてたんだけど(時期の問題もあったかもしれないけど)、新日本海フェリーはそういう兼務はなく、さらには、カフェステージでのショータイム用にクラウンまで乗船していると言う。夏休みシフトなのかもしれないけど、本当はトラックが主客なはずの船なのに、ザ・客船な感覚。いやぁ、優雅。

えんとつかもめ
乗船して、身支度を調えるのも忘れて、荷物を置いたらすぐに船内散策。ザ・船、結構謎な空間が多数。で、かもめのえさやりがここでも大流行。

船長アナウンス
出航
出航前の船長アナウンスあり。船旅が始まるよって感じで結構重要。乗船前のタラップの前には本日の船長、機関士の写真もあり。
そうそう、出港時は地上スタッフの見送りがあったよ。

客席
2等船室
今回、2等カーペット席にしたんだけど、2等席完全自由席だそうで。普通、部屋番号とか区画番号とかあるんだけど、そんなの一切なく空いてるところをご自由にどうぞと。2等船室は半分ぐらい閉鎖してあったんだけど、10室ぐらいある部屋を覗いて、男子トイレに近い部屋を選択。結局、相部屋5人。
完全自由なんで部屋によってバラツキがかなりあって、何故か女子トイレ側の部屋は激混み。ファミリー客と相部屋してるシングル兄ちゃんがが早速ちびっこと一緒にDS&PSP大会を始めてる部屋とか。
そうそう、この船、2等カーペット席は全部海側で窓があるのはポイント高い。逆に、2等寝台は全部内側で窓無し。

昼飯
昼食
で、自分は出航を見送って、一息ついたんで、昼食は持ち込み酒盛り大会。いやぁ、ほんと、船楽しいなぁ。

ヘリポート
ヘリポート船尾
船尾デッキにHマークのヘリポートらしきものがあるんだけど、これ、冷静にみると、ここに着陸できるヘリって無い気が。ローターの半径は取られてるけど、4階なんで、ちょっとでもブレたら5階デッキにローター接触して大惨事になりそうな予感。

ピエロショー
ピエロ
いやぁ、あなどれん。船員の趣味とかじゃなくて本物。ベーシックな技を高めるとシンプルでもこんなに凄いのか。ちびっ子やお父さん巻き込んで、GJ。

ビデオシアター
シアター
出航前は船内安全設備説明。上映3本。プログラム映画より、間の知床の自然とかの学習ビデオがむっちゃポイント高いんだけど。
なお、ビデオシアターは映画専用ではなく、椅子も移動可能でショーとかイベント的にも利用可能。
あと、大型ビデオシアターとは別に、案内所で借りられるビデオを見られる個人用ビデオルームが2室あり。

グリルとレストランとカフェ
グリルカフェ夕食
本格料理の食べられるグリル、カフェテリア方式のレストラン、カウンター注文のカフェの3つの食堂。カフェは他のレストランと微妙に時間をずらして営業。
グリルは基本事前予約制なれど、船内で余裕が有れば予約可能。さらに、このグリルのおかげでレストランでも刺身とかのレンジでチンじゃない系のメニューが存在。ソフトドリンク200円で飲み放題もあり。
晩ご飯は、レストランで生ビールと一緒に。鮭ホイル焼きおいしかった。

携帯
航路がかなり陸地に近くて常に陸地が視界に。おかげで、携帯が結構使えるらしい。

案内所
日の入り
案内所に本日の日の入り時刻1910の表示が。うむ、船旅の楽しみ方を分かってるぞ。

ドライバー室
トラックいっぱいのはずなのにドライバーの人に全く会わないなぁ、と思っていたら、ドライバー区画には食堂も浴室も完全独立してあるらしい。ちなみに、浴室は船員区画とかも合わせて合計9カ所も(スイート4室を含む)あるらしい。

フォワードサロン
フォワードサロン
船首にある前方に窓があるフリースペース。前方スペースがフリーなのは珍しい。
が、情報によると冬季は時化対策のため窓に鉄板がはまっていて何も見えないらしい。
なお、夜間は、窓から漏れる明かりが航行の障害になるのでブラインドが閉められて開けてはいけませんの表示。

お風呂
サウナ室あるけど無稼動。浴槽の温度はぬるめ。男性側が岸壁側なので出航するまではブラインドを開けないようにの表示が。客数の割には小さめなので結構混雑。
船があまりにも揺れないので、お風呂で揺れて海に浸かってるような一体感が無かったのが残念。

らいらっく
らいらっく
姉妹船らいらっくとの行き違いが見られますとのアナウンスあり。行き違い時、微妙に遅い気がするんだけど意図的に速度落としてるのか?
お互いに汽笛を鳴らして行き違い

船内設備
給湯器、冷水製氷機、コインランドリーあり。
給湯器、洗濯機は普通として、冷水製氷機が、氷だけ出せるのがポイント高い。ペットボトルの焼酎とか持ってきてる分かってる客いるし。

小樽到着
船首小樽港
ちょと日の出時刻と重なってなんとも画になる「ゆうかり」
あと、季節柄か、小樽港から札幌駅までの独自バスを運行していて、船内で利用予約を受付。なお、小樽港には早朝到着に対応してか、展望風呂の施設があり。

総評
ゆうかりと朝日車両出入り口
目的地や到着時間にもよるけど、料金&船内サービスを考えると、わざわざ新潟回りにしても、日本海航路を選択する価値あり。
ま、ドライバー客との酒盛りタイマンとかも船旅の醍醐味なんで捨てがたい所だけど、船旅初心者には取っつきやすい船だと思う。


Posted by RST at 2008年07月29日 16:10│Comments(4)
この記事へのコメント
これをお書きになってからだいぶたちますが、とても中の映像が目に浮かびます。
私は小樽港に到着した船内清掃をしております。新日本海フェリーさんに委託されてるわけで、船内はいかがでしたか?
私たちは清掃で船内を知り尽くしておりますが、船旅というものを経験してなくて、すごく楽しく読ませていただきました。
実は私は本業が運送業でして、でっかい箱のシャーシをフェリーに乗せ切り離すという中になかなか入れず…
Posted by ゆきのしん at 2008年09月23日 09:13
船旅楽しいですよー!
乗船時間長いですが色んな楽しみがあって、全く退屈しません。
是非一度、チャレンジを。
Posted by RST at 2008年09月23日 11:59
おれ、らいらっくとゆうかりに乗ったことがある。

らいらっくにいっぱいのった。







Posted by ブタゴリラ at 2011年07月09日 20:27
新潟〜苫小牧 あざれあ しらかば乗った
仕事で、トレーラーでしたが、酒呑んで、風呂入って楽しかった
仕事でも、またいきたい
旅行なら、最高ですね
Posted by かずくん at 2012年12月27日 06:13
  コメントは、管理者による確認後ブログに反映されます。(半角400文字まで)