皆さんこんにちは!インターンの永山です。

 

先日1219日に就活カフェ第2回を開催いたしました。

 

今回のテーマ―は「企業経由で国際協力NGOへGO」ということで、一般企業に就職し働いた経験が、現在の仕事にどう活きているのかということを、3名のPHJスタッフにお話ししていただきました。
News
(レクチャーの後の質問タイム)
 

会場は終始和やかで、参加者の方々もリラックスして臨んでいただけたようで、思い思いに質問や意見を投げかけていたのがとても印象的でした。

参加者8名のうち、3名が社会人の方だったということもあり、社会人目線からみる国際協力やそれに伴う悩みなども伺うことができ、大変勉強になりました。

 そしてこのイベントをもちまして、約1年間のインターンを修了させていただきました。

 HOPE
(左から三番目が永山さん、四番目が市原カンボジア所長)

インターンを始める以前は、「国際協力に携わる仕事に就きたい」というぼんやりとした目標しか持てずにいて、自分にできることは何なのかと悩む毎日を送っていました。

しかし、留学先のインドネシアで偶然出会った方々に背中を押され始めたインターンで、日々の業務から活動地の視察調査まで、本当に言葉では言い尽くせない貴重な経験をたくさんさせていただき、だんだんと道が開けてきたように思います。

 

NPOの仕事を知ることができたのはもちろん大きな収穫でしたが、私にとっての1番の収穫は、たくさんの方々との出会いです。

スタッフの一員として向き合って下さった東京事務所のスタッフの方々。急な来者にもかかわらず温かく迎え入れて下さったインドネシア事務所のスタッフの方々や村のお母さん達。そして御支援者の皆様。皆様との出会いが私を大きく成長させてくれました。誰一人欠けても今の私はないと痛感しています。

 

 

色々なかたちがある国際協力ですので、これから自分なりに、それとの向き合い方を模索し続けていきたいと考えています。

 

短い間でしたが、微力ながらPHJのお役に立てたことを誇りに感じております。

1年間本当にありがとうございました。

 

永山 日菜