PHJスタッフ日記

PHJの各国事務所の活動をお知らせします PHJのホームページはこちらへ http://www.ph-japan.org 認定NPO法人 ピープルズ・ホープ・ジャパン 〒180-8750 東京都武蔵野市中町2-9-32 TEL:0422-52-5507 FAX:0422-52-7035

各国事務所の PHJ スタッフの活動をお知らせします
PHJのホームページはこちらへ
http://www.ph-japan.org

認定NPO法人 ピープルズ・ホープ・ジャパン
〒180-8750
東京都武蔵野市中町2-9-32
TEL:0422-52-5507
FAX:0422-52-7035

PHJカンボジア事務所現地スタッフがお母さんになりました!

PHJカンボジア事務所のプロジェクトオフィサーとして活躍するスレイレアンが、女の子の赤ちゃん
出産しました!母子ともに健康とのことです。
30233

難産だったものの、無事出産を終え、病院の産後ケア室でゆっくり休むことができました。おかげで写真のようなこの笑顔!母子ともに元気です。

30236

母子の健康をささえるPHJにとって、何よりもうれしいニュースです。

sl4

彼女はPHJの活動で出会った保健関係者と去年結婚しました。

看護師の資格を持つスレイレアンはPHJの様々な活動に貢献しています。また、持ち前の明るさで、事務所内の雰囲気を和ませるムードメーカーでもあります。

しばらく前にスレイレアンが3か月間の産休に入るため、事務所でささやかなベイビーシャワーを行いました。

sl1

sl3
出産で疲れた体を休ませ、赤ちゃんとの時間を育んでほしいですね。


Cambodia Grant Assistance for NGO Projects Signing Ceremony

On January 13, a signing ceremony was held for Grant Assistance for Japanese NGO Projects.
At the ceremony, Mr. Masahiro Mikami, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of Japan to Cambodia, and Ms. Ishiyama, Country Director of PHJ Cambodia Office,  signed a grant agreement regarding 
"Project to   strengthen community care and support network for children in Kampong Cham Province  (Second Year)".

 

N連署名式

Ms. Ishiyama expressed her gratitude for the execution of the agrement as follows:

His Excellency Ambassador Mikami, and all staff members of the Embassy of Japan in Cambodia,
Foreign Ministry officials,
Dr. Tang, Director, Kampong Cham Province Health Department,
Dr. Yim,Chief of Stoung Trang Operational Health Dstrict, and
Ladies and gentlemen,


We have just concluded the "Agreement for Grant Assistance for Japanese NGO Projects."  I am truly honored to attend this signing ceremony at the Japanese Embassy today.   As I signed the agreement, I was filled with a special feeling. I would like to explain why I had such special feeling. When I was in elementary school, I remember a picture that my homeroom teacher showed me . He said, "this picture was taken in a foreign country, and the construction of the building was supported by the Japanese government."   When I heard that my country, Japan, was contributing to other countries, I was so excited that I could not say anything. 
It was the first time in my life that I felt proud as a  Japanese.

Now, I am standing at the signing ceremony as the head of an NGO engaged in maternal and child health activities to improve the health of children, the future leaders of Cambodia. I am filled with pride as
a Japanese,  which I felt for the first time when I was little.


The act of helping others goes around. Looking back, Japan was also in a position to receive ODA after the World War II. Now, as a Japanese, I am very happy to be involved in the noble cause of this recompense.


Our project site, the Stoung Trang Operational Health District in Kampong Cham Province, has many child health problems. For example, many children older than 6 months are stunt and underweight.  To improve,
caregivers need to  know enough about the child's growth and illness. In the first year of the project, we focused on the capacity building of health staff and supporting health facilities. In the second year, we will focus
on strengthening the capacity of VHSG and CCMN and disseminating child care knowledge to caregivers.

We have carried out our activities based on the idea that support that enables local communities to be independent is true support. To this end, we have always kept in mind the importance of their self-esteem and
independence of the  local people as well as the spirit of helping each other, not distinguishing between the one who provides aid and the one who receives it.


The other day, the Embassy staff attended the opening ceremony of the new postnatal care room that People’s Hope Japan supported. We were grateful for their understanding and cooperation, which enabled us
to fully use our capacity and abilities to conduct the activities.

 

N連署名式3


N連署名式5

Finally, we will never forget that our activities are carried out not only by us, but also by all Japanese people. We will continue our activities, conveying the heart of the Japanese people to the
Cambodian people and building friendly relationship.

We look forward to your continued support and encouragement.
Thank you for signing the agreement and organizing the sigining ceremony today.

Kanako Ishiyama, Country Director, PHJ Cambodia Office



Cambodia : SDGs awareness and promotion campaign with SDGs pens

Nippon Life Insurance Company donated pens with SDGs logo (hereinafter SDGs pens) to PHJ.

PHJ's work to improve maternal and child health in Cambodia and Myanmar corresponds to Goal 3 (good health and welbeing for all) of the Sustainable Development Goals (SDGs). Among the 17 SDGs, PHJ’s projects also taregt Goal 5 (gender equality and empowerment of all women and girls), Goal 6 (clean water and sanitation), and Goal 17 (achieve our goals through partnerships) .

d0b359c1529b2008bc731704d2b59609-1
PHJ Cambodia office donated the SDGs pens to the staff in charge of maternal and child health at the Kampong Cham Province Department of Health, and they expressed their support for the SDGs.
syuhokenkyokustaffsdgs
We also donated the pens to the Chief of Stoung Trang Operatioonal Health District.
hokengyouseikutyouSDGs1-300x225

The SDGs are targets that should be addressed by the world, not only by developed countries. However, as awareness of SDGs in Cambodia is low, and the concept is not well understood by the general public. Even the local PHJ staff is not familiar with SDGs.


After receiving the SDGs pens, we decided to organize an SDGs event at an elementary school in the project site. Staff members study SDGs in their spare time at work so that they can communicate "What is SDGs?" properly to elementary school students.

2a24986d1897d4a12f8caae5057fdccd

We also created educational materials to teach children in an easy-to-understand way.

5478f8f418e33c0a609e63c8f63c832b-e1609120322325

staffsdgs4

staffsdgs3

It is my hope that the SDGs pens presented by a Japanese company will lead to the SDGs enlightenment of children in Cambodia and trigger actual actions in everyday life in order to "aim for a sustainable world". Currently, any gathering with more than 20 people is prohibited in Cambodia, but once the ban is lifted, the SDGs event will be held.

Kanako Ishiyama
Country Director of PHJ Cambodia Office

コンポントム州のルッセイドイ小学校との交流会

111日にPHJカンボジア事務所長がコンポントム州の小学校に訪問し、日本にいる横河オークン会とのオンライン交流会を実施しました。

 

このオンライン交流会は、ルッセイドイ小学校の校舎の建設支援にかかわった横河オークン会の毎年恒例の小学校訪問がコロナの影響で渡航できないことから開催したものです。小学校訪問時のイベントの一環として子供たちに描いてもらった絵をPHJのチャリティカレンダーに掲載させていただいておりお世話になっていることから、今回はカンボジアに駐在しているPHJカンボジア所長が代わりに絵画の原本やカレンダー、色鉛筆や画用紙などのプレゼントを持っていくことになりました。せっかくならその様子を中継して横河オークン会の皆様にも楽しんでいただけるような時間にすることになりました。

 

ルッセイドイ小学校は、以前PHJが事業を進めていた周辺地域のため、農村地の中にあります。通信状況が安定するかわからないため不安ではありましたが、奇跡的に一度も途切れることなく(多少不安定ではあったものの)オンラインでの交流ができました。

こちらはルッセイドイ小学校の入り口。

オンライン交流会のために、門の前に並んでもらってお出迎え。

オークン会 

チャリティカレンダーに選ばれた4人の子供たちにカレンダーとプレゼントの寄贈。

学校全体にもカレンダーや画用紙などのプレゼントをお届けしました。

オークン会2


そして、カンボジアの小学生との交流会。

オークン会3

「学校がずっと休みだったので、家事をお手伝いしていました。

洗濯や掃除もします。」

 

オークン会4

男の子たちからは質問。

「日本は寒いですか?」

「日本は寒いとき火を起こして温めますか?」

というカンボジアの農村地ならではの質問。

「(毎年恒例の)運動会をまたしに来てください。」

 

オークン会

コロナで困っていることは何?と聞くと

「勉強もできないし、お父さんお母さんの商売も誰も買ってくれなくて大変です。仕事を探しに出稼ぎに行きました。」

という切実な状況が分かりました。

 

この後、合唱。この時残念ながら通信状況が安定せず、音が聞こえずじまいでしたが、

一生懸命に歌っている様子が見えました。

オークン会6

最後に校長先生から、お礼の言葉。

「コロナで皆さんがカンボジアに来れないことがとても残念です。

また皆さんの訪問を心待ちにしています。」

 

という言葉で締めくくりました。

 

小学校の皆さんが横河オークン会の訪問をとても楽しみにしていることが

わかりました。

短い時間の交流でしたが、参加者の方にはとても喜んでいただけたようです。

早く気軽に渡航できる日が来るようにと、PHJも願っています。

 

 

カンボジア事務所より新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

2 (2)

2020年、コロナ危機という今までに例のない状況にみまわれましたが、何とか現地スタッフと乗り切りました。これも、応援してくれたたくさんの日本の方々と、大変な状況でも明るく皆で協力して業務を遂行した現地スタッフのお陰です。

これからもカンボジアのお母さんと子どもの健康と幸せのために活動を続けていくと共に、来年は今まで以上に、日本で応援してくださっている方々と現地の人をつなぐことにもフォーカスしていきたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。(カンボジア事務所所長)

以下、スタッフより挨拶

コロナ禍の中で支援いただきありがとうございます。支援にはとても励まされました。国境を越えて私たちカンボジア人を気遣ってくださり、「ありがとうございます。」 良いお年を! (スレイリアン)

I really appreciate your support to us during this Corona crisis . It is encouraging that we have kind supporters in Japan!  Let me say Happy New Year 2021!! Arigato gozaimasu for taking care of us and Cambodian people across the borders.  Sreyleang


カンボジア人を支援しただきありがとうございました。日本のNGOで働くのは楽しいです。(スレイナット)

Thank you for your support to Cambodian people❤️   I really enjoy my work in a Japanese NGO. Sreynat


支援してくださり、ありがとうございます。すべての日本人の方々のために幸運を祈っています。愛をこめて。 (ソポルン)

I love you, all the people of Japan!  Thank you very much for supporting us! God bless you!  Soporn


カンボジアを支援してくださり、とても感謝しています。カンボジアからたくさんの愛を。(シノル)

I am really grateful for your support to Cambodia.  A lot of love to you from Cambodia.Sinol


あけましておめでとうございます。カンボジアを支援してくださりありがとうございました。 日本人と働くことができるのは私たちにとっては喜びです。いつか皆さんがカンボジアにいらして下さることを心待ちにしています。(ソペック)

Thank you for helping Cambodia! We are happy to work with the Japanese people.  I wish you will come and visit us one day.  Happy New Year! Sopeck

カンボジア事務所でメリークリスマス☆

PHJカンボジア事務所では12月25日にささやかながらクリスマスをお祝いしました。

Xmas1

クリスマスケーキはスタッフにお任せしたところ、

Xmas7 (2)

日本のクリスマスケーキのイメージとはかけ離れたもの。
中はココナッツとナッツなど。ハーブやスパイスで色付けされています。
Xmas3 (2)

食べてみるとなかなか美味しいです。
Xmas6


Xmas2

Xmas51
sl christmas cake

今年1年間コロナ禍の中でカンボジア事務所のスタッフはよく踏ん張りました。
来年もこのメンバーで活動を続けています。

2021年カレンダー、カンボジアでお気に入りの絵は?

