08.12.05 羽田空港D滑走路展望台

D-RUNWAY
ANA整備場の見学の後は、羽田空港D滑走路展望台へ。
すごいよ、ココ。レア過ぎるよ。行く前にココに設置されているリモートWebカメラはよく覗いていたんだけど、実際現地に来てみたら、まさかこんなところとは思わず。

ANA新整備場
まずは、徒歩だったんでHPの地図に頼って行こうと思ったけれど、整備場に行く時に迷ったんでイマイチ場所が分からなくなって、再度、新整備場駅に戻ってスタートからやり直すことに。おかげで、新整備場地区、無駄に2周。

立ち入り禁止徒歩行程、ある意味修行ですよ。空港敷地に隣接してる道路を、一般人は絶対来ないだろうって道を不安になりつつテクテク。しかも、当日強風でなかなか前に進めないぐらい。
てかね、展望台の案内看板出てるけど、同時に「関係者以外立ち入り禁止」の看板も。本当にここは入ってもいい所なのか?怪しすぎる。
そんな感じで、進むにつれて、入っちゃいかんだろうと思うような場所に近づきつつ、トンネルを越えて、海が見える場所に近づくと、もしかしてこれか?と思わしきプレハブ小屋を発見。
てかね、ここ、事前にWebカメラを見てて近隣の景色とか知ってたから到着出来たけど、知らなかったら、HPの地図情報だけじゃ不安過ぎます。>

展望台Webカメラ
羽田空港D滑走路展望台、3階建てのプレハブ小屋で、見学する前に1階の事務所で受付が必要。2階がビデオコーナー、3階がパネル展示、屋上が展望台。2階のビデオコーナーはカーテンが閉まっていて、一見開いていない様に見えるので注意。

位置関係拡大図羽田全体図
展示は、3階の床に書いてある航空写真での位置関係図が非常に有用でした。新滑走路とか展望台とか、イマイチ位置関係がピンと来てなかったんだけど、これのおかげで位置関係ばっちり。
加えて、結構古めの写真だったので、午前中迷い込んだANAエンジンメンテナンスセンターとか、昔は何もなかったんだなぁ、と。

見学終了後は受付によって、終了受付とアンケート記入。

桟橋
D滑走路建設作業者は、展望台近くの桟橋から船で作業に向かうそうなんだけど、本日、強風のため船が出られなく作業はお休みとの事でした。

D滑走路
天気が穏やかだったら、離着陸の飛行機が見られるビューポイントっぽいですが、飛行機よりも入っちゃいけないんじゃないかと思う、未知の空間への立ち入りにワクワクします。

そうそう、帰り、同様に徒歩で、環八の逆車線側から行ったら2ビルの方に行けるだろうと思って、行ったことのない道を進んだら着いたのは何と国際線ターミナルでした。
初、国際線ターミナル、何もないよ。
で、位置関係がよく分からないので、丁度来た無料巡回バスに乗ったら、国際→第1→第2の循環ですっごい遠回りだったと言う。バスから見てたら、国際−第2間は歩いてすぐだったのに。


Posted by RST at 2008年12月06日 08:42│Comments(2)
この記事へのコメント
新整備場地区入口に検問所の残骸が残っていませんでしたか?
(工場の正門みたいな感じ)
わたしゃ、新整備場駅近くの郵便局で書留出したことあります(なんのこっちゃw
Posted by mansei3 at 2008年12月07日 20:16
検問所の残骸は無かったような。
C滑走路オープン前の一般公開の時にも行ったけど、検問所あったかなぁ?

郵便局は確かにありました。ユーティリティセンターの中に入ってます。
Posted by RST at 2008年12月07日 21:10
  コメントは、管理者による確認後ブログに反映されます。(半角400文字まで)