こんにちは、広報の畑です。

11月に入り、日中の気温もぐっと下がりはじめ、
冬はもうすぐそこまで来ているというところでしょうか。
町なかの自動販売機にも“あたたかい”飲み物がならび始め、
そんな小さな事からも季節の移ろいを感じています。


その自動販売機にまつわる新しい取り組みについてご紹介したいと思います。
 PHJへの新しい支援のかたちとして、自動販売機の売上の一部を寄付してくださるという取り組みが始まっています。
pepsi_jihan_03



 ↓ こちらは、オリジナルのデザインが施された自動販売機です。
側面にPHJのロゴが入り、やわらかな雰囲気になっています。
a

 冷えた体をあたたかい飲み物が癒してくれる。(もちろん、冷たい飲み物もありますが。)
そしてその売上の一部が、アジアの母子保健の支援に使われる。
手前味噌ですが、とても素敵な取り組みだなぁと感じています。

この自動販売機が皆さんのお目にかかり、
少しでも多くの方にPHJを知っていただくキッカケになっていけばいいなと考えています。


 個人的には、この支援がはじまって以来、出掛ける先々で自動販売機がどうも目についてしまいます。
最近では、節電タイプのもの、タッチパネル式の最新のものなど、バラエティに富んでいて、注目してみるとなかなか楽しいものです。



 飲み物を探される際、是非、自動販売機にも注目されてみてください!