2021アジアのおはなしカレンダーをカンボジア事務所に
届けたところ、スタッフがお気に入りの絵を選んでくれました!
壁掛け版も、卓上版も、1000円の募金で1部を差し上げています。
ご支援どうぞよろしくお願いいたします。
↓↓  ↓↓           ↓↓

カレンダー事務所1



また日頃お世話になっているコンポンチャム州保健局の母子保健担当の方々、
PHD staff 母子保健担当



ストゥントロン保健行政区長にもカレンダーをプレゼント。記念に写真も撮らせていただきました!!皆さん、優しい笑顔です。
calendar od


オームルー保健センター長にも!

photo calendar oml

皆様も大切な人にPHJのチャリティカレンダーを!!


UHCデー Webキャンペーンに参加ー運営委員会

PHJでは11月17日 第62回運営委員会をオンラインで開催しました。運営委員9名、オブザーバー5名、PHJスタッフを含む30名が参加しました。 オンラインの利点を活かして、カンボジア事務所や事業対象の保健センターもZoomでつなぎ、臨場感あふれる報告会となりました。
DSC08221


保健ボランティア会議

ミャンマーからは支援活動とその成果を数値で表す報告が発表されました。
Myanmar

加えて、私どもピープルズ・ホープ・ジャパン(PHJ)の募金活動・資金調達の新しい取り組みに関しても、様々な提案と意見交換を行いました。
DSC08238


DSC08244.(2)
会の最後に、出席者とキャンペーン・ロゴを掲げて写真に収めました。PHJらしく、キャンペーンを盛り上げてゆきたいと思います。
PHJ運営委員会にて 2

UHCデー Webキャンペーンに参加しました

PHJでは外務省・NGO定期懇談会(GII/IDI懇談会)事務局から案内のあったUHCデー(12月12日)
Webキャンペーンに協力することを決めました。カンボジア事務所では、活動地のコンポンチャム州
で保健局や保健センターの協力を得て、一足早くキャンペーンに賛同していただきました。

キャンペーンに参加した母子保健ボランティア
母子保健ボランティア















アレアッターノ保健センター
アレアッタノーHC














PHJカンボジア事務所
オフィス













クポッタゴン保健センター
KTNPNC




























家庭訪問
家庭訪問














 
クポッタゴン保健センター
クポッタゴンHC















ピアムコスナー保健センター
ピアムコスナーHC















PHJ東京事務所では、11月17日に開催予定のオンライン運営委員会でUHCデー 
Webキャンペーンに賛同します。

PHJミャンマー事務所長就任の挨拶

4月1日より、PHJミャンマー事務所長として就任いたしました蓮井頼子です。ミャンマーに渡航して間もなく、コロナウィルスの影響により日本に急遽退避帰国となりましたが、現在は日本から遠隔で所長業務を行っております。

 ミャンマーは、アジアのラストフロンティアとも呼ばれ、近年は海外からの開発援助や投資が流入し、今後も大きな経済発展が期待されています。日々急激に変わりゆくミャンマー社会を目で見て、肌で感じながら事業に取り組めることをとてもうれしく思います。目覚ましい経済発展の一方、医療・保健分野の体制やサービスは不十分な状態にあるのが現状です。私たち、PHJの取り組みが少しでも現状の改善に貢献できるよう、現場のニーズにあった活動、また現地の人々の目線に立った取り組みを目指していきたいと思います。

 今後も事業活動を円滑に進めていくために、事務所内のチームワークを強化し、スタッフ一人一人のやりがいを引き出せるよう努力してまいります。

 どうぞよろしくお願いいたします。

20200207_151218

Categories
Archives
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from PHJ Cambodia. Make your own badge here.
Recent Comments