08.11.09 スカイ・レジャージャパン&エアポートフェスタ2008 in 静岡

恐るべし、富士山静岡空港。ここは秘境空港か?

前知識として山の上にある空港だってことは知ってたけど、島田駅からのシャトルバス、その行程の山道が、もう気分はスキー場。地図上ではそんなに距離離れてないのに、バスで30分もかかるのに納得。山道を曲がりくねっての上り。途中、対向車が居ると切り返ししないと曲がりきれない急カーブとかも。
よくぞまあ、こんな所に空港作ったよなぁ。ただでさえ、利用空路が限定される静岡で、かつ、静岡の主要都市に隣接していない場所に加えて、最寄り駅からのアクセスがこんなにも困難だとは。
大体、Wilcomも微妙に圏外だし。

ターミナルビル管制ビル造成中
富士山静岡空港、来年3月開港予定が、近隣の隣接地権者の立木が航空法の高さ制限に引っかかって(しかも、その理由を測量ミスと弁明)4ヶ月開港延期のニュースがあったばかりだったけど、なんてことはない、現地の状況を見たら盛大に造成中で、当初の3月開港は限定オープンで、4ヶ月延期したところで、グランドオープンは到底無理でしょ?って感じな状況。
てかね、せっかく静岡空港でスカイレジャージャパンをやるんだから、てっきりターミナルビルの中に入れるんだと思ってたけど、ターミナルビルも絶賛建設中。
てなわけで、空港的には公開エリアはタキシングゾーンと駐車場、あと、管制塔ビルの屋上のみ。一番見たかったランウェイは飛行機の離発着があるってことで立ち入り制限区域だったよ。
1番駐機場第二駐車場
ちなみに、静岡空港、駐機マークは5番まであるけど、PBBは2番と3番の2つしか無いように見えます。
駐車場は飛行場の端っこも臨時駐車場になってて、滑走路管理道路を通って臨時駐車場に向かう車の列が。

スカイレジャージャパンえと、スカイレジャージャパンは飛行機は離発着出来る場所で全国各地いろんな場所で開催されるイベントで、今回、タイミング的に開港前の静岡空港が選ばれたわけで、別に静岡空港のPRイベントではないんだけど、スカイレジャージャパンはトータルイベントとしての盛り上がりが素敵でした。
航空機の展示だけじゃなく、ミニ蒸気機関車やイベントステージでのショーや観光物産PR。航空ショーと言うより、コンベンション的要素。
で、何が素敵だって、会場内の航空展示の解説がGJ。航空大学の講師の人がDJよろしく解説をしてくれるんだけど、これがかなりセンスある解説で、加えてアシスタントのお姉ちゃんとの息もぴったりで、会場アナウンス一つでこんなにも雰囲気が変わるんだ!と言う発見。

オーナー機ラインナップあと、よかったのは「フライトイン」。自家用機で来場するオーナーパイロットのことなんだけど、申請すれば自費で飛んできていいらしく、着陸許可をもらってタキシングエリア内に駐機観覧。主催者側からすると、航空機展示の代わりにもなるわけで、オーナーパイロット機が時々来場して会場にずらり。
そのせいか、全く情報なかった、中日、読売、朝日、フジテレビのビジネスジェットも駐機展示。こういう機体が間近に見られるのは民間の航空ショーならでは。
あとあと、スタントチームがTeam deepbluesとAIROCKが来てたんだけど、それぞれのブースでパイロットかサイン会やってて、ファンが行列作ってるのも、さすが民間。


そんな感じで、浜松空自のT-4飛来ぐらいは見てようかなぁ、と思ってたけど、いかんせん天気悪くて寒いのと、どんどん人増えてきていて、帰りのバスがパニックになる予感がしたので、deepbluesまで見て、午前中で早々に退散。
自分は気球も目当てで8時には島田入りしてだんだけど(気球は都合により両日とも体験飛行は無くなったそうな)、帰りのバスが駅に着いたら、これから会場に向かう人のバス待ちの列がとんでもないことになってて、朝一で来て午前で撤収して正解だったかも。

ツボ展示

ディープブルース1ディープブルース2
deepblues
飛行機の前転とかありえない動きをしてるんだけど。で、ブルーインパルスと違って、演目が分からないのでコンデジでは全然撮れません。着陸して、降りてきたパイロットが観客に手を振るの格好良かった。

サイテーション
セスナサイテーション「あすか」
飛行展示も行う予定の朝日新聞のサイテーション「あすか」が駐機展示で目の前に。前に、桶川でローパスで500Km/hで通過するあすかを見たけど、止まってると意外に小さくてビックリ。

消防車
空港消防車
新車が2台展示、さわりたい放題。やっぱり消防車はモリタ製。

ゆるキャラ
静岡地区のゆるキャラ着ぐるみ大集合。一部で大盛り上がり。下はジーンズのままのかぶり物とかゆるいよ。

フジドリームエアラインズ
開港に合わせて新しい航空会社が出来るらしいよ。

メガダンプ&ショベル
なんと、造成地区に、メガダンプやショベルと言った、岩石採掘現場でしか見られないような大型マシンが。離れた駐車場に停めて歩いて来た人とか記念写真撮ってるし。残念ながら帰りのバスの中から発見したので写真撮れず。


Posted by RST at 2008年11月09日 21:04│Comments(0)
  コメントは、管理者による確認後ブログに反映されます。(半角400文字まで)