こんにちは。広報の南部です。
PHJが支援しているインドネシアのセラン県ティルタヤサ自治区トゥンクラック村にアステラス製薬(株)が助産診療センターを寄贈しました。アステラス製薬(株)による助産診療センターの寄贈はこれで3棟目となります。
寄贈式が5月に行われ、アステラス製薬(株)の担当の方が出席されました。
Poskesdes Tengkurak 2

トゥンクラック村はジャワ島西部にある人口3000人ほどの貧困の村。海に面した地域です。

今回の助産診療所は地域医療活性化・強化に向けて1)妊婦健診、2)自然分娩介助 3)一般診療・薬処方、予防接種を行うことを目的としています。
図2
(トゥンクラック村:海岸)

図1
(中央がトゥンクラック村の助産師)
また地域に助産師が定着することも狙っています。

ブログでも紹介していますが
実はこの村、今年の1月の終わりに竜巻が発生し被害にあっています。
P1010135
(竜巻の被害にあった家屋)
57家屋が全壊もしくはほぼ全壊となり、357名が避難生活を強いられたのです。
PHJは毛布や石鹸などの日常生活用品と、パンなどを緊急支援として被災者に渡しました。

竜巻はトゥンクラック村に大きな傷跡を残しましたが、
幸いなことに当時建設中だった助産診療所は被害を免れ、
今回の寄贈式を行うことができました。

助産診療所は4月に仮オープンし、すでに二件出産があったとのこと。
そして5月、寄贈式が行われ、寄贈したアステラス製薬(株)の担当者の方が出席していただきました。
Opening ceremony unveil the curtain
(オープニングセレモニー)
 
Head of Community Health Tirtayasa
(右側からアステラス製薬(株)のブディワン様、竹内様、太田様、ティルタヤサ自治区の地域医療担当官、保健省の担当官)
 
Delivery room
(分娩室)

 
Examination Room
(診察室)

竜巻の被害にあったこの村の希望の象徴としてもりっぱに機能してほしいと思います